1. ホーム
  2. サポート内容
  3. 事業再生
  4. 事業再生とは

事業再生とは

「事業再生」とはどんな方法か

バブル崩壊後から聞かれるようになった「事業再生」という言葉。具体的にどのようなことを指すのかをご存知でしょうか。事業再生の概要と主な方法などについてご紹介します。

事業再生とは?

事業再生とは、業績不振や債務超過などといった状態に陥った企業において、事業を再建して、経営の健全化を図ることを言います。
その企業における各部門の採算を割り出し不採算部門からの撤退や資本の増強、収益力のある部門だけを分割したり新会社に事業譲渡するなどの方法を用いて事業再生を目指します。
事業再生を行うことで、長年続けてきた事業を存続できたり、従業員の雇用を維持できたりといったメリットが得られます。
従来、事業再生は銀行や同業他社などによって行われるケースが多く見られましたが、昨今ではコンサルティング会社や事業再生ファンド、弁護士事務所などが事業再生業務を請け負うケースも増えています。

主な事業再生の方法

事業再生の方法として、以下のようなものが例として挙げられます。

事業譲渡方式

再生する企業とは別に新会社を用意して、再生する事業を新会社へ譲渡する方法です。既存の会社の倒産が事業に与える影響が大きい場合や許認可が必要な業種などを除いては、新会社へ譲渡して事業再生を行うのが一般的です。

スポンサー方式

資金力のある企業や個人から資金を得て、事業を建てなおす方法です。債務超過などに陥った状態では、信用力が低下して資金の確保が難しくなります。資金力や信用力があるスポンサーを得ることで、信用を補完することにもつながり、再生中の資金不足の防止につながるのです。

リスケ方式

金融機関の承諾を得て、返済条件や返済予定を変更してもらう方法です。返済額の負担を減らすことにより、キャッシュフローの正常化および事業の建てなおしを図ります。

事業再生が有効となる事業とは

再生すべき事業であるかどうかを見極める際には、現状の負債がなくなるもしくは圧縮された場合に、その事業により正常にキャッシュフローが回せるかどうかが判断材料となります。実現できないのであれば、事業再生を行ったとしても再び資金繰りに詰まることになってしまうためです。
キャッシュフローの正常化のための方策としては、リストラなどによる営業キャッシュフローの黒字化、資金力のある企業や個人などスポンサーを得ることなどが挙げられます。
こうした方策によってキャッシュフローの正常化が見込めない事業の場合、事業再生は難しいと言えるでしょう。

まずは、お気軽にお問い合わせください。

一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構