1. ホーム
  2. サポート内容
  3. 資金調達
  4. ファクタリング

ファクタリング

すばやく資金調達できる「ファクタリング」とは

一般的に企業間の取引は、現金取引より掛取引(信用取引)が多くなっています。取引先の支払いサイクルが長い場合などには、商品やサービスの提供が完了してから現金化されるまでに時間がかかり、キャッシュフローに影響を及ぼしてしまうこともあります。
そのような場合に有効な資金調達の方法が「ファクタリング」です。ファクタリングとはどのようなものなのか、またファクタリングによる資金調達を行うメリットやデメリットなどについてお伝えしていきます。

ファクタリングとは

ファクタリングとは、企業の売掛債権を第三者であるファクタリング会社が買い取って債権回収を行う金融サービスです。売掛金や受取手形などを有する企業は、ファクタリング会社へ手数料を支払って売却することで決済期日前に資金調達を行えます。
売掛債権の支払先が期日前に支払い不能になってしまった場合の扱いによって、以下の2種類に分けられます。

償還請求権のあるファクタリング

ファクタリング会社が回収できなかった債権があった場合に、その債権の元所有者に対して支払いを求める権利を「償還請求権」と言います。「償還請求権のあるファクタリング」の場合、債務者の倒産などによりファクタリング会社から受け取った資金を一部償還しなければならないこともあります。

償還請求権のないファクタリング(ノンリコース)

売掛債権を完全に買い取って、債権回収ができなかった場合にはファクタリング会社が負担する「償還請求権のないファクタリング」もあります。これは「ノンリコース」とも呼ばれ、このタイプの場合は債務者の倒産などに影響を受けることはありません。ただし償還請求権のあるファクタリングに比べ手数料は割高になります。

ファクタリングで資金調達を行うメリット

ファクタリングによって資金調達することで得られるメリットとしては、主に以下のような点が挙げられます。

キャッシュフローの安定化

売掛金を売却することにより決済期日前でも現金化できるので、急な出費などの資金不足に対応可能となりキャッシュフローが安定します。

すばやい資金調達が可能

金融機関などから融資を受けて資金調達する場合、審査期間などがあり最短でも1か月ほど時間がかかるのが一般的です。経営状態などによっては融資を受けるのが難しいケースもあるでしょう。ファクタリングは売掛債権を売却する取引なので、即日から数日以内に資金調達を行えます。

融資ではないため信用情報に影響しない

ファクタリングは融資ではないため、資金調達による負債が生じません。償還請求権のないファクタリング会社を利用した場合は、仮に債務者の倒産などで債権回収できなかった場合にも負債が発生しません。信用情報への悪影響がないため、今後まとまった融資を受ける場合の審査もスムーズになりやすいでしょう。

ファクタリングで資金調達するデメリット

メリットの多いファクタリングによる資金調達ですが、ファクタリング会社への報酬としてファクタリング手数料を支払うことになります。手数料は契約内容によって異なりますが8%~25%程度となることが多く、キャッシングの利率より割高になるケースもあります。
また、取引内容によっては債権譲渡登記が必要になる場合もあり、ファクタリングをしていることが取引先に知られてしまうこともあります。利用するファクタリング会社がどのようなファクタリング方式を採用しているかなどに注意が必要です。

まずは、お気軽にお問い合わせください。

一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構