即日調達診断
ご相談はこちら
03-6435-7371受付時間 平日9:30~18:00
閉じる

大手ファクタリング会社を利用するメリットとは?おすすめの15の会社もご紹介

公開日
2023.03.16
更新日
2024.02.19
大手ファクタリング会社を利用するメリットとは?おすすめの15の会社もご紹介

ファクタリングを利用する際は、安心して取引できる会社と契約を締結したいものです。

実績が豊富な大手ファクタリング会社であれば、安全かつスムーズに資金調達ができます。

そこで今回は、大手ファクタリング会社の種類と利用するメリットとともに、安心して契約できる大手ファクタリング会社15社をご紹介します。

ぜひご覧ください。

[cta]

3つに分けられる!大手ファクタリング会社の種類

大きな3の横で手を3のサインにして立つビジネスマンのイラスト

大手のファクタリング会社は「独立系」「銀行系」「ノンバンク系」の3種類に分類されます。

どの系統においても売掛金を売却して資金を得るという仕組みは変わりませんが、審査のスピードや手数料、債権を買い取る限度額が異なります。

自社のニーズを満たす会社を選ぶためには、提供しているサービスの違いについて事前に理解しておくことが大切です。

ここでは、それぞれの特徴についてご紹介します。

独立系ファクタリング会社

独立系ファクタリング会社は、証券会社や銀行などの系列に属さず、完全に独立してファクタリング業務を行う会社のことです。

事業規模が小さめな分、審査通過率が高くスピーディーな資金調達ができる点が特徴です。

また、各企業のニーズに合わせた柔軟な対応もしてくれます。

数十万円単位の少額取引にも対応していることが多いため、小口取引を行うことがある中小企業や個人事業主に適しています。

ただし、手数料が高く設定されていることが多く、資金化の際にややコストがかかるデメリットもあります。

銀行系ファクタリング会社

銀行系ファクタリング会社は、メガバンクや都市銀行、地方銀行などが提供している会社のことです。

誰もが耳にしたことがある銀行の系列であることが多いため、信頼度が高い傾向があります。

国際ファクタリングや回収代行業務など、あらゆるファクタリング業務を取り扱っているため幅広いニーズに対応できるのも特徴です。

その一方で、審査が非常に厳しく、数千万円〜数億円規模の大口取引を中心に取り扱っているので、中小企業や個人事業主は利用できない可能性があります。

また、審査完了までに2〜3週間ほどかかることから、今すぐに資金調達がしたい場合には向いていません。

銀行系ファクタリングについては下記コラムで詳しく解説しています。
銀行系ファクタリングとは?特徴・メリット・デメリット・注意点を一挙解説

ノンバンク系ファクタリング会社

ノンバンク系ファクタリング会社は、預金業務を行わない金融機関が運営する系列会社のことです。

融資やファクタリングなどの与信業務のみを取り扱うことから、例えばクレジットカード会社や消費者金融会社、リース会社が該当します。

独立系ファクタリング会社よりも手数料がやや低めに抑えられているのが特徴で、中小企業や個人事業主でも利用が可能です。

ただし、申し込みから入金までに1週間ほどかかるため、資金繰りが厳しく今すぐ資金化したい場合の利用は避けたほうが良いでしょう。

嬉しいポイントが豊富!大手ファクタリング会社を利用するメリット

消費税や小計と書かれた紙の上に1000円札と貨幣と電卓

大手と聞くと「実績が豊富で信頼できる」というイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。

実際、数多くの会社と取引してきた実績をもとに、さまざまなニーズに対応できるのが大手ファクタリング会社の魅力といえます。

この他にも大手ファクタリング会社ならではの嬉しいポイントがいくつかありますので、利用するメリットについて詳しくご紹介します。

実績豊富で信用度が高い

ファクタリング会社を選ぶ上で大切なのは、豊富な取引実績が明記されていることです。

大手ファクタリング会社には豊富な取引実績と長年培った経験があるので、自社に合ったプランを提案してくれます。

初めて利用する方に対しても丁寧な説明と柔軟な対応をしてくれるので、疑問を解消しながらスムーズな資金調達を進められるのがメリットです。

手数料が比較的安い

数多くの取引で得た資金力を理由に、大手では手数料を低く設定している傾向があります。

蓄積した膨大な過去のデータをもとに、確実に売掛金を回収できるかを判断する厳しい審査を行うため、少しでも不安がある相手とは取引を行わないことも手数料を下げられる理由です。

ただし、大手だからといって必ずしも手数料が安いわけではありませんので、必ず他社と比較するよう心掛けましょう。

ファクタリングの手数料については下記コラムで詳しく解説しています。
ファクタリング手数料はいくら?相場や内訳、費用を抑える方法を紹介!

大口の債権に対応していることが多い

上記で述べたように大手ファクタリング会社は資金力があるので、売掛金の金額が大きくても受け入れてもらえる可能性が非常に高いといえます。

会社によって買取限度額は異なりますが、数億円の資金調達にも対応できる会社もあります。

とくに建設業や製造業では資材代・機材代などで多額の前金が必要となることが多いため、大口の売掛金を資金化したいときは買取限度額の上限を確認した上で対応してくれる会社を選びましょう。

独立系ならココ!おすすめの大手ファクタリング会社5選

笑顔で案内する受付の女性

審査通過率が比較的高くスピーディーな資金化が可能で、数十万円単位の少額取引から数億円単位の大口取引まで幅広く対応してもらえるのが独立系ファクタリング会社の魅力です。

ここからは、おすすめの大手独立系ファクタリング会社を5社ご紹介します。

どの会社も審査から資金化までのスピードが早いため、すぐに資金調達がしたいとお考えの方にもおすすめです。

1.日本中小企業金融サポート機構

「日本中小企業金融サポート機構」は、2020年10月に「関東財務局長及び経済産業局長が認定する経営革新等支援機関」で、一般社団法人が運営するファクタリング会社です。

審査にかかる時間は最短30分、入金にかかる時間は最短3時間と、スピーディーな資金調達が可能です。

経験や知識が豊富なスタッフによる手厚いサポートを受けられるため、初めてファクタリングを利用する方も安心して相談ができます。

また、法人だけでなく個人事業主の方も利用することが可能です。

できるだけ早く資金調達が必要な場合には、ぜひ活用してみてください。

日本中小企業金融サポート機構

2.ビートレーディング

「ビートレーディング」はファクタリング業界最大手の実績を誇る会社で、5.2万件以上の取引実績と1,170億円を超える買取実績があります。

通帳のコピー・請求書や発注書などの売掛債権に関する資料があれば最短2時間で資金化が可能です。

さらに、最大買取率は98%と高い実績を誇ります。

法人だけでなく個人事業主も利用可能なため、他のファクタリング会社の審査に落ちてしまった場合でも、「ビートレーディング」であれば審査に通過できる可能性があります。

ビートレーディング

3.OLTA

「OLTA」は累計申し込み金額が1,000億円を超える実績を持っています。

法人だけでなく個人事業主も利用可能なので、幅広いニーズに合った資金調達を叶えられます。

AIを用いた審査を導入しており、必要書類をアップロードしておけば最短1営業日以内に見積りまで提示してもらえます。

書類の提出から資金調達まで全てオンラインで完結するため、場所にとらわれずどこからでも申し込みの手続きが可能です。

最短での資金化を目指す場合や、時間がなくて来店できないという方におすすめです。

OLTA

4.Best Factor

「Best Factor」は累計5,000件以上の相談実績を誇るファクタリング会社です。

最短1日で資金調達ができ、手数料も2%〜と業界最安水準となっています。

幅広い層の利用者に寄り添ったサービスが特徴で、手続きはオンラインはもちろん電話や訪問も選択できますし、オンライン手続きに不安がある場合も手厚いサポートが受けられます。

個人事業主が利用できるだけでなく、ファクタリングも2者間・3者間が選択できるのも嬉しいポイントです。

Best Factor

5.QuQuMo

「QuQuMo」は数あるファクタリング会社の中でも圧倒的なスピーディー審査が特徴です。

審査に必要なのは必要情報と請求書だけで、オンライン上で申請すれば最短2時間で審査が完了します。

オンライン完結であることからセキュリティー面の不安を抱える方もいますが、QuQuMoでは申し込みから契約までクラウドサインを利用するため、安心して取引を進められます。

少額取引にも対応しており、中小企業や個人事業主でも資金調達ができるのが大きなポイントです。

QuQuMo

銀行系ならココ!おすすめの大手ファクタリング会社5選

パソコンを使いながら話をする男女

信用度が高く、圧倒的な手数料の安さが魅力なのが銀行系ファクタリング会社です。

資金調達にあたっての審査項目が厳しいことから審査通過率が低く、段階を踏んだ手続きが必要なため資金調達までに時間がかかりますが、手数料などのコストをできる限り抑えたいという方におすすめです。

ここでは、おすすめの大手銀行系ファクタリング会社を5社ご紹介します。

1.SMBCファイナンスサービス株式会社

「SMBCファイナンスサービス株式会社」は三井住友銀行から業務委託を受けて提供しているファクタリング会社で、「保証ファクタリング」と呼ばれるサービスを提供しています。

保証ファクタリングとは、資金調達後に売掛先の経営悪化や倒産などによって売掛金が回収できなくなった場合に、ファクタリング会社が売掛金の全額もしくは一定金額を保証してくれるサービスのことです。

売掛金の未回収リスクを抑えたい方におすすめです。

SMBCファイナンスサービス株式会社

2.三菱UFJファクター株式会社

「三菱UFJファクター株式会社」は、メガバンクである三菱UFJ銀行系列のファクタリング会社です。

債権買取額は最低1億円からとなっており、大企業に向けたファクタリングサービスを提供しています。

メガバンク系列で信頼度が高いのが特徴ですが、3者間ファクタリング契約のみ受け付けているため、資金調達の事実を売掛先に通知しなければいけません。

さらに資金調達までに2週間以上かかるため、すぐに資金が必要な場合は他社を検討しましょう。

三菱UFJファクター株式会社

3.百十四銀行

「百十四銀行」は香川県に本拠地がある地方銀行系列のファクタリング会社です。

自社が持つ売掛金を一括で買い取った後に口座に代金を振り込む「一括ファクタリング」を提供しています。

メガバンクよりも入金までのスピードが早い傾向にあるため、銀行系列である信用を得ながら比較的スピーディーな資金調達が可能です。

百十四銀行

4.みずほファクター

「みずほファクター」はみずほ銀行が100%出資しているファクタリング会社です。

高額な売掛金にも対応しており、全国に拠点があるので利便性が良いのが特徴です。

また、保証ファクタリングや国際ファクタリングなど、銀行系の中でも利用できるファクタリングサービスが多いのも大きなメリットだといえます。

みずほファクター

5.りそな決済サービス株式会社

「りそな決済サービス株式会社」はりそな銀行系列のファクタリング会社です。

電子債権を用いた「りそなペイメントシステム」という独自のサービスを提供しており、システム上で売掛金を資金化することができます。

領収書や手形の発行、売掛金支払いの催促などの手続きは、りそな決済サービスが代行してくれるため、手続きの簡略化とコスト削減に効果が期待できます。

ただし、便利な一方で資金調達までに1〜2か月かかるため、早急な資金調達には不向きだといえるでしょう。

りそな決済サービス株式会社

ノンバンク系ならココ!おすすめの大手ファクタリング会社5選

紙を見ながら説明する女性

中小企業や個人事業主でも利用できるのがノンバンク系ファクタリング会社です。

金融機関が運営していることから独立系よりも手数料が安く、銀行系よりもスピーディーな資金調達ができるのが大きな魅力だといえます。

ここでは、おすすめの大手ノンバンク系ファクタリング会社を5社ご紹介します。

1.オリックス株式会社

「オリックス株式会社」は日本有数の大手リース企業で、通常のファクタリングはもちろん、医療・介護・薬剤報酬ファクタリングも取り扱っています。

基本的には大手企業との取引がメインで、顧客のほとんどはオリックス系列会社と取引を行っています。

もしもオリックス株式会社でファクタリングを受けたい場合、中小企業でもオリックス系列会社との取引実績があれば、柔軟に対応してくれる可能性があります。

オリックス株式会社

2.アイフルビジネスファイナンス

「アイフルビジネスファイナンス」は大手消費者金融業のアイフルグループが運営する会社です。

2者間ファクタリングに対応しており、一般的なファクタリングの他に不動産担保ローンや融資も行っています。

ファクタリングに関しては、収納代行業者を利用した取引になることから、売掛先に債権譲渡通知の必要がなくファクタリングの事実を知られることはありません。

大手消費者金融の系列会社である信用力と、資金調達のノウハウを豊富に持っている点が魅力です。

アイフルビジネスファイナンス

3.ロジファクタリング株式会社

「ロジファクタリング株式会社」は仕入れと販売の代行を行う、物流業界に特化したファクタリング会社です。

商品製造メーカーが生産した商品をロジファクタリング株式会社が購入し、メーカーの代わりに各販売店に販売を行います。

これによりメーカー側は大量生産によるコスト削減を叶えながら在庫管理をファクタリング会社に任せられるのです。

ロジファクタリング株式会社

4.NTTファイナンス株式会社

「NTTファイナンス株式会社」はNTTドコモの系列会社です。

3者間ファクタリングを行っているため手数料が安く、NTTグループという知名度から厚い信頼を獲得しています。

資金調達までのスピードが比較的早く、最短1週間で資金化が可能です。

NTTファイナンス株式会社

5.三田証券株式会社

「三田証券株式会社」は創業70年を超える老舗証券会社です。

他のファクタリング会社では対応していない医療関連機関に向けたファクタリング業務を行っており、毎月の弁済金額を調整することができる柔軟さも持ち合わせています。

一般的に証券会社のファクタリングは審査が厳しい傾向にありますが、三田証券株式会社はニーズに合わせた柔軟な審査制度を取っています。

そのため審査から入金までのスピードが早く、最短1週間で入金が可能なのも大きなポイントです。

医療機関を運営している事業者の方は、一度相談してみるのがおすすめです。

三田証券株式会社

まとめ

大手ファクタリング会社を選ぶことで、豊富な取引実績をもとに最適な資金調達方法を提案してくれたり資金調達までの流れがスムーズであったりと、多くのメリットを得られます。

とくに初めてファクタリング利用をする方は、どの会社が良いのか分からず悪徳業者と契約してしまうリスクが高くなりがちです。

悪徳業者に騙されるリスクを極力抑え、確実に資金化を進めるためにも、迷ったときは今回ご紹介した大手ファクタリング会社に依頼しましょう。

一般社団法人「日本中小企業金融サポート機構」では、ファクタリングのご相談受付から契約までのサポートを行っています。

経験豊富な専任スタッフがあらゆる観点からお客さまのニーズに合った最適な方法をご紹介いたします。

ファクタリングの利用を検討中の方は、この機会にぜひお問い合わせください。

[cta]

大手ファクタリング会社を利用するメリットとは?おすすめの15の会社もご紹介

【監修】日本中小企業金融サポート機構 編集局長

保有資格:FP2級

大学卒業後、地方銀行に勤務。主に企業向け融資を担当。その後、損害保険会社にて法人営業、外資系金融機関にて法人融資や人材育成を担当するなど、一貫して金融関連業務に従事。2019年一般社団法人日本中小企業金融サポート機構に入社し、これまでの金融の知識と法人営業の経験を活かし、多くの中小企業・零細企業をサポート。
プライベートでは3児の父の顔も持ち、犬・猫・亀も飼う大家族の大黒柱。

コラム一覧に戻る