即日調達診断
ご相談はこちら
03-6435-7371受付時間 平日9:30~18:00
閉じる

資金繰りに悩む運送業必見!「ファクタリング」が問題解決の鍵になる

公開日
2023.06.21
更新日
2024.02.20
資金繰りに悩む運送業必見!「ファクタリング」が問題解決の鍵になる

運送業は売上が安定しない他、車両の故障や事故などにより急な支出が発生することがあります。

これらの理由により、資金繰りに悩まされている運送業の方は少なくありません。

では、運送業の方はどのようにして資金繰りを改善すれば良いのかというと、

ファクタリングサービスを利用するのがおすすめです。

そこで今回は、運送業の資金繰りが難しい理由とファクタリングサービスの利用がおすすめの理由を解説します。

また、運送業におすすめのファクタリング会社もご紹介しているので、ぜひご覧ください。

ファクタリングについては下記コラムで詳しく解説しています。
ファクタリングとは?仕組みなどをわかりやすく解説【図解あり】

[cta]

運送業における資金繰り悪化の背景

残高不足を通知する紙

ネットショッピングの利用の増加により運送業の需要が高まっているため、「運送業は資金繰りが安定している業種」というイメージもあるかもしれません。

しかし、実際には運送業は資金繰りが厳しい業種のひとつです。

では、なぜ運送業は資金繰りが悪化しやすい業種なのでしょうか。

その理由には、「運送にかかる費用が不安定」「売上が不安定」「深刻な人手不足」「車両の故障など想定外の支出」「業務効率の見直しが困難」などが挙げられます。

運送にかかる費用が不安定

運送業では車両やバイクなどを使って荷物を運ぶため、主にかかる費用に燃料費が挙げられます。燃料費は毎日価格が変動するため、安定していません。

加えて、ここ数年は燃料費が高騰しています。これらの理由により、運送業の資金繰りは悪化しやすいと考えられます。

売上が不安定

運送業の資金繰りが悪化しやすい理由には、売上が不安定なことも挙げられます。

大手企業から継続して仕事をもらうことができれば売上はある程度安定しますが、全ての運送会社が大手企業から依頼を受けているわけではありません。

そのため、仕事量が一定ではない運送会社は売上が不安定で資金の動きがつかみにくいのです。

また、繁忙期と閑散期によっても売上が不安定になります。

例えばクリスマスや年末年始などのイベント時にはネットショッピングの利用者が急増するため、運送業の売上が高まります。

一方で、イベントがない時期は仕事はあるもののイベント時に比べて仕事量が少なくなり、売上が下がります。

例年の状況を踏まえて売上を予測することはできますが、資金の管理をしっかり行わないと閑散期に資金不足に陥る可能性があるのです。

加えて、運送業では売掛先からの入金が2か月先になることも珍しくありません。

入金されるまでの間も燃料費や人件費などのコストはかかるため、手元に十分な資金を残しておかないと支払いが厳しくなります。

このように、運送業は売上が不安定で資金の動きがつかみにくいため、資金繰りが悪化しやすいと考えられます。

深刻な人手不足

運送業の需要が高まっているのに対し、人手は減っているのが実情です。

人手不足になると人材を確保しなければなりませんが、給与が低いと当然ながら「働きたい」と思ってもらいづらいため、人件費を上げなければなりません。

人材を確保できても仕事量が安定しない運送会社は、この人件費の増加により資金繰りが悪化することになるのです。

参照:貨物自動車運送事業者数の推移|国土交通省

車両の故障など想定外な支出

運送業は、車両の故障や事故による想定外の支出が発生しやすい環境にあります。

そのため、買い替えたばかりの車両でも、もし事故に遭ってしまうと買い替えが必要になることもあるでしょう。

予期せぬタイミングで修理や車両の買い替えが発生した場合、数十万円〜数百万円かかることがあるため、運送業は他の業種に比べて資金繰りが難しく悪化しやすいといえます。

業務効率の見直しが困難

業務量の負担を減らしたり人手不足を解消したりする方法には業務の効率化が挙げられますが、運送業の業務は見直しが困難です。

なぜなら、どの荷物が再配達になるのかを事前に把握することができないからです。

再配達になると、場合によっては同じ道を行ったり来たりしなければなりません。

従業員の負担にもなりますし、燃料費も余計にかかります。

もちろん、再配達でも最適なルートを考えた上で配達しますが、事前に再配達をスケジュールに組み込むことはできないため、業務効率の見直しは難しいといえるでしょう。

これらの理由により、業務効率の見直しが困難で資金繰りが悪化しやすくなるのです。

運送業の資金繰り改善にはファクタリングがおすすめ

前述したように、運送業は運送にかかる費用や売上が不安定だったり想定外の支出が発生したりするため、資金繰りが難しい業種です。

そのため、資金調達の手段として金融機関からの融資を検討する方もいるでしょう。

しかし、運送業の資金繰りを改善したいのであれば、ファクタリングサービスの利用がおすすめです。

ファクタリングとは、企業が保有する売掛金をファクタリング会社に売却し、資金化する金融サービスです。

売掛金の入金日よりも早く資金が手元に入るため、スピーディーに資金を調達したい場合に最適です。

ここでは、運送業の資金繰りにファクタリングがおすすめな理由をご紹介します。

審査が比較的緩いから

運送業は、融資の審査を通過できないことがあります。

なぜなら、融資の審査では「返済力=収益力」と考えるからです。

運送業の売上は不安定であることが多いため、資金繰りに悩んでいるタイミングで融資の申し込みをすると「収益力が低い=返済力が低い」とみなされ、審査を通過できないことも珍しくありません。

その点、ファクタリングでは主に「売掛先の支払能力」に重きを置いて審査するため、申込企業となる運送業の売上が不安定でも利用できる場合があります。

つまり、ファクタリングは金融機関に比べて審査が比較的緩いのです。

利用することで資金繰りを改善できる可能性が高まるでしょう。

ファクタリングの審査については下記コラムで詳しく解説しています。
ファクタリングの審査を深掘り!その基準や落ちる原因・通るためのポイントを解説

すぐに資金を調達できるから

ファクタリング会社の中には、即日振込に応じてくれるところも存在します。

そのため、「車両が故障して早急に買い替えが必要」という場合でも、ファクタリングならすぐに資金を調達することが可能です。

秘密裏に資金調達ができるから

ファクタリング契約には「2者間ファクタリング」「3者間ファクタリング」の2種類があり、このうち2者間ファクタリングは申込企業とファクタリング会社の2者で契約を結ぶため、売掛先に売掛金譲渡の事実を知られる心配がありません。

つまり、秘密裏に資金を調達できるということです。

売掛先に「経営難に陥っているのでは?」と無用な心配をかけることなければ、取引に影響をきたすこともないでしょう。

2者間ファクタリングついて下記コラムで詳しく解説しております。
2者間ファクタリングとは?3者間ファクタリングとの違いとメリット・デメリット

3者間ファクタリングについては下記コラムで詳しく解説しています。
3者間ファクタリングとは?メリット・デメリットと利用が好ましいケースを解説

運送業がファクタリングを利用する際の疑問とその答え

段ボールを運ぶキャップをかぶった男性

ここでは、運送業がファクタリングを利用する際の疑問にお答えします。

個人事業主の運送業もファクタリングを利用できる?

個人事業主の運送業もファクタリングの利用が可能です。

ただし、2者間ファクタリングで「債権譲渡登記」が必要な場合は、利用を断られてしまうことがあります。

なぜなら、債権譲渡登記は法人のみが対象となっており、個人事業主は利用できないからです。

個人事業主の方は、債権譲渡登記が不要なファクタリング会社を利用するか、3者間ファクタリングで契約すると良いでしょう。

個人事業主のファクタリング利用については下記コラムで詳しく解説しています。
【2024年最新】個人事業主向けおすすめファクタリング会社11選!利用時の注意点も解説!

事故の補償金をファクタリングで賄うことはできる?

事故の補償金は、ファクタリングで賄うことができます。

融資の場合は、車両事故によって業務の継続が難しくなることで「売上が低くなる=返済力が低い」と判断されて、審査に通りにくくなります。

その点、ファクタリングの審査では売掛先の信用力が重視されるため、

万が一事故に遭ったとしても売掛金が優良であれば資金を調達することが可能です。

運送業におすすめのファクタリング会社5選

ここでは、運送業におすすめのファクタリング会社を5社ご紹介します。

1.日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構」は、ファクタリング会社では珍しい非営利団体としてサービスを提供しています。

営利を目的としないため、手数料は1.5%〜となっています。

2者間ファクタリングと3者間ファクタリングに対応しており、買取金額は無制限です。

審査は最短30分で完了し、17時までに契約が完了すれば即日振込も可能です。

スピーディーに資金調達ができるため、資金繰りを早急に改善したい方はぜひご利用ください。

2.ビートレーディング

ビートレーディング」は、取引実績が5.2万社以上と高い実績を持つファクタリング会社です。

手数料は、2%~となっています。

売掛先が法人であれば、個人事業主の運送業もファクタリングサービスを利用できます。

3.うんそうくん

うんそうくん」は、運送業界専門のファクタリング会社です。

手数料は5%~となっており、請求書だけでなく発注時の注文書でも利用可能です。

審査開始から最短2時間で入金してもらえるため、急な資金繰りにも対応できます。

4.OLTA

OLTA」は、AI審査を取り入れているファクタリング会社です。

必要な書類をオンラインでアップロードしておけば、最短1営業日以内に見積りを提示してもらえます。

書類提出から入金まで全てオンラインで完結するため、全国どこからでも利用可能です。

手数料は2%〜9%で、別途諸費用などはかかりません。

そのため、最低コストでファクタリングサービスを利用できます。

5.アクティブサポート

アクティブサポート」は、2者間ファクタリングと3者間ファクタリングのどちらにも対応している会社です。

買取金額は最大1億円となっているため、高額な売掛金も買い取ってもらうことができます。

早めに申し込むと即日振込も可能なので、急な資金繰りにも対応できるでしょう。

まとめ

運送業は、「運送にかかる費用が不安定」「売上が不安定」「深刻な人手不足」「車両の故障など想定外の支出」「業務効率の見直しが困難」などの理由により、資金繰りが難しい業種です。

また、融資の審査も通りにくいため、資金調達が難しいといえるでしょう。

しかし、ファクタリングなら運送業でも資金調達が可能です。

ファクタリングの審査では売掛先の信用力が重視されるため、売上が不安定な運送会社も利用することができます。

日本中小企業金融サポート機構には、ファクタリングに詳しいスタッフが在籍しています。

資金調達までしっかりとサポートするため、ファクタリングサービスを利用したことがない方も安心してご利用いただけます。

資金繰りにお悩みの運送業の方は、ぜひ当機構にご相談ください。

[cta]

資金繰りに悩む運送業必見!「ファクタリング」が問題解決の鍵になる

【監修】日本中小企業金融サポート機構 編集局長

保有資格:FP2級

大学卒業後、地方銀行に勤務。主に企業向け融資を担当。その後、損害保険会社にて法人営業、外資系金融機関にて法人融資や人材育成を担当するなど、一貫して金融関連業務に従事。2019年一般社団法人日本中小企業金融サポート機構に入社し、これまでの金融の知識と法人営業の経験を活かし、多くの中小企業・零細企業をサポート。
プライベートでは3児の父の顔も持ち、犬・猫・亀も飼う大家族の大黒柱。

コラム一覧に戻る