即日調達診断
ご相談はこちら
03-6435-7371受付時間 平日9:30~18:00
閉じる

【名古屋】おすすめのファクタリング会社15選&選び方

公開日
2024.07.10
更新日
2024.07.10
【名古屋】おすすめのファクタリング会社15選&選び方

ファクタリング会社によって利用条件やサービス内容が異なるため、どこを利用して良いのか迷う方は多いのではないでしょうか。

また、名古屋でも利用できるファクタリング会社が多いので、余計に迷ってしまう方も多いかもしれません。

そこで今回は、名古屋で利用できるおすすめのファクタリング会社を15社ピックアップしてご紹介します。

名古屋でファクタリング会社を選ぶポイントやファクタリングの利用がおすすめのケース、利用時の注意点もまとめているので、ぜひご参考にしてください。

ファクタリングについては下記コラムで詳しく解説しています。
ファクタリングとは?仕組みなどをわかりやすく解説【図解あり】

【注目】ファクタリングをお急ぎの方へ

ファクタリングは融資とは異なり、最短即日での資金調達が可能です。

日本中小企業金融サポート機構のファクタリングは、審査結果は最短30分でご提示、最短3時間でお振り込みが可能です。

関東財務局長及び関東経済産業局長が認定する「経営革新等支援機関」なので、ファクタリングの利用が初めての方も安心してご相談いただけます。

契約まですべてオンラインで完結しますので、お急ぎの方はぜひ即日調達診断からお問い合わせください。

[cta_a]

名古屋で利用できるファクタリング会社15選

どうぞポーズをした笑顔の女性

名古屋で利用できるファクタリング会社のうち、とくにおすすめの会社を15社ご紹介します。

1.日本中小企業金融サポート機構               
2.ビートレーディング名古屋支店
3.西日本ファクター
4.グローバルサービス
5.JTC
6.QuQuMo
7.株式会社No.1
8.PMG名古屋
9.三菱UFJファクター
10.じゅうろくクラウドファクタリング
11. JBL(旧:LINK)
12.ファクタリングのトライ
13.トップ・マネジメント
14.OLTA
15.めいぎんクラウドファクタリング

日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構は、関東財務局長及び関東経済産業局長が認定する「経営革新等支援機関」に認定されたファクタリング会社です。

経営革新等支援機関に認定されるには、中小企業庁が設けている認定基準を満たす必要があります。

日本中小企業金融サポート機構はその基準を満たしているため、安全性・信頼性があり、初めての方でも安心して利用できます。

日本中小企業金融サポート機構は2者間ファクタリングと3者間ファクタリングに対応しています。

必要書類は「通帳のコピー(表紙付き、3か月分)」と「売掛金に関する資料(請求書・契約書など)」の2点のみ。

申し込みから契約までオンラインで完結し、17時までに契約が完了すれば当日中の振込も可能です。

契約方式2者間ファクタリング・3者間ファクタリング
手数料の目安1.5%~
審査期間の目安最短30分
オンライン対応の可否可(詳しくはこちらから)

ビートレーディング名古屋支店

ビートレーディングは、取引実績5.8万社以上、累計買取額1,300億円(※2024年3月時点)を誇るファクタリング会社です。

本社の所在地は東京ですが、名古屋や仙台、大阪、福岡に支店があり、オンラインでも契約できるため全国で利用することが可能です。

ビートレーディングは、2者間ファクタリングと3者間ファクタリングに対応しています。

申し込みから振り込みまで最短即日~3日ほどなので、スピーディーな資金調達が期待できます。

契約方式2者間ファクタリング・3者間ファクタリング
手数料の目安2者間ファクタリング:4%~12%
3者間ファクタリング:2%~9%
審査期間の目安最短30分
オンライン対応の可否

西日本ファクター

西日本ファクターは創業以来、名古屋エリアに特化して運営を行っているファクタリング会社です。

オンラインで契約ができるクラウド契約サービスを導入しているため、名古屋だけでなく東海・近畿・中国・九州エリアでも利用可能です。

西日本ファクターは、2者間ファクタリングと3者間ファクタリングに対応しています。

審査通過率は98%で、赤字決算や債務超過でも利用可能です。

売掛先が法人であれば個人事業主も利用できるため、銀行融資を断られた方でも資金を調達できる可能性があります。

契約方式2者間ファクタリング・3者間ファクタリング
手数料の目安2者間ファクタリング:15%~
3者間ファクタリング:2.8%~
審査期間の目安要問い合わせ
オンライン対応の可否

グローバルサービス

グローバルサービスは、名古屋に拠点を置いて運営しているファクタリング会社です。

300万円以下の取引に特化したファクタリング会社なので、開業して間もない企業や個人事業主も利用しやすいのが特徴です。

グローバルサービスは、2者間ファクタリングと3者間ファクタリングに対応しています。

審査は書類のみのため、来店する必要はありません。

査定後は来店、もしくは担当者が来訪して契約を行います。

土曜日も営業しているため、平日に時間が取れない方でも利用しやすいといえるでしょう。

契約方式2者間ファクタリング・3者間ファクタリング
手数料の目安非公開
審査期間の目安15分
オンライン対応の可否

JTC

JTCは名古屋をはじめ、大阪や東京など全国で利用できるファクタリング会社です。

買取上限額が定められていないため、高額の売掛金を売却することができます。

この理由により、まとまった資金を調達したい企業に適しているといえるでしょう。

JTCは、2者間ファクタリングと3者間ファクタリングに対応しています。

10年以上の業歴があるため、安心して利用できるファクタリング会社といえます。

契約方式2者間ファクタリング・3者間ファクタリング
手数料の目安1.2%~
審査期間の目安最短即日
オンライン対応の可否

QuQuMo

QuQuMoは、オンライン完結型のファクタリングサービスです。

弁護士ドットコムが運営している電子契約サービス「クラウドサイン」で契約を進めるため、情報漏洩の心配がありません。

これにより、安心して利用することができます。

QuQuMoでファクタリングを利用した場合、最短2時間で資金調達が行えます。

買取金額に上限がないため、幅広いニーズに合った資金調達を実現できます。

契約方式2者間ファクタリング            
手数料の目安1%~
審査期間の目安30分
オンライン対応の可否

株式会社No.1

株式会社No.1は、業界最低水準の手数料を誇るファクタリング会社です。

審査通過率は90%以上となっているため、比較的利用しやすいファクタリング会社といえます。

また、2者間ファクタリングと3者間ファクタリングに対応しているため、ニーズに合った資金調達ができるでしょう。

株式会社No.1はファクタリングだけでなく、経営支援コンサルティングも行っています。

そのため、経営の課題も相談してみると良いかもしれません。

契約方式2者間ファクタリング・3者間ファクタリング
手数料の目安2者間ファクタリング:5%~15%
3者間ファクタリング:1%~5%
審査期間の目安最短即日
オンライン対応の可否

PMG名古屋

PMGは東京に本社を構えるファクタリング会社です。

大阪や福岡に支店があり、さらに名古屋や広島、札幌、仙台などに営業所を構えています。

名古屋営業所は名古屋駅の近くにあるため、足を運びやすいといえるでしょう。

PMGは、2024年4月時点でご成約総数が34,758件、買取総数が1,584億円の実績を持つファクタリング会社です。

2024年2月には独立系ファクタリング企業売上No.1に選ばれているため、安心して利用できるといえます。

契約方式2者間ファクタリング・3者間ファクタリング
手数料の目安2%~
審査期間の目安最短即日
オンライン対応の可否

三菱UFJファクター

三菱UFJファクターは、約50年の歴史を持つ老舗のファクタリング会社です。

銀行系のファクタリング会社で、審査は厳しいといわれています。

しかし、審査が厳しい分手数料が低いのが魅力です。

三菱UFJファクターは、3者間ファクタリングのみ対応しています。

億単位の債権を持つ企業に限られているため、高額の売掛金を売却したい場合に利用すると良いでしょう。

契約方式3者間ファクタリング           
手数料の目安非公開
審査期間の目安要問い合わせ
オンライン対応の可否不可

じゅうろくクラウドファクタリング

じゅうろくクラウドファクタリングは、十六銀行サポートのもとOLTA株式会社が提供しているサービスです。

申し込みから振り込みまでオンラインで完結するため、面談は必要ありません。

これにより、店舗に足を運ぶ時間を省くことができ、スムーズな資金調達が実現します。

じゅうろくクラウドファクタリングは、2者間ファクタリングのみ対応しています。

必要書類がすべて揃い、不備がなければ24時間以内に見積り結果が出るため、急いで資金調達したい企業に向いているといえるでしょう。

契約方式2者間ファクタリング           
手数料の目安2%~9%
審査期間の目安24時間以内
オンライン対応の可否

JBL(旧:LINK)

JBLは、株式会社日本ビジネスリンクが運営するファクタリングサービスです。

クラウドサインを用いて契約を行うため、申し込みから振り込みまでオンラインで完結するのが特徴です。

さらに、JBLは業界最低水準の手数料を誇るだけでなく、他社から乗り換えると利用手数料の引き下げを提示するなど、さまざまな特典が受けられるのも魅力です。

設立1年未満の法人や個人事業主も利用できるため、銀行融資を断られた方でも利用できる可能性があるでしょう。

契約方式2者間ファクタリング・3者間ファクタリング
手数料の目安2%~14.9%
審査期間の目安最短即日
オンライン対応の可否

ファクタリングのトライ

ファクタリングのトライは、株式会社SKOが運営しているファクタリングサービスです。

最低利用金額が10万円となっているため、少額の売掛金も売却することができます。

このほか、ファクタリングのトライは365日24時間受け付けています。

時間を気にせず相談できるのは大きな魅力といえるでしょう。

ただし、契約時は対面での対応になるため、スピーディーに資金調達をしたい場合はスケジュールを調整しておく必要があります。

契約方式2者間ファクタリング          
手数料の目安3%〜
審査期間の目安最短即日
オンライン対応の可否不可

トップ・マネジメント

トップ・マネジメントは、東京都に本社を構えるファクタリング会社です。

申し込みから振り込みまでオンラインで完結するため、名古屋でも利用することが可能です。

トップ・マネジメントでは、見積書・受注書・発注書のいずれか1点があればファクタリングを利用できます。

請求書の発行を待つ必要がないため、急いで資金調達を行いたい企業に適しているといえるでしょう。

さらに、指定の専用口座を開設し、売掛金の振込先を同口座へ変更すると利用手数料が通常よりも減額されるのもうれしいポイントといえます。

契約方式2者間ファクタリング           
手数料の目安非公開
審査期間の目安最短30分
オンライン対応の可否

OLTA

OLTAは、オンライン完結のファクタリングサービスです。

対面による審査がないため、名古屋でも利用することができます。

手数料は2%〜9%と低く、また諸経費なども全て含まれているため、売掛債権の金額に近い資金を受け取れるのが特徴です。

OLTAは法人だけでなく、個人事業主もファクタリングを利用することができます。

買取金額の下限・上限が設けられていないため、幅広いニーズに合った資金調達が実現します。

契約方式2者間ファクタリング           
手数料の目安2%〜9%
審査期間の目安1営業日以内
オンライン対応の可否

めいぎんクラウドファクタリング

めいぎんクラウドファクタリングは、名古屋銀行とOLTAが提携するファクタリングサービスです。

申し込みから振り込みまでオンラインで完結するため、面談の必要がありません。

これにより、忙しい方でも利用しやすいといえます。

契約方式2者間ファクタリング          
手数料の目安2%〜9%
審査期間の目安1営業日以内
オンライン対応の可否

ファクタリングの仕組みを知ろう

資料を使い説明する女性

ここでは、ファクタリングの仕組みをご紹介します。

なぜ最短即日で資金調達が可能なのか?

ファクタリングは、企業が保有する売掛金をファクタリング会社が買い取るサービスです。

利用企業の信用力ではなく、売掛金の取引先の信用力を重視するため、銀行融資に比べて審査が簡単です。

また、ファクタリング会社によって異なりますが、書類の提出や審査がオンラインで行われます。

これにより、手続きが大幅にスピードアップし、最短即日で資金調達が行えるのです。

2者間ファクタリングと3者間ファクタリングの違い

2者間ファクタリングは、「利用者」と「ファクタリング会社」で契約を結ぶファクタリングです。

ファクタリングを利用する際に売掛先から承諾を得る必要がないため、早ければ最短即日で資金を調達できます。

ただし、売掛金の存在を売掛先に直接確認することができません。

これにより、3者間ファクタリングに比べて手数料が高く設定されています。

3者間ファクタリングは、「利用者」「売掛先」「ファクタリング会社」で契約を結ぶファクタリングです。

ファクタリングを利用する際は、売掛先から承諾を得る必要があります。

この理由により、2者間ファクタリングに比べて資金調達に時間がかかります。

ただし、売掛金の存在を売掛先に直接確認できるため、手数料は低く設定されているのが特徴です。

2者間ファクタリングと3者ファクタリングの違いをまとめると以下のようになります。

2者間ファクタリング3者間ファクタリング
売掛先への通知なしあり
振り込み時間最短即日数日
手数料8%~18%2%~9%

2者間ファクタリングについては下記コラムで詳しく解説しています。
2者間ファクタリングとは?3者間ファクタリングとの違いとメリット・デメリット

3者間ファクタリングについては下記コラムで詳しく解説しています。
3者間ファクタリングとは?メリット・デメリットと利用の流れを解説!

買取型と保証型の違い

ファクタリングには、「買取型」と「保証型」の2種類があります。

買取型ファクタリングは、企業が保有する売掛金をファクタリング会社に売却し、資金調達をするファクタリングです。

最短即日〜数日で売掛金を資金化することができます。

保証型ファクタリングは、売掛金の未回収リスクに備えるファクタリングです。

売掛金が回収不能になった後にファクタリング会社から一定額保証されます。

名古屋でファクタリング会社を選ぶポイント

握手をする男性

名古屋でファクタリング会社を選ぶ際は、以下のポイントに着目することをおすすめします。

・自社の希望条件を満たすか
・短期間で調達できるか
・手数料を抑えられるか
・担当者の印象は良いか
・資金繰りなどの相談に応じてくれるか
・オンライン手続きに対応しているか
・個人事業主も利用できるか
・ホームページの情報は信頼できるか
・償還請求権のない契約か

それぞれ詳しくご紹介します。

自社の希望条件を満たすか

ファクタリング会社を選ぶ際は、自社の希望条件を満たすか確認しましょう。

たとえば、2者間ファクタリングを利用したくても、3者間ファクタリングしか対応していない場合もあります。

また、手数料が高く、調達できる資金額が少なくなる場合もあるでしょう。

ファクタリング会社によってサービス内容や手数料などが異なるため、希望条件を明確にしたうえで選ぶことが大切です。

短期間で調達できるか

急いで資金調達が必要な場合は、短期間で調達できるか否かをチェックしましょう。

2者間ファクタリングであれば、最短即日対応が可能なファクタリング会社もあります。

そのようなファクタリング会社を利用すれば、資金繰りの悪化を防ぎやすくなるはずです。

即日資金化できるファクタリング会社については下記コラムで詳しく解説しています。
ファクタリングは即日の資金化が可能!おすすめ15社や注意点を解説

手数料を抑えられるか

ファクタリング会社を選ぶ際は、手数料に着目することが大切です。

手数料の相場は、2者間ファクタリングが8%~18%、3者間ファクタリングが2%~9%です。

相場よりも明らかに手数料が高い場合、受け取れる資金が減ってしまいます。

このほか、事務手数料や交通費などの費用が発生する場合もあります。

売掛金を満額近くで買い取ってもらうために、手数料をチェックしましょう。

ファクタリングの手数料については下記コラムで詳しく解説しています。
ファクタリング手数料はいくら?相場や内訳、費用を抑える方法を紹介!

担当者の印象は良いか

ファクタリングを利用する際に対面を希望する場合は、担当者の印象もチェックしましょう。

担当者の対応のスピードやコミュニケーション能力、柔軟性、プロフェッショナリズム、顧客志向などをチェックすることで、自社に最適なファクタリング会社を選ぶことができます。

資金繰りなどの相談に応じてくれるか

ファクタリングは資金繰りを改善するのに役立ちますが、何度も利用しているとかえって悪化する可能性があります。

そこでおすすめなのが、資金繰りなどの相談に応じてくれるファクタリング会社を選ぶことです。

そのようなファクタリング会社を利用すれば、経営課題の解決も期待することができます。

オンライン手続きに対応しているか

できるだけ早い入金を希望する場合は、オンライン手続きに対応しているファクタリング会社を選ぶのがおすすめです。

オンラインで手続きが完了できるファクタリング会社は、書類のやり取りや物理的な手続きが不要のため、迅速に対応できます。

また、AIによる審査を取り入れているファクタリング会社であれば、審査の時間が短いので、スピーディーな資金調達が実現します。

オンライン対応のファクタリングについては下記コラムで詳しく解説しています。
1日で完了?クラウドファクタリングのメリット・利用の流れを解説

AIファクタリングについては下記コラムで詳しく解説しています。
AIファクタリングとは?メリットや成功のコツ、おすすめの会社をご紹介

個人事業主も利用できるか

個人事業主の方は、個人事業主の対応可否を確認しましょう。

ファクタリング会社によって利用条件が定められており、なかには法人だけしか利用できないところもあります。

個人事業主の対応可否はホームページで確認できるので、あらかじめチェックしておきましょう。

個人事業主でも利用可能なファクタリングについては下記コラムで詳しく解説しています。
【2024年最新】個人事業主向けおすすめファクタリング会社11選!利用時の注意点も解説!

ホームページの情報は信頼できるか

ファクタリング会社を選ぶ際は、ホームページの情報が信頼できるかを確認することが大切です。

会社の所在地や代表者名、電話番号などが実在するかどうかをチェックしましょう。

架空の情報が記載されていたり、そもそも記載されていなかったりする場合は、悪徳業者の可能性が高いと考えられます。

そのような業者を利用してしまうと、高額な手数料を請求されるかもしれません。

優良なファクタリング会社を選ぶためにも、ホームページの情報確認は必要です。

違法性のあるファクタリング会社の特徴については下記コラムで詳しく解説しています。
ファクタリングは違法ではない!その根拠と悪徳業者・優良業者それぞれの特徴を解説

償還請求権のない契約か

ファクタリングを利用する際は、償還請求権のない契約かどうかをチェックしましょう。

償還請求権ありで契約した場合、売掛先が倒産して売掛金を支払えなくなると利用者が代わりにファクタリング会社に売掛金の支払いを行わなければなりません。

ファクタリングは原則として、利用者が責任を負う必要がない「償還請求権なし」の契約を結ぶので、念のため確認しておくことをおすすめします。

償還請求権については下記コラムで詳しく解説しています。
償還請求権とは?ファクタリングに重要な“誰がリスクを負うか”

ファクタリングの利用がおすすめのケース

パソコン画面を見せながら話をする男性

ここでは、ファクタリングの利用がおすすめのケースをご紹介します。

ファクタリングを利用するべきタイミング

ファクタリングを利用するべきタイミングは、主に以下の3つです。

資金調達したいとき

資金調達をしたいときは、ファクタリングの利用がおすすめです。

とくに売掛金の回収期間(支払いサイト)が長い場合、手元資金が不足することがあります。

また、取引先からの支払いが遅れることが続くと、自社の支払いにも影響が出る可能性があるでしょう。

その点、ファクタリングを利用すれば一定の現金流入を確保し、支払いサイクルを安定させることが可能です。

このほか、企業が急速に成長している場合、新たなプロジェクトや大口の受注を受けるためには、即座に資金が必要となることがあります。

ファクタリングを活用することで、迅速に資金を調達し、成長機会を逃さずに済みます。

キャッシュフローの悪化を改善したいとき

企業がキャッシュフローの悪化に直面した際、その改善手段のひとつとしてファクタリングの利用がおすすめです。

キャッシュフローの悪化とは、企業が必要とする資金が不足し、日常的な業務や支払いに支障をきたす状態を指します。

このような状況が続くと、企業の経営に深刻な影響を及ぼす可能性があります。

自社の支払いサイクルを安定させるためには、定期的なキャッシュフローの確保が重要です。

ファクタリングを利用することで、売掛金の入金を待たずに資金を手に入れるだけでなく、売掛金の未回収リスクも低減できるため、安定した支払いサイクルを維持できます。

キャッシュフローの改善方法については下記コラムで詳しく解説しています。
キャッシュフローを改善するには?具体的な10の方法とファクタリングのすすめ

売掛金が回収できないケースに備えたいとき

売掛金が回収できないケースに備えたいときは、保証型のファクタリングの利用がおすすめです。

保証型は、売掛金が回収不能になった後にファクタリング会社から一定額保証されるサービスです。

取引先の信用力に不安がある場合や、経済状況の悪化、特定の取引先に依存している場合など、リスクが高い状況ではとくに有効といえます。

ファクタリング利用時の注意点

警告マークと作業着を着た男性

ファクタリング利用時の注意点は以下のようになっています。

手数料・債権譲渡登記のコストを考慮する

ファクタリングを利用する際の注意点のひとつが手数料です。

手数料は、一般的に「売掛金の金額」と「売掛先の信用力」の要素が影響します。

売掛金の金額は、高い方が手数料率が低くなる傾向があります。

そのため、手数料率を抑えたい場合は高額の売掛金を売却すると良いかもしれません。

また、売却する売掛金は「売掛先の信用力が高いもの」を選びましょう。

売掛先の信用力が低い場合、ファクタリング会社の未回収リスクが高まります。

これにより、手数料を高く設定されることがあるのです。

このほか、債権譲渡登記のコストも考慮する必要があります。

債権譲渡登記が必要な場合、「登記手数料」が発生します。

登記手続きを司法書士に依頼する場合は「依頼料」も発生するため、その分のコストも踏まえてファクタリングを利用しましょう。

請求書の偽造・二重譲渡は絶対にNG

ファクタリングを利用する際、請求書や通帳の偽造・二重譲渡は絶対にNGです。

ファクタリング会社によっては請求書が必須の場合もありますが、売掛先によっては請求書を発行していない場合があるかもしれません。

その場合は、請求書以外で審査してくれるファクタリング会社を選びましょう。

ファクタリングの審査のために売掛先に送る予定のない請求書を作成することは、請求書を偽造したとして詐欺罪に問われる可能性があります。

また、請求書だけでなく通帳などファクタリング会社に提出する書類を偽造するのも同様に犯罪になる可能性がありますので、絶対に偽造してはいけません。

このほか、二重譲渡も同様に詐欺罪に問われる可能性があります。

二重譲渡とは、ファクタリング会社に売却した売掛金を、ほかのファクタリング会社にも売却する行為のことです。

これらの行為は詐欺罪に問われるだけでなく、企業の信用を著しく損なうため、請求書や通帳の偽造・二重譲渡は行わないようにしましょう。

二重譲渡については下記コラムで詳しく解説しています。
ファクタリングは2社目の申し込みも大丈夫?相見積り・掛け持ち・二重譲渡について

まとめ

ファクタリングは、企業が迅速に資金を調達し、キャッシュフローを改善するための有効な手段です。

企業の資金繰りを安定させ、経営の健全化を図ることができるため、名古屋でファクタリングの利用を検討中の方は、今回ご紹介した15社を比較しながら自社に合った会社を選んでみてください。

日本中小企業金融サポート機構は一般社団法人であること、そして関東財務局長及び関東経済産業局長が認定する「経営革新等支援機関」に認定されていることから、安全性・信頼性に自信があります。

初めての方でも安心して利用できるため、ぜひご検討ください。

当機構のファクタリングサービスについて詳しくはこちらをご覧ください。

[cta_a]

【名古屋】おすすめのファクタリング会社15選&選び方

【監修】日本中小企業金融サポート機構 編集局長

保有資格:FP2級

大学卒業後、地方銀行に勤務。主に企業向け融資を担当。その後、損害保険会社にて法人営業、外資系金融機関にて法人融資や人材育成を担当するなど、一貫して金融関連業務に従事。2019年一般社団法人日本中小企業金融サポート機構に入社し、これまでの金融の知識と法人営業の経験を活かし、多くの中小企業・零細企業をサポート。
プライベートでは3児の父の顔も持ち、犬・猫・亀も飼う大家族の大黒柱。

コラム一覧に戻る