三井住友カード カードローンの審査基準は?特徴や審査落ちの原因などを徹底解説

三井住友カードカードローン 消費者金融

『三井住友カード』が提供するカードローンの『三井住友カード カードローン』。

以前は『ゴールドカード』の名前で親しまれていました、現在はより使いやすいスタイリッシュなデザインに生まれ変わりました。

また三井住友カード カードローンは、2種類のローンタイプから選べるほかに、低金利で利用できる点や利用実績に応じて金利が引き下がるサービスなど、お得な特典が充実している特徴にあります。

そんな三井住友カード カードローンですが、審査はどのように行われるのでしょうか?

今回は三井住友カードカードローンの特徴をはじめ、メリット・デメリット、また審査基準や審査のポイントなどを徹底的に解説してきます

目次

最短即日融資が可能な『プロミス』
プロミス
おすすめポイント
  • Web申込なら最短30分融資も可能
  • 公式「アプリローン」でバレずに借りれる!
  • 郵送物なし!全て手続きをWeb申込みで完結可能
実質年率
4.5%〜17.8%
限度額
500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短30分
プロミスの審査申込みはこちらから

三井住友カード カードローンとは

三井住友カード カードローンとは、三井住友カードが提供しているクレジットカードです。

三井住友カード カードローンの基本情報

金利 1.5%~14.4%(振り込み専用)/1.5%~15.0%(ATM・振込両用タイプ)
利用限度額 900万円
融資時間 最短即日振込
申し込み方法 WEB
借り入れ方法 ATM・口座振込
必要書類 運転免許証または経歴証明書・パスポート・健康保険証・住民票・マイナンバーカード

ATM・口座振り込み両用と口座振り込み専用タイプがある

三井住友カードカードローンは2種類のローンが用意されています。

基本的な商品内容や特典は同様となりますが、違いとしては借り入れ方法と金利に違いがあります。

三井住友カードカードローンの両タイプの違い

借り入れ方法 金利 初回振り込み(即日融資可否) カード発行可否
ATM・口座振り込み両用 ATM/口座振込 1.5%~15.0% ローンカード発行
口座振り込み専用 口座振込専用(WEB・電話にて振り込みを依頼) 1.5%~14.4% 会員番号が記載された紙のカードを発行

ATM・口座振り込みの両用タイプは、いずれかの借り入れ方法を利用することが可能です。

ローンカードが発行されるため、出先で急にお金が必要になった…!という時でも、ATMから気軽に融資を受けられるのも安心できますよね。

一方で口座振り込み専用タイプでは、融資時にWEBや電話にて振込依頼を行う必要がありますが、両用タイプと比較して金利が0.6%低いことが魅力的です。

カードローンでは初回申し込み時は基本的に上限の金利が適用されることがほとんどであるため、少しでも利息を抑えたい人には振込専用タイプの利用が使い勝手が良いですね。

いずれのタイプでも借り入れ金額や返済額には違いがないため、

金利or借り入れ方法のいずれのメリットを選択するかによって選ぶことをお勧めします。

三井住友カードカードローンのメリット・デメリット

考えている女性

三井住友カード カードローンのメリット・デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

ここからは商品の特徴をもとに、メリット・デメリットを解説していきます。

三井住友カードカードローンのメリット

  • 最短当日に振り込みを利用可能
  • 低金利で利用可能
  • 利用実績に応じて毎年0.3%金利が引き下がる
  • 申し込みから契約までWEB完結も

ポイントごとに詳しく解説していきます。

最短即日振込の利用が可能

三井住友カード カードローンでは、カード発行には最短でも約3営業日ほどかかってしまいますが、融資自体は最短で即日に融資を受けることが可能です。

そのため今日急にお金が必要になったとしても、すぐに自分の口座にお金を振り込んでもらうことが可能です。

しかし即日融資を受ける場合、下記の条件を満たしている必要があります。

三井住友カードで即日融資を受ける場合

  • 平日8:50~14:49までに申し込みを行った場合
  • 12/31~1/3を除く

低金利で利用可能

また三井住友カードカードローンは、即日融資を利用できるカードローンの中では低金利で利用できる点も魅力の一つです。

即日融資を提供しているカードローンの多くは大手の消費者金融となっていますが、融資のスピードを重視するあまり金利が少し高めに設定されています。

ここで三井住友カード カードローンと即日融資に対応している大手消費者金融3社を比較していきましょう。

商品 金利(実質年率)
三井住友カード カードローン 1.5%~14.4%/1.5%~15.0%
アコム 3.0%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%

アコム、アイフル、プロミスなどの大手消費者金融は上限金利が18.0%と設定されているのに対し、三井住友カード カードローンでは両用タイプで15.0%、振込専用タイプで14.4%と利息をお得に利用が可能です。

少しでもお得に借り入れを利用したい方にこそ、おすすめのカードローンでしょう。

利用実績に応じて毎年0.3%金利が引き下がる

三井住友カード カードローンでは、利用実績に応じて毎年金利が0.3%ずつ引き下がるサービスがあります。

毎年滞納などをせずしっかりと返済を進めていくと、最大1.2%も金利が下がるお得なサービスです。

それでは実際に金利の利率表をチェックしていきましょう。

カードローン 通常利率 適用利率の引き下げサービス
ご利用年度 初年度 2年目 3年目 4年目 5年目
ご利用枠 ~50万円 15.00% 14.70% 14.40% 14.10% 13.80%
60万円~100万円 12.40% 12.10% 11.80% 11.50% 11.20%
110万円~290万円 9.80% 9.50% 9.20% 8.90% 8.60%
300万円~490万円 7.80% 7.50% 7.20% 6.90% 6.60%
500万円~690万円 4.50% 4.20% 3.90% 3.60% 3.30%
700万円~890万円 3.50% 3.20% 2.90% 2.60% 2.30%
900万円 1.50% 1.20% 0.90% 0.60% 0.30%

出典:三井住友カード カードローンATM・口座振り込み両用-利率表

上限金利の15.00%でスタートした場合、5年間の利用で最大13.80%にまで引き下がります。

申し込みから契約までWEB完結も

また三井住友カードカードローンでは申し込みから契約まですべてWEB上で完結も可能です。

  • なかなか来店して契約する時間が取れない
  • 金融機関に入っていくところをみられたらと思うとリスクが大きい

上記のようなお悩みの方でも、安心して利用ができます。

三井住友カードカードローンのデメリット

  • 無利息サービスなどお得なサービスがない
  • 審査によっては時間がかかることも

三井住友カードカードローンのメリットがわかったところで、併せてデメリットもチェックしておきたいところ。

ここではさらにデメリット部分についてもチェックをしていきましょう。

無利息サービスなどお得なサービスがない

大手の消費者金融では、初回契約時に30日程度の無利息サービスが利用できる金融機関が多いです。

無利息サービス期間は利息が発生しないため、このサービス期間内に借り入れを完済してしまえば、利息が発生せずに借り入れ元金だけで済ませられるのです。

しかし三井住友カード カードローンでは無利息サービスが行われていないため、借り入れを開始したタイミングから利息が発生します。

無利息サービスを提供している消費者金融と比較すると、適用金利は低いため、気になる方は返済計画をしっかり立てたうえで検討をする必要があるでしょう。

審査によっては時間がかかることも

三井住友カードカードローンでは即日振込に対応しているため、審査結果は最短で通知がされることが多いです。

しかしこれはあくまで最短での案内となります。審査内容や申し込みの込み具合によっては、翌営業日以降になってしまうことがあるため、お急ぎの方には少し使いづらいともいえるでしょう。

またATMからでの融資利用を検討している場合は即日融資を利用ができません。

ATMでの借り入れの場合、ローンカードが必要となりますが、ATM・振込両用タイプのカード発行は最短でも翌営業日以降の郵送となるため、今日中に融資を受けることができないのです。

ATMから即日融資を利用したい場合は、消費者金融のプロミスやアイフルの利用を検討しましょう。

即日融資におすすめカードローン!今日中に借りられるカードローンはこれ!【2021年最新版!】
決められた限度額内であればいつでも自由に借り入れが出来るカードローン。 カードローンでは、急にお金が必要になった時でもすぐに現金を借りることができる『即日融資』というサービスがあります。 しかし即日融資に対応しているカードローン...

三井住友カードカードローンの審査はどのように行われる

考える女性

三井住友カード カードローンを利用するためには審査に通過する必要がありますが、審査はどのように進められていくのでしょうか。

ここからは三井住友カードカードローンの審査の基準や申し込み時に必要なものを解説していきます。

三井住友カード カードローンの審査基準

まずは審査基準として、三井住友カードカードローンの申し込み資格をチェックしていきましょう。

三井住友カードカードローンの公式サイトに記載がされている審査基準をチェックしていきましょう。

満20歳以上~69歳以下で安定収入のある方(学生は除く)

お申し込み後、審査がございます。
すでに弊社が発行するカード会員の方は、お持ちの弊社カードと本カードの合算でのご利用残高が、本カードの総利用枠を超えない範囲でご利用いただけます。
すでにカード発行タイプのカードローン会員の方は、お申し込みいただけません。

引用:三井住友カードカードローン-お申し込み対象

三井住友カードカードローンの審査基準のポイントとしては、大きく分けて二つに分かれます。

三井住友カード カードローン審査申し込みのポイント

  • 20歳以上~69歳以下であること
  • 安定収入があること

上記の申し込み資格は三井住友カードカードローンの最低限の審査基準といえます。

そのため上記のポイントをクリアしていない場合、審査に通過することは難しいでしょう。

学生は利用ができない

また申し込み資格にも記載がある通り、三井住友カードカードローンは学生での利用ができません。

満20歳を迎えていたとしてもそもそも申し込みができないため、どうしてもお金が必要な場合は学生でも利用可能な消費者金融の利用を検討しましょう。

安定した収入とは

審査申し込みの資格にも記載されている『安定した収入』とはどのような状態のことを指すのでしょうか。

『安定した収入』とは、『毎月一定の収入を得ている』という状態を指します。

例えば固定給の正社員の場合、毎月固定の収入を獲得しているため、審査担当者としても「融資後も返済のための収入がある」と判断され審査に通りやすくなるといえるでしょう。

三井住友カードカードローン審査時に必要なもの

三井住友カード カードローンの審査時には提出を求められる書類があります。

どのような書類を準備しておく必要があるでしょうか。

三井住友カードカードローンの審査申し込み時には、大きく分けて2種類の書類提出が必要となります。

  • 全員提出:本人確認書類
  • 担当者から指定された人、50万円以上の借り入れを希望する人:収入証明書類
書類内容
本人確認書類 現住所記載の本人確認書類のコピーを2種類提出

  • 運転免許証または経歴証明書)
  • パスポート(写真印刷面および最終ページの住所記載面)
  • 健康保険証(ご本人の氏名・生年月日・住所のページ)
  • 住民票または印鑑登録証明書(発行日より6ヵ月以内のもの)
  • 個人番号(マイナンバー)カード
年収証明書類 給与収入・年金受給の方
以下のいずれか1点のコピー(直近のもの)

  • 給与所得の源泉徴収票(公的年金などの源泉徴収票を除く)※1
  • 給与の支払明細書(直近2ヵ月分)※1
  • 確定申告書第一表(控え)(税務署の受領印があるもの)※2
  • 納税通知書(収入もしくは所得金額の記載があるもの)
  • 所得証明書(収入もしくは所得金額の記載があるもの)
  • 年金証書(年金額の記載があるもの)
  • 年金通知書(年金額の記載があるもの)

本人確認書類はもちろん、年収証明書類の提出対象となった方は、こちらも提出ができないと審査に通過することができません。

審査をスムーズに進めていくためにも、提出書類はあらかじめ手元に用意をするようにしておきましょう。

三井住友カードカードローンの審査の流れ

三井住友カードカードローン-審査の流れ

実際に三井住友カード カードローンの申し込みを行う場合、どのような流れで進められていくでしょうか。

ここからは審査申し込みから融資までの流れをご紹介していきます。

三井住友カード カードローンの審査の流れ

  1. WEBより申し込み
  2. 本人確認書類・年収証明書類などの提出
  3. 担当者による審査スタート
  4. ローンカードの発行手続き(両用タイプのお申し込みの場合)
  5. 初回振り込みサービス(最短当日)
  6. カードの受け取り(紙カードの受け取り)

三井住友カードカードローンの審査時間はどのくらい?

比べる女性

三井住友カード カードローンの申し込み時に気になるのが、審査時間ですよね。

申し込みを行うにあたり、審査時間はどのくらいかかるのかが気になるところです。

三井住友カード カードローンの場合、平日8:50~14:49までに申し込みを行った場合は、その日のうちに審査結果が判明する可能性が高いです。

上記以外の時間、もしくは土日に申し込みを行った場合、発行は最短3営業日となります。

仮に平日に規定時間内に申し込みを行ったとしても、審査内容に不備が生じていたり確認事項などがあると、通常よりも審査に時間がかかってしまうこともあります。

もし三井住友カードで即日融資の利用を検討している場合は、平日の午前中までに申し込みを完了させるなど、余裕をもって申し込みを行うように心がけましょう。

三井住友カードカードローンの審査をスムーズに進めるポイント

三井住友カード カードローンの審査に通るためには、いかに審査をスムーズに進められるかが成功のカギとなります。

申込内容に不備が生じていたり、確認事項などが多く生じていると、審査に時間がかかってしまう原因にもなりかねません。

ここでは少しでもスムーズに進めるためのポイントをひとつずつご紹介していきます。

三井住友カード カードローンの審査をスムーズに進めるポイント

  • 急いでいるときは少しでも早めに申し込む
  • 必要な書類は事前に用意しておく
  • 借入金額を少なめに申し込む

急いでいるときは少しでも早めに申し込む

即日融資を利用したい、

少しでも早く利用を開始したい

少しでも早く三井住友カードカードローンの利用を開始したい方は、できるだけ早めに申し込みをスタートさせるようにしましょう。

特に三井住友カードカードローンでの即日融資の場合、利用には平日の14:59までに申し込みを終わらせておく必要があります。

また上記の申し込み時間は即日融資を受けるための最低条件となっており、この時間内に申し込みを完了させれば確実に融資を受けられるものではありません。

申し込みが込み合っていたり、申込内容に不備が生じていると審査に時間がかかってしまい、翌営業日に持ち越されてしまうリスクがあります。

万が一時間がかかってしまっても、その日の申し込み時間内に完了させられるように早めに申し込みをスタートさせておくように心がけましょう。

必要な書類は事前に用意しておく

提出が必要な書類はあらかじめ用意をして審査申し込みをおこないましょう。

審査をスムーズに進めるためには、いかに審査の流れの各ステップの時間をショートカットできるかが成功への近道となります。

提出書類を求められてから書類を探し出す…なんてことをしてしまっていると、その探している時間さえもロスしてしまいかねません。

あらかじめ用意をしておき、審査申し込みに臨むようにしましょう。

借入金額を少なめに申し込む

申し込み時に、借入金額をできるだけ少なめにして申し込みを進めることも効果的なポイントです。

借入金額が高額になってしまうと、返済が滞ってしまうリスクが大きくなってしまうため、審査担当者としても慎重に進める必要があります。

またちょっとした要素で審査に落ちやすくなりかねません。

借入希望の金額を少額にすることで、毎月の返済額もそこまで高額にならないため、

三井住友カードカードローンの審査に落ちてしまう原因

パソコンの前で悩む女性-はてな

審査をスムーズに進めるポイントに気を付けても、審査落ちとなってしまうことはあります。

また審査に落ちてしまった原因は教えてもらうことができないため、原因がわからないまま他のローン審査に申し込みをしても、また審査に落ちてしまいかねません。

そこでここでは三井住友カード カードローンの審査に落ちてしまうよくある原因をまとめました。

事前にチェックをして先回りして審査対策に役立てたり、審査落ちの原因を探るために活用してください。

三井住友カードカードローンの審査落ちとなりやすい原因

  • 収入が安定していないと判断された
  • 信用情報に傷がついている
  • 申し込み時の情報にミスがあった
  • 希望金額はできるだけ最低限にする
  • 同時にほかのローンに申し込まない

収入が安定していないと判断された

審査申し込み資格にも記載がされているとおり、申込者本人の収入が安定していないと、審査基準を満たしていないため審査に通過できません。

審査落ちとなりやすいポイント

  • 歩合給で毎月の収入額に大きな差がある
  • アルバイトなどシフトによって収入額が大幅に変動してしまう

上記の通り収入額に変動が起きやすい人ほど審査時に不利になりやすいとされています。

また収入の安定性は、いくつかの項目を見て相対的に審査を行います。

そのため「アルバイトだから審査に通らない」「まだ新社会人だから審査に落ちてしまう」など、一つの要素だけで審査に落ちてしまうことはありません。

安定した収入とはどのように評価されるのか

収入情報の審査時にチェックされる各項目について、もう少し詳しくチェックしていきましょう。

雇用形態 正社員が最も安定しているとされる。契約社員、派遣社員、バイトでも問題がないがほかの情報をチェックしながら相対的に評価
収入形態 固定給が好まれる。歩合給など毎月の収入額に変動がある場合は、「返済困難」とされ審査落ちとなることも
勤続年数 勤続年数が長いほど安定していると評価される
業種・職種 公務員、安定している業界ほど評価が高いとされる。一方で毎月の収入の変動が大きい水商売などは安定性では低いと判断されやすい

最も重要なポイントとしては、正社員で固定給であるという点でしょう。

毎月固定の金額が振り込まれるため、返済が滞ることがなく安定していると評価されやすくなります。

信用情報に傷がついている

三井住友カードカードローンの審査時には、個人の信用情報もチェックがされます。

信用情報とこれまでのローンやクレジットカードなどの申し込み・利用の履歴が記録されているもので、ローンの審査時には申込者の信用度を審査するために照会がされます。

過去にローンやクレジットカードの利用の中で、利用料金や返済の滞納をしてしまった場合、状況によっては『金融事故』として扱われ、この信用情報に記載がされてしまうのです。

信用情報に事故情報として記録されてしまう事例

  • 61日以上(2か月以上)の延滞・滞納が起こした場合
  • 複数回にわたる遅延などで業者が判断した場合
  • 契約違反などを起こした
  • 自己破産などをした

一度事故情報として記載がされてしまうと、5年間は記録が残ってしまい、その間に新たなローンなどの申し込みをしても審査に通ることはありません。

それでもローンを利用したい場合は、今の事故状況を改善して、審査を柔軟に対応してくれる中小消費者金融などの利用を検討しましょう。

申し込み時の情報にミスがあった

審査申し込み時の入力ミスがあった場合も、審査に落ちかねません。

単純なミスであれば審査担当者から確認の連絡が入り、修正ができることもありますが、審査担当者からすれば提出された情報がすべてともいえます。

担当者が「審査に通るために虚偽の申告をした」と判断をしてしまうと、その時点で審査落ちの対象になってしまうのです。

特にカードローンは申込者の『信用度』もチェックしています

うそをつかず真面目に返済を進められる人物かどうか、また審査申し込み時に信用がない人物に信用して融資をすることはできませんよね。

ただの入力ミスで審査落ちとなってしまうのはもったいないため、特に最初の情報入力などは慎重に進めていくように心がけましょう。

希望金額はできるだけ最低限にする

審査に通りやすくするポイントでも上げていますが、三井住友カードカードローンでの借入希望額はできるだけ最低限にとどめるようにしましょう。

特に何も考えずに高額での希望を出してしまい、審査落ちとなってしまうのはもったいないです。

仮に今後大きな借り入れが必要になった際はそのタイミングで増額申請を行えばよいため、まずは審査に通りやすくするためにも、必要最低限にとどめるようにしましょう。

同時にほかのローンに申し込まない

万が一にでも三井住友カード カードローンの審査に落ちてしまった時のことを考慮し、他のローンにも申し込みをしておこうとするケースがありますが、これは危険な行動です。

複数のローンに申し込みをしてしまうと、審査担当者が貸しすぎ・借りすぎを防ぐために審査に落としてしまうことがあるのです。

他社のローンへの申し込みにより審査に落ちてしまうことを『申し込みブラック』と呼びます。

一度申し込みブラックとなってしまうと、半年間は新規のローン審査に通過できなくなってしまうのです。(審査担当者が、審査に通すことに躊躇してしまいます。)

カードローンの審査では特に「過剰な融資」となってしまわないように、貸金業法という法律に基づいて審査を行っています。

そのため、審査時に申込者へ貸しすぎとなってしまわないように審査に落とすようになっています。

申し込みブラックで三井住友カード カードローンの審査に落ちてしまわないように、カードローンの申し込みは1社ずつ行うようにしましょう。

三井住友カードカードローンの審査に関するFAQ

審査通過できるか並んでいる女性

ここからは、三井住友カード カードローンに寄せられたFAQをご紹介していきます。

三井住友カードカードローンは即日融資ができますか?

12/31~1/3を除く平日8:50~14:49までに申し込みを行った場合、即日振込の対象となります。

しかし時間ギリギリに申し込みを行ったり、申し込みが込み合っている、審査に問題が生じている場合は即日融資に間に合わない場合があるため、注意が必要です。

三井住友銀行カードローンとの違いは何ですか?

三井住友カード カードローンは、『三井住友カード株式会社』が提供するカードローンです。

対して三井住友銀行カードローンは、『株式会社三井住友銀行』が提供する銀行カードローンです。

信販会社が提供するカードローンと、銀行が提供するカードローンのため、審査時の法律なども異なります。

また三井住友カード カードローンは即日振込に対応していますが、三井住友銀行カードローンは最短でも翌営業日以降のお取引となるため、注意が必要です。

三井住友銀行カードローンの審査基準は銀行系では甘め!?審査通過のコツも紹介
「三井住友銀行カードローンでお金を借りたい」 残念ながらカードローンは「融資を受けたい」という願望のみで利用できるものではありません。 カードローンを利用するためには、「審査」を受けて、通過しないといけません。 審査で「属...

三井住友カード カードローンは総量規制外ですか?

三井住友カード カードローンは金融庁が定める『貸金業法』に基づいて融資を行っているため、総量規制の対象となります。

総量規制外のカードローンを利用したい場合は、銀行が提供しているカードローンに申し込みを行いましょう。

総量規制とは?総量規制対象外で即日融資に対応しているカードローンや審査の甘いカードローンはあるのか
銀行キャッシングも総量規制の対象外です。 総量規制とは、過去債務者が借り過ぎによる生活破綻を起こす人が現れたことによって生まれた法律です。 個人の持つ返済能力を超えないようにキャッシングを行うための法律で、年収の3分の1以上の借...

三井住友カードカードローン審査まとめ

今回は三井住友カード カードローンの商品の特徴や、審査について解説をしてまいりました。

即日融資に対応していながら、上限金利が15.0%(ATM・振込両用タイプ)と銀行カードローン並みの低金利で利用ができるお得なカードローンです。

今日中にお金を借りたい!だけど低金利でお得に利用したい…!

そんな方にはぴったりのカードローンといえるでしょう。

また審査に通過するためには、審査基準をしっかり把握しておき、審査落ちとなってしまうポイントをあらかじめ把握して回避することが大切です。

三井住友カードカードローンの審査落ちとなりやすい原因

  • 収入が安定していないと判断された
  • 信用情報に傷がついている
  • 申し込み時の情報にミスがあった
  • 希望金額はできるだけ最低限にする
  • 同時にほかのローンに申し込まない

しっかりと計画を立てたうえで、審査対策を行い、確実に審査通過を目指しましょう。

審査のゆるいカードローンは実在する!他社審査に落ちても諦めないで
この世にカードローンはごまんとあります。 カードローンといえば、追加融資を何度でも受けられる、即日融資に対応したところが多いなど、メリットが多いのでお馴染みです。 しかし、カードローンを利用するには審査をクリアしなくてはいけませ...
カードローンの審査で必要な書類って?一つでも欠ければ審査できません
病気や事故、生活費を考えずにどうしても欲しいものを欲望のままに購入してしまった…理由は何にせよ、急にまとまったお金が必要になる時ってありますよね。 まとまったお金が必要だけど、お金を貸してくれる人の宛てが無い場合にカードローンは非常に...