1. ホーム
  2. サポート内容
  3. 資金調達
  4. ファクタリング

ファクタリング

ファクタリングとは?意味やメリットを図解で分かりやすく説明

ファクタリングは、企業が保有する売掛金をファクタリング会社に売却して、早期資金化する仕組みです。

ファクタリングには、大きく以下2つのメリットが挙げられます。

資金繰りにお困りの経営者様におすすめしたいサービスですが、「聞きなれない言葉で、なんだか難しそう」と思う方も多いのではないでしょうか。

この記事では、主に以下の内容について、はじめての方にも分かりやすく説明します。

ファクタリングとは

ファクタリングの意味
ファクタリングとは、企業が保有する売掛金をファクタリング会社に売却して、売掛先からの入金日より早く資金化できる金融サービスのことです。

企業間の取引は、売掛金(売掛債権)が発生する掛け取引で行われることが一般的です。

この売掛金は、入金までにおよそ30日から60日ほどかかるため、売り上げは黒字であっても資金繰りがうまくいかないという会社も少なくありません。

ファクタリングでは、この売掛金を早期資金化することができるため、経営の健全化が期待できます。

経営資金が足りないときに、一度ご検討いただきたいサービスです。

ファクタリングの仕組み

ファクタリングの仕組みを説明します。

ファクタリング説明図

1. 物・サービスを提供すると、売掛金が発生します。
2. ファクタリング契約をして、売掛金をファクタリング会社に売却します。
3. ファクタリング会社から売掛金の売却額が振り込まれます。

契約方法によってスキームは少し異なりますので、詳しくはファクタリングの種類をご覧ください。

ファクタリングのメリット

ファクタリングには5つのメリットがあります。

1. 最短即日で現金化できる
2. 担保や保証人が不要
3. 取引先が倒産しても回収の義務がない
4. 信用情報に影響がない
5. 赤字や税金・社会保険滞納でも利用できる

1.最短即日で現金化できる

ファクタリングは、お申し込みから最短即日の資金調達が可能です。

銀行の融資では、資金調達まで早くて数週間、遅ければ2ヶ月以上かかります。

そのため、
  • あてにしていた銀行融資の審査が通らなかった
  • 取引先からの入金が遅れていて、資金が足りない
といった、急に資金が必要となったときに有効です。

2.担保や保証人が不要

ファクタリングは融資ではなく売掛金の売買契約であるため、担保や保証人は不要です。

そのため、中小企業のお客様にご利用いただきやすいサービスです。

3.取引先が倒産しても回収の義務がない

ファクタリング契約の多くは、償還請求権がありません。

そのため、取引先の倒産などの理由で売掛金の回収ができなくなった場合でも、ファクタリングを利用したお客様に返済の義務はないのです。

4.信用情報に影響がない

前述したように、ファクタリングは融資ではありません。

つまり、ファクタリングの利用によって信用情報に影響が出ることは一切ありません。

今後、事業拡大などで融資を検討している方でも、安心してご利用いただけます。

5.赤字や税金・社会保険滞納でも利用できる

ファクタリングの審査で重要視されるポイントは、売掛先の信用です。

そのため、お客様の会社で赤字や税金・社会保険の滞納など融資では不利となる要素があっても、利用いただくことができます。

ファクタリングのデメリット

ファクタリングには、4つのデメリットがあります。

1. 手数料がかかる
2. 3社間ファクタリングでは売掛先の承諾が必要
3. 債権譲渡登記をする場合がある
4. 売掛金の金額内でしか資金を調達できない

手数料がかかる

ファクタリングを利用する際は、手数料がかかります。

この後、ファクタリングの種類にて詳しく説明しますが、2社間ファクタリングではファクタリング会社のリスクが高いため、手数料はやや高めに設定されています。

しかし、最短即日で資金調達ができる大きなメリットもありますので、状況に合わせて融資と使い分けていただくと良いと思います。

3社間ファクタリングでは売掛先の承諾が必要

3社間ファクタリングは、お客様とファクタリング会社、そして売掛先の3社間で契約しますので、売掛先の承諾が必要となります。

売掛先にファクタリングの承諾をお願いしてしまうと、「あの会社は資金繰りがうまくいっていないのではないか」と信用不安を抱かれる可能性があります。

不安な方は、この後説明する2社間ファクタリングの利用をおすすめします。

債権譲渡登記をする場合がある

ファクタリングを利用する際は、その権利がファクタリング会社に移動したことを証明するため、債権譲渡登記が必要な場合があります。

債権譲渡登記には、

  • 売掛金の所有権が移動したことを、登記情報を調べれば誰にでも確認できてしまう
  • 登記には数万円の費用がかかってしまう

といったデメリットがあります。

債権譲渡登記が不安な場合は、ファクタリング会社に相談してみることをおすすめします。

売掛金の金額内でしか資金を調達できない

すでに説明しているように、ファクタリングは融資ではなく売掛金の売買契約です。

そのため、売掛金の金額内でしか資金調達ができません。

調達希望金額が売掛金の金額を超えてしまう場合には、他の融資などで一部補うことをおすすめしております。

また、そもそも入金前の売掛金が手元にない場合はファクタリングをご利用いただくことができませんので、ご注意ください。

ファクタリングの種類

ファクタリングは大きく分けて3つの種類があります。

それぞれ特徴をご説明します。

  • 2社間ファクタリング
  • 3社間ファクタリング
  • 医療ファクタリング

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングの2社とは、以下の通りです。

  • ファクタリングを利用する会社(お客様)
  • ファクタリング会社

この2社で契約を結ぶため、2社間ファクタリングと言います。

仕組み

2社間ファクタリングの仕組みは以下のとおりです。

2社間ファクタリング説明図

1. 物・サービスを提供し、売掛金が発生する
2. ファクタリング契約をして、売掛金をファクタリング会社に売却する
3. ファクタリング会社から売掛金の売却額が振り込まれる
4. 通常の入金日に売掛先から入金される
5. 入金された売掛金をファクタリング会社に支払う

特徴

仕組みを見ていただくと分かるように、2社間ファクタリングでは契約に売掛先が一切関係しません。

そのため、売掛先との関係は今のまま、ファクタリングで資金調達をすることができます。

ファクタリングを利用するお客様にとってはメリットである一方、ファクタリング会社からするとリスクが高い契約方法です。

なぜなら、売掛先から入金されたお金をお客様自身でファクタリング会社に振り込む必要があるため、他の支払いに使われてしまうなど回収できないリスクがあるからです。

よって、このあと説明する3社間ファクタリングと比較して、手数料が高い特徴があります。

少々手数料がかかってしまっても、売掛先との関係は今のままでファクタリングを利用したい方に、おすすめの契約方法です。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングの3社とは、以下の通りです。

  • ファクタリングを利用する会社(お客様)
  • ファクタリング会社
  • 売掛先

この3社で契約を結ぶため、3社間ファクタリングと言います。

仕組み

3社間ファクタリングの仕組みは以下のとおりです。

3社間ファクタリング説明図

1. 物・サービスを提供し、売掛金が発生する
2. 売掛金譲渡を通知して、債権譲渡の承諾を得る
3. 3社間でファクタリング契約をして、売掛金をファクタリング会社に売却する
4. ファクタリング会社から売掛金の売却額が振り込まれる
5. 通常の入金日に売掛先からファクタリング会社に直接支払いが行われる

特徴

3社間ファクタリングは売掛先を含めた3社での契約となります。

仕組みを見ていただくとわかるように、

  • 売掛先からの承諾を得る必要があり、資金繰りがうまくいっていないと思われて信用不安を起こす可能性がある
  • 承諾を得るまでに数日要してしまうため、即日資金調達希望の方には不向き

といったデメリットがあります。

その一方で、先ほどの2社間ファクタリングと比較して、手数料は低くなっています。

なぜなら、ファクタリング会社への入金が直接売掛先から行われ、回収できないリスクが低いためです。

少しでも手数料をおさえてファクタリングを利用したい方には、おすすめの契約方法ですので、付き合いの長い売掛先であれば、相談してみるのもひとつの手でしょう。

医療ファクタリング

医療ファクタリングは、診療報酬債権(レセプト)を利用したファクタリングです。

対象となる債権によって、

  • 診療報酬ファクタリング
  • 介護報酬ファクタリング
  • 調剤報酬ファクタリング

と呼ばれることもあります。

これらの総称が医療ファクタリングとなります。

仕組み

医療ファクタリングの仕組みは以下の通りです。

1. 保険診療の費用を診療報酬として国保・社保に請求する
2. ファクタリング契約をして、診療債権をファクタリング会社に売却する
3. ファクタリング会社から国保・社保に売掛先譲渡を通知し、承諾を得る
4. ファクタリング会社から診療報酬債権の売却額が振り込まれる
5. 通常の入金日に国保・社保からファクタリング会社に直接支払いが行われる

特徴

売掛先は国保や社保など国の機関となるため、ファクタリング会社が回収できないリスクを考慮する必要がなく、一般のファクタリングと比較して手数料は低いです。

また銀行などの借入より審査が簡単なため、最短3日程で資金調達ができます。

診療報酬債権を前倒しで現金化することにより、財務状況を改善させる効果が期待できます。

ファクタリングを検討するべき会社の特徴

ファクタリングは、一時的な要因で資金状況が悪化したときに有効な資金調達方法です。

例えば、

  • 一時的な要因で売り上げが減少したとき
  • 新規事業を始めたとき
  • 大きな設備投資を行ったとき
  • 過剰な仕入れにより在庫を多く抱えてしまっているとき

といった際に利用を検討すると良いでしょう。

一方、慢性的な資金不足に陥っている会社には、あまり利用をおすすめできません。

  • 長期的な売り上げの減少によって人件費が不足している場合
  • 事業の見通しについて将来的な展望が見えない場合

などは、事業内容を見直したり、銀行融資などの借入を利用して長期的な目で資金繰りを改善するほうが適切な場合があります。

ファクタリング会社によっては、ファクタリングを利用するべきかどうか診断してくれる場合もありますので、まずは相談してみるのも良いでしょう。

ファクタリング会社を選ぶ際の注意

ファクタリング会社の中には悪徳と呼ばれる会社も存在します。

また優良会社であっても、そもそも自分の条件に合わない場合もありますので、会社選びには以下の点を参考にしてください。

1. 希望条件を満たしているか
2. 手数料は妥当か
3. ホームページの内容は信頼できるか
4. 担当者の印象は良いか
5. 償還請求権は放棄されているか
6. 契約書は納得できる内容か
7. 契約書は2部あるか

それぞれ詳しくみていきましょう。

① 希望条件を満たしているか

まずは、利用したいファクタリング会社が、自分の希望条件を満たしているかどうか確認しましょう。

例えば、以下の3点です。

  • 売掛金を満額買い取ってもらえるか
  • 個人事業主でも利用できるか
  • 希望の契約方法に対応しているか

希望金額が大きい場合、ファクタリング会社によっては対応してもらえないことがあります。

買い取り金額が大きい会社を選びましょう。

また、個人事業主が利用できるファクタリング会社は多くはありません。

個人事業主である場合は、注意して選ぶ必要があります。

さらに、希望の契約方法に対応しているかも重要ポイントです。

例えば、本日中に資金調達をしたい場合は、2社間ファクタリングを利用する必要があります。

対応しているサービスは、ファクタリング会社のホームページにも記載してありますので、確認して申し込みをしましょう。

② 手数料は妥当か

手数料の相場は、以下のとおりです。

  • 2社間ファクタリングは、およそ10~30%
  • 3社間ファクタリングは、およそ2~15%

相場の手数料を超える場合や極端に低い場合は、悪徳業者である可能性を否定できません。

利用を控えましょう。

③ ホームページの内容は信頼できるか

優良なファクタリング会社を選ぶために、必ず確認していただきたいのがホームページです。

信頼に値する会社かどうか判断する材料のひとつとなります。

特に重要なのは、会社概要です。

  • 代表者名、資本金、事業内容など詳しく記載があるか
  • 記載の電話番号に掛けたら、丁寧な対応をしてもらえるか

これらの記載がなく、内容が薄い会社は避けたほうが良いでしょう。

④ 担当者の印象は良いか

申し込み時や審査のなかで、担当者と電話やメールでやりとりをする場面があると思います。

丁寧に説明してくれるかどうかなど、ここでの印象も大切です。

たとえ契約条件が良かったとしても、言葉遣いが荒かったり、質問をはぐらかされるなど違和感を感じるようであれば、そのファクタリング会社とは契約を避けたほうが良いかもしれません。

⑤ 償還請求権は放棄されているか

前述したように、ファクタリング契約の多くは、償還請求権がありません。

償還請求権が付いているファクタリング会社には、相場より手数料が低いといった特徴があるようです。

しかし万が一、売掛先が倒産してしまった場合のことを考えると、償還請求権は放棄されていることが望ましいです。

契約時には、償還請求権が放棄されていることを確認しましょう。

⑥ 契約書は納得できる内容か

事前に説明を受けていたとしても、契約書の内容に相違がないか再度しっかり確認をしましょう。

よくわからないまま契約をしてしまうと、口頭で言っていたことが契約書に記載されていなかったということもあるそうです。

契約時に質問をはぐらかされたり、強引に押印を迫られる場合には、契約を辞退することも必要です。

⑦ 契約書は2部あるか

一般的な契約と同様ファクタリング契約においても、契約書は2部作製し、双方が1部ずつ保管します。

押印前に契約書が2部あるか必ず確認しましょう。

また、この後コピーをとると言われた場合でも、目の前でコピーしてもらったほうが安心です。

他の手続きをしている間にコピーのことを忘れさせたり、偽の契約書を渡されてしまう場合があるそうですので、十分注意してください。

ファクタリングの法的解釈

ここでは、ファクタリングの法的解釈について説明します。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは、民法555条の売買契約に該当します。

第555条(売買契約)
売買は、当事者の一方がある財産権を相手方に移転することを約し、相手方がこれに対してその代金を支払うことを約することによって、その効力を生ずる。

売買契約とは、物やサービスを提供した対価として金銭を受け取るときに締結する契約のことです。

2社間ファクタリングは、売掛金を売却して金銭を受け取るため、この555条に該当します。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは、民法466条の債権の譲渡性と民法467条の指名債権の譲渡の対抗要件に該当します。

第466条(債権の譲渡性)
1.債権は、譲り渡すことができる。ただし、その性質がこれを許さないときは、この限りでない。
2.略

第467条(指名債権の譲渡の対抗要件)
1.指名債権の譲渡は、譲渡人が債務者に通知をし、又は債務者が承諾をしなければ、債務者その他の第三者に対抗することができない。
2.略

466条では、債権は譲渡することが可能との内容が記されています。

また詳しく説明すると、ファクタリング利用者(譲渡人)とファクタリング会社(譲受人)の意思のみで譲渡は成立し、売掛先(債務者)の承諾は必要でないとされています。

ただし、債権の二重譲渡は法律で禁止されています。

ファクタリング利用者が複数のファクタリング会社に対して、同一の売掛金を譲渡したらどうでしょうか。

この場合、ファクタリング会社は「この売掛金は自分のものである」と第三者に主張する必要があります。

これを対抗要件といいます。

ファクタリングにおける対抗要件は、債権を譲渡したことの通知や登記などで、この手続きを行うことが法的に重要となります。

お客様からいただくよくある質問

ここでは、お客様から当機構に寄せられるご質問のなかで、よくあるものをご紹介します。

利用を検討していますが手数料はどのように決まりますか?

ファクタリングの手数料は、売掛先(お取引先)の経営状況を審査し、そのリスクによって決定します。

これは、売掛先が期日までに入金することができれば、ファクタリング会社にお戻しいただくことが可能である、との考えに基づいています。

そのため、売掛先が大企業や国の機関であれば、ファクタリング会社のリスクは低いため、手数料も低くなります。

もしくは、中小企業でも長くお取引があることを証明できるもの(お取引履歴の通帳・請求書・納品書など)をご提示いただければ、手数料を低く提示させていただくことが可能です。

融資かファクタリングか悩んでいますが相談できますか?

ご相談は、無償で承ります。

融資かファクタリングかお悩みの方も、専門のスタッフが親身になって最適な方法をご提案いたします。

ここで簡単に説明させていただきますと、ファクタリングは、

  • 急ぎ資金が必要になった場合
  • 一時的な要因で資金繰りがうまくいかなくなった場合

に非常に有効な金融サービスとなります。

ファクタリングを利用しない方がよい場合はありますか?

以下のような場合、ファクタリングの利用はあまりおすすめできません。

  • 長期的な売り上げの減少によって人件費が不足している場合
  • 事業の見通しについて将来的な展望が見えない場合

そのため、銀行融資などの借入を利用して長期的な目で資金繰りを改善するほうが適切な場合もあります。

よって、ファクタリングをご希望のお客様であっても、状況をヒアリングして借入のほうが向いている場合、ほかの資金調達方法をおすすめさせていただく場合もございます。

すでに他社でファクタリングをしていますが利用できますか?

他社様をご利用中の方でもご利用いただけます。

当機構では、他社様より手数料を低くできる可能性がございます。

その理由は、これまで多くの案件をお取り扱いした経験から独自の審査ノウハウがあり、リスクをひとくくりには判断しないからです。

お客様それぞれのご状況を精査し、最適なご提案をさせていただいておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

利用限度額はありますか?

当機構では、利用限度額は設けておりません。

また、法人のお客様のみならず個人事業主のお客様でもご利用いただくことができます。

業種を問わず、少額から高額まで幅広い売掛金をお取り扱い可能ですので、利用を検討されている方は一度ご相談ください。

お急ぎの方はファクタリングで資金調達

ファクタリングは、企業が保有する売掛金をファクタリング会社に売却して、早期資金化する仕組みです。

借入にはない、5つのメリットがあります。

1. 最短即日で現金化できる
2. 担保や保証人が不要
3. 取引先が倒産しても回収の義務がない
4. 信用情報に影響がない
5. 赤字や税金・社会保険滞納でも利用できる

当機構では、金融知識に精通した専門のスタッフが、無償でご相談を受け付けております。

ファクタリングについて詳しく知りたい方、ご不安な点やご質問がある方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

まずは、お気軽にお問い合わせください。

一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構