即日調達診断
ご相談はこちら
03-6435-7371受付時間 平日9:30~18:00
閉じる

【2024年最新】個人事業主向けおすすめファクタリング会社11選!利用時の注意点も解説!

公開日
2022.12.22
更新日
2024.02.14
【2024年最新】個人事業主向けおすすめファクタリング会社11選!利用時の注意点も解説!

結論から言うと、ファクタリングは個人事業主やフリーランスでも利用できます。法人と同様、個人事業主もファクタリングを利用できますし、個人事業主向けに展開しているファクタリング会社もあります。

ただし、利用の際には注意すべきポイントがあるため、事前に知っておくと安心です。

今回は、個人事業主向けにファクタリングの利用時のポイント、資金受け取りまでの流れなどについて解説します。

おすすめ会社も複数ご紹介しているので、「個人事業主を対象にしたファクタリング会社を知りたい」という方は、ぜひご覧ください。

【注目】ファクタリングの利用を考える個人事業主の方へ

ファクタリングの審査の際は、売掛先および売掛債権の信用度を重要視しているため、個人事業主でもファクタリングの利用が可能です。

日本中小企業金融サポート機構のファクタリングは手数料が低めに設定されている他、少額の債権でも資金化できるため、自信をもっておすすめできます。

ファクタリングを利用したい方、すでに検討段階に入っているという方は、ぜひ下記よりお気軽にお問い合わせください。

[cta]

個人事業主でもファクタリングは使える

文字を書く男性

前述の通り、個人事業主もフリーランスもファクタリングを利用できます。

資金調達に必要なのは売掛債権(商品代金を受け取る権利)なので、請求書などの売掛債権を持っているなら個人事業主も、フリーランスも、中小企業も利用できるのです。

ファクタリングについては下記コラムで詳しく解説しています。
ファクタリングとは?仕組みなどをわかりやすく解説【図解あり】

売掛先と売掛債権の信用度が重要な理由

個人事業主の中には、「信用度が低くてファクタリングが利用できないのでは」と不安になる方もいるかもしれません。

しかし、ファクタリングでは利用者の信用よりも、売掛先および売掛債権の信用度のほうが重要です。

ファクタリング会社に譲渡・売却する売掛債権は、いずれは資金に変わる大切なもの。

それなのに、売掛先や売掛債権の信用度が低く、倒産などで貸し倒れが起きてしまえば、ファクタリング会社には大きな損失になります。

そのため、ファクタリング会社は利用者より、売掛先や売掛債権が信用できるかどうかを重視するのです。

利用するためには審査が必要になる

ファクタリングは、審査をクリアする必要があります。審査の対象となるのは売掛債権で、債権額と信用度を審査します。

審査後、買取可否や手数料の値段が決定されます。

審査には、利用者の身分証や通帳のコピーなどが必要です。慌てて準備することがないよう、あらかじめ準備しておきましょう。

個人事業主がファクタリングを利用する際の9つのポイント

指を指す男性

ファクタリング会社は数が多いため、どの運営会社を選ぶべきか悩んでしまうという方もいるでしょう。個人事業主は、下記のポイントに留意してファクタリング会社を探しましょう。

個人事業主の利用可否

まずは、個人事業主を対象としたファクタリング会社を探しましょう。

個人事業主が利用できるファクタリングが増えてきたことは事実ですが、中には個人事業主の利用を不可としているファクタリング会社もあります。

個人事業主を対象としたファクタリング会社をピックアップし、その中から自分に適したサービスを選んでみてください。

申し込みから入金までのスピード

2者間ファクタリングであれば、申し込みから入金まで最短即日のファクタリング会社も多くあります。

中には最短30分で入金可能な会社もありますので、すぐに資金調達をしたい方は審査にかかる時間や入金までのスピードなど対応の早さを軸に比較をすると良いでしょう。

即日のファクタリングについては下記コラムで詳しく解説しています。
ファクタリングは即日の資金化が可能!おすすめ11社や注意点を解説

買取可能額の下限・上限

売掛金の買取可能額は運営会社ごとに異なり、買取可能額の下限を50万円前後と定めているファクタリング会社も多いです。

売掛金の金額が低いと利用できない会社もあるため、少額から取引ができる運営会社を探してみましょう。

手数料の安さ

売掛金を買い取ってもらう際、いくらか手数料がかかります。

手数料は会社ごとに違うので、手数料の上限に関しては、きちんと確認することをおすすめします。

個人事業主の場合、なるべく手数料がかからないファクタリング会社を探しましょう。

ただし、手数料が安いからといって安易に即決するのは危険です。

長期継続を条件にしていたり、最低利用額が高額になったりと、つけられた条件で資金繰りが圧迫されるケースもあります。

手数料が安く、信頼できるファクタリング会社を見つけることが重要です。

手数料については下記コラムで詳しく解説しています。
ファクタリング手数料はいくら?相場や内訳、費用を抑える方法を紹介!

2者間/3者間ファクタリングの対応可否

ファクタリングには、ファクタリング会社と利用者のみで契約する2者間ファクタリングとファクタリング会社と利用者、売掛先で契約する3者間ファクタリングがあり、利用者の状況や希望によって選ぶことができます。
しかし、2者間ファクタリングではファクタリング会社のリスクヘッジのため、契約時に「債権譲渡登記」を必須とする会社も多いです。

この債権譲渡登記を行えるのは法人のみで、個人事業主は行うことができません。

そのため、個人事業主で2者間ファクタリングを利用する際は債権譲渡登記をしなくても契約できるファクタリング会社を選ぶ必要があります。
なお、3者間ファクタリングは債権譲渡登記が不要になりますので、売掛先にファクタリングを利用することを知られても問題ない方は3者間ファクタリングを選ぶとよいでしょう。

2者間ファクタリングについては下記コラムで詳しく解説ししています。
2者間ファクタリングとは?3者間ファクタリングとの違いとメリット・デメリット

3者間ファクタリングについては下記コラムで詳しく解説ししています。
3者間ファクタリングとは?メリット・デメリットと利用が好ましいケースを解説

債権譲渡登記については下記コラムで詳しく解説しています。
ファクタリングと債権譲渡は何が違う?主な相違点と債権譲渡登記について

審査・契約時の注意点

ファクタリングを利用するには審査と契約が必須です。
ファクタリングの審査で最も重要視されるのは「売掛先の信用力」です。

売掛先が上場企業や有名な会社であれば支払能力があり、売掛金の未回収リスクが低いと判断され、比較的審査に通り易い傾向があります。

契約をする際には、必ずファクタリング会社から発行される契約書を確認し、疑問点や不明点があれば担当者に説明してもらい、納得のいく契約をしましょう。

もし、担当者が答えをごまかしたり、契約を急かそうとしてきたりする場合、悪徳業者の可能性がありますので、そのような業者との契約はおすすめしません。

ファクタリングの悪徳業者については下記コラムで詳しく解説しています。
ファクタリングを装ったヤミ金会社に要注意!見分けるポイントをご紹介

償還請求権の有無

償還請求権(リコース)とは、売掛先から売掛金が支払われなかった場合、ファクタリング会社が利用者に売掛金の返還を請求できる権利のことです。

ファクタリングは原則として償還請求権なしのノンリコース契約ですので、もし売掛先の倒産などにより売掛金が支払われなかった場合でも、利用者に売掛金相当額を支払う義務はなく、ファクタリング会社が損失を負担します。

利用者は売掛金が未回収になるリスクを軽減できるので、償還請求権なし(ノンリコース)で契約できるファクタリング会社を選ぶとよいでしょう。

償還請求権については下記コラムで詳しく解説しています。
償還請求権とは?ファクタリングに重要な“誰がリスクを負うか”

運用会社の信用度

ファクタリング会社を選ぶ際には、手数料の安さや、審査・入金などの対応の早さを重視して選ぶことも重要ですが、信用できる会社を選ぶことも重要です。

利用前には必ず、事業所・固定電話・公式サイトなどの会社情報が曖昧になっていないか確認しましょう。

また、会社の実績を確認したり、いくつかの会社を比較したりして、信頼できる会社を選びましょう。

対応エリア

ファクタリング会社の多くは全国対応可能となっていますが、首都圏に本社を構えて対応している場合が多いため、対面での審査や契約が必要な場合は、自らファクタリング会社に訪問するか、担当者に来社してもらう必要があります。

契約までに時間がかかったり、交通費の負担も発生したりするので、なるべく自社の所在地から近いファクタリング会社を選ぶと良いでしょう。

個人事業主におすすめのファクタリング会社11選

会社と虫眼鏡

こちらでは、個人事業主を対象としたファクタリング会社をご紹介します。

各会社の特徴を知り、希望する条件を満たすファクタリング会社を探してみてください。

日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構」は、非営利運営を行う一般社団法人。

経営サポートの一つとしてファクタリングを手掛けており、全国どこにいても非対面で契約ができます。

手数料が低めに設定されている他、最短即日の売掛債権を資金化できる点、少額の資金化が可能な点などが大きなメリットといえます。

ファクタリングを専門とした団体ではありますが、信頼性が高いので安心して資金調達を依頼できます。

「信頼できる会社と契約したい」「慎重にことを進めたい」という方におすすめです。

入金スピード最短3時間
手数料1.5%〜
売掛債権の買取可能額下限・上限なし

ビートレーディング

ビートレーディング」は、ファクタリングの実績が豊富です。

注文書ファクタリングにも対応しているため、幅広く資金調達ができます。

買取可能額は無制限なので、少額の売掛金の資金化もスムーズに行えるでしょう。

最短30分で査定結果が出て、最短2時間で入金されるため、急に資金が必要になった場合にも対応できます。

「実績があり信頼できる会社に任せたい」という方におすすめです。

入金スピード最短2時間
手数料2者間:4%〜12%
3者間:2%〜9%
売掛債権の買取可能額下限・上限なし

PAYTODAY

PAYTODAY」は、全ての手続きをオンライン上で完結できます。

AIファクタリングを導入しており、審査もAIが行うため最短30分で資金調達が可能です。

手数料が低めに設定されている他、売掛債権の買取可能額も10万円から利用できるので、個人事業主だけでなく、フリーランスも利用しやすいでしょう。

アカウント作成の手間はありますが、それ以外はシンプルに利用できるため、ファクタリングを気軽に始めたいという方におすすめです。

入金スピード最短30分
手数料1%〜9.5%
売掛債権の買取可能額10万円〜5,000万円まで

ベストファクター

ベストファクター」は、2者間ファクタリングに強く、債務超過や赤字、税金滞納などの問題がある会社や、起業したばかりで融資を受けられない会社も利用が可能です。

売掛債権の買取可能額の下限が30万円と個人事業主やフリーランスにはやや高めなのは気になるところでしょうが、2者間ファクタリングを低い手数料で利用できるため、享受できるメリットは大きいといえます。

「売掛先にファクタリング利用を知られたくない」「2者間ファクタリングを安く利用したい」という方にぴったりのサービスです。

入金スピード最短即日
手数料5%〜
売掛債権の買取可能額30万円〜1億円

TRY

TRY(トライ)」は、24時間365日申し込みが可能。

最短即日に資金化できるため、急いで資金を調達したいという方にもおすすめです。

電話、フォーム、メール、LINEと連絡方法が多彩。

そのときに合った方法で連絡ができるため、気軽に問い合わせや相談ができます。

入金スピード最短即日(2者間取引のみ)
手数料5%~
売掛債権の買取可能額10万円~5,000万円

FREENANCE

FREENANCE(フリーナンス)」は、個人事業主とフリーランスが対象のファクタリングです。

売掛債権は1万円から買取してもらえるので、少額から資金化したい方におすすめです。

FREENANCEの専用口座の利用が必須ではありますが、売掛金の入金先をそちらに設定すると、補償サポートが自動で付帯します。

業務中の過失によって起きた事故や生じた賠償責任を補償するものなので、会社の後ろ盾を持たない個人事業主やフリーランスにはうれしいサービスといえます。

入金スピード最短即日
手数料3%〜10%
売掛債権の買取可能額1万円〜1,000万円

OLTA

OLTA(オルタ)」は、審査から入金までオンラインで完結するため、ネット上からスピーディーに資金調達を行いたいという方におすすめです。

また、2者間取引に特化しているので、売掛先にファクタリング利用を知られたくないという方にも向いています。

手数料が低く、売掛債権の買取可能額が無制限、また請求書の一部のみ買取可能というメリットがあるため、個人事業主はもちろんフリーランスも利用しやすくなっています。

ただし、売掛先が個人事業主だと売掛債権は取り扱ってもらえないため注意しましょう。

入金スピード最短即日
手数料2%〜9%
売掛債権の買取可能額下限・上限なし

QuQuMo

QuQuMo(ククモ)」は、オンラインで手続きが完了するため、ネット上で申し込みなどを済ませたい方に向いています。

申し込みから最短2時間で資金調達ができるスピード感が魅力。売掛債権の買取可能額は無制限なので、事業規模に関係なく利用できます。

手数料の振り幅が大きく、場合によっては受け取る金額が少なくなることもあるでしょう。

事前に確認しておくと、安心して契約ができます。

入金スピード最短2時間
手数料1%〜14.8%
売掛債権の買取可能額下限・上限なし

GMO フリーランスファクタリング

GMO フリーランスファクタリング」はクリエイターのためのファクタリングサービスです。

申し込み時に、自身の活動を証明するSNSやウェブサイトの呈示が必須です。

手続きはすべてオンラインで完結するため、忙しい方やすぐに資金調達したい方におすすめです。

しかし、WebクリエイターとITエンジニアの2職種しかサービスを利用できないため、注意が必要です。

入金スピード最短即日
手数料一律9.5%
売掛債権の買取可能額1万円~上限なし

labol

labol(ラボル)」は24時間365日振込対応可能で、申し込みから最短60分で資金化可能なので、できる限り早く資金調達したい方におすすめです。

また、手数料は一律で10%のため、他社に比べて手元に残る金額が上下してしまう心配がなく、安心してファクタリング後の予定や計画を立てることができます。

labolは、個人の利用に特化して設計されているのでフリーランスや個人事業主にはうってつけなサービスです。

入金スピード最短60分
手数料一律10%
売掛債権の買取可能額1万円~上限なし

みんなのファクタリング

みんなのファクタリング」は個人事業主・フリーランスも利用可能なファクタリングサービスです。

審査から契約まですべてWebで完結し、18:30までに契約依頼をすれば、土日祝でも即日で資金調達が可能です。

そのため、平日忙しい方にもおすすめです。

また、2者間ファクタリングに特化しているので、売掛先に知られずにファクタリングサービスを利用できます。

入金スピード最短60分
手数料5%~15%
売掛債権の買取可能額1万円~50万円

ファクタリングの利用から資金を受け取るまでの流れ

現金とATM

ファクタリングを利用した際の、資金を受け取るまでの流れを解説します。

①お問い合わせ

電話やフォームなどから問い合わせを行います。

ファクタリング会社の中には悪徳業者もいますし、最近はファクタリング事業者を装い法外な手数料を請求する事件も発生しているそうです。

予期せぬトラブルを回避するためにも、慎重に会社を選んでからお問い合わせを行いましょう。

②必要書類の提出

ファクタリングの申し込みには、売掛金(請求書・契約書など)、通帳のコピー(表紙つきで直近3か月分)、身分証明書(運転免許証・マイナンバーカードなど)が必要です。

ファクタリング会社によって必要書類の提出には違いがあるため、ファクタリング会社へ問い合わせたときに確認しましょう。

③審査・見積り

提出した書類をもとに審査が行われ、利用可否と手数料の見積り額が決まります。

④契約

見積りに問題がなければ契約に進みますが、紙での契約なのか、オンライン契約なのかは会社によって異なります。

また、契約時に追加で必要書類を求められることもあるため、どちらも申し込みの際に確認しておきましょう。

加えて、償還請求権(しょうかんせいきゅうけん)の有無も確認しておくと安心です。

⑤入金

契約が完了したら、売掛債権から手数料を引いた金額が銀行口座に振り込まれます。

会社や申し込みの時間によって入金までの時間は変わるため、あらかじめ確認しましょう。

なお、2者間ファクタリングの方は、売掛先から売掛金が入金されたら速やかにファクタリング会社へ額面の金額を振り込んでください。

個人事業主のファクタリングに関するよくある質問

ファクタリングを利用する際は何かと不安が多いことと存じます。

そこで、個人事業主のファクタリングについて、よくある質問をまとめました。

個人事業主向けファクタリングと給与ファクタリングは違う?

ファクタリングと給与ファクタリングは以下の違いがあります。

売却する債権貸金業の登録
ファクタリング売掛債権不要
給与ファクタリング給与債権必要

大きな違いは、給与ファクタリングは貸金業登録がないと行えないという点です。

給与は労働基準法24条1項で「通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない」と規定されているため、ファクタリング会社は、直接勤務先から支払ってもらうことができません。

そのため、利用者が給料日にファクタリング会社に支払いをしますが、そのフローが実質的には貸金業に当たると判断されたため、給与ファクタリングを行う会社は貸金業登録が必須となります。

登録がなく、「給与ファクタリング」と称してサービスを行っているファクタリング会社は悪徳業者なので十分注意してください。

出典:警視庁「無登録の給与ファクタリング業者に注意!
   金融庁「ファクタリングの利用に関する注意喚起」

請求書のみでファクタリングを利用できる?

法人・個人事業主問わず、請求書のみのファクタリング利用は“ほぼ不可能”です。

ファクタリングの審査にはいくつかの審査項目がありますが、下記項目は請求書だけでは判断が難しくなります。

・売掛先の信用力
・売掛金の信憑性
・売掛金の健全さ

ファクタリング会社は審査の際に「売掛先の信用力」を重要視しています。

また、売掛金が実在しているか、「不良債権」や「二重譲渡」に該当しないかも視野にいれて審査するため、請求書以外の書類を提出することでそれらを証明する必要があります。

そのため、初回から請求書のみで利用できるファクタリング会社は存在しません。

仮に初回から請求書だけで利用できるファクタリング会社があった際には悪徳業者の可能性が高いのでご注意ください。

請求書のみでファクタリングを利用できるかについては下記コラムで詳しく解説しています。
請求書のみでファクタリングは利用可能?その真相と必要書類が少ない会社を紹介

個人事業主の審査がゆるいファクタリング会社はある?

結論、審査がゆるいファクタリング会社があるとは一概には言えません。

ファクタリングの場合、法人・個人に関わらず売掛債権や売掛先の信用力をもとに審査が行われますが、融資よりは比較的審査に通りやすいため、ファクタリングは審査がゆるいと言われているようです。

ファクタリング審査に通過するためのポイントをしっかりと抑えて必要な書類をしっかりと提出するようにしましょう。

審査通過のポイントついては下記コラムで詳しく解説しています。
審査が緩いファクタリング会社の特徴とは?審査通過のポイントを押さえよう

個人事業主に対する売掛金もファクタリングできる?

売掛先が個人事業主の場合、ファクタリングの利用は難しい傾向にあります。

なぜなら、売掛先が法人の場合は法人登記されており、民間の調査会社等を通じて与信情報を特定できますが、個人事業主は登記がないため、誰がどこで何をしているか特定するための資料の取得が難しく、支払能力の信憑性に欠け、ファクタリング会社側の売掛金の未回収リスクが高まるからです。

個人事業主の売掛金の買い取りは、一切行わないと定めているファクタリング会社も多いので、確認の上お問い合わせしてみることをおすすめいたします。

   

ファクタリングを検討中の個人事業主さまへ

ファクタリングを検討している個人事業主さまのサポートは、ぜひ一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構におまかせください。

当機構は、専門性と公益性を兼ね備えた経営革新等支援機関として公的に認定を受けており、資金調達に見識と経験がある専門家が多数在籍しております。

ファクタリングに詳しいスタッフが資金調達までをしっかりとサポートするため、ファクタリングを初めて利用するという方でも安心して資金調達に専念できるでしょう。

ファクタリングを利用したい方、すでに検討段階に入っているという方は、日本中小企業金融サポート機構までお気軽にご相談してください。

[cta]

【2024年最新】個人事業主向けおすすめファクタリング会社11選!利用時の注意点も解説!

【監修】日本中小企業金融サポート機構 編集局長

保有資格:FP2級

大学卒業後、地方銀行に勤務。主に企業向け融資を担当。その後、損害保険会社にて法人営業、外資系金融機関にて法人融資や人材育成を担当するなど、一貫して金融関連業務に従事。2019年一般社団法人日本中小企業金融サポート機構に入社し、これまでの金融の知識と法人営業の経験を活かし、多くの中小企業・零細企業をサポート。
プライベートでは3児の父の顔も持ち、犬・猫・亀も飼う大家族の大黒柱。

コラム一覧に戻る