即日調達診断
ご相談はこちら
03-6435-7371受付時間 平日9:30~18:00
閉じる

AIファクタリングとは?メリットや成功のコツ、おすすめの会社をご紹介

公開日
2024.06.18
更新日
2024.06.18
AIファクタリングとは?メリットや成功のコツ、おすすめの会社をご紹介

保有する売掛金(売掛債権)をファクタリング会社に買い取ってもらい、売掛金の入金日前に資金調達を行う「ファクタリング」。

事業のため早く資金を入手したい場合に役立つサービスですが、より素早く資金調達を叶えたいなら「AIファクタリング」の利用をおすすめします。

今回は、AIファクタリングの概要やメリット・デメリット、審査に通るコツ、おすすめのファクタリング会社、利用の流れなどをご紹介します。

売掛金の早期資金化を図りたい方やファクタリング会社の利用をご検討中の方は、ぜひ最後までご覧ください。

ファクタリングについては下記コラムで詳しく解説しています。
ファクタリングとは?仕組みなどをわかりやすく解説【図解あり】

【注目】ファクタリングをお急ぎの方へ

ファクタリングは融資とは異なり、最短即日での資金調達が可能です。

日本中小企業金融サポート機構のファクタリングは、審査結果は最短30分でご提示、最短3時間でお振り込みが可能です。

関東財務局長及び関東経済産業局長が認定する「経営革新等支援機関」なので、ファクタリングの利用が初めての方も安心してご相談いただけます。

契約まですべてオンラインで完結しますので、お急ぎの方はぜひ即日調達診断からお問い合わせください。

[cta]

AIファクタリングとは?

幾何学模様の図

ファクタリングは保有する売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらうことで資金調達を図る手段ですが、審査にAIを活用したファクタリングを「AIファクタリング」といいます。

AIファクタリングでは基本的に2者間ファクタリングの利用となり、オンラインで完結するのが特徴です。

AIが審査を行う

AIファクタリングではAIが審査を行います。

AIには審査の基準となるアルゴリズムが登録されており、事業者が申告した情報をもとにスコアリング(採点)をして審査を行います。

この審査によってファクタリングを利用できるかどうか、また掛け目や手数料についても決められます。

通常のファクタリングに比べてAIファクタリングのスコアリング審査にはあまり時間がかからないため、できるだけ早く資金調達をしたいという方におすすめです。

ただしAIによるスコアリング審査後、審査担当者により「本人確認」や「売掛金(債権)が本物か」という点も確認されるため、その分は時間がかかることを念頭に置いておきましょう。

店舗を持たず、オンラインで完結する

AIファクタリングは店舗を持たず、審査の申し込みから契約まで一貫してオンラインで行います。

ファクタリング会社へ足を運ぶ必要がないため、申し込みのために時間を捻出する必要はありません。

またファクタリング会社側にも「店舗維持費や管理費、人件費などのコストを削減できる」というメリットがあるため、店舗を持つファクタリング会社よりも手数料が控えめという特徴もあります。

AIファクタリングを利用するメリット

「MERIT」「DEMERIT」のリスト

AIファクタリングを利用すると、下記のメリットを享受できます。

即日資金調達できる可能性が高い

先でも述べたように、AIファクタリングは審査にあまり時間がかかりません。

最短10分から1時間ほどで審査が完了するため、その分、審査から入金までのスピードが早いというメリットがあります。

ファクタリング会社によっては即日審査・即日資金調達できる可能性が高いのです。

手数料を抑えられる

上記でも軽く触れましたが、AIファクタリングは店舗維持費や管理費、人件費などのコストを削減できるため店舗を持つファクタリング会社よりも手数料が控えめの傾向にあります。

例えば、一般的に2者間ファクタリングの手数料の相場は8%~18%ですが、AIファクタリングの手数料の相場は10%前後です。

コストを抑えた資金調達には打ってつけの手段といえます。

オンラインで手続きを完結できる

こちらも繰り返しになりますが、AIファクタリングは審査の申し込みから契約までをオンラインで完結できます。

手続きのために店舗に出向く必要がないため、忙しくて時間がないという方でも利用しやすいでしょう。

少額の売掛金でも対応可能な場合がある

ファクタリング会社によって買取金額の下限・上限は異なりますが、AIファクタリングでは比較的少額の売掛金にも対応しています。

それぞれのAIファクタリングによって差はありますが、大体1万円〜100万円ほどの売掛金の買い取りも行っています。

中小・零細・個人事業主でも利用できる

AIファクタリングは売上規模が小さい会社(中小企業・零細企業)や個人事業主、フリーランスでも利用しやすいサービスです。

また業種に関しても対応幅が広く、通常のファクタリング会社では審査が難しい業種(YouTuberやインフルエンサーなどの新しい業種、売上が不安定だと思われやすい業種)でも利用できます。

AIファクタリングのデメリット

AIファクタリングにはメリットが豊富ですが、同様にデメリットもあります。

利用する前にデメリットについても留意しておくことが大切です。

審査が機械的になる

AIならではのデメリットといえますが、AIファクタリングの審査はどうしても機械的です。

事業主の人柄がどんなに優れていても、経営に関する知識・経験が豊富でも、そうした数字からは見えない人間味は審査に加味されることはありません。

申告内容にミスがあったり、少しでも基準に満たないと判断されたりすると審査に通らないのです。

利用できるファクタリング会社が少ない

AIファクタリング会社が少ないというデメリットもあります。

ファクタリング会社によって得意・不得意が異なるのですが、そもそもAIファクタリングを取り扱う会社が少ないため、条件に合ったところを探すのは大変です。

AIファクタリングを成功させるコツ

¥マークが書かれたブロック

AIファクタリングを活用するには、まず審査をクリアしなくてはなりません。

審査に通る秘訣として下記の点には充分配慮しましょう。

信用度の高い企業の売掛金を審査に出す

AIファクタリングでは売掛先の入金実績・売掛金の信用度が重要というのはお伝えしたとおりです。

つまり、審査に通るにはAIが信用できると判断できる企業の売掛金を審査に出すことが大切といえます。

審査に通りやすい売掛金の特徴として、例えば下記のものが挙げられます。

・取引実績が複数回あり、支払いの遅延や未払いがない
・支払期日までの期間が短く、回収できる可能性が高い            
・売掛金の金額と企業規模のバランスが取れている
・上場企業、有名企業、公的機関の売掛金である

必要書類はあらかじめ準備しておく

審査に必要な書類はあらかじめ準備しておきましょう。

AIファクタリングはオンラインで手続きするので、必要な書類はデータで準備します。

データなら何でも良いわけではなく、企業によってはスマートフォン撮影のデータで良い場合もあれば、PDFデータでの提出を求められることもあります。

ファクタリング企業によって対応しているデータ形式は異なるため、アップロード方法も合わせて事前に確認をしておきましょう。

なお、AIファクタリングの審査に必要な書類は以下のとおりです。

・身分証明書
・取引を証明できる書類(注文書や請求書など)             
・通帳のコピー

申し込みの時間は早いほうが良い

審査への申し込みは、できるだけ早い時間に行いましょう。

午前中に申し込みをすれば即日の審査完了・入金の可能性が高くなります。

逆に申込時間が午後や夕方になると営業時間内の審査ができず、仮に審査に通っても入金は翌営業日以降になります。

できるだけ早く資金調達を行いたいなら、午前中の申し込みは必須と考えましょう。

入力は正確に

AIファクタリングでは、入力ミスは審査に落ちる要因となるため注意しましょう。

担当者との面談がないので申告内容にミスがあっても訂正はできません。

希望の調達金額、売掛金の取引実績、利用者の決算の情報などが正しく入力されているかをきちんとチェックしましょう。

AIファクタリングを実施しているファクタリング会社7選

全国的にみてAIファクタリング会社の数は少なめですが、その中でも初心者におすすめのファクタリング会社をご紹介します。

下記7社の特徴を比較して、自社に適したAIファクタリング会社を探してみてください。

AIファクタリング会社調達可能額手数料入金までのスピード
OLTA下限・上限なし2%〜9%最短即日
バイオン5万円〜上限なし10%最短60分
PAYTODAY10万円〜上限なし1%〜9.5%最短30分
QuQuMo下限・上限なし1%〜14.8%最短120分
ペイトナーファクタリング1万円〜100万円
※初回上限25万円
10%最短10分
ラボル1万円〜上限なし10%最短60分
LINK下限なし〜1億円2%〜14.9%最短即日

OLTA

OLTAは最短即日で資金調達ができるファクタリングサービスです。

中小企業や個人事業主からの信頼・評価が高く、手数料も2%〜9%と比較的低水準なので利用しやすいといえます。

バイオン

バイオンは書類をアップロードしてから最短60分で審査が終わります。

法人だけでなく個人事業主も利用可能。

調達可能額も5万円からなので少額の売掛金にも対応可能です。

手数料は一律10%、売掛金の額面90%を資金化できるシンプルな仕組みです。

PAYTODAY

PAYTODAYは手数料が1%〜9.5%と低額です。

独自で開発したAIによる与信管理を導入しており、短期間で累計申込額100億円を突破しました。

債権譲渡登記費用などのコストがかからないのも利用しやすいメリットといえます。

業態・業種の制約がないので、起業したばかりの事業主の方でも安心して利用できます。

QuQuMo

PAYTODAYと同様に、QuQuMoも手数料が1%〜と低額です。

調達可能額に下限・上限がないので、個人事業主や中小企業、中堅企業など幅広い業態の企業が利用できます。

必要書類は請求書と銀行口座の入出金明細だけなので、準備にも時間がかかりません。

ペイトナーファクタリング

ペイトナーファクタリングは、個人事業主やフリーランスにとくにおすすめのファクタリングサービスです。

請求書だけで申し込みができるので、スピーディーに資金調達が可能。

事前の無料登録により入金まで最短10分で完了します。

初回の資金化の上限は25万円と少額ですが、繰り返し利用すると最大100万円まで増やせます。

ラボル

ラボルも個人事業主やフリーランス向けのサービス。

1万円から資金化できるので、少額の売掛金でも資金調達が可能です。

必要書類は請求書と取引内容が証明できるもの(やり取りのメールなど)だけなので、申し込みに時間がかかりません。

24時間・365日振り込み対応可能なので、休日や夜間など銀行の営業時間外でも資金化できて便利です。

LINK

LINKは即日買い取り対応が魅力のファクタリングサービスです。

手数料も2%〜14.9%と低水準で、最大1億円までの売掛金の買い取りに対応しています。

10秒で完了するAI無料査定サービスがあり、正式に申し込む前におおよその調達可能額を把握することが可能です。

AIファクタリングがおすすめのケース

2つの一万円札の束

AIファクタリングは、主に下記のケースのときにおすすめです。

とにかく早く資金調達したいとき

まずは、スピーディーに資金調達をしたいときです。

AIファクタリングは審査にAIを導入しているので人が行うよりも早く審査が完了しますし、必要書類の提出もオンラインで完結するので審査申込から契約・入金まで素早く完了します。

なお、AIファクタリング利用の際はアカウント登録を行う必要があります。

慣れない作業に時間がかかることも想定されるため、ファクタリングの利用を検討している方はあらかじめ登録を済ませておくことをおすすめします。

即日で資金調達可能なファクタリングについては下記コラムで詳しく解説しています。
ファクタリングは即日の資金化が可能!おすすめ15社や注意点を解説

手数料を抑えたいとき

ファクタリング利用は手数料がかかるため、売掛金を全額資金化することはできません。

できるだけ手数料を抑えたいという場合には、通常のファクタリングサービスよりも手数料が低いAIファクタリングがおすすめです。

AIファクタリングはAIによる審査で人件費が抑えられているほか、店舗を持たない分、維持費・管理費などのコストもかかりません。

その分、手数料を下げているので売掛額面に近い金額を資金化することができます。

また、ファクタリング会社へ訪問するための交通費などの節約にもなるので、最低限のコストで資金調達が可能になります。

ファクタリングの手数料については下記コラムで詳しく解説しています。
ファクタリング手数料はいくら?相場や内訳、費用を抑える方法を紹介!

AIファクタリングを利用する流れ

スマートフォンを使う男性

AIファクタリングの利用の流れは、下記のとおりです。

1. アカウント作成

まず最初に行うのが「アカウント作成」です。

このときに本人確認書類が必要になるのでデータで用意しておきましょう。

2. 申し込み

次に申し込みを行います。

登録したアカウントにログインしたら、専用ページから売掛金の買い取りに申し込みましょう。

3. 書類をアップロード

審査に使用する必要書類のデータをアップロードします。

必要書類はAIファクタリング会社によって異なるため、事前に調べておくとスムーズです。

4. 審査

書類をアップロードしたら、AIによる審査が始まります。

審査にかかる時間もAIファクタリング会社によって異なり、最短で数十分、長くて数時間ほどで完了します。

午前中に審査申込をすれば即日入金も可能です。

5. 契約・入金

審査をクリアしたら契約を交わします。

オンラインで完結するAIファクタリングの場合、契約書の詳細な説明はほとんどありません。

問題がないかどうかを隅から隅まで細かくチェックしてください。

契約が完了したら入金されるため、きちんと振り込みされているかを早めに確認しましょう。

まとめ

できるだけ早く資金調達をしたいときには、ファクタリングサービスの利用がおすすめです。

とくにAIファクタリングは通常のファクタリングサービスよりも審査から入金までの時間が短く、また手数料も低水準なので利用しやすいといえます。

AIファクタリングに対応する企業は少数ですが、初めてでも利用しやすいAIファクタリング会社はあるので、それぞれのサービス内容を比較しながら自社に適したものを探してみてくださいね。

一般社団法人日本中小企業金融サポート機構では、ファクタリングサービスをはじめとする資金調達の方法をご紹介しています。

ファクタリングのお申し込みに必要な書類は、「通帳のコピー(3か月分)」「請求書・契約書など売掛金に関する資料」の2点のみ。

申し込みから契約までオンラインで完結し、振り込みまでの時間は最短3時間です。

17時までに契約が完了すれば即日振込が可能なので、早めに資金を調達したい方は、ぜひ当機構をご利用ください。

当機構のファクタリングサービスについて詳しくはこちら をご覧ください。

[cta]

AIファクタリングとは?メリットや成功のコツ、おすすめの会社をご紹介

【監修】日本中小企業金融サポート機構 編集局長

保有資格:FP2級

大学卒業後、地方銀行に勤務。主に企業向け融資を担当。その後、損害保険会社にて法人営業、外資系金融機関にて法人融資や人材育成を担当するなど、一貫して金融関連業務に従事。2019年一般社団法人日本中小企業金融サポート機構に入社し、これまでの金融の知識と法人営業の経験を活かし、多くの中小企業・零細企業をサポート。
プライベートでは3児の父の顔も持ち、犬・猫・亀も飼う大家族の大黒柱。

コラム一覧に戻る