即日調達診断
ご相談はこちら
03-6435-7371受付時間 平日9:30~18:00
閉じる

おすすめファクタリング会社を特徴別に紹介!最適な会社が見つかる!

公開日
2022.12.22
更新日
2024.02.15
おすすめファクタリング会社を特徴別に紹介!最適な会社が見つかる!

この記事では、ファクタリング会社をお探しの方のために、おすすめのファクタリング会社を25社ご紹介します。低手数料やオンライン完結など、条件ごとにおすすめの会社を紹介するので、あなたに最適な会社がきっと見つかります。

他にも、ファクタリングの基礎知識も併せて解説するので、ぜひご参考にしてください。

ファクタリングについて詳しくは下記コラムで解説しています。
ファクタリングとは?仕組みなどをわかりやすく解説【図解あり】

【注目】自社の条件に合ったファクタリング会社をお探しの方へ

ファクタリング会社には様々な特徴がありますので、比較検討することで自社に合った会社を探すことが大切です。

気になる会社は一度問い合わせをしてみるのもいいでしょう。

日本中小企業金融サポート機構は営利を目的としていない一般社団法人であり、関東財務局長及び関東経済産業局長が認定する「経営革新等支援機関」でもあるため、安心性・信頼性・専門性には自信があります。

ファクタリングの利用をお考えの際はぜひ一度お問い合わせください。

[cta]

条件に合ったファクタリング会社が見つかる!ファクタリング会社一覧

4つのチェックボックス

自社にぴったりのファクタリング会社を探すなら、各運営会社の特徴を把握する必要があります。「ファクタリングを利用する上で譲れない条件は何か」を考えながら、運営会社の特徴をみていきましょう。

こちらでは、確かな実績と人気があるファクタリング会社を25社ご紹介します。

低手数料なファクタリング会社

手数料が高いと、実際に受け取れる資金が少なくなってしまいます。資金繰り改善のためにも、ファクタリングを利用する際はできるだけ手数料が低い会社を選ぶことが大切です。

以下では手数料が低いファクタリング会社をご紹介しています。

日本中小企業金融サポート機構 | 国が認定した公的な支援機関

日本中小企業金融サポート機構」はオンラインファクタリングを採用しているため、来店しなくても自宅で契約が可能です。

2者間ファクタリングと3者間ファクタリングのいずれかを選択でき、手数料も1.5%~と低めに設定されているため、手数料が気になる方におすすめです。

金融や資金調達に精通した専門スタッフが担当者になるため、ファクタリング利用や資金調達サポートの利用が初めての方でも安心して利用ができます。

SHIKIN+ | 三菱UFJ銀行とMoney Forwardの合弁会社

SHIKIN+ 」は三菱UFJ銀行とMoney Forwardの合弁会社が提供しており、高い信頼性があります。手数料は業界最安水準の0.5%~なので手数料をなるべく抑えたい方にはぴったりです。しかし利用は法人限定で、個人事業主は利用できないので、注意が必要です。

三菱UFJファクター | 銀行系の老舗ファクタリング会社

三菱UFJファクター」は約50年の歴史を持つ、銀行系の老舗ファクタリング会社です。
取扱いは3者間ファクタリングのみで、億単位の債権を持つ企業に限られています。
また、審査は融資と同じくらい厳しめです。
しかし、銀行系ファクタリング会社ならではの低手数料で利用できるところは嬉しいポイントです。

AGビジネスサポート | 大手ノンバンクアイフルのグループ会社

AGビジネスサポート」は大手金融機関のアイフルのグループ会社で信用力が高く、安心して利用することができます。

最短即日で資金化が可能で、手数料も2%~と低めに設定されているため、初めてファクタリングを利用する方にもおすすめです。

ベストファクター | 平均買取率90%以上

ベストファクター」は株式会社アレシアが運営するファクタリングサービスで、柔軟な審査で平均買取率92.2%、さらに手数料は2%~となっています。

手続きはオンラインだけでなく電話や訪問も可能で手厚くサポートをしているため、オンラインに不安のある方でも安心して利用可能です。

買取可能額が高額なファクタリング会社

ファクタリング会社を選ぶ際は、買取可能額もチェックしておくことが大切です。なぜなら、資金化したい売掛金の金額が最大買取可能額を超えてしまう場合は、必要な額の資金調達ができないからです。
以下では買取可能額が高いファクタリング会社をご紹介します。

ビートレーディング | 累計買取額1,170億円の豊富な実績

ビートレーディング」は、月間契約数1,000件以上、累計買取金額は1,170億円と実績が豊富なファクタリング会社です。

買取可能額に下限・上限がないので、高額のファクタリングをお考えの方にもおすすめです。さらにオンライン契約可能なので最短2時間で資金調達が可能です。
実績があり信頼できる会社を利用したい方や少額・高額なファクタリングをしたいという方に最適です。

トップ・マネジメント | 実績多数の老舗会社

トップ・マネジメント」は、業界最多のサービスを提供するファクタリング会社です。買取可能額が3億円までと高額な買取も可能なのが魅力です。HPでは担当の営業スタッフの顔を見ることができ、安心感があります。
経営改善の無料サポートも実施しているため、起業したばかりの方、今後の経営について悩んでいる方におすすめです。

メンターキャピタル | 創業1年未満の会社も利用可能

メンターキャピタル」のファクタリングサービスは買取可能金額が1億円までと大きく、経営コンサルティングサービスを行っているのが特徴です。

資金調達から運営に関してトータルアドバイスをしてもらえるので、ファクタリングを初めて利用する場合でも手厚いサポートが受けられます。

No.1 | 経営支援コンサルティングサービスも提供

No.1」はファクタリングサービスだけでなく、経営支援コンサルティングのサービスも提供しており、経営課題について相談ができます。

買取可能金額が10万円から5,000万円と幅広く、対面でのやり取りも可能なため、利用者に寄り添った対応が期待できます。

SMBCファイナンスサービス | 保証ファクタリングも提供

SMBCファイナンスサービス」はSMBCグループの運営する銀行系のファクタリング会社です。
1,000万円以上の高額な売掛債権を資金化したい方に向いています。

「保証ファクタリング」サービスを提供しており、売掛先の倒産などの理由により売掛金を回収できない場合は、三井住友銀行が売掛金の一定額、もしくは全額を保証してくれるので、安心して利用できるでしょう。

個人事業主におすすめのファクタリング会社

ファクタリング会社によっては法人のみ利用可能で、個人事業主では利用できないケースや、個人事業主では法人よりも手数料が高く設定されている場合があります。
事前に個人事業主でも対応しているかを確認するようにしましょう。
以下では個人事業主でも利用できるファクタリング会社をご紹介します。

みんなのファクタリング | 土日祝日も申し込み・振込可能

みんなのファクタリング」は、株式会社チェンジが運営しており、オンライン上で申し込みから契約まで行うことができ、土日祝でもお申し込み・お振り込みが可能です。
1万円から買取可能なので、個人事業主やフリーランスなど、少額の売掛債権をお持ちの方にも向いています。
また、赤字や税金滞納の問題があり、自社の信用状況に自信がなくてもご利用いただけます。

ぺイトナー | 入金まで最短10分

ペイトナー」のファクタリングは、無料会員登録を行えば、申し込みから最短10分で資金調達ができます。

手数料は一律10%なので、事前に受け取り金額が分かるので安心です。1万円と少額から対応してもらえるので、個人事業主やフリーランスにおすすめです。
加えて、手続きは全てオンラインなので、「忙しくて時間がない」という方にもぴったりです。

フリーナンス | 上場企業GMOインターネットのグループ企業

フリーナンス」は、GMOクリエイターズネットワーク株式会社が運営する日本初となるフリーランス特化型のファクタリングサービスです。

フリーランスだけでなく個人事業主も含まれます。東証1部上場企業であるGMOインターネットのグループ企業なので信頼性も抜群。

継続して利用するとスコアが溜まり、買取可能額が上昇したり、手数料が安くなったりといったうれしいサービスが期待できます。

labol(ラボル)独立直後・新規取引でもOK

labol(ラボル)」は個人事業主の利用に特化して設計されているため、個人事業主・フリーランスには最適な会社です。
さらに、手数料は一律10%、申し込みから最短60分で資金化が可能なので、とにかく急いで資金調達したい個人事業主・フリーランスにおすすめです。

TRY(トライ) | 365日24時間対応可能

TRY(トライ)」は、株式会社SKOが運営しており、土日祝日に加えて夜間も営業しているため、いつでも資金調達の相談が可能です。

全国に対応しており、申請から入金までは最短即日で対応してもらえます。10万円と小口債権から対応しているので、個人事業主だけでなくフリーランスでも利用しやすいでしょう。

ファクタリングの経験が豊富なスタッフがサポートに入るため、初めての方でも安心して利用できます。

オンラインで完結するファクタリング会社

ファクタリング会社によっては契約等の手続きを対面で行う会社もあります。忙しい方や、地方に住んでいて訪問が難しい場合は、手続きがオンラインで完結する会社を選ぶことで、資金化までの時間を短縮することもできます。

以下では手続きがオンラインで完結するファクタリング会社をご紹介します。

QuQuMo(ククモ) | 弁護士ドットコム監修の電子契約サービスを活用

QuQuMo(ククモ)」は、株式会社アクティブサポートが運営しており、買取型のファクタリングサービスを提供しているほか、オンラインファクタリングにも対応しています。

オンラインで手続きが完結するため、面談は不要。手間がかからず、必要書類も売掛金(請求書)と通帳のみと気軽さが魅力です。

「クラウドサイン」という弁護士ドットコム監修の電子契約サービスを活用しているため、情報漏洩の心配なく安心して利用できます。

OLTA(オルタ) | クラウドファクタリングサービスの提供

OLTA(オルタ)」は「クラウドファクタリング」というオンライン完結のファクタリングサービスの提供を行っております。

また、OLTA独自のAI審査を導入しているため、審査開始から1営業日以内で見積りを提示してもらえます。申し込みから入金まですべてオンラインで完結するため、忙しくて来店が難しい方におすすめです。

PAYTODAY(ペイトゥデイ) | 独自のAI 審査システムを導入

「PAYTODAY(ペイトゥデイ)」はDual Life Partners株式会社が運営しており、AI審査により申し込みから最短30分で入金可能です。

また、必要な書類もオンラインで提出可能なので、全国どこからでもファクタリングが可能です。必要に応じて電話面談も行っているので、不安のない取引ができます。
フリーランスや個人事業主でも利用できるため、即日で資金調達をしたい方におすすめです。

GMO BtoB早払い | 上場企業GMOペイメントゲートウェイが提供

GMO BtoB早払い」は東証プライム上場企業であるGMOペイメントゲートウェイ株式会社が提供するファクタリングサービスです。

買取可能金額が高いので、大口の契約を考えている法人におすすめです。基本的には申し込みから入金までオンラインで完結出来ますが、初めての利用で不安な方は対面でのサポートも受けられるため安心です。

マネーフォワードアーリーペイメント | 発注段階の売掛債権も買取可能

マネーフォワードアーリーペイメント」は、マネーフォワードケッサイ株式会社が運営するファクタリングサービスです。

申し込みから契約まで、オンライン完結で、手数料も業界最安水準の1.0%~なので低コストで継続的に利用したい方におすすめです。個人事業主は利用できないので注意が必要です。

診療報酬・介護報酬特化のファクタリング会社

診療報酬ファクタリングや介護報酬ファクタリングは、保険診療を行った医療機関や介護事業者が、社会保険診療報酬支払基金(社保)または国民健康保険団体連合会(国保)に対して請求する診療報酬債権や介護報酬債権をファクタリング会社に譲渡することで、通常よりも早く資金化できるサービスです。

以下では診療報酬ファクタリングや介護報酬ファクタリングを取り扱っているファクタリング会社をご紹介します。

GCM | 自立支援給付費債権ファクタリングも利用可能

GCM」は診療報酬ファクタリングのほかに、介護・自立支援給付費債権ファクタリングも取り扱っているファクタリング会社です。
申し込みは電話またはメールから可能です。来店不要なので、事務所のある東京以外からでも気軽に利用可能です。

FPSメディカル | 最大3か月分相当の資金調達が可能

FSPメディカル」はアクリーティブ株式会社が運営する、診療報酬ファクタリングや介護報酬ファクタリングに力を入れたサービスです。

最大で3か月分の診療・調剤・介護報酬債権を資金化することが可能で、まとまった資金が必要になった場合でも豊富な資金力を生かして対応をしてもらえます。
全国対応でどこからでも申し込み可能なため、利用を考えている方はぜひ問い合わせてみてください。

三菱HCキャピタル | 調剤報酬ファクタリングにも対応 

三菱HCキャピタル」は介護事業者・調剤薬局・医療機関向けのファクタリングサービスです。申し込みから契約まで原則非対面で対応しています。

さらに、買取手数料も月0.2%~と安く設定されています。そのため、来店が難しく、手数料をなるべく抑えたい方におすすめです。

オリックス | 手形割引や売掛債権担保保証も行っている

オリックス」のファクタリングサービスは診療・介護・調剤報酬債権の買取りに強いという特徴があります。

オンラインで気軽に申し込みから契約まででき、大手企業であるため、安心感もあります。しかし、審査結果が分かるまで10日ほどかかるので、すぐにでも資金調達が必要な場合は注意しましょう。

三田証券 | 最大4か月分相当の資金調達が可能

三田証券」は創業70年を超える老舗の証券会社で、豊富な経験と実績があり信用力は抜群です。
医療関連機関に向けて介護報酬ファクタリングや診療報酬ファクタリングを行っているので、資金ニーズに応じて柔軟な対応が可能です。
介護報酬や診療報酬ファクタリングを検討の際はまず問い合わせてみることをおすすめします。

そもそもファクタリングとは

札束と男性のミニフィギュア

ファクタリングとは、売掛先(取引先)からまだ支払われていない売掛金(※)をもとに資金調達を行う金融サービスです。

入金前の請求書などをファクタリング会社に譲渡・売却し、額面から手数料を引かれた分の代金を受け取ることで資金調達を行います。

※提供した商品やサービスの対価としてお金を受け取る権利。売掛債権。請求書などが該当する。

通常、売掛先から代金が支払われるまでには30日〜60日ほどかかり、契約によってはさらに長くかかることもあります。

入金サイクルが長いと、入金より先に支払いが必要になることで事業資金が枯渇したりと、何らかの不具合が生じてしまうケースも少なくありません。

しかし、ファクタリングを利用すれば申し込みをしてから最短即日、遅くても数日以内には売掛金を資金化できます。資金繰りの改善に一役買うことが期待されているのです。

ファクタリングは大きく分類して「買取型」と「保証型」の2種類があります。

買取型は「短期間で確実に資金化したい」という方におすすめで、2者間ファクタリングと3者間ファクタリングによって形態が異なります。

2者間ファクタリング・利用者と運営会社の2者間で行う
・売掛先への通知や承諾は不要なので、ファクタリングサービスの利用が露呈する心配がない
・資金化までの時間が短い
・手数料が高い
3者間ファクタリング・利用者と運営会社、売掛先の3者間で行う
・債権回収を行う必要がない
・売掛金の売却に関して売掛先から承諾を得る必要がある
・手数料が安い

保証型は「売掛先の倒産などの回収リスクを回避したい」という方におすすめです。ただし、保証型に関しては資金調達にある程度の期間を要するため、すぐに資産化したいという方は避けたほうが賢明でしょう。

ファクタリングは会社(法人)はもちろん、個人事業主、フリーランスも利用可能です。資金繰りに困ったときは、ファクタリングサービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

なお、ファクタリングには「一括ファクタリング」「医療報酬債権ファクタリング」「国際ファクタリング」などの種類があります。会社の事業などによって選ぶべき形態は異なるでしょう。事前にきちんと確認することをおすすめします。

銀行融資・ビジネスローンとの違い

銀行融資やビジネスローンとは異なり、ファクタリングは借金ではないため、利用者の信用力や不動産担保などは必要ありません。

いくら資金調達を行っても負債は増えないので、信用情報に影響することもないのです。

銀行融資やビジネスローンと同様、ファクタリングにも審査はありますが、その対象は自分自身や会社ではなく売掛先です。

売掛金を回収できるかどうか、売掛先の信用力はあるかなどを判断し、問題がなければファクタリングを利用できます。

仮に自社が赤字経営でも、税金や保険料を滞納していても、売掛先が信用を満たしていればファクタリングの利用には大きく影響しないのです。

この他、創業・起業したばかりで実績がなく、融資を受けられないという若い会社も、ファクタリングなら資金調達しやすいためおすすめです。

なお、ファクタリング、銀行融資・ビジネスローンの違いは下記のとおりです。

ファクタリングと融資の違いは下記コラムで詳しく解説しています。
ファクタリングと融資は何が違う?9つの相違点とそれぞれのメリット・デメリット

ファクタリング銀行融資・ビジネスローン
調達可能額売掛金の額面が上限額300万円〜3億円ほどが目安
弁済期間売掛先からの入金後1年〜15年ほどと長期
審査対象売掛先(取引先)借り入れを行う人や会社
弁済方法一括分割

債権譲渡との違い

そもそも債権譲渡とファクタリングでは目的が異なります。
債権譲渡は、期日までに支払われなかった「不良債権」の処理、ファクタリングは売掛債権を売却することで資金化する資金調達の目的で利用されています。

また、多くの場合ファクタリングで買取できる債権は、入金額と入金日の決まった支払期日前の「確定債権」に限られます。

すでにサービスや商品の提供が完了し、請求書を発行している売掛債権が対象であり、支払期日を過ぎても回収が完了していない不良債権は対象外となります。

なお、法改正により「将来債権」も譲渡可能となり、将来債権を専門とするファクタリング会社もあるようですが、多くのファクタリング会社では後々のトラブルを防ぐために買取対象外としていることが多いので注意しましょう。

ファクタリングと債権譲渡の違いは下記のとおりです。

ファクタリング債権譲渡
利用目的売掛金の資金化不良債権の処理
利用者法人/個人事業主金融機関/貸金業者
債権の種類確定債権不良債権

事前に知っておくきべきファクタリングの知識

電卓とビルのフィギュア

ファクタリングを利用するなら、事前にファクタリングについて知っておくことが大切です。

信頼できるファクタリング会社であっても、何かしらの事情からトラブルに発展することもあるかもしれません。

ファクタリングを安全安心に利用するため、万が一のトラブルを回避するために、下記にまとめたファクタリングの基本的な知識について把握しておくことをおすすめします。

2者間ファクタリングと3者間ファクタリングの違いを理解する

先でも述べましたが、買取型のファクタリングには、2者間ファクタリングと3者間ファクタリングがあります。

どちらを選ぶかで仕組みや手数料などが変わるため、双方の違いを理解した上で自社に合うファクタリング会社を選びましょう。

2者間ファクタリングについて詳しくは下記コラムで解説しています。
2者間ファクタリングとは?3者間ファクタリングとの違いとメリット・デメリット

3者間ファクタリングについて詳しくは下記コラムで解説しています。
3者間ファクタリングとは?メリット・デメリットと利用が好ましいケースを解説

相見積りの必要性

ファクタリング会社を探す際は、相見積りを行いましょう。 相見積りとは、複数の会社に同じ内容の見積りを依頼することです。

ホームページなどを見比べているだけでは、ファクタリング会社の比較・検討には乏しいといえます。

各社が提供するファクタリングサービスの内容を頭に入れつつ、その上で見積り上の数字を比較することが重要です。

見積りを行うことで、より自社で重視すべきポイントが見えてくるはずです。

事前に買取手数料を確認する

あらかじめ、売掛金の買取手数料について確認しましょう。

設定された手数料は、各社によって異なります。取引内容によっても変わってくるため、事前に手数料を調べて、実際に受け取る金額がどれくらいになるかまで想像してみましょう。

なお、手数料が高額だと資金繰りの悪化を招くこともあります。相見積りを行い、慎重に契約先を選びましょう。

手数料については下記コラムで詳しく解説しています。
ファクタリング手数料はいくら?相場や内訳、費用を抑える方法を紹介!

審査と手数料は比例する

審査と手数料は比例します。

ファクタリング会社の中には審査がない、または審査が甘いといわれるところもあります。

そういった場合、審査の甘さと比例するように手数料が高くなる傾向にあります。

売掛先の信用は重要ですが、それだけだとファクタリング会社が背負うリスクはあまり軽減できません。

加えて、売掛先が法人ではなく個人だった場合や、回収できないリスクが高い売掛金などあまり信用できないものだと、貸し倒れするリスクは高くなります。

大きなリスクを背負う分、手数料を高くしているのです。

対面ではなく電子契約のほうが手数料が安い

対面よりも、オンラインファクタリング(電子契約)のほうが手数料が安い傾向にあります。

オンラインファクタリングは手続きの手間がかからない他、紙代や印紙代などのコストを削減できます。

その分、手数料を安く設定しているファクタリング会社も少なくありません。

悪徳業者に注意する

賃金業登録されていないのにファクタリング会社を装い、中小企業相手に違法営業を行う悪徳業者が報告されています。

・契約書にて債権譲渡契約(売買契約)だという旨が記載されていない
・手数料や報酬金額が高すぎる
・売掛金の買取代金が著しく低い
・口頭で話した金額と契約書の内容が異なる
・回収できなかった場合、売掛金を買い戻す旨が記載されている
・回収できなかった場合、償還請求が行われるようになっている

これらのケースは、悪徳業者である可能性が高いと思って良いでしょう。

ファクタリング会社を装った悪徳業者に関しては、金融庁からも注意喚起されています。

被害に遭わないためにも、確かな実績があるかなど、さまざまな点から信頼できるかどうかを見極めることが大切です。

ファクタリングの悪徳業者について詳しくは下記コラムで解説しています。
ファクタリングは違法ではない!その根拠と悪徳業者・優良業者それぞれの特徴を解説

ファクタリング会社のタイプ別の特徴

書類を持つ女性

ファクタリング会社は「独立系」「銀行系」「ノンバンク系」の3種類に分類されます。

審査のスピードや手数料、買取可能額は異なりますが、「ファクタリングサービス」を提供するという点には変わりありません。

提供しているサービスの違いについて理解し、自社に合った会社を選びましょう。ここでは、それぞれの特徴についてご紹介します。

独立系ファクタリング会社

「独立系ファクタリング会社」とは、銀行やノンバンクの系列・グループではなく、独立して専門的にファクタリングサービスを提供している会社のことです。

審査のハードルが比較的低く、最短即日で入金可能など、スピーディーな資金調達ができるのが特徴です。数十万円単位の少額取引にも対応していることが多いため、小口取引を行うことがある企業や個人事業主に適しています。

その分手数料が高めに設定されていることが多く、ややコストがかかるというデメリットもあります。

銀行系ファクタリング会社

「銀行系ファクタリング会社」とは、都市銀行や地方銀行、メガバンクなどが運営している会社のことです。

契約相手が銀行なので、信頼度が高く、安心して利用できます。

国際ファクタリングや一括ファクタリングなど、あらゆるファクタリング業務を取り扱っているため、幅広いニーズに対応できるのも特徴です。

ただし、審査が非常に厳しい、取り扱い可能な金額が高額に限られる、審査完了までに2~3週間ほどかかるなどのデメリットがあります。

ノンバンク系ファクタリング会社

「ノンバンク系ファクタリング会社」とは、消費者金融など預金業務を行わない金融機関が運営する系列会社のことです。

他にも、クレジットカード会社やリース会社、カードローン会社など、融資やファクタリングなどの与信業務のみを取り扱う会社が挙げられます。

独立系ファクタリング会社よりも手数料がやや低め設定されており、コストを抑えて利用できるのが特徴です。

ただし、申し込みから入金までに1週間ほどかかることがデメリットです。

ファクタリング会社のよくある質問

ファクタリング会社を選ぶ際、不安な点や疑問が多く、利用を迷っている方も多いのではないでしょうか。

そこで、ファクタリング会社についてのよくある質問をご紹介します。

ファクタリング会社はどのように選べば良い?

ファクタリングをする際、なにを重要視するかによって会社の選び方は変わります。

手数料、入金までのスピード、買取可能額、契約形態等、なにを最優先にするかを決め、複数社を比較することで自社に合ったファクタリング会社を見つけることができるでしょう。

信頼できるファクタリング会社はどのように見分けられる?

信頼できるファクタリング会社を見分けるには、下記に注目してみてください。

・代表者名や運営会社、電話番号などの会社情報がしっかり明示されている
・設立3年以上または上場企業の関連会社
・取引実績が豊富

こういった情報が会社のホームページなどに記載されているファクタリング会社は信頼できるといえるでしょう。

ファクタリング会社の手数料はどれくらい?

ファクタリングの手数料相場は以下のとおりです。

・2者間ファクタリング 8%~18%
・3者間ファクタリング 2%~9%

ファクタリング会社によって手数料の設定方法は異なりますので、複数の会社を比較するといいでしょう。

ファクタリング会社の審査はどのように行われる?

ファクタリングの審査は、「売掛先の信用力(売掛金を滞りなく回収できるかどうか)」を重要視しており、様々な観点で本当に信用できる取引相手かどうかを見極めています。

ファクタリングの審査では下記4つのポイントを押さえておきましょう。

・売掛先の信用度
・利用者の信頼性
・売掛金の支払日
・売掛金の信憑性

ファクタリングの審査について詳しくは下記コラムで解説しています。
ファクタリングの審査を深掘り!その基準や落ちる原因・通るためのポイントを解説

まとめ

ファクタリングは売掛金をすぐに資金化できる魅力がありますが、入金スピードや手数料、売掛金の買取可能額などは会社によって異なるため、安易に決めてしまっては後悔するかもしれません。

ファクタリング会社は、それぞれに異なる強みのファクタリングサービスを展開しており、中には専門性に特化したファクタリングサービスを提供する会社もあります。

自社に合ったファクタリング会社を見つけるためにも、複数の運営会社を比較・検討することが大切です。

キャッシュフローの改善が可能かなど、自社に適したサービス内容かを吟味して、将来的にプラスになるようなサービスを提供するファクタリング会社を探してみてください。

ファクタリングについて詳しく知りたい方、質問やご相談がある方は、ぜひ一般社団法人日本中小企業金融サポート機構までお気軽にお問合せください。

[cta]

おすすめファクタリング会社を特徴別に紹介!最適な会社が見つかる!

【監修】日本中小企業金融サポート機構 編集局長

保有資格:FP2級

大学卒業後、地方銀行に勤務。主に企業向け融資を担当。その後、損害保険会社にて法人営業、外資系金融機関にて法人融資や人材育成を担当するなど、一貫して金融関連業務に従事。2019年一般社団法人日本中小企業金融サポート機構に入社し、これまでの金融の知識と法人営業の経験を活かし、多くの中小企業・零細企業をサポート。
プライベートでは3児の父の顔も持ち、犬・猫・亀も飼う大家族の大黒柱。

コラム一覧に戻る