1. ホーム
  2. サポート内容
  3. 事業マッチング
  4. 事業マッチングとは

事業マッチング

どんな場がある? 事業に活用したい「事業マッチング」とは

『事業マッチング』と聞くと、一見イメージが沸きにくいかもしれません。
例えば、下請け業者を探している建設会社と中小企業・個人事業主として建設業を行っている者同士を紹介すること、というと分かりやすいでしょう。そして当機構は、中立的にお互いの希望条件にあった業者を紹介してマッチングするための場を提供しています。
起業したばかりの方や、新規事業、知名度の高くない中小企業などの場合、取引先はもちろん、資金や人材など不足しているリソースを外部に求めたくても、なかなか条件に合う相手を見つけるのが難しいものです。そんなときに活用したいのが「事業マッチング」の場です。事業マッチングとはどのような仕組みなのか、そして活用できる事業マッチングの場にはどのようなものがあるのかについてお伝えします。

事業マッチングとは

「マッチングサービス」というと、未婚の男女が結婚相手を見つけるための結婚相談所などが思い浮かぶかもしれません。「事業マッチング」の場合はビジネス分野でのマッチングのことを指しますが、やはり男女の「お見合い」に喩えられることが多いです。
事業マッチングは、発注先を探している企業と受注先を探している企業など、自社に不足しているリソースを外部に求める者同士を引き合わせる「場」を提供します。
国や地方自治体、公的支援団体などが主催するものや、銀行など民間企業が主催するものなど、事業マッチングの種類は多くあります。商談会などリアルな場もあれば、インターネットを活用したマッチングサービスもあります。

事業マッチング利用するメリット

事業マッチングを利用するメリットとして、自社に不足しているリソースを外部から得やすくなることが挙げられます。
経営リソースに乏しい中小企業や個人事業主が、自力で条件に合うリソースを外部から得るための情報収集を行ったり、1件1件コンタクトを取ったりするのには膨大な時間や労力がかかります。また、同じように自社の持つリソースを必要としている相手に対して、自社の事業を紹介する手段もなかなかありません。
また、事業マッチングを利用するのはそれぞれ明確な意図を持った事業主なので、互いの求める条件に合う者同士が出会いやすいのです。

事業マッチングの場にはどのようなものがある?

展示会タイプ

出展者がブースを構え、製品や商品、サービスの展示を行う形態の事業マッチングです。展示会の規模にもよりますが、多くの人に自社の製品や商品をアピールできるのがメリットです。

プレゼンテーションタイプ

経営リソースを提供できる企業や人に対して、事業計画のプレゼンテーションを行う形態の事業マッチングです。展示会と比べると小規模ながら、よりポイントを絞った対象にアピールできるというメリットがあります。

インターネット上の事業マッチングサイト

ネット上で自社事業の情報を開示したり、他社の検索やコンタクトを取ったりできるタイプの事業マッチングです。手軽に利用できることと、検索性の高さがメリットです。

さまざまな事業マッチングの場があるので、どのような目的で利用したいのかによって、使い分けたり組み合わせたりすることで、最適なマッチングの可能性が高まると言えます。前述した通り、事業マッチングにはさまざまなタイプがあります。事業マッチングにはたくさんのメリットがあるので、自分に合ったマッチングサービスを利用し、事業にお役立てください。

まずは、お気軽にお問い合わせください。

一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構