1. ホーム
  2. サポート内容
  3. 資金調達
  4. 助成金・補助金

助成金・補助金

「助成金」と「補助金」の活用

中小企業の資金調達方法は、金融機関からの融資だけではありません。国や地方自治体から受給できる「助成金」や「補助金」を有効活用するのも大切なことです。そもそも助成金や補助金とはどのようなものなのかをご存知でしょうか。どうすれば受給できるのかなどとともに押さえておきましょう。

助成金と補助金とは

助成金や補助金とは、国や地方自治体が提供する「返済不要の資金」のことを言います。融資ではないので、担保や保証人を必要とせず金利もありません。
実は助成金と補助金に明確な定義や線引きはないのですが、厚生労働省が雇用や能力開発などを目的に提供するものを「助成金」と呼ぶことが多く、これに対して経済産業省など厚生労働省以外の官公庁や地方自治体が提供するものを「補助金」と呼びます。
助成金と補助金では受給のしやすさなどに違いがあるため、それぞれの特徴を理解しておくことが大切です。

要件を満たせば必ずもらえる「助成金」

助成金は、主に雇用の増加や安定、能力開発などを支援するために提供される資金です。助成金を受ける難易度は高くなく、要件さえ満たせば原則として受給が可能です。通年など長期間にわたって募集していて、いつでも利用することができるのも特徴です。
ただし、助成金は雇用保険料が財源となっているため、雇用保険に加入していない企業は利用できません。また、会社都合による解雇を行った企業も利用できない場合があります。
助成金は要件を満たし支給申請をすることで支給されます(事前に実施計画を提出する必要がある助成金もあり)。申請書類の作成などは自分で行うこともできますが、社会保険労務士や行政書士に依頼しても良いでしょう。

良い提案をすることで勝ち取る「補助金」

補助金は、助成金と比べ受給の難易度がかなり高くなります。多くの場合、公募形式となっており、募集期間は数週間程度と短めです。要件を満たして応募したうえで、書類審査や面接が行われ、採択されれば補助金を受給できることになります。補助金のための予算枠があらかじめ決まっているため、申請者全員が採択されることは基本的になく、数倍から数十倍の倍率となるケースが多いです。
補助金は、事業計画などを書類で提出して申請します。補助金は優秀な提案に対してのみ採択されることになるため、書類でのアピールが重要になってきます。補助金の申請業務については、中小企業診断士やコンサルティング会社などに依頼することをおすすめします。

助成金と補助金、それぞれの特徴や違いがわかりましたでしょうか? 特徴を理解したうえで、活用できそうなものを上手に活用していきましょう。

まずは、お気軽にお問い合わせください。

一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構