審査に通りやすいおまとめローン一覧!審査対策のコツや商品を選ぶポイントも解説

審査に通りやすいおまとめローンはこれだ! おまとめローン

契約しているカードローンが多くなってきて、返済が難しい…

利息だけですごい金額になってしまい大変なことに…少しでもまとめることはできないの?

そんな時はおまとめローンがおすすめ!

おまとめローンは、複数のローンを一つにまとめることができる商品です。

おまとめローンを利用することで、毎月各社に払っていた利息が一つにまとめることができる他、返済先がおまとめローンだけになります。

しかし複数の債務をまとめることから、契約金額が高額になり、審査も厳しいとされているのです。

今回は、ローンをまとめたいと考えている人でも利用しやすいように、審査に通りやすいおまとめローンをご紹介していきます。

目次

最短即日融資が可能な『プロミス』
プロミス
おすすめポイント
  • Web申込なら最短30分融資も可能
  • 公式「アプリローン」でバレずに借りれる!
  • 郵送物なし!全て手続きをWeb申込みで完結可能
実質年率
4.5%〜17.8%
限度額
500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短30分
プロミスの審査申込みはこちらから

おまとめローン審査に通りやすい商品ランキング!

審査に通りやすいおまとめローンのランキングを紹介していきます。

おまとめローン審査に通りやすい商品ランキング!

  1. 三菱UFJ銀行『バンクイック』
  2. みずほ銀行カードローン
  3. 三井住友カード カードローン
  4. 楽天銀行スーパーローン
  5. アイフルおまとめMAX
  6. セブン銀行カードローン
  7. アコム『貸金業法に基づく借換え専用ローン』
  8. 三井住友銀行カードローン
  9. 横浜銀行カードローン

1社ずつおすすめのポイントなども併せて解説をしていきます。

※ランキングは当サイトでのおすすめ順です

1位:三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』

金利 1.8%~14.6%
利用限度額 10万円以上~500万円以内(10万単位)
融資時間 最短翌営業日
申し込み方法 Web・来店・電話・郵送・FAX
借り入れ方法 ATM・お振り込み
必要書類 運転免許証or顔写真付き身分証明書or保険証+住民票

三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』は、おまとめローンとしても利用が可能です。

おまとめローンの中でも審査に通りやすいと評判が高く、人気の商品です。

バンクイックのおすすめポイント

  • 金利が低く、お得に借り入れを利用できる
  • 三菱UFJ銀行の商品のため安心感が強い
  • 返済期日の3営業日前にリマインドメールでお知らせ

カードローンの金利は、借入金額に応じて金利が変動する仕組みになっています。

借入金額が高くなるほどに金利が安くなっていきますが、たいていの場合は上限での金利が適用されることが多いとされています。

しかしバンクイックでは上限金利が14.6%となっています。消費者金融などは上限金利が18%となっていることが多いため、いかにバンクイックがお得に借りられるかがわかるでしょう。

また銀行カードローンながら審査スピードがが速いと評判なのも魅力の一つでしょう。

バンクイックの審査はこちらの記事でも解説

2位:みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

金利 2.0%~14.0%
利用限度額 10万円~800万円(専業主婦は50万円まで)
融資時間 最短翌営業日
申し込み方法 WEB
借り入れ方法 みずほダイレクト・ATM
必要書類 運転免許証・運転経歴証明書・パスポート・各種健康保険証など

みずほ銀行カードローンのおすすめポイント

  • メガバンクのため安心感は抜群
  • WEB完結申し込みOK!来店不要で登録可能
  • ローン利用で「嬉しい特典」の最高ステージを利用できる

みずほ銀行カードローンも、審査に通りやすいおまとめローンと言えます。

特にみずほ銀行カードローンは、みずほユーザーは嬉しい+審査に通りやすくなるポイントが充実しています。

みずほ銀行カードローンの利用で「嬉しい特典」の最高ステージとなります。特典としては下記のようなものが揃っています。

  • みずほ銀行やイオン銀行ATM時間外手数料0円
  • みずほダイレクトご利用時のみずほ銀行本支店宛振込手数料0円
  • みずほダイレクトご利用時の他行宛振込手数料が月3回まで0円

また一般的に銀行カードローンでは、系列のサービスを利用や、その銀行で給与受け取りをしていると審査に通りやすくなる傾向にあります。

すでにみずほの他のサービスやローンを利用しているのであれば、みずほ銀行カードローンの利用がおススメでしょう。

>>みずほ銀行カードローンの審査はこちらの記事でも解説

3位:三井住友カード カードローン

三井住友カードカードローン

金利 1.5%~14.4%
利用限度額 900万円
融資時間 最短即日振込
申し込み方法 WEB
借り入れ方法 ATM・口座振込
必要書類 運転免許証または経歴証明書・パスポート・健康保険証・住民票・マイナンバーカード

審査に通りやすいおまとめローン、次におすすめの商品は三井住友カードのカードローンです。

三井住友カード カードローンのおすすめポイント

  • 最短即日振込も可能
  • 信販会社ながら低金利で利用できる
  • カード発行の有無で金利が変動
  • 利用年数を重ねるごとにお得に利用できる

信販会社の三井住友カードが提供しているカードローンで、最短即日での利用が可能です。

三井住友カード カードローンの特徴としては、信販会社ながら低金利で利用できる点です。

通常銀行系のカードローンは平均14%~15%程度、消費者金融や信販会社では、18%~20%の金利が設定されていることが多い傾向にあります。

しかし三井住友カード カードローンでは、銀行カードローン並みの低金利で利用が可能です。おまとめローンとして借り換える時もお得に利用できるでしょう。

また三井住友カードでは、利用年数ごとに金利が下がる特典もあります。

高額での利用となり返済期間が長くなりがちなおまとめローンとして利用した場合、年々金利が下がっていくのも嬉しいポイントですね。

 

4位:アイフルおまとめMAX

金利 3.0%~17.5%(実質年率)
利用限度額 1万円~800万円
融資時間 最短即日
申し込み方法 WEB
借り入れ方法
必要書類 顔写真付きの本人確認書類、もしくは指定の書類から3点提出

大手消費者金融のアイフルが提供する「アイフルおまとめMAX」もおすすめのおまとめローンです。

  • WEB完結で郵送物を無しに!周りに内緒で利用できる
  • 消費者金融系のため審査基準は甘め
  • 債務状況を整理したい人にピッタリ

アイフルの「おまとめMAX」は、おまとめローン専用の商品です。アイフルや他社のローンなど複数の債務に困っている時に一つにまとめることが可能です。

また一般的に審査の通りやすさには、商品の金利が関係していると言われています。

金利が高いほど審査に通りやすく、また銀行カードローンのような低金利で利用できる商品は金利が低い分、しっかりと審査を行う必要があります

そのため審査難易度が高めの傾向にあると言われているのです。金利が若干高くてもまとめることを重視したい人には、アイフルの「おまとめMAX」の利用がおススメでしょう。

またアイフルのおまとめローンの場合、一度契約をすると返済が終わるまでは追加で借り入れを利用することができません。

返済に集中をしたい!という人にもおすすめの商品です。

※リンク先はアイフルの申し込みとなります

5位:楽天銀行スーパーローン

楽天銀行カードローン

金利 1.9%~14.5%
利用限度額 ~800万円
融資時間 最短翌営業日
申し込み方法 WEB
借り入れ方法 振込
必要書類 運転免許証or顔写真付き身分証明書or保険証+住民票

楽天銀行スーパーローン(カードローン)も、おまとめローンとして利用ができるカードローンです。

楽天銀行は銀行系のカードローンの中でもお得に利用できる特典が充実しています。

  • 楽天会員の審査ランクに応じて審査優遇の特典アリ
  • 利用時には楽天ポイントの還元も
  • 申し込み時期によっては、金利半額のサービスも

このように楽天会員であると、お得な特典が充実しています。

おまとめローンとして利用を行い、ローンを整理しつつお得な特典を利用しましょう。

>>楽天銀行カードローンの審査はこちらの記事でもチェック

6位:セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローン-760-447

金利 14.0~15.0%
利用限度額 10万~100万円
融資時間 最短2営業日
申し込み方法 WEB・アプリ
借り入れ方法 ATM・ダイレクトバンキングサービス
必要書類 運転免許証orマイナンバーカード、各種健康保険証、住民票など

セブン銀行カードローンおススメポイント

  • アプリ利用でカードが届く前に借り入れ・返済が可能
  • セブン銀行のATM利用なら借入・返済手数料が無料
  • 原則職場に電話連絡が入らない
  • 専業主婦でも利用可能で審査に通りやすい

セブン銀行カードローンもおまとめローンとして利用しやすい商品です。

アプリで手続きができたり、セブン銀行のATM利用なら手数料がかからないなど、利用していく中でお得に活用できるサービスが充実しています。

またセブン銀行カードローンでは、専業主婦でも申し込みが可能です。

審査申し込みの条件に入りにくい専業主婦にも対応しているカードローンは、審査難易度がそこまで高くない傾向にあります。

おまとめローンとしても利用のしやすい商品と言えるでしょう。

しかし1点デメリットとして、セブン銀行カードローンの利用時には口座の開設が必要になります。

申し込み時に口座開設から行う場合、審査結果がわかるまでに時間を要するため、お急ぎの際には注意が必要でしょう。

セブン銀行カードローンの審査に落ちる原因は?審査基準などを徹底解説
セブン銀行カードローンはセブン銀行が提供しているカードローンで、全国のセブンイレブンで24時間いつでも借り入れをすることができるサービスです。 借入額も初回利用時は10万円・30万円・50万円のいずれか、金利は年15%もしくは14%と...

7位:アコム『貸金業法に基づく借換え専用ローン』

アコムバナー-300×250

金利 7.7%~18.0%
利用限度額 1万円~300万円
融資時間 最短即日
申し込み方法 電話・WEB
借り入れ方法 利用者に案内
必要書類 身分証・収入証明書類など

大手消費者金融のアコムが提供しているおまとめローン、『貸金業法に基づく借換え専用ローン』もおすすめの商品です。

消費者金融系のカードローンであること、また金利も銀行系と比較して高めであるため、審査の通りやすさは抜群です。

アコムのおまとめローンってどうなの?審査は厳しいの?
消費者金融数社からキャッシングをしている場合、毎月の利息の支払いが大きな負担としてのしかかってきます。 そのような時には、自力で各社の借入を返済するのも一つの方法ですが、おまとめローンで借金を一つにまとめることをおすすめします。 ...

8位:三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

金利 4.0~14.5%
利用限度額 10万~800万円
融資時間 最短翌営業日
申し込み方法 WEB・来店・郵送・電話・FAX
借り入れ方法 ATM・SMBCダイレクト(振込)
必要書類 運転免許証・個人番号カード・パスポートなど

三井住友銀行カードローンもおススメの商品です。おまとめローンとしても利用できます。

三井住友銀行カードローンもメガバンクのカードローンの一つ。また審査のスピードも比較的に早い傾向にあります。

また三井住友銀行のキャッシュカードを持っている人は、そのままキャッシュカードをローンカードとして利用も可能です。

三井住友銀行カードローンの審査基準は銀行系では甘め!?審査通過のコツも紹介
「三井住友銀行カードローンでお金を借りたい」 残念ながらカードローンは「融資を受けたい」という願望のみで利用できるものではありません。 カードローンを利用するためには、「審査」を受けて、通過しないといけません。 審査で「属...

9位:横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン-

金利 1.5%~14.6%
利用限度額 10万円~1000万円
融資時間 最短翌日
申し込み方法 WEB・電話・郵送・FAX
借り入れ方法 ATM・インターネットバンキング
必要書類 本人確認書類

横浜銀行カードローンもおまとめローンとしての利用におすすめのカードローンです。

地方銀行ながら審査もスムーズに進むと評判のカードローンとして人気を集めています。

しかし横浜銀行カードローンの場合、利用できる地域は下記のエリアに限定されています。

  • 神奈川県内全域
  • 東京都全域
  • 群馬県前橋市・高崎市・桐生市
横浜銀行カードローンの審査は通りやすい?気になる審査基準を徹底解説
横浜銀行カードローンでお金を借りるうえで「審査」は避けられません。 審査では「属性」や「信用情報」などから申請者の返済能力を判断します。 返済能力があると判断されれば、無事融資開始となりカードローンを使用することができます。 ...

おまとめローンの審査に通りやすくするための方法

おまとめローンに通りやすくするポイント

審査に通りやすいおまとめローンを選んで利用することも大切ですが、より審査に通りやすくするためには、コツを押さえて申し込むことも重要です。

ここではより審査通過率を上げるために、審査申し込み時に押さえておきたいポイントを紹介していきます。

  • 同時に複数の商品に申し込まない
  • おまとめ目的での利用であることを伝える
  • 申し込み時の虚偽申告は絶対NG!ミスにも注意
  • 少しでも返済を進めておく

同時に複数の商品に申し込まない

おまとめローンの利用時には複数のローンを同時に申し込むのはやめましょう。

複数の商品への申し込みをしてしまうと、申し込みブラックとなり、全てのローンの審査に落ちてしまいます。

申し込みブラックとなってしまうと、6カ月間はブラック状態となってしまい、その後の審査に通過することができなくなってしまうのです。

カードローンの場合、総量規制を超えて融資を行ってしまうと、貸金業法という法律に違反してしまいます。

そのため複数の申し込みが確認できた時点で、審査落ちの対象となってしまうのです。

銀行系のカードローンは総量規制の対象外にはなりますが、複数の商品に申し込みがされてしまっているケースも、審査担当者にとってリスクのある客となってしまいます。

おまとめ目的での利用であることを伝える

今回ご紹介している審査に通りやすいおまとめローンの審査申し込み時には、利用用途にて「おまとめ目的である」ことを伝えましょう。

今回ご紹介している審査に通りやすいおまとめローンの多くは、通常のカードローンタイプのものが多いです。

そのため審査申し込み時に他社借入が多い状態での申し込みとなり「この申し込み者に融資をしても、他社の返済に追われて返済が滞ってしまうのではないか」と判断されてしまいます。

申し込み時には、しっかりと「おまとめ目的での利用である」ということを伝えるようにしましょう。

申し込み時の虚偽申告は絶対NG!ミスにも注意

おまとめローンの審査に通過したいからと、嘘の情報を申告することは絶対にやめましょう。

ローンの審査では、申し込み者の返済能力や信用性などを元に審査が行われます。

特におまとめローンのような高額での利用となる場合、その金額を融資しても大丈夫かという信用性が重視されます。

そこで虚偽の申告を行った場合、その時点で信用度が低いと判断されてしまい、審査に落ちる原因になってしまうのです。

審査に通りやすくするためにも、事実とは異なる情報を申告する人もいますが、審査時には確実にバレます。虚偽の申告をするのは絶対にやめましょう。

入力ミスにも注意

申し込み時には入力ミスにも気を付けましょう。

審査申し込み情報に入力ミスが散見されると、審査時の確認に時間がかかってしまいます。

また入力ミスであると判断されればまだ良いですが、虚偽の申告をしたと判断されてしまうとその時点で審査落ちの対象となってしまうのです。

申し込み情報の入力ミスで審査落ちとなってしまうのは大変もったいないです。

おまとめローンの審査に確実に通過するためにも、特に最初の入力項目は慎重に進めていくように心がけましょう。

少しでも返済を進めておく

おまとめローンの審査申し込み前に、少額でも返済を進めておきましょう。

審査申し込み時には、返済額や借入件数が少ないことに越したことはありません。

そのためトータルの返済額を減らしておく・先に完済できそうなローンは完済してしまうなど、とにかく件数を減らしておきましょう。

審査に通りやすい・甘いおまとめローンは実際には存在しない

難しいことを考える女子

審査に通りやすいおまとめローンや、審査に通りやすくするためのコツをご紹介してまいりました。

しかし厳密には、審査に通りやすい・審査の甘いおまとめローンは存在しません。

「審査甘い」と表記することができない

おまとめローンは、貸金業法という法律に基づいて提供がされています。

この貸金業法では、融資を行うのに適切な人物であるかをチェックする必要があります。

そのため「審査の通りやすい」「審査甘い」などと自社で宣伝を打つ業者は存在しません。

もちろん商品の中でも審査の難易度が異なってくるため『比較的に審査に通りやすいおまとめローン』は存在します。しかし『誰でも審査に通過できるような審査がないおまとめローン』というのは厳密には存在しないため、注意が必要でしょう。

おまとめローンの審査難易度はどれくらい?

パソコンの前で悩む女性

ここからは、おまとめローン審査についての考察もしていきたいと思います。

おまとめローン審査の内情について理解できていれば、あなたがおまとめローン審査をクリアすることができる確率もグッと高くなるからです。

というよりそもそも、おまとめローン審査についてしっかり理解してないと、審査通過のための対策を考えることもできませんよね。

基本的なキャッシング審査と内容、難易度は変わらない

わざわざ今回は「おまとめローン審査」として区切っていますが、基本的には他のキャッシング審査と大差ありません。

見られる部分見られる条件、その他審査の基礎となる部分は、カードローン審査と比べても大枠変わらないというのが実際のところです。

収入、勤務先など、生活に関する「属性」の審査、そして過去のキャッシング、現在の借入れなどがみられる信用情報の審査などが、両面から審査されます。

そしてどちらもクリアしてはじめて、おまとめローン審査通過となるのです。

「いずれか片方」ではいけません。

おまとめローン専用商品は多重債務者にも優しい

おまとめローン審査の目立った特徴としては、現在多重債務を抱えている方への審査が優しいということでしょう。

おまとめローンを利用するのは、すでにキャッシングを何件か利用している人ですから、多重債務者への審査が甘くなるのは当然と言えば当然です。

ですから「自分は借入件数が多いから」という理由で、おまとめローン審査に卑屈になる必要はとりあえずないということです。

借入件数が多いという理由だけでは、おまとめローン審査に落ちることはないのです。

信用情報がブラックだと審査通過は難しい

おまとめローン審査でもやはり重要視されるのは「信用情報」です。

信用情報には、個人が過去利用したキャッシングから、現在申し込んでいるキャッシング、借入れている件数から借入れている金額などすべて残ります。

そしてそれらの情報で不利になればなるほど、おまとめローン審査に落ちやすくなります。

おまとめローン審査で落ちたくないなら当然ですが、信用情報をなるべくクリーンに保っておくことも大切です。

必要なら、腫瘍3つの信用情報機関に対して、自分の信用情報を開示する請求を出してください。

審査に通りやすいおまとめローンを選ぶときのポイントは?

流れを解説する女性

すでに利用している金融機関のおまとめローン

すでにキャッシングを利用している業者がおまとめローンを運営しているとしたら、そこのおまとめローン審査には通りやすいです。

その審査に通りやすい理由はなにか?

すぐにいくつかその理由が思いつきます。

  1. 一度その金融機関のキャッシング審査に通った実績がある
  2. その金融機関でキャッシングを利用した実績がある
  3. 金融機関としては他社の利益を自社でまとめたいと思っている

などです。

現在進行系で利用しているカードローン、キャッシングの運営元が、おまとめローンを運営してないか一度調べてみましょう。

おまとめローン専用のおまとめローン

おまとめローンとは、キャッシングを一本にまとめるためのローンを指します。

そしてそのおまとめローンは、通常のカードローンをキャッシング一本化のために使う場合と、キャッシング一本化専用のローンが存在します。

カードローンも借入れ用途が基本的に自由なので、キャッシングの一本化が可能なのですが、ここでも問題は審査です。

おまとめローン専用ではなく通常のカードローンなら、当然審査基準は通常のカードローン審査基準なので、キャッシングを何件も利用している多重債務者は不利です。

その点おまとめローン専用商品なら、顧客が「すでにキャッシングを何件も借りている人」ですから、カードローンで一本化するより審査が甘くなるというわけです。

キャッシング審査は当然のことながら、多くの借入件数を抱えている人は不利になっていくものなのです。

住宅ローンでおまとめローン

借入額が大きい住宅ローンをおまとめローンとして利用することも可能です。

住宅ローンの審査基準は一般的な消費者金融などのキャッシング審査とは異なり、担保に出す物件価値や勤務状況などが大きく関わってくるものです。

自分の担保に出せる物件などに心当たりがあって、住宅ローン審査に通る自信がある方ならぜひ、住宅ローンでおまとめローンも一度検討してみてください。

⇒住宅ローンをおまとめローンとして使う最後の手段!

中小消費者金融のおまとめローン

大手消費者金融や銀行のおまとめローンだけでなく、俗に言う街金、中小消費者金融もおまとめローンを運営しています。

御存知の通り中小消費者金融のキャッシングは大手消費者金融のキャッシングより審査基準が優しく設定されています。

そうした、基本的に審査の甘い中小消費者金融が運営するおまとめローンなら、多くの方にとって審査に通りやすいおまとめローンということになるのです。

金利の設定など、借入れに関するサービス面では大手に劣るものの、審査の通りやすあでおまとめローンを選ぶなら中小消費者金融のおまとめローンも選択肢に入れるべきでしょう。

具体的にどの中小消費者金融のおまとめローンが使いやすいか?

また後ほど紹介します。

おまとめローンに困っているなら詐欺にも気をつける

OKサインをする女性

おまとめローンを利用しようとしている人は、100%現在キャッシング返済のことで悩んでいるはずです。

そして世の中には一定数、困っている人に対して詐欺など悪いことをしてお金などをだまし取ろうとする人が存在するもの。

おまとめローン審査で悩んでいる方は、そうした「おまとめローン」を騙る詐欺に気をつけてください。

おまとめローンを組むといって手数料だけ騙し取る、申し込み前より借金額が増えたなど、詐欺にあった被害報告は後を絶ちません。

借金地獄で悩むならおまとめローンだけでなく債務整理も検討して

おまとめローンはたしかに個人で行える、返済完結まで近づく有効な手順です。

しかしおまとめローンはあくまで、「一本化によって金利を下げる」目的で行なうものです。

返済元金には一切影響が出ません。

よりはっきり返済額に効果を出したいなら、おまとめローンより債務整理の手続きを踏むことをおすすめします。

債務整理の手続きにはいくつか種類があります。

しっかり手続きについて調べてから、自分にあった行動を選んでください。

⇒おまとめローンと債務整理って何が違うの?

⇒低金利で借りられるおまとめローンは?

⇒審査が甘い即日融資はこれだ!

即日融資におすすめカードローン!今日中に借りられるカードローンはこれ!【2021年最新版!】
決められた限度額内であればいつでも自由に借り入れが出来るカードローン。 カードローンでは、急にお金が必要になった時でもすぐに現金を借りることができる『即日融資』というサービスがあります。 しかし即日融資に対応しているカードローン...