即日調達診断
ご相談はこちら
03-6435-7371受付時間 平日9:30~18:00
閉じる

銀行系ファクタリングとは?特徴・メリット・デメリット・注意点を一挙解説

公開日
2023.03.09
更新日
2024.02.19
銀行系ファクタリングとは?特徴・メリット・デメリット・注意点を一挙解説

資金調達のためファクタリングの利用を検討した際、「銀行系ファクタリング」という単語を見聞きしたことがある方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、銀行系ファクタリングの概要や通常のファクタリングとの違いをはじめ、メリット・デメリットや注意点をご紹介します。ぜひご一読ください。

[cta]

銀行系ファクタリングとは?まずは概要を押さえよう

銀行の建物

銀行系ファクタリングを知る前に、まずはファクタリングについておさらいしましょう。

ファクタリングとは、企業が保有する「売掛金」をファクタリング会社に買い取ってもらう資金調達方法です。

通常、売掛金が入金されるまでに1か月、もしくは2か月以上空くことがあり、その間運転資金がないと事業が継続できず、従業員に給与を支払うことも難しくなります。

このような状況を未然に防げるのがファクタリングです。

売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらえば、売掛先から売掛金が入金される前に資金を確保できるため、資金繰りを安定させることが可能です。

では、銀行系ファクタリングは具体的にどのようなものなのかというと、その名のとおり銀行が提供するファクタリングサービスのことです。

「メガバンク」と呼ばれる大手の銀行だけでなく地方の銀行もファクタリングサービスを取り扱っているため、比較的どこからでも利用しやすくなっています。

なお、銀行が出資しているファクタリング専門の子会社も「銀行系ファクタリング」に含まれます。

また、ファクタリング会社は他にも、消費者金融など貸金業者が運営する「ノンバンク系ファクタリング」、ファクタリングサービスを専門とする業者が運営する「独立系ファクタリング」があります。

ファクタリングついては下記コラムで詳しく解説しています。
ファクタリングとは?仕組みなどをわかりやすく解説【図解あり】

利用前に確認しよう!銀行系ファクタリングの主な特徴

人差し指を立ててほほ笑む女性

銀行系ファクタリングの特徴は以下のとおりです。

3者間ファクタリングのみの対応

ファクタリングには2者間ファクタリングもありますが、銀行系ファクタリングは3者間ファクタリングのみしか利用できません。

2者間ファクタリングは、「サービス利用者」と「ファクタリング会社」の2者間で契約を結ぶファクタリングです。売掛先にファクタリングの利用を通知せず資金を調達できるため、主に「売掛先にファクタリングの利用を知られたくない」「売掛先からファクタリングの承諾を得られなさそう」といったシーンで利用されています。

ただし、2者間ファクタリングは3者間ファクタリングに比べて売掛金の未回収リスクが高いため、手数料が高く設定されているのが特徴です。

2者間ファクタリングついては下記コラムで詳しく解説しています。
2者間ファクタリングとは?3者間ファクタリングとの違いとメリット・デメリット

3者間ファクタリングは、「サービス利用者」「ファクタリング会社」「売掛先」の3者間で契約を結びます。

売掛先から承諾を得てファクタリング契約を結ぶため、売掛金の未回収リスクが低減されます。この理由により、3者間ファクタリングは手数料が安いのが特徴です。

3者間ファクタリングついては下記コラムで詳しく解説しています。
3者間ファクタリングとは?メリット・デメリットと利用が好ましいケースを解説

取り扱っている種類が豊富

銀行系ファクタリングは、「国際ファクタリング」や「保証ファクタリング」など、取り扱っているファクタリングの種類が豊富です。

国際ファクタリングは、海外企業からの売掛金回収をサポートするファクタリングです。

売掛金を回収する際、銀行の保証状や取消不能信用状を入手するのが一般的ですが、輸入国によっては信用状の発行が困難になることがあります。

手続きも複雑なため、売掛金の回収までに時間がかかることもあるでしょう。

その点、国際ファクタリングは信用状が不要で、輸出の証明を行えばスピーディーに売掛金を回収できます。海外企業から確実に売掛金を回収したいときは、国際ファクタリングを活用すると良いでしょう。

保証ファクタリングは、売掛金の回収を保証するファクタリングです。

売掛先が倒産した場合、売掛金の回収が難しくなります。

しかし、保証ファクタリングを契約していれば売掛先が倒産した際に銀行が保証してくれるため、共倒れリスクを回避することが可能です。

このように、銀行系ファクタリングはノンバンク系ファクタリングや独立系ファクタリングが取り扱っていない種類のサービスも利用できます。

知っておくと安心!銀行系ファクタリングのメリット

銀行系ファクタリングを利用する前に、どのようなメリットがあるのか確認しておきましょう。

1.信頼度が高いため安心して利用できる

銀行系ファクタリングはサービスを提供しているのが銀行なので、信頼度が高く安心して利用できます。

ノンバンク系ファクタリングや独立系ファクタリングの中には悪徳業者が存在しており、知らずに利用すると高額な手数料を請求されたり、サービス利用者が負担する必要のない費用を請求されたりする恐れがあります。

また、売掛金が回収できなかった場合に利用者がその費用を負担しなくてはならないこともあるでしょう。

これらのトラブルを防ぐためにも、ファクタリング会社を選ぶ際は充分に注意しなければなりません。

その点、銀行系ファクタリングは貸金業者として登録されている上に国から認められているため、上述したトラブルが起こる心配がありません。

「悪徳業者ではないか」と不安に感じることなく、安心して利用できます。

2.手数料が比較的安い

銀行系ファクタリングには、手数料が比較的安いというメリットもあります。

ノンバンク系ファクタリングや独立系ファクタリングの場合、2者間ファクタリングの手数料の相場は「8%~18%」、3者間ファクタリングの手数料の相場は「2%〜9%」です。

一方で、銀行系ファクタリングの手数料の相場は5%未満であることが多くなっています。

銀行の場合、「売掛先と継続した取引があるか」「信頼できる売掛先か」などの情報を確認しやすいため、未回収リスクを防ぐことができます。これにより、手数料を安く設定できるのです。

ファクタリングの手数料については下記コラムで詳しく解説しています。
ファクタリング手数料はいくら?相場や内訳、費用を抑える方法を紹介!

3.高額債権にも対応している

銀行系ファクタリングは、高額債権にも対応しています。

ノンバンク系ファクタリングや独立系ファクタリングの場合、「最高買取額が1億円」などと決まっています。

そのため、仮に最高買取額が1億円であれば、その金額を超える売掛金は買い取ってもらえないこともあるでしょう。そうなると、高額債権の資金調達は難しくなります。

その点、銀行系ファクタリングは数億円単位の高額債権にも対応しているため、売掛金の買取上限を気にせず売却することが可能です。

審査の難易度が高め!銀行系ファクタリングのデメリット

銀行系ファクタリングは「信頼度が高いため安心して利用できる」「手数料が比較的安い」「高額債権にも対応している」といったメリットがある一方で、デメリットもあります。

メリットだけで判断せず、デメリットも押さえておきましょう。

1.審査が比較的厳しい

銀行系ファクタリングは、審査が比較的厳しくなっています。

ノンバンク系ファクタリングや独立系ファクタリングが行う審査では、売掛先の信用力が重視されます。そのため、ファクタリングサービス利用者側が赤字決済でも審査には影響しません。

しかし、銀行系ファクタリングの審査では売掛先だけでなく、サービス利用者側の経営状況も確認されます。

そのため、審査のハードルが高まり簡単には利用することができないのです。

自社の信用力に自信がない場合は、銀行系ファクタリングではなくノンバンク系ファクタリングや独立系ファクタリングの利用を検討すると良いでしょう。そうすれば、審査に通過しやすく資金を調達できます。

2. 資金の調達に時間がかかる

銀行系ファクタリングの場合、資金の調達に時間がかかります。

なぜなら、銀行系ファクタリングは3者間ファクタリングのみの対応となっており、また審査に時間がかかるからです。

3者間ファクタリングを利用する場合、売掛先の承諾を得なければならないため、1日で契約を締結するのは困難です。

くわえて、サービス利用者側と売掛先の与信情報も調べなければなりません。これにより、資金調達までに最低でも数日〜数週間はかかります。

一刻も早く資金を調達したい場合は、ノンバンク系ファクタリングや独立系ファクタリングの2者間ファクタリングを利用すると良いでしょう。

2者間ファクタリングなら売掛先の承諾を得る必要がないので、早ければその日のうちに資金を調達できます。

ファクタリングの審査ついては下記コラムで詳しく解説しています。
ファクタリングの審査を深掘り!その基準や落ちる原因・通るためのポイントを解説

3. 窓口へ訪問する必要がある

銀行系ファクタリングを利用する場合、窓口へ訪問しなければなりません。

ノンバンク系ファクタリングや独立系ファクタリングを提供している会社の中には、オンラインで完結するファクタリング会社も存在します。

申し込みから契約までオンラインで完結できれば、ファクタリング会社に足を運ぶ必要がありません。

そのため、身近にファクタリング会社の店舗がなくても自宅や会社からファクタリングサービスを利用できます。

Web完結型ファクタリングついては下記コラムで詳しく解説しています。
Web完結型ファクタリングについて知ろう!メリット・デメリットと利用方法をご紹介

4. 少額だとファクタリングを利用できないことがある

銀行系ファクタリングは、買取額が少額だと利用できないことがあります。

ノンバンク系ファクタリングや独立系ファクタリングであれば、最低買取額が設定されていなかったり少額でも買い取ってくれたりします。

しかし、数億円単位の高額債権に対応している銀行系ファクタリングの場合、少額の売掛金の買い取りは原則行っていないため、断られる可能性があります。

銀行系ファクタリングを利用する前に、少額でも問題ないかホームページで確認しましょう。

こういうときにおすすめ!銀行系ファクタリングの利用が好ましいケース

書類をもってOKマークをする男性

銀行系ファクタリングの利用が望ましいケースは、以下のとおりです。

何でも相談できる売掛先がある場合

銀行系ファクタリングは3者間ファクタリングのみの対応となっているため、売掛先に相談し、承諾を得なければなりません。

仮に売掛先がファクタリングにマイナスなイメージを抱いている場合、承諾してもらうどころか「会社の経営状況が厳しい」と捉えられ、今後の取引に支障を来す可能性があります。

普段から何でも相談できる売掛先であればあやまった認識を避けられて承諾を得やすくなるため、そのような売掛先がある場合は銀行系ファクタリングの利用がおすすめです。

審査にかかる時間よりも手数料を抑えたい場合

銀行系ファクタリングは審査に時間がかかりますが、ノンバンク系ファクタリングや独立系ファクタリングに比べて手数料が安いのが特徴です。

そのため、急いで資金調達をする必要がなく手数料を抑えたい場合は銀行系ファクタリングを利用すると良いでしょう。

継続利用ではなくスポット的に資金が必要な場合

銀行系ファクタリングを利用する際は、窓口へ訪問する必要があります。

そのため、継続して利用するとなると毎回窓口に足を運ばなければならず、その分手間と費用がかかります。

しかし、スポット利用であれば何度も窓口に足を運ぶ必要がないので、毎回訪問することが難しい方でも利用しやすいでしょう。

安心・安全な取引がしたい場合

ノンバンク系ファクタリングや独立系ファクタリングの中には悪徳業者が潜んでいる可能性がありますが、銀行系ファクタリングの場合は悪徳業者の心配が不要なので安心して利用できます。

そのため、安心・安全な取引をしたい場合も銀行系ファクタリングの利用がおすすめです。

あわせて確認しておこう!銀行系ファクタリングを利用する際の注意点

CHECKと書かれた単語帳に虫眼鏡をかざす

銀行系ファクタリングを利用する前に、以下の注意点を押さえておきましょう。

償還請求権あり(ウィズリコース)での契約になる場合がある

ファクタリング会社の多くは、「償還請求権なし(ノンリコース)」で契約を結びます。

償還請求権とは、売掛先から売掛金を回収できなかった場合に、ファクタリング会社が費用の支払いを請求できる権利のことです。

償還請求権なしであれば、その責任をサービス利用者が負う必要はないので、安心して利用できます。

しかし、銀行系ファクタリングでは「償還請求権あり(ウィズリコース)」の契約になる可能性があります。銀行は貸金業者として登録されているため、償還請求権ありの契約でも違法になることはありません。

そのため、銀行系ファクタリングを利用する際は、償還請求権の有無を必ず確認しておきましょう。

償還請求権については下記コラムで詳しく解説しています。
償還請求権とは?ファクタリングに重要な“誰がリスクを負うか”

今後の融資に影響する可能性がある

銀行系ファクタリングは、銀行または銀行が出資しているファクタリング専門の子会社によるサービスなので、ファクタリングサービスを利用するとグループ内で情報が共有されます。

頻繁にファクタリングサービスを利用していると「資金繰りに苦労している会社」と思われかねず、ファクタリングサービスを利用したグループ会社からの融資が受けにくくなる可能性があります。

これは銀行系ファクタリングならではの注意点なので、必ず念頭に置いた上で利用しましょう。

利用するならココ!おすすめの銀行系ファクタリング会社

書類を用いて笑顔で説明する男性

ここでは、おすすめの銀行系ファクタリング会社をご紹介します。利用先で迷った際は、ぜひご参考にしてください。

1.SMBCファイナンスサービス株式会社

SMBCファイナンスサービス株式会社では、「保証ファクタリング」を利用できます。

売掛先の倒産などの理由により売掛金を回収できない場合は、三井住友銀行が売掛金の一定額、もしくは全額を保証してくれます。売掛先に通知されないので、安心して利用できるでしょう。

ただし、売掛先が8社以上ないと申し込みができないため、その点は注意が必要です。

2.三菱UFJファクター株式会社

三菱UFJファクター株式会社では、「保証ファクタリング」と「国際ファクタリング」を利用できます。誰もが見聞きしたことのあるメガバンクなので、安心して利用できるでしょう。

ただし、売掛先が10社以上ないと申し込みができないため、その点には注意しましょう。

3.百十四銀行

百十四銀行では、「一括ファクタリング」を展開しています。

一括ファクタリングは手形の代用として使われているため、売掛金を支払う側が主体となります。

信頼力の高い企業しか利用できないサービスなので、利用できれば対外的に信用力がある企業として認められるでしょう。

4.みずほファクター

みずほファクターはみずほ銀行が展開している会社で、主に「保証ファクタリング」「国際ファクタリング」「みずほ電子債権決済サービス」を利用できます。

みずほ電子債権決済サービスとは、電子記録債権を活用するサービスのことです。

売掛先が発生させた電子記録債権を、納入企業が電子記録債権の期日前に必要な金額だけ資金化できます。

金融機関に出向く必要もないので、手軽に資金を調達することが可能です。ただし、利用するには審査に通る必要があります。

5.りそな決済サービス株式会社

りそな決済サービス株式会社は、りそなグループのファクタリング会社です。

「保証ファクタリング」を取り扱っており、これを利用することで売掛金が回収不能になるリスクを低減できます。

1社ごとに与信調査を行った上で保証限度額を設定し、その範囲内で保証してくれるので、売掛金の回収に懸念を抱いている方は積極的に活用すると良いでしょう。

まとめ

銀行系ファクタリングは、その名のとおり銀行で利用できるファクタリングサービスのことです。

信頼度が高いので安心して利用できるだけでなく、手数料が安い、高額債権にも対応しているといったメリットがあります。

さまざまな銀行がファクタリングサービスを提供しているため、資金繰りに悩んでいる方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

なお、一般社団法人日本中小機構金融サポート機構では3者間ファクタリングだけでなく、2者間ファクタリングも行っています。

2者間ファクタリングなら最短3時間で売掛金を資金化できるので、一刻も早い資金調達を希望する方は、ぜひ一度ご相談ください。

[cta]

銀行系ファクタリングとは?特徴・メリット・デメリット・注意点を一挙解説

【監修】日本中小企業金融サポート機構 編集局長

保有資格:FP2級

大学卒業後、地方銀行に勤務。主に企業向け融資を担当。その後、損害保険会社にて法人営業、外資系金融機関にて法人融資や人材育成を担当するなど、一貫して金融関連業務に従事。2019年一般社団法人日本中小企業金融サポート機構に入社し、これまでの金融の知識と法人営業の経験を活かし、多くの中小企業・零細企業をサポート。
プライベートでは3児の父の顔も持ち、犬・猫・亀も飼う大家族の大黒柱。

コラム一覧に戻る