即日調達診断
ご相談はこちら
03-6435-7371受付時間 平日9:30~18:00
閉じる

製造業でも活用できる?ファクタリングの特徴・メリット・注意点

公開日
2024.02.13
更新日
2024.02.14
製造業でも活用できる?ファクタリングの特徴・メリット・注意点

迅速に資金調達できる方法として注目を集めているファクタリング。

「製造業でも活用できるのか?」と疑問を抱いている方もいるのではないでしょうか。ファクタリングは、製造業にこそ利用したほうが良いサービスといえます。

そこで今回は、製造業における資金繰りの実情やファクタリングを利用するメリットをご紹介します。

また、ファクタリングを利用する際の注意点やファクタリング会社の選び方についてもまとめているので、ぜひご参考にしてください。

[cta]

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、売掛金をファクタリング会社に売却して資金調達ができるサービスです。企業間の取引は、先に商品やサービスを提供し、その後代金を入金してもらう「掛取引」で行われることが一般的です。

掛取引を行うことにより、代金を請求する権利、つまり「売掛金(売掛債権)」が発生します。この売掛金をファクタリング会社に売却することで、入金日前に資金調達することができるのです。

ファクタリングについては下記コラムで詳しく解説しています。
ファクタリングとは?仕組みなどをわかりやすく解説【図解あり】

ファクタリングの仕組み

ファクタリングには、「買取型」「保証型」の種類があります。

また、契約方法には「2者間」と「3者間」があるため、それぞれの違いをご紹介します。

買取型・保証型の違い

ファクタリングで一般的に提供されているのが「買取型」です。買取型のファクタリングは、売掛金をファクタリング会社に売却して資金調達できるサービスです。入金日よりも前に、資金調達をすることができます。

一方で「保証型」は、売掛金が回収できなくなった場合に、契約の範囲内で保証してもらうサービスです。売掛金が回収不能になった後に、先に定めた保証枠の範囲内の保証金を支払ってもらうことができます。

買取型は資金調達を目的として利用されますが、保証型は売掛金の未回収リスクに備えることを目的として利用されます。

2者間・3者間の違い

2者間ファクタリングとは、「サービス利用者」と「ファクタリング会社」で契約を締結するファクタリングのことです。取引先とは契約をしないため、スピーディーな資金調達が可能です。

3者間ファクタリングとは、「サービス利用者」「売掛先」「ファクタリング会社」で契約を締結するファクタリングのことです。

取引先とも契約をすることによってファクタリング会社が売掛金を売掛先から直接回収できるため、「手数料が低い」「審査に通りやすい」などのメリットがあります。

このように、2者間ファクタリングと3者間ファクタリングの大きな違いは、取引先の関与の有無が挙げられます。

2者間ファクタリングについては下記コラムで詳しく解説しています。
2者間ファクタリングとは?3者間ファクタリングとの違いとメリット・デメリット

3者間ファクタリングについては下記コラムで詳しく解説しています。
3者間ファクタリングとは?メリット・デメリットと利用が好ましいケースを解説

手数料の相場

ファクタリングは、売掛金から手数料を差し引いた金額を受け取ります。手数料の相場は、2者間ファクタリングが8%~18%、3者間ファクタリングが2%〜9%です。

銀行融資に比べて手数料が高くなる場合がありますが、その分ファクタリングはすぐに資金化ができます。これにより、キャッシュフローの改善につながります。

ファクタリングの手数料については下記コラムで詳しく解説しています。
ファクタリングの手数料ってどれくらい?種類別の相場と抑える方法をご紹介

製造業における資金繰りの実情

作業着上に置かれた電卓・ネジ・スパナ

ここでは、製造業における資金繰りの実情をご紹介します。

掛取引が基本となる

会社間の取引は「掛取引」で行われるのが一般的です。掛取引とは、一定期間内に行った取引金額をまとめて後払いで精算する取引のことです。

商品やサービスを提供した後、すぐに入金されるわけではないため、入金されるまでの間に資金が不足してしまう可能性があります。
製造業も掛取引がほとんどなので、資金繰りに悩んでしまうことは珍しくありません。

掛取引については下記コラムで詳しく解説しています。
掛取引とは?仕組みやメリット・デメリット、資金化について解説

売掛金の回収サイトが長い傾向にある

製造業の場合、売掛金の回収サイトが長い傾向にあります。取引先との交渉次第では回収サイトを短くできる場合もありますが、製造業では売掛金の入金までに数ヶ月かかることが一般的です。

入金までの期間が長いと、その間に手元の資金が枯渇してしまう恐れがあります。

製品を製造するための原材料費や光熱費、人件費などは入金がなくても支払わなくてはいけないため、売掛金の回収サイトが長いと資金繰りが悪化する可能性があります。

受注するための「持ち出し」が多い

製造業は、受注するための持ち出しが多いことも特徴です。材料費や外注費などの持ち出し費用は売掛金が入金される前に支払わなければならないため、手元の資金が減り、資金繰りが悪化する可能性があります。

支払うべき固定費が多い

製造業の資金繰りが難しい理由に、支払うべき固定費が多いことが挙げられます。

製造する数に限らず工場や機材を稼働させる必要があるため、売上が下がると資金不足に陥りやすくなってしまうでしょう。

機材・設備のトラブルリスクがある

製造業は、製品を製造するための機材・設備が必要です。機材・設備を長く使用していると、故障したり寿命を迎えたりすることもあるでしょう。

機材・設備がないと製品を製造できなくなってしまうため、早めの修繕や買い替えが必要です。製造業はこれらの突然の出費により、資金繰りが悪化する可能性があります。

受注の増加・減少など環境の影響を受ける

製造業の資金繰りが難しい理由には、受注の増加・減少など環境の影響を受けやすいことが挙げられます。製品の受注が増えた場合は、通常時以上に生産体制を強化しなければいけません。

原材料費や人件費が多く発生するため、手元に十分な資金がないと資金不足になる可能性があります。製品の受注が減少した場合でも、急に材料の発注や人手を減らすことはできません。

これらを減らしてしまうと、生産性が下がり、受注が増加した際に生産が追いつかなくなります。

この理由により、製品の受注が減少した場合であっても一定の生産数をキープしておく必要があり、固定費が発生し続けて資金不足になる可能性があるのです。

管理の難しさ

製造業の資金繰りを圧迫する理由には、管理の難しさも挙げられます。

原価管理

製造業では、「原材料費」「光熱費」「人件費」「機材・設備費」などの原価がかかります。これらの原価を細かく管理できていれば、売上に合わせて仕入原価の予測も立てやすくなるでしょう。

しかし、複数の製品の売上をひとつにまとめている場合、どの製品の売上が良いのか、どの製品の売れ行きが悪いのかなどがわかりにくくなります。

この結果、製品が不足しないようにと過剰に原材料を仕入れてしまい、資金不足に陥ることがあります。

労務管理

労務管理がうまくできていないと、人件費がかかり資金不足に陥る可能性があります。受注の増加・減少に合わせて、従業員の休みや残業時間などをコントロールできているか確認しましょう。

設備管理

製造業では設備管理が非常に重要なため、定期メンテナンス費や修繕費なども含めて資金繰り計画を立てなければいけません。

計画性がないと、設備管理や修繕が負担になり資金繰りを悪化させてしまいます。

製造業でファクタリングを利用するメリット

作業着を着たガッツポーズをする男女

製造業では、ファクタリングの利用がおすすめです。その理由を以下にてご紹介します。

早期資金調達ができる

ファクタリングでは、スピーディーに資金調達をすることができます。

これによりキャッシュフローが改善され、以下のような恩恵が受けられます。

売上減少時にも耐えられる

売上が減少した場合でも一定の生産数をキープしないといけないため、支出はほとんど変わりません。

これにより、資金が不足する製造業は少なくないといえるでしょう。 キャッシュフローが改善されると、売上減少時にも耐えることが可能です。

受注が増えた際の持ち出しが可能になる

製造業は受注するための持ち出しが多いことから、資金不足に陥ることがあります。

キャッシュフローが改善されると、材料費や外注費などに費用をかけられるため、受注が増えた際の持ち出しが可能になります。

設備投資に充てられる

製造業を営むには、設備投資が欠かせません。新製品を製造するための設備を購入したり、古くなった設備を買い替えたりする必要があります。

とはいえ、設備投資には多額の費用が必要です。 キャッシュフローが改善されると資金に余裕ができるため、設備投資に費用を充てることが可能です。

売掛金の未回収リスクに備えられる

取引先から売掛金が入金されるまでに時間がかかり、その間に取引先が倒産する可能性はゼロではありません。

この場合、取引先から売掛金を回収できなくなってしまいます。ファクタリングを利用すれば、売掛金の未回収リスクに備えることができます。

売掛金の未回収リスクについては下記コラムで詳しく解説しています。
売掛金が未回収にならない対処・回収するための方法を解説

融資と違い返済の必要がない

ファクタリングは自社が保有する売掛金を売却して資金調達をするため、融資などの借入と違って返済の必要がありません。

ただし、ファクタリングは取引先から売掛金の入金があった場合、ファクタリング会社への支払いが必要です。

ファクタリングと融資の違いについては下記コラムで詳しく解説しています。
ファクタリングと融資は何が違う?9つの相違点とそれぞれのメリット・デメリット

手続きにかかる手間が少ない

ファクタリングは、手続きにかかる手間が少ないこともメリットのひとつです。

融資の場合は、決算書や事業計画書、納税証明書、資金繰り表などの書類が必要です。さまざまな書類の作成や準備が必要になり、申し込みまでに時間がかかるでしょう。

その点、ファクタリングの必要書類は主に「請求書・契約書など売掛金に関する資料」「通帳のコピー」の2点です。

ファクタリング会社によって必要書類は違いますが、融資と比べると手続きにかかる手間が少ないといえます。

融資などと比べて審査に通りやすい

ファクタリングは、融資などと比べて審査に通りやすいこともメリットです。融資の場合は依頼企業の信用力が重視されるため、経営状態が良好でないと審査に通りにくいといえます。

一方で、ファクタリングは売掛先の信用力が重視されます。依頼企業が赤字決算であっても審査には影響がないため、融資よりも審査に通りやすいでしょう。

ファクタリングの審査については下記コラムで詳しく解説しています。
ファクタリングの審査を深掘り!その基準や落ちる原因・通るためのポイントを解説

自社の信用力に影響しない

ファクタリングは、融資と違って借り入れではないので自社の信用力に影響しません。

そのため、信用情報機関に申込履歴や利用履歴が記録されることはないのです。

2者間ファクタリングでは他社に知られるリスクが少ない

2者間ファクタリングなら、他社に知られるリスクが少ない点もメリットといえます。取引先とは契約をしないため、原則として取引先に通知されることはありません。

「資金繰りが厳しいのでは?」と取引先に不安を与える心配がないので、安心して利用できます。

製造業でファクタリングを利用する際の注意点

ファクタリングを利用する際の注意点は以下の通りです。

審査では取引先の信用力に頼ることになる

ファクタリングでは、自社ではなく取引先の信用力が重視されます。なぜなら、取引先の信用力が低いと売掛金を回収できない可能性があるからです。

この理由により、取引先の支払い能力が弱いと判断されると審査に通らないケースもあります。

3者間ファクタリングでは売掛先企業への通知が必要となる

3者間ファクタリングでは、取引先とも契約を締結する必要があるため、売掛先企業への通知が必要です。

ファクタリングの利用が知られることになり、売掛先企業が「売掛金を売却して資金調達をしないといけないほど経営難なのか」と懸念を示す可能性があります。

今後の取引に影響が出る可能性もあるため、3者間ファクタリングを利用する際は注意しましょう。「取引先企業が承諾してくれるか心配」という場合は、2者間ファクタリングの利用がおすすめです。

債権譲渡登記が必要な場合がある

ファクタリング会社によっては、債権譲渡登記が必要な場合があります。債権譲渡登記は、債権を譲渡したこと、債権を譲り受けたことを証明するための手続きです。

債権が譲渡された事実が一般開示されるので、調べさえすれば誰でも閲覧することができます。これにより、ファクタリングを利用したことが他社に知られる可能性があります。

売掛金の額面以上の資金調達はできない

ファクタリングでは、融資と違って売掛金の額面以上の資金調達をすることはできません。

回収前の売掛金から手数料を差し引いた金額を受け取ることになるため、なるべく多く資金調達をしたい場合は手数料が低いファクタリング会社の利用がおすすめです。

ファクタリング会社の選び方

作業着を着てヘルメットを持ち人差し指を立てた女性

ファクタリングを利用する際、「どこを利用すれば良いのかわからない」と迷ってしまう方もいるでしょう。そこで以下では、ファクタリング会社の選び方をご紹介します。

製造業における実績があるかチェック

ファクタリング会社を選ぶ際は、製造業における実績があるかチェックしましょう。 製造業における実績がないと、対応に手こずってしまうかもしれません。

その点、製造業における実績があるファクタリング会社なら業界ならではの事情にも詳しいので、安心してサービスを受けることができます。

必ず相見積りを行う

ファクタリング会社を選ぶ際は、相見積りを行うことが大切です。相見積りとは、複数の会社に同じ内容の見積りを依頼することです。

ファクタリング会社によって審査基準や必要書類、入金スピード、手数料などが違います。ホームページ上に記載されている情報だけでは、比較・検討が難しいでしょう。

相見積りを行えば対応の速さや良さなども知ることができるため、自社に最適なファクタリング会社を選べるはずです。

手数料をチェック

ファクタリング会社を選ぶ際は、手数料のチェックも欠かせません。

ファクタリングでは売掛金から手数料を差し引いた金額を受け取ることになるため、手数料が高いと受け取れる金額が減ってしまいます。一方で、手数料が低いと売掛金の金額に近い資金を受け取ることが可能です。

そのため、ファクタリング会社を利用する際は手数料の確認が必須といえます。ただし、手数料が相場より低過ぎる場合は、悪徳業者の可能性が考えられます。

契約後に手数料を上げられる恐れもあるので、相場も把握しておくようにしましょう。

ファクタリングの手数料の相場は、2者間ファクタリングが8%~18%、3者間ファクタリングが2%〜9%です。この相場よりも手数料がかなり低い場合は、利用を避けるのが無難です。

資金化の早さをチェック

ファクタリング会社を選ぶ際は、資金化の早さをチェックしましょう。

審査から入金までに時間がかかると、「材料費や外注費にかける費用がない」「従業員の給与が支払えない」などの問題が出てくる可能性があります。

キャッシュフローの悪化を防ぐためにも、ファクタリング会社を選ぶ際は、資金調達までにどのくらいの時間がかかるかを確認しておくことが大切です。

「すぐにでも資金調達をしたい」という場合は、2者間ファクタリングを利用すると良いでしょう。

取引先とは契約をしないため、早ければ即日または数日以内に入金してもらうことが可能です。

償還請求権のあり・なしをチェック

ファクタリング会社を選ぶ際は、償還請求権のあり・なしをチェックすることが大切です。

償還請求権とは、債務者から金銭債権が支払われないときに費用の返還を求めることができる権利のことです。

つまり、取引先が売掛金の支払いができない場合は、ファクタリング会社から譲渡した売掛金相当額を請求されるということです。

ファクタリング契約の多くは、償還請求権がありません。

償還請求権なしの場合は、取引先が倒産などの理由により売掛金の支払いができない場合であっても依頼企業が責任を負う必要はないため、安心して利用することができます。

ただし、償還請求権があるファクタリング会社も存在するので、契約前に必ず確認しましょう。

償還請求権については下記コラムで詳しく解説しています。
償還請求権とは?ファクタリングに重要な“誰がリスクを負うか”

契約書の内容をチェック

ファクタリング会社を選ぶ際は、契約書の内容をチェックすることが大切です。

契約書の内容を細かく確認しないと、「償還請求権なし」と口頭で説明を受けたのに、契約書には「償還請求権あり」と記載されていた、などのトラブルが起こる可能性があります。

そのため、「償還請求権」「債権譲渡通知」「手数料」「損害賠償・違約金」など、契約書の内容は隅々まで注意深くチェックしましょう。

担当者の対応をチェック

ファクタリング会社を選ぶ際は、担当者の対応をチェックすることも大切です。

担当者の対応が悪く、質問をはぐらかれるようであればどんなに好条件のファクタリング会社であっても、利用を避けたほうが良いでしょう。

一方で、丁寧に対応してくれる担当者であれば安心して利用することができます。

ファクタリングはサービス利用者とファクタリング会社の信頼関係が大切なので、担当者の対応も判断材料に入れることをおすすめします。

製造業でファクタリングが役に立つシーン

ヘルメットを被り機器を確認する男女

製造業でファクタリングが役に立つシーンは以下の通りです。

外的要因により外注費が先出しになった

震災や事故などが起こると、機材・設備が使用できなくなることがあります。稼働を一時的にストップしないといけない場合、納期に間に合わないことがあるでしょう。

その結果、外注費が先出しになることがあります。

ファクタリングを利用すれば、迅速に資金調達ができるため外注費に充てることができます。これにより、原材料を仕入れたり人件費を支払ったりすることが可能です。

帳簿では黒字だが手元に資金がない

帳簿では黒字でも、取引先から売掛金が入金されるまでに時間がかかるため、手元に資金がない場合もファクタリングの利用がおすすめです。

手元に資金がないと、原材料費や人件費、固定費などの支払いが滞ってしまう可能性があります。

融資を受けている場合は、返済に遅れが出てしまう恐れもあるでしょう。

ファクタリングを利用すれば、取引先から売掛金が入金される前に資金調達ができるため、万が一遅れたとしても安心です。

急な支払いが必要になった

製品を製造していくなかで、機材・設備などの故障により、急な支払いが必要になる場合があります。手元に十分な資金がないと、修繕や買い替えが厳しくなってしまうでしょう。最悪な場合、倒産に追い込まれてしまうケースもあり得ます。

ファクタリングを利用すれば、急な支払いにも柔軟に対応することが可能です。融資だと手続きや審査に時間がかかりますが、ファクタリングは即日もしくは数日以内で資金調達ができます。

資金調達ができ次第すぐに修繕・買い替えをすれば、早めに工場を稼働させることができるでしょう。

原価が高騰した

原価が高騰したときもファクタリングの利用が役立ちます。製造業の場合、取引先は個人ではなく企業です。

そのため、原価が高騰したとしても企業相手に安易に製品を値上げすることはできません。

製品を値上げした場合、「他の安いところに契約を切り替える」と、取引を解除されてしまう可能性があります。

この理由により、製品を値上げすることは難しいのです。

かといって、収入は変わらず支出は大きくなるばかりです。そのような場合に、ファクタリングを利用してカバーするのがおすすめです。

ファクタリングで原価高騰の影響をカバーしつつ、節約できるところは時間をかけてコストを削減しましょう。そうすれば、キャッシュフローを改善できるはずです。

新規事業を始めたい

新規事業を始めるには、多額な資金を確保しておく必要があります。なぜなら、新製品の発売前に売れ行きを把握しておくことは難しいからです。

売れ行きが予想よりも下回ると、過剰在庫を抱えたり人手を持て余したりする可能性があります。

一方で、売れ行きが予想を上回っても原材料費や人件費などが膨らみます。

原材料費や人件費などは「先払い」が一般的なので、取引先から売掛金が入金されるまでの間の運転資金がないと黒字倒産になりかねません。

これらの理由により、新規事業を始めたいときはファクタリングの利用がおすすめです。ファクタリングで運転資金を調達できれば、黒字倒産も避けることができるでしょう。

過剰在庫がキャッシュフローを圧迫している

過剰在庫がキャッシュフローを圧迫している場合も、ファクタリングの利用が役立ちます。在庫は購入されない限り、手元に現金が入りません。

過剰に在庫を抱えてしまうと管理費がかかり、利益が得られないためキャッシュフローはマイナスになります。

原材料の仕入れ代や固定費などを支払えず、事業が悪化すれば倒産する可能性もあるでしょう。在庫を処分するには、値下げをする必要があります。これにより、原価割れが起こり損失が生じます。

その損失分をファクタリングでカバーすることにより、キャッシュフローを改善することができます。

資金調達の手段は複数用意しておこう

人差し指をたてた女性

資金調達の手段は、ファクタリングだけではありません。

ファクタリング以外にも適した調達方法があるかもしれないため、複数の手段を用意しておきましょう。

助成金・補助金

助成金・補助金は、国や地方自治体などから受給することのできる支援金です。目的に合った事業で、要件を満たせば支援金を受給することができます。

返済は不要なので、資金調達をする手段のひとつとして申請すると良いでしょう。

ただし、助成金・補助金は入金されるまでに1年程度の期間が発生するため、入金されるまでの間は、他の方法で資金調達をしておく必要があります。

助成金・補助金については下記コラムで詳しく解説しています。
助成金と補助金の違いをわかりやすく解説!管轄・予算・給付額・期間の相違点とは

在庫ファクタリング

在庫ファクタリングとは、保有する在庫をファクタリング会社に売却して資金化するサービスです。

売れ残った在庫も売却できるため、過剰在庫を処分したい場合は在庫ファクタリングを利用すると良いでしょう。ただし、在庫ファクタリングで売却できるのは「商品のみ」です。

原材料などは売却できないため、その点は留意しましょう。

不動産担保融資

不動産担保融資は、不動産(土地や建物)を担保として銀行から資金を借り入れる融資手法です。

不動産を担保にすることによって、無担保の融資よりも低金利で借り入れできる傾向があります。また、返済期間も比較的長く設定できるのが特徴です。

ただし、不動産担保融資は返済不能になると不動産が売却されてしまうため、利用の際は気をつけなければいけません。

ABL(動産担保付き融資)

ABL(動産担保付き融資)とは、売掛債権と動産(在庫など)を対象とした融資手法です。売掛金だけでなく、在庫も担保にすることができます。

そのため、「在庫はあるけど担保にできる売掛金がない」という場合は、ABLを利用すると良いでしょう。

出資

資金調達をする手段として、出資を受ける方法もあります。新規事業を始めたい場合は、クラウドファンディングを利用すると良いでしょう。

クラウドファンディングとは、インターネットでプロジェクトや商品・サービスなどを発信し、共感した不特定多数の人か資金調達をする手法です。

多額の現金を調達できる可能性があり、一部の種類を除いて基本的に返済義務がありません。くわえて、商品・サービスの認知にもつながるので、マーケティングとしての効果も期待できます。

クラウドファンディングについては下記コラムで詳しく解説しています。
クラウドファンディングとは?メリットやデメリットは?成功事例などをご紹介

まとめ

製造業は、受注するための持ち出しが多い上に、支払うべき固定費が多く、機材・設備のトラブルリスクがあります。

これにより、製造業では十分な運転資金を確保しておくことが大切です。

ファクタリングなら、売掛先から売掛金が入金される前に資金調達ができるためキャッシュフローの改善に役立ちます。さらに、融資などに比べて審査に通りやすく、自社の信用力に影響しません。

2者間ファクタリングなら取引先に知られる心配もないので、安心して利用することができるでしょう。

一般社団法人日本中小機構金融サポート機構では、ファクタリングサービスをはじめ、お客さまに適した資金調達方法をサポートしています。

資金繰りでお悩みの方は、ぜひ当社にご相談ください。

[cta]

製造業でも活用できる?ファクタリングの特徴・メリット・注意点

【監修】日本中小企業金融サポート機構 編集局長

保有資格:FP2級

大学卒業後、地方銀行に勤務。主に企業向け融資を担当。その後、損害保険会社にて法人営業、外資系金融機関にて法人融資や人材育成を担当するなど、一貫して金融関連業務に従事。2019年一般社団法人日本中小企業金融サポート機構に入社し、これまでの金融の知識と法人営業の経験を活かし、多くの中小企業・零細企業をサポート。
プライベートでは3児の父の顔も持ち、犬・猫・亀も飼う大家族の大黒柱。

コラム一覧に戻る