プロミスATMの営業時間・返済方法・場所は?提携コンビニも紹介

プロミス

「プロミスATMの営業時間は何時から何時まで?」
「プロミスのATMでの返済方法は?」

などなどプロミスのATMについて気になる方もいますよね。

そんな方に向けて、今回は以下をご紹介・解説します。

プロミスの即日融資は20時がタイムリミット!今日お金を借りるための方法【プロミス 比較案内所】
「どうしても今日お金が借りたい」 「プロミスから即日融資が受けたいが可能なのか」 大手消費者金融のプロミスは、即日融資にも対応しているカードローンです。 ただしプロミスで即日融資を受けたいのであれば、審査の対応時間内に審査申し...
プロミスの審査に落ちる人の原因は?審査時間はどのくらいかかるのか徹底解説
大手消費者金融のプロミスは、即日融資にも対応しており、今日お金が必要になったときの強い味方です。しかし融資を受けるためには、プロミスが行う審査に通過しなくてはなりません。プロミスの審査はどのように進められていくのでしょうか?また審査の難易度
最短即日融資が可能な『プロミス』
プロミス
おすすめポイント
  • Web申込なら最短30分融資も可能
  • 公式「アプリローン」でバレずに借りれる!
  • 郵送物なし!全て手続きをWeb申込みで完結可能
実質年率
4.5%〜17.8%
限度額
500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短30分
プロミスの審査申込みはこちらから

プロミスのATMの営業時間は?

女性のはてな

プロミスのATMの営業時間は、以下の通りです。

プロミスのATMの種類 営業時間 備考
プロミス自社ATMコーナー 7:00~24:00 ATMによって営業時間・休日が異なる
銀行ATM
(プロミス提携)
9:00~21:00 営業時間は店舗で異なる
コンビニATM
(プロミス提携)
24時間営業 月曜0:00~7:00は使用できない

プロミス自社ATMコーナー

プロミス自社のATMコーナーだと、カードを持っていなくても利用できます。もちろんカードを持っていても利用可能。

営業時間は7:00~24:00と、早朝から深夜まで対応してくれますよ。

なおATMごとで営業時間・休日が異なるため注意してくださいね。

銀行ATM(プロミス提携)

三井住友銀行やゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行など、銀行ATMなら9:00~21:00までの対応。

プロミス自社のATMコーナーに比べると、営業時間がやや短い点には注意してください。

コンビニATM(プロミス提携)

コンビニATMなら24時間営業のため、営業時間について気にすることありません。

ただし月曜日の0:00~7:00はメンテナンスが入るため、その点には注意してください。

プロミスのATMでの返済方法は?

パソコンの前で悩む女性-はてな

ではプロミスのATMを使ったとき、どう返済すればいいのか。ATMの種類別で解説していきます。

プロミス自社ATMコーナーでの返済方法

プロミスカードがある場合、ない場合で解説します。

<プロミスカードがある場合の返済方法>

  1. プロミスカードATMに入れる
  2. 「ご返済」を選択
  3. 返済金額の入力・内容確認
  4. ATMの返済金(現金)を入れる
  5. 明細書を受け取る
    ー完了ー

<プロミスカードがない場合の返済方法>

  1. ATMにて「カードなし」を選択
  2. 氏名・生年月日・電話番号・暗証番号を入力
  3. 返済金額の入力・内容確認
  4. ATMの返済金(現金)を入れる
  5. 明細書を受け取る
    ー完了ー

銀行ATM(プロミス提携)での返済方法

銀行ATMの場合の返済方法は以下の通りです。

<銀行ATM(プロミス提携)での返済方法>

  1. ATMにプロミスカード入れる
  2. 「ご返済」を選択
  3. 返済金額の入力・内容確認
  4. ATMの返済金(現金)を入れる
  5. 明細書を受け取る
    ー完了ー

なお使用するATMによっては、明細書が郵送されるケースもあります。

また、先ほどのプロミス自社ATMコーナーの場合とは違って、プロミスカードが必要な点には注意してくださいね。

コンビニATM(プロミス提携)での返済方法

コンビニATMの場合の返済方法は以下の通りです。

<コンビニATM(プロミス提携)での返済方法>

  1. ATMにプロミスカード入れる
  2. 「ご返済」を選択
  3. 返済金額の入力・内容確認
  4. ATMの返済金(現金)を入れる
  5. 明細書を受け取る
    ー完了ー

流れは銀行ATMと同じですが、コンビニだと月曜日を除いて24時間対応してくれますよ。

マルチメディア端末(Famiポート)での返済方法

ファミリーマートをには、Famiポートというマルチメディア端末が用意されています。

このFamiポートを使ってプロミスでの返済もできるんです。

<マルチメディア端末(Famiポート)での返済方法>

  1. 金融サービス「借入金のご返済」を選択
  2. 「プロミス」を選択
  3. Famiポートにプロミスカードを入れる
  4. 返済金額・暗証番号の入力
  5. 出てきた「申込券」を持ってレジで支払いを済ませる
  6. お客様控えを受け取る
    ー完了ー

プロミスのATMの設置場所はどこ?

難しいことを考える女子

お近くのプロミス店舗・ATMを探したいときは、プロミスが公式で出している「店舗・ATM一覧」のページを活用しましょう。

全国のプロミス店舗・ATMを掲載していますから、ぜひチェックしてみてくださいね。

なお利用方法は以下の通りです。

<「店舗・ATM一覧」のページの利用方法>

  1. 都道府県を選択
  2. 市区町村を選択
  3. 利用したいプロミス自社ATMコーナーをタップ
    ー完了ー

プロミスのATMの提携コンビニは?手数料はどれくらい?

コンビニにいる女性

プロミスではさまざまなコンビニと提携しています。具体的な以下の通りです。

  • セブンイレブン(セブン銀行)
  • ローソン(ローソンATM)
  • ファミリーマート(E-net)
  • サークルKサンクス
  • スリーエフ
  • デイリーヤマザキ
  • ミニストップ
  • ニューデイズ
  • コミュニティストア
  • 生活彩家
  • セーブオン
  • ポプラ
  • セイコーマート

このように全国のコンビニと提携しているので、利用に困ることはないでしょう。

コンビニATMは24時間365日稼働しているので、深夜にお金が必要になった場合などはコンビニATMを利用することになりますね。

プロミスのATMの手数料

コンビニATMも銀行ATMと同様の手数料がかかります。

取引額 借入時 返済時
1万円以下 110円 110円
1万円超 220円 220円

借入時も返済時も手数料が発生するので、利用時は注意しましょう。

プロミスの手数料を節約するには?

ATM手数料を節約する方法は、以下の通りです。

<ATM手数料を節約する方法>

  • 口座振替で返済する
  • コンビニのマルチメディア端末を利用する

口座振替で返済する

ATMを節約するための方法として、もっとも有効なのは口座振替で返済をおこなうことです。

プロミスはメガバンクや地方銀行など多くの銀行と提携しており、口座振替による返済が可能です。

口座振替であれば返済手数料もかかりませんし、毎月決まった日にお金が引き落とされるので、返済を忘れることもありません。

返済を忘れることがないということは、遅延損害金が発生するリスクも少ないということ。

返済日に返済できなかったときに発生する遅延損害金は、1日単位で発生するので、できれば支払いたくないところ。

返済方法を口座振替にするだけで、それも防げますのでオススメです。

コンビニのマルチメディア端末を利用する

ただしどうしてもコンビニを使って、返済しなければならないということもあるかもしれません。

そういうときは、コンビニのマルチメディア端末を利用した返済をしましょう。

あまり知られていませんが、ローソンのLoppiとファミリーマートのFamiポートから、プロミスの返済ができます。

このマルチメディア端末を通じた返済は、24時間365日可能で返済手数料もかかりません。

使い方はとても簡単なので、コンビニATMから返済をするのであれば、マルチメディア端末を利用した返済の方をオススメします。

銀行ATMなら三井住友銀行だと手数料無料!

キャッシング-指を立てるスーツ姿の女性

提携ATMを利用すると、通常なら手数料がかかってしまいます。

110~220円かかり、積もっていけばかなりの金額にもなります。

ですが銀行ATMのうち、なんと三井住友銀行ATMだけは例外的に手数料がかかりません。

もし銀行ATMを使って手数料を抑えたいときは、ぜひ三井住友銀行のATMを使ってみてくださいね。

まとめ~自分に合ったプロミスATMを使おう~

今回は、プロミスATMの営業時間、返済方法、設置場所、提携コンビニ・手数料を中心に解説してきました。

プロミスだと提携ATMがかなり豊富ですから、お金を借りやすくて返しやすいのが魅力。

返済の仕方も複数ありますから、ご自身に合った最適な方法で返済してくださいね。