1. ホーム
  2. サポート内容
  3. 資金調達
  4. 金融機関のご紹介

金融機関のご紹介

中小企業が融資を受けられる金融機関の種類

企業を経営していくには、運転資金などの資金調達が大きな課題となります。資金調達の手段はいろいろありますが、やはり大きな割合を占めることになるのが金融機関からの借入です。中小企業が融資を受けたい場合、借入先となる金融機関にはどのような種類があるのでしょうか。それぞれの特徴やメリット、デメリットをご紹介します。

メガバンク(都市銀行)

全国の主要都市に支店を持つ大手の普通銀行のことを都市銀行と呼び、中でも大規模な銀行グループがメガバンクと呼ばれています。取引が決まれば融資実行までが速く、金利も低めなのがメリットですが、企業の規模や財務状況によっては融資を受けるのが難しくなります。企業の成長にともなって融資量を増やす際にはメガバンクでの融資を活用する必要が出てきますが、創業期や小規模の企業にはメガバンクと取引するメリットは少ないと言えます。

地方銀行

地方銀行とは、各地方や都道府県内を営業基盤としている普通銀行です。本店のある都道府県を中心に、地元の企業や住民、行政機関などと取引をおこない、地域に密着したネットワークを築いているのが特徴です。地方銀行にとって地元の企業は得意先となるため、都市銀行に比べて融資を受けやすいのがメリットです。財務諸表だけで判断せず、経営者の理念やビジネスモデルなどを加味してくれるケースも多いでしょう。一方、メガバンクと比べ金利はやや高い傾向があります。

信用金庫

信用金庫は銀行とは異なり、会員の出資による営利を目的としない協同組織の地域金融機関です。地域の人たちの出資(預金)により集めた資金を地域の中小企業と個人に還元することで地域社会の発展に寄与するのが目的で、営業地域が限定されています。融資を受けられる事業者は「従業員300人以下または資本金9億円以下」と定められており、地域の中小企業を対象とした金融機関です。審査はあまり厳しくなく、貸借対照表や損益計算書等の書類だけで融資が下りる場合も多いです。一つ一つの融資規模が小さいため、金利は高めになる傾向があります。

ノンバンク

ノンバンクとは、預金の受け入れを行わず融資を専門におこなう金融会社の総称です。消費者金融や信販会社、クレジットカード会社、リース会社などがノンバンクにあたります。フリーローンと呼ばれる使途に制限のないタイプの融資が多いのが特徴です。銀行などと比べて審査が柔軟で融資を受けやすい分、金利は高めに設定されています。急な出費や売上の変動などによる資金不足の際など、一時的にノンバンクを利用するのは選択肢の一つであると言えるでしょう。

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫(日本公庫)は、100%政府出資の政策金融機関です。銀行など一般の金融機関の補完と国民生活の向上を目的としており、中小企業に対しても積極的に融資をおこなっています。銀行の融資審査に通らなかった中小企業でも融資を受けられる可能性が高いでしょう。国の政策に則った固定金利、長期の融資制度が用意されていて、銀行と比べてかなり低金利で融資を受けられるのが特徴です。ただし、審査には1か月程度とかなり時間がかかります。また、多くの場合、融資にあたって保証人が必要になる点にも注意が必要です。

以上、中小企業が融資を受けられる主な金融機関の種類をご紹介しました。それぞれの特徴を把握して、場合に応じて借入先を選択なさることをおすすめします。

中小企業が融資を受けられる金融機関の種類

メリット デメリット
メガバンク(都市銀行)
  • 取引が決まってから融資事項までが早い
  • 金利が低い
  • 会社規模や財務状況によっては難しい
地方銀行
  • 都市銀行に比べ融資を受けやすい
  • 都市銀行と比べて金利がやや高い
信用金庫
  • 審査があまり厳しくない
  • 融資を受けられる企業が限定される
  • 金利が高め
ノンバンク
  • 審査が柔軟で融資を受けやすい
  • 金利が高い
日本制作金融公庫
  • 銀行審査に通らなかった中小企業でも融資を受けられる可能性がある。
  • 低金利
  • 審査に時間がかかる(約1カ月)
  • 保証人が必要な場合がある

まずは、お気軽にお問い合わせください。

一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構