即日調達診断
ご相談はこちら
03-6435-7371受付時間 平日9:30~18:00
閉じる

売上債権回転率について知ろう!計算方法から業界別の目安、高める方法までご紹介

公開日
2023.07.25
更新日
2024.02.16
売上債権回転率について知ろう!計算方法から業界別の目安、高める方法までご紹介

みなさんは「売上債権回転率」という言葉をご存知でしょうか。

売掛金が効率よく回収できているかどうかを分析する目安として使われ、資金繰りが順調かどうかを判断するために経営陣が把握しておくべき数値のことです。

売上債権回転率が悪い売掛金が増えるほど自社が資金不足に陥りやすくなるので、「売上はあるのに資金が不足しやすい」と悩んでいる場合は、売掛先ごとの回転率を改善しなければいけません。

そこで今回は、売上債権回転率の目安や改善方法についてご紹介します。

ぜひご覧ください。

[cta]

売上債権回転率とは

売上債権と売上高の比率を表したものが「売上債権回転率」です。

売上債権とは取引上で生じる受取手形や売掛金のことを指しており、売上債権回転率は「売掛金がどれくらい効率的に回収できているのか」を算出して経営状態を把握するために使われます。

売上債権回転率は高ければ高いほど回収できるまでの期間が短いので、経営を安定させることができます。

一方で回転率が低い場合は回収できるまでに時間がかかっている場合が多く、たとえ帳簿上で売上が出ていたとしても資金化が遅くなるので、資金繰りが悪化してしまうことがあります。

売上債権回転率の計算方法

売上債権回転率は「売上高 ÷ 売上債権」で算出され、回転率が高いほど売上の回収が好調である証拠となります。

売上高は損益計算書の売上合計のことを指し、売上債権は貸借対照表の受取手形と売掛金の合計額を指しています。

例えば、売上高が100万円で売上債権が50万円であれば「100万円÷50万円=2回転」となり、売上高が100万円で売上債権が20万円の場合は「100万円÷20万円=5回転」となります。

業界別に見る売上債権回転率の目安

売上債権回転率は業種や業界の規模などによって異なります。

多額の売掛金が発生する建設業であれば目安は9.07、製造業は5.75、運輸業や郵便業は7.85が目安とされています。

この数値は平均的なものなので、より具体的な目安数値を知りたい場合は自社と事業規模や条件が近い企業と比較するのがおすすめです。

売上債権回転率を高めるためにできること

お札を扇状に持つ手

回収が順調に進むと手元の資金が不足するリスクが少ないので、事業の安定はもちろん、事業規模拡大のために投資することも可能です。

経営を安定させるためにも回転率は高い状態をキープしておくのがベストですが、もしも回転率がよくない場合にはどのような対策が必要なのでしょうか。

ここでは、売上債権回転率を高めるための方法についてご紹介します。

1.支払いサイトを見直す

回転率を上げるためには、売掛先から売上が入金されるまでの期間を表す「支払いサイト」を改善しなければいけません。

売上として計上されたとしても、回収までに時間がかかったままでは根本的な改善にはつながらないからです。

回転率が悪化している場合は、売掛先と交渉して支払いサイトの見直す必要があります。

支払いはゆっくりと、回収はできるだけ早く行うことで資金繰りの改善につながっていくのです。

支払いサイトについては下記コラムで詳しく解説しています。
支払いサイト(回収サイト)について知ろう!販売側が知っておくべき短縮方法とは

2.支払い方法を見直す

売掛取引は商品やサービスを提供してから入金されるまでに時間がかかるので、現金払いに変更するのも方法のひとつです。

全ての取引を現金払いに変更するのは現実的ではありませんが、金額の一部を現金払いにしてもらうよう交渉してみるのも良いでしょう。

現金払いと併用して売上債権の割合を少なくすることで、資金繰りの効率化を図ることができます。

3.支払期日を短くしてもらう

売掛先との契約を確認し、支払期日を短くしてもらうよう交渉するのもおすすめです。

例えば末締め翌々月末払いの契約になっている場合、支払いを翌月末に前倒しにすることで回転率を上げることができます。

4.約束手形で受け取って手形割引を利用する

掛取引は後日請求が前提の取引なので、商品やサービスを提供してすぐに回収することは不可能です。

ただし受取方法を手形にしたうえで手形割引を利用することで売上債権回転率を上げられる可能性があります。

手形割引とは、支払期日前の約束手形を銀行または手形割引業者に買い取ってもらって資金化することです。

決済を約束手形で行うことで、必要なタイミングで資金化ができるので回転率の改善につながります。

5.債権回収に関する業務体制を見直す

支払いサイトを見直しても改善の兆しがない場合は、不良債権や架空債権などの回収できない売掛金が発生している可能性があります。

期日までに回収できていない売掛金がある場合は、売掛先に催促の連絡を入れたり、場合によっては法的手段を使って資産の差押えを行いましょう。

6.ファクタリングを利用する

上記の対応を行ってもなお改善が見込めない場合は、ファクタリングを利用して資金調達を行うのがおすすめです。

金融機関の融資は審査が厳しく入金までに長い時間がかかってしまいますが、ファクタリングの場合は申し込みから最短即日で入金されることがあるので、売上債権回転率を手早く解消するのに役立ちます。

売上債権回転率を高めるならファクタリングがおすすめ

左手で電卓、右手でペンを持ち話を聞くビジネスマン

売上債権回転率を高める方法をいくつかご紹介しましたが、直近で手元に資金が必要な場合はファクタリングを利用するのがおすすめです。

なぜファクタリングで売上債権回転率を高められるのか、その理由についてご紹介します。

ファクタリングとは

企業が保有する売掛金を売却して資金化を行うサービスのことをファクタリングといいます。

売掛先から売掛金が支払われる前に資金化ができることから、今すぐ資金が必要な場合に役立ちます。

ファクタリングについては下記コラムで詳しく解説しています。
ファクタリングとは?仕組みなどをわかりやすく解説【図解あり】

ファクタリングがおすすめの理由

売上債権回転率を高めるためには、売掛先の支払いサイトを短くしてもらわなければいけません。

しかし、支払いサイトを短くする交渉は当初結んでいた契約を見直すことと同じであることから、なかなかスムーズに交渉が進まない可能性があります。

ファクタリングは納品書や請求書を買い取ってもらうことで資金化ができるサービスなので、売掛先から入金される前に売掛金を買い取ってもらうことで回転率を上げることができます。

スピーディーに資金を調達できる

ファクタリングを利用する一番のメリットは、資金化までのスピードが早いことです。

融資やローンを利用する場合、利用者の信用情報や弁済能力の有無などを審査するのに膨大な時間がかかってしまうので、早急に資金が必要な場合には不向きです。

その点、ファクタリングの場合は申し込み当日に審査を行ってその日中に資金の振り込みができる会社もあるので、早めに資金化したい方は積極的に活用するのがおすすめです。

審査に通りやすい

融資やローンでは審査基準を厳しく設けているので、審査に通らず融資を受けられなかったというパターンも存在します。

一方ファクタリングは融資やローンと比較して審査に通りやすい傾向があり、融資を断られてしまった方でも資金調達ができる場合があります。

ファクタリングの審査については下記コラムで詳しく解説しています。
ファクタリングの審査を深掘り!その基準や落ちる原因・通るためのポイントを解説

負債にならないため安心して利用できる

ファクタリングは売掛金を売却して資金調達を行うため、融資やローンといった借入とは異なります。

そのため負債を増やすことなく資金調達ができるので、会社の信用情報に傷がつくのを防ぐメリットもあるのです。

まとめ

売上債権回転率とは、売掛金の回収がどのくらい効率的に行われているのかを分析するための指標です。

回転率が高いほど売掛金の入金効率が良く、手元の資金が潤沢になりやすいことから経営危機に陥るリスクを減らすことができます。

いつも資金がギリギリになってしまう場合や、すでに赤字になってしまっている場合には、売掛先に支払いサイトの見直しなどを提案してみましょう。

一般社団法人日本中小企業金融サポート機構のファクタリングサービスは、最短3時間で売掛債権を資金化できます。

当機構は一般社団法人であること、また経営革新等支援機関に認定されていることから、安全性や信頼性も充分です。

資金繰りでお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

[cta]

売上債権回転率について知ろう!計算方法から業界別の目安、高める方法までご紹介

【監修】日本中小企業金融サポート機構 編集局長

保有資格:FP2級

大学卒業後、地方銀行に勤務。主に企業向け融資を担当。その後、損害保険会社にて法人営業、外資系金融機関にて法人融資や人材育成を担当するなど、一貫して金融関連業務に従事。2019年一般社団法人日本中小企業金融サポート機構に入社し、これまでの金融の知識と法人営業の経験を活かし、多くの中小企業・零細企業をサポート。
プライベートでは3児の父の顔も持ち、犬・猫・亀も飼う大家族の大黒柱。

コラム一覧に戻る