即日調達診断
ご相談はこちら
03-6435-7371受付時間 平日9:30~18:00
閉じる

どんなシーンで利用できる?アパレル業におけるファクタリング

公開日
2024.02.08
更新日
2024.02.08
どんなシーンで利用できる?アパレル業におけるファクタリング

会社の資金繰りを安定させるためには、利益を上げたり支出を減らしたりとさまざまな対策を行いながら経営を行うことが大切です。

世の中には数多くの業種がありますが、アパレル業は流行りや季節ものに左右されやすく在庫を抱えがちな業界であるため、今まさに資金繰りに悩んでいる経営者もいるのではないでしょうか。

資金調達にはさまざまな方法がありますが、アパレル業の資金調達にはファクタリングがおすすめです。

本記事では、アパレル業におけるファクタリング利用のメリットについてご紹介します。ぜひご覧ください。

[cta]

アパレル業における資金繰りの特徴

一般的に資金繰りが悪化する要因として挙げられるのは、利益の減少や原材料費の高騰などです。
実はこのほかにもアパレル業ならではの資金繰り悪化要因があることをご存じでしょうか。
ここではアパレル業における資金繰りの特徴や、悪化する要因についてご紹介します。

在庫を保持する必要がある

アパレル業では品切れを防ぐために一定の在庫を保持しておかなければいけません。

流行りの商品はもちろん、季節ごとのセール時期に売上を上げるためにも在庫を用意しておく必要があります。

在庫確保のために多くの商品を仕入れると、その分仕入れ代金が発生して多額の資金が必要となり、資金繰りに影響を与えます。

もちろん商品が順調に売れていけば問題はありませんが、売れ残ってしまった商品があった場合は価格を下げて販売するため、想定よりも資金繰りが悪化する可能性があるのです。

在庫管理・製造管理が難しい

アパレル業は季節によって取り扱う商品が異なり、トレンドにも左右されやすい業界です。

商品が短期間で入れ替わるため、過剰に在庫を抱えてしまうと売れ残ってしまいます。

管理の難しさは在庫だけにとどまらず、製造部門にも影響します。

製造時にはある程度の売上予測が必要ですが、製造数が少なければ機会損失が発生しますし、多すぎるとコストばかりかかって商品が売れ残ってしまうのです。

季節によって仕入れ値が変動する

商品の仕入れ値は季節によって変動します。

ある程度は例年の傾向から予測することができますが、特に冬場は原材料費が高くなりやすい傾向があり、予想よりも仕入れ値が高騰する可能性もゼロではありません。

変動した仕入れ値分は自社の現金で補填する必要があるため、金額によっては資金繰りが悪化する可能性があります。

連鎖倒産のリスクが高い

アパレル業界は製造から販売までの間にさまざまな企業が介入しています。

そのため、ひとつの企業が倒産してしまうと連鎖して関連企業も倒産してしまう可能性があるのです。

たとえば商品を製造している企業が倒産すれば、商品を販売する小売企業は売るものがなくなってしまい資金繰りが悪化します。

アパレル業界は他の業界と比べても関わる企業が多い傾向があるため、資金繰りの悪化や連鎖倒産の可能性が高くなるのです。

アパレル業でファクタリングを利用するメリット

アパレルショップの店員

ファクタリングとは、売掛金を売却して資金化する金融サービスのことです。

取引先から売上が入金される前に資金化が可能なので、直近の支払いが発生した際にも対応しやすいというメリットがあります。

アパレル業においては在庫をファクタリング対象にできる場合があったり、取引先が倒産した場合のダメージを軽減できたりすることから資金調達方法としてもおすすめです。

ここではアパレル業でファクタリングを利用するメリットについてご紹介します。

ファクタリングについては下記コラムで詳しく解説しています。
ファクタリングとは?仕組みなどをわかりやすく解説【図解あり】

早期に資金化し資金繰りを改善できる

ファクタリングは最短即日で売掛金の資金化ができる点が大きなメリットだといえます。

金融機関の融資は審査に時間がかかり、資金化までに多くの時間が必要となりますが、ファクタリングは審査から入金までのスピードが早いのが特徴です。

資金化が早いことで、資金ショートを起こし倒産する可能性を軽減できます。

在庫もファクタリングの対象になる場合がある

アパレル業では、大量に仕入れた製品が売れず過剰在庫を抱えてしまい、処分に困るケースが発生します。

そんな場合は、在庫を資金化できるファクタリング会社を探すのがおすすめです。

ファクタリング会社によっては、在庫を買い取って資金化する「在庫ファクタリング」のサービスを行っていることがあります。

厳密に言えばファクタリングではなく在庫の買取ですが、持っている資産を売却して資金化する点ではファクタリングと変わりなく利用することが可能です。

売掛先企業の貸し倒れリスクに備えられる

ファクタリングの多くは償還請求権がないため、たとえ取引先が倒産して売掛金が回収できなくなってもファクタリング会社に弁済する義務は発生しません。

先述した通り、アパレル業では製造から販売まで多くの企業が関わるため、連鎖倒産の可能性が高い業界でもあります。

ファクタリングを利用していれば、たとえ関連企業の倒産によって売掛金が回収できなくても弁済に追われる必要がなく、自社の連鎖倒産を防げる可能性があります。

与信調査を行ってもらえる

アパレル業では、服の製造を複数の工場に発注するのが一般的です。

この場合、売掛債権が膨大な数となり、全ての取引先に対して与信調査を行うことが困難となります。
このときファクタリングを利用すれば、ファクタリング会社が取引先の与信調査まで行ってくれるため、与信調査の手間を軽減することが可能です。

自社の信用情報に関係なく利用できる

金融機関の融資を受ける際は、自社の経営状態が審査対象となります。

そのため、資金繰りが悪化した後で融資を申し込んでも断られてしまう可能性が高くなります。

先述した通り、ファクタリングは取引先の経営状態が審査対象となるため、自社の信用情報に不安があっても資金化を叶えることが可能です。

ファクタリングの審査については下記コラムで詳しく解説しています。
ファクタリングの審査を深掘り!その基準や落ちる原因・通るためのポイントを解説

アパレル業におけるファクタリングの利用イメージ

パソコン操作をする人

アパレル業でファクタリングを利用するメリットについてお伝えしました。

取引先が多く製品を海外製造する機会が多いアパレル業だからこそ、資金調達にとどまらない利用方法があったり、さまざまな資金の使い道があったりします。
ここからはアパレル業でファクタリングを利用する際のイメージをご紹介します。

債権管理の手間を大幅に削減

自社の利益を伸ばそうと積極的に営業活動をした結果、取引先が増えすぎて管理しきれなくなることもあります。

そんなときにファクタリングを利用することで、ファクタリング会社側で取引先の与信管理を行うため、自社で債権管理をする手間を大幅に削減することが期待できます。

ストライキによる賃上げに対応

製造を海外工場で行う企業では、現地住民による賃上げ要求のストライキが発生するケースもあります。

ストライキによって工場の稼働が止まってしまうと、製品を卸すお店との信頼関係に傷がつき、今後の経営に大きな影響が出ることが懸念されました。

そのため、コスト増を受け入れて賃上げ要求に応じる際に、ファクタリングで売掛金を資金化し、増加分のコストを賄うことができた事例があります。

まとめ

アパレル業は一般業界と比べて、季節やトレンド、取引先などのさまざまな要因で資金繰りが悪化する可能性が高い業界です。

ファクタリングを利用することで、早急な資金化はもちろん取引先の与信管理を行うことが可能です。

資金繰りなどでお悩みの際は、ぜひファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか。

一般社団法人日本中小企業金融サポート機構では、ファクタリングサービスをはじめとする資金調達の方法をご紹介しています。

ファクタリングを申し込む際の必要な書類は、「通帳のコピー(3ヶ月分)」「請求書・契約書など売掛金に関する資料」の2点のみ。

申し込みから契約までオンラインで完結し、振り込みまでは最短3時間です。

17時までに契約が完了すれば即日振込が可能なので、早めに資金調達をしたい方は、ぜひ弊社をご利用ください。

[cta]

どんなシーンで利用できる?アパレル業におけるファクタリング

【監修】日本中小企業金融サポート機構 編集局長

保有資格:FP2級

大学卒業後、地方銀行に勤務。主に企業向け融資を担当。その後、損害保険会社にて法人営業、外資系金融機関にて法人融資や人材育成を担当するなど、一貫して金融関連業務に従事。2019年一般社団法人日本中小企業金融サポート機構に入社し、これまでの金融の知識と法人営業の経験を活かし、多くの中小企業・零細企業をサポート。
プライベートでは3児の父の顔も持ち、犬・猫・亀も飼う大家族の大黒柱。

コラム一覧に戻る