成人年齢引き下げで18歳からカードローンは作れるって本当?クレジットカードは親権者同意なしに作成できる?

成人年齢引き下げで18歳からカードローンは作れるって本当?消費者金融は? ライフ

「成人年齢引き下げでカードローンは18歳から使えるのかな…」
「民法改正でクレジットカードって作れるのかな…」

などなど、成人年齢引き下げによるカードローン・クレジットカードへの影響について気になる方もいますよね。

成人年齢が2022年4月から18歳になるため、なかには早く借入を受けたい方もいることでしょう。

今回はそんな方に向けて、成人年齢引き下げによるカードローン利用事情について詳しく解説していきます。

成人年齢引き下げによるカードローン利用での注意点も解説しますので、ぜひチェックしてくださいね!

目次

最短即日融資が可能な『アコム』
アコム
おすすめポイント
  • 3秒診断により借入可能かが即分かる!
  • はじめての方なら最大30日間無利息!
  • 24時間申込可!即日中の振込みも可能
※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
アコム審査申込みはこちらから

成人年齢は2022年から20歳→18歳へ引き下げ

民法改正により、2022年4月から成人年齢が20歳→18歳へと引き下げとなります。

18歳から大人の仲間入りとなり、さまざまなことがより早期にできるようになります。

親の同意なしで成人からできること

  • カードローンの契約
  • クレジットカードの作成
  • 携帯電話の契約
  • 生命保険の加入
  • 損害保険の加入
  • 賃貸を1人で借りる
  • 公認会計士の資格取得
  • 司法書士の資格取得
  • 10年間有効なパスポートの作成

このなかでも、最近特に注目されているのが、成人年齢引き下げによるカードローンの利用。

次章からは、このカードローン事情について詳しく掘り下げていきます。

成人年齢引き下げによるカードローンへの影響・動向

キャッシング-指を立てるスーツ姿の女性

2022年4月の成人年齢引き下げによる、カードローンへの影響や動向は以下の通りです。

成人年齢引き下げによるカードローンへの影響・動向

  • 20歳未満への貸付では収入状況を示す書類確認を求める
  • 大手銀行カードローンでは20歳以上で利用可能

①20歳未満への貸付では収入状況を示す書類確認を求める

日本貸金業協会と金融庁が各金融業者に対して、20歳未満の人に貸付をするときは、金額に関係なく収入状況を示す書類確認を実施するよう求めています。

仮に成人年齢が18歳で引き下がってカードローンに申し込めても、返済能力や金融リテラシーについてはまだまだ乏しいほう。

もちろんカードローンの利用には審査が必要ですが、特に20歳未満の利用となれば、返済能力が本当にあるのか厳重に確かめられると考えられますね。

ちなみに現状では、以下に該当する場合は収入証明書(源泉徴収票や確定申告書など)の提出が必要です。

  • 借入希望額が50万円を超えるとき
  • 借入希望額と他社借入額の合計が100万円を超えるとき

②大手銀行カードローンでは20歳以上で利用可能

カードローンにも種類があり、消費者金融の提供するカードローンや銀行の提供するカードローンなどがあります。

このうち銀行カードローン、特に大手が運営する銀行カードローンでは、これまでと変わらず20歳以上であることが利用条件の1つとなる方針です。

カードローンは無担保でカンタンに数百万円もの大金を借りられますし、返済能力を超える貸付で大きすぎる債務を負わないようにと、今の方針を維持しているんですよね。

いずれは大手銀行カードローンも成人年齢引き下げに合わせて18歳から利用できるかもしれませんが、しばらくは期待できないと捉えておきましょう。

成人年齢引き下げによるカードローン利用での注意点6つ

指をさす女性

成人年齢引き下げによって18歳からカードローンを使えますが、ここで押さえておきたい注意点があります。

成人年齢引き下げによるカードローン利用での注意点

  1. 信用力のなさで審査突破は難しい
  2. 親権者による契約取消は不可能
  3. 20歳未満での貸付を受けられない可能性が高い
  4. カードローンには利息がつきもの
  5. カードローンは借金であると自覚すること
  6. 悪徳業者の勧誘には要注意

①信用力のなさで審査突破は難しい

いざカードローンを使ってまとまったお金を借りようと思っても、利用時には「審査」が入りますからすぐには利用できません。

審査担当者が「この人はちゃんと返済できるのかな?信用できるかな?」とさまざまな情報をチェックし、審査結果次第で利用可否を判断されるんです。

この審査では「信用力」と「返済能力」のもとで判断されるのですが、社会人経験に乏しく返済に見合う収入がなければ、高確率で審査落ちとなります。

カードローンはアルバイト・パートのかたでも契約できますが、それだけで審査を突破できるわけでもないです。

18歳に成人年齢が引き下げられてカードローンを利用しやすくなっても、「審査」が待ち構えていると押さえておきましょう。

②親権者による契約取消は不可能

未成年者が親権者の同意なしで契約したとき、契約取消が原則可能。

未成年者は判断力が未熟な部分もありますし、民法の「未成年取消権」として詳しく明記されています。

第三節 行為能力
(未成年者の法律行為)

第五条 未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。
2 前項の規定に反する法律行為は、取り消すことができる。

(引用元ページ:e-GOV 民法

成人年齢が引き下げられれば早くから一人前の大人として扱われます。

親権者による契約で取り消しができなくなるため、こうした法律事情も押さえておきましょう。

③20歳未満での貸付を受けられない可能性が高い

日本貸金業協会の2022年4月以降の貸付方針に関する調査によると、一般顧客(学生以外・18歳~19歳)への貸付け予定について「貸付け対象とする」と回答した貸金業者は、全体の23.5%との結果になりました。

つまり約1/4に相当する貸金業者が、18歳~19歳への貸付け体制に入っているわけですね。

ですが反対に3/4は貸付けない可能性があるため、結局そこまで借り入れやすいか問われると難しいところです。

④カードローンには利息がつきもの

カードローンでお金を借りるときは「利息」といって、一定利率で利用料も支払わないといけません。

どのくらいの金額・期間で借りるかによって、それに応じた利息分が借入金に上乗せされるんです。

カードローンにはこうした利息がつくものですから、ただ借りても返済すればよいわけではない点も把握しておきましょう。

借りるが長引けばそのぶん利息が膨らみます。カードローン利用時には、計画的に返済を心がけましょう。

⑤カードローンは借金であると自覚すること

カードローンを別の言葉で言い換えれば「借金」に相当します。奨学金と同じで、借りたら返さないといけません。

なかにはカードローンを使っていて”大金が自分のものになる感覚”に陥りやすいですが、それは錯覚です。

必ず「カードローンは借金だ」との自覚をもったうえで、返済意識を忘れないようにしましょう。

⑥悪徳業者の勧誘には要注意

18歳・19歳で成人になれても、社会人に比べればまだまだ金融知識・リテラシーは浅いほうです。

なかには契約内容をしっかり理解できていないのに、悪徳業者・グループによる勧誘に乗ってしまう方も散見されます。

また先ほど触れた通り成人になれば、親権者による契約取り消しができなくなります。この点も踏まえ、成人になりたての人が悪徳業者のターゲットになりやすいんですよね。

こうした被害の相談件数を後を絶たず、政府広報オンラインでも下記の結果が出ています。

「18・19歳」「20~24歳」の年度別相談件数(平均値)

(引用元ページ:政府広報オンライン

上記グラフを見ると、2020年度の消費者トラブル相談件数のうち、20代前半の各年齢の平均は7,741件。

対して18歳・19歳の平均件数が4,820件ですから、成人なりたての人のほうが被害に遭いやすいとわかりますね。

成人年齢引き下げによるクレジットカードへの影響・動向

2022年4月の成人年齢引き下げによる、クレジットカードへの影響や動向は以下の通りです。

成人年齢引き下げによるカードローンへの影響・動向

18歳からクレジットカードを親権者同意なしで作成できる

18歳からクレジットカードを親権者同意なしで作成できる

これまででは18~20歳の人が未成年扱いだったため、クレジットカード新規申込では親の同意が必須でした。

2022年4月より成人年齢が引き下げられれば、クレジットカードを18歳から親権者の同意なしで作成できます。

ただしクレジットカード会社によっては、成年になっても親の同意が必要なケースもあります。

また18歳になっても高校生なときは、クレジットカードを作成できないケースもありますので注意しましょう。

成人年齢引き下げによるクレジットカード利用での注意点4つ

買い物‐女性

成人年齢引き下げを受けて、クレジットカードの利用に関して注意すべきことは以下の通りです。

成人年齢引き下げによるカードローン利用での注意点

  1. 審査に通らないとクレジットカードを使えない
  2. 親にはクレジットカードを持つことを伝えておいたほうが良い
  3. クレジットカードでのお金の流れを把握する
  4. クレジットカード利用代金の延滞

①審査に通らないとクレジットカードを使えない

カードローンだけでなく、クレジットカードでも利用時には審査をクリアしないといけません。

審査を突破して返済能力に問題がないと判断されないと、クレジットカードを持てないんです。

またクレジットカードを使って何か買うとなると、まずその代金はカード会社が支払います。

カード利用者がその代金を支払うまではカード会社から借金をしている状態ですから、ちゃんと返せない人にクレジットカードを使わせようとは考えませんよね。

②親にはクレジットカードを持つことを伝えておいたほうが良い

アルバイトでもしない限り、大抵の学生は無収入です。

このままではカード利用ができないため、申込時には現在のアルバイト収入に加えて親の年収額も記入します。

それにカード利用について何か問題が起きたときには親に連絡が入るため、トラブルにならないためにも”クレジットカードを持つこと”は親に伝えておくのが得策です。

③クレジットカードでのお金の流れを把握する

クレジットカードを持つと、今までの生活で持ってきた金額より大きな金額をカンタンに扱えてしまいます。

便利で魅力的なことではありますが、その反面「使いすぎ」が懸念されます。

またクレジットカードのなかには”キャッシング機能(お金を借りられる機能)”が付いたものもあるため、ATMからお金を下ろすくらいの手軽さでお金を借りられます。

より融通を利かせて気軽にお金を扱える反面、どうすれば収入・支出を適切に管理できるかも考えないといけませんね。

④クレジットカード利用代金の延滞

クレジットカードを使って支払いをすると、その翌月か翌々月に利用分の料金請求が届きます。

このとき、銀行口座での残高不足で引き落としが適切にできなかった場合、支払いを「延滞」したものとみなされます。

延滞したことは別の機関(信用情報機関)に登録され、しばらくの間はクレジットカードの新規作成ができなくなります。

延滞を起こさないためにも、口座や支払いのスケジュール管理も徹底しないといけませんね。

消費生活関係・契約関係でトラブルに巻き込まれたときの相談先を押さえよう

成人年齢が引き下げられようとも、成人なりたての人は金融商品に関してトラブルに巻き込まれやすいおそれがあります。

もし消費生活関係で何らかのトラブルに巻き込まれた時は、遠慮せず「消費者ホットライン」に相談してみましょう。

なお相談料はかからず、必要に応じて最寄りの消費生活相談窓口へ案内してくれますよ。

カードローン利用を含めた消費生活関係のトラブルについてアドバイス・あっせんをしてくれるため、ぜひ覚えておいてくださいね。

電話で「188(いやや)」と入力すると、消費者ホットラインにつながりますよ!

18歳から利用できる!おすすめ消費者金融系カードローン2選

大抵のカードローンでは利用条件に「満20歳から利用可能」と決められているケースがほとんどです。

4月から成人年齢が18歳に下がっても、結局は20歳にならなければ利用できません…。

ですが一部カードローンでは、満18歳からでも利用できる商品があります。具体的には以下の通りです。

■おすすめの消費者金融系カードローン

サービス名 金利 利用限度額 融資時間 申込方法 借入方法
①アコム
アコム-ロゴ
3.0%~18.0% 1万円~800万円 最短即日 Web・電話・店舗・郵送・無人店舗 振込、提携ATM、アコムATM、店頭窓口
②プロミス
プロミス-ロゴ
4.5%~17.8% 1万円~500万円 最短即日 Web・電話・店舗・郵送・自動契約機 振込、提携ATM、プロミスATM、プロミスコール(電話)、店頭窓口

1つずつ見ていきましょう!

①アコム

アコムバナー-300×250

金利 3.0%~18.0%
利用限度額 1万円~800万円
融資時間 最短即日
申込方法 Web・電話・店舗・郵送・無人店舗
借入方法 振込、提携ATM、アコムATM、店頭窓口

アコムは高校生を除いた18歳以上の方が利用でき、いま特におすすめしたい消費者金融系カードローンです。

Web申込だと最短即日融資ができるため、お急ぎの方におすすめ。

しかも初回利用で最大30日間利息0円になるため、返済計画を立てやすいカードローンともいえますね。

\はじめてなら最大30日間利息ゼロ円/

②プロミス

プロミス

金利 4.5%~17.8%
利用限度額 1万円~500万円
融資時間 最短即日
申込方法 Web・電話・店舗・郵送・自動契約機
借入方法 振込、提携ATM、プロミスATM、プロミスコール(電話)、店頭窓口

プロミスでも安定収入があれば、高校生を除いて18歳からでも申込できます。

アコムと同様にWeb申込なら最短即日融資ができ、最寄りのATMでスムーズに借入可能。

Web申込だと最短30分で借入できますから、まずはお気軽に申し込んでみてくださいね。

\WEBなら最短30分で借り入れ可能!/

まとめ~成人年齢引き下げでのカードローン利用には注意~

今回は成人年齢引き下げによる、カードローンの利用について広く解説してきました。

20歳から18歳へ引き下げられることで、これから金融トラブルが増加する恐れもありますし、何より適切な利用を心がけましょう。

また、そこまで大金が必要でないならば、無理にカードローンに頼る必要もありません。

リスク面も考慮したうえで、適切な借入方法を選んでくださいね。