フリーローンで借り換えは本当におすすめ?お得に利用できる商品も紹介

フリーローン

気づけば毎月、複数のローン返済で管理が大変…

リボ払いの手数料だけで、返済額が膨らんでしまっている…

上記のように、複数のカードローンやリボ払いの手数料などでお悩みの場合、ローンの借り換えることで、お悩みが解決することがあります。

そんな借り換えにおすすめなのが、『フリーローン』です。

フリーローンはあらかじめ契約時に決められた金額が一括で借りることができるため、複数のローン返済をまとめることができるほか、手数料の高いサービスであれば金利を下げることができます。

今回はこのフリーローンへの借り換えについて、メリット・デメリットや、借り換え時の注意店のほかにも、おすすめのフリーローンをご紹介していきます。

最短即日融資が可能な『プロミス』
プロミス
おすすめポイント
  • Web申込なら最短30分融資も可能
  • 公式「アプリローン」でバレずに借りれる!
  • 郵送物なし!全て手続きをWeb申込みで完結可能
実質年率
4.5%〜17.8%
限度額
500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短30分
プロミスの審査申込みはこちらから

そもそもフリーローンはカードローンと何が違うのか?

そもそも、フリーローンより一般的なキャッシング「カードローン」とは、何がどのように違うのか。

フリーローンがどのようなものかわかれば、借り換え先に最適な理由も見えてくるはずです。

フリーローンは追加融資を受けられない

フリーローンとカードローンの最大の違いは、「追加融資を受けられるか否か」でしょう。

カードローンは最初に審査で決められた限度額までなら、何度でも追加融資を受けられます。

対してフリーローンは、一度お金を借り入れると、追加融資を受けられずその後は返済を進めるばかり…となってしまうのです。

まずこの「追加融資を受けられない」というところが、返済に前向きな感じがして借り換えに向いていると思いませんか?

借金返済を真面目に考えるならフリーローンに「借り換え」

「借金」で悩んでいるなら、返済完結に向けて前向きな努力をするべきです。

その返済のためにできる努力のひとつが、「フリーローンへの借り換え」です。

今から私が説明する内容を聞けば、フリーローンの借り換えがいかに効果的かわかってもらえるはずです。

カードローンの返済を続けていく事のリスク

カードローン、もしくはクレジットカードのキャッシングの利用を継続したまま、返済を今後も続けていくことにする場合を考えてみます。

その場合は、「カードローンの追加融資」など、「いつでもまた借りられる」という誘惑と戦いながら返済していくことになります。

「借りるのを我慢すればいいだけじゃん」

と思う人もいるでしょうが、そんな意思の力だけでどうにかなるなら、あなたは現在借金のことで悩んだりしてないはず。

返済で悩まないためには、そもそも借りたくても借りられない状況を作るのが一番効果的です。

フリーローンに借り換えるメリット・デメリット

それではもっと具体的に、フリーローンにて借り換えるメリットを調べてみましょう。

フリーローンへ借り換えることで、いったい何が起こって、フリーローンがどのように作用するのか?

他のローンサービスよりも低金利で利用できることが多い

やはり金利がわかりやすいです。

フリーローンは、カードローンより低金利なものが多く、カードローンからの借り換えによって、支払う利息を減らすことができる場合があります。

フリーローンの金利が低いのは、「追加融資を受けられない」ので利用者が返済不能になってしまうリスクが低いからでしょう。

現在カードローンの返済中で、支払う利息で悩んでいる方はぜひ、フリーローンへの借り換えを検討してみてください。

複数のローンを一本にまとめることで利息を抑えられる

現在複数のカードローンを借り入れており、その返済で悩んでいるならその散らばった借り入れを、フリーローン一本にまとめることができます。

これによって、キャッシング一本になることで金利の大幅削減。

そして、複数の返済日も1日にまとめることができるのです。

これは大きなメリットですよね。

>>審査に通りやすいおまとめローン一覧!審査対策のコツや商品を選ぶポイントも解説

フリーローンにすぐにでも借り換えるべき人の特徴

現在カードローンなどキャッシングを利用しており、そしてその借り入れに不満を持っている人のなかで、私が有無を言わないでフリーローンへの借り換えを考えるべきだと思う人の特徴を説明します。

借金から足を洗いたいけど…とグダグダ考えている人

「借金は嫌だな…」

なんて考えながらも、グダグダと借り入れをやめられない人は、すぐにでもフリーローンへ借り換えて「借りる」選択肢を潰してしまったほうがいいです。

借りているキャッシングの金利で悩んでいる人

すぐ上のセンテンスでも説明した通り、フリーローンの金利は低いです。

利用しているキャッシングの金利に不満がある方は、すぐにでもフリーローンへの借り換えを検討したほうがいいでしょう。

フリーローンに借り換えるには「審査通過」がマスト!

フリーローンへの借り換えを行うメリットを説明してきましたが、フリーローンへの借り換えのためには「フリーローンの審査通過」が必須です。

あらかじめフリーローンの審査に通るために、審査について基礎知識を学んでおきましょう。

フリーローンの審査についてはこちら→フリーローンの審査は厳しい?審査に落ちないための条件とは

フリーローンで実際「借り換え」は可能か?電話して聞いてみた

ここまでの説明は、どうしても私の考察が入っています。

フリーローンで借り換えが可能か。

借り換えにはどれくらいの時間がかかるのかなど、実際にフリーローン運営元に聞いてみることにしました。

イオン銀行に電話してみた

フリーローンの運営元としては有名な、イオン銀行に電話してフリーローンについて聞いてみることにしました。

借り換えは可能ですか?

はい、基本的に事業目的以外なら借り入れ金は自由に使っていただけます。

リボ払いの借り換えは可能ですか?

はい、可能でございます。

借り換えるまでどれくらいかかりますか?

当行に口座を持っているか持ってないかで変わるのですが、口座を持っている場合、申込みから借り入れまでおよそ3週間ほど。

口座を持ってない場合、口座開設とキャッシュカード受け取りを行う期間が必要になるので、4週間ほどかかってしまいます。

他社キャッシングから借り換えにおすすめのフリーローン

それでは、借り換えに選ぶべき、おすすめのフリーローンをいくつか紹介します。

フリーローン・目的型ローン(イオンアシストプラン)


先程私が電話したイオン銀行のフリーローン、「フリーローン・目的型ローン(イオンアシストプラン)」は優秀です。

低金利で、手続き、借り入れまでの流れがスピーディで利用しやすい、インターネットバンキングから繰り上げ返済が可能など、使いやすいポイントが多いです。

銀行のフリーローンなので、多少審査は厳しいからもしれませんが、審査に自信がある方はぜひチャレンジしてもらいたいです。

千葉銀行フリーローン


ちばぎんフリーローンも借りやすくておすすめです。

来店不要で、WEB手続きだけで借入可能な利便性は大きいです。

金利も安定しており、もちろん借り換えにも対応しているものの、借り入れ地域に制限があることに注意が必要です。

ちばぎんフリーローンが借入可能なのは、「千葉全域」「東京全域」「埼玉全域」「神奈川県一部地域」のみです。

三井住友銀行フリーローン


都市銀行の三井住友銀行が運営するフリーローンもおすすめです。

三井住友銀行のフリーローン(無担保型)は、金利が5.975%と低く借りやすいですが、問題はこの低金利のフリーローン審査をクリアできるかどうかです。

審査に自信がある方はぜひ、三井住友銀行のフリーローンに申し込んでみてください。

借り換えなら銀行カードローンもおすすめ

複数の消費者金融からの借り入れなどをまとめる目的の場合、フリーローン以外にも銀行カードローンの利用もおすすめです。

銀行のフリーローンは決められた金額を最初に借り、銀行カードローンは上限金額内であればいつでも借りられる商品内容が多いですが、それ以外にもいくつかメリットが多いのです。

フリーローンよりも銀行カードローンの方がお得な理由

  • 消費者金融よりも低金利で利用可能なため利息を抑えられる
  • お得な特典が充実していることも

適用される金利自体は、銀行カードローンとフリーローンには大きな差はありません。

そのためリボ払いや消費者金融のカードローンをまとめるのであれば、どちらを選択してもお得にできる可能性が高いでしょう。

それでもフリーローンではなく銀行カードローンを利用すべき理由には、「お得な特典が充実している」ことが強いでしょう。

ここでは特にお得に利用ができる銀行カードローンと、その特典内容をそれぞれ紹介していきます。

三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』

バンクイック

金利 1.8%~14.6%
利用限度額 10万円以上~500万円以内(10万単位)
融資時間 最短翌営業日
申し込み方法 Web・来店・電話・郵送・FAX
借り入れ方法 ATM・お振り込み
必要書類 運転免許証or顔写真付き身分証明書or保険証+住民票

バンクイックは、銀行カードローンの中でも特に審査のスピードが早い傾向にあります。

通常フリーローンは審査整備が整っていない地方銀行であったり、審査条件が厳しい関係上、審査結果が判明するまでに1週間~半月程度かかるケースが多いです。

しかしバンクイックは、最短で翌営業日には審査が完了することが多く、銀行カードローンの中ではトップクラスの早さです。

メガバンク故に多くの申込者を捌く必要がある為、審査もスムーズに進めるノウハウがあるといえるでしょう。

>>バンクイックの審査はこちらの記事でも解説

みずほ銀行カードローン

210707-みずほ銀行カードローン

金利 2.0%~14.0%
利用限度額 10万円~800万円(専業主婦は50万円まで)
融資時間 最短翌営業日
申し込み方法 WEB
借り入れ方法 みずほダイレクト・ATM
必要書類 運転免許証・運転経歴証明書・パスポート・各種健康保険証など

みずほ銀行カードローンでは、カードローンを利用することで『うれしい特典』のステージがトップステージになります。

このステージではATMの時間外手数料などが無料になるなど、みずほユーザーにはうれしい特典が満載です。

またみずほ銀行で住宅ローンを利用しているユーザーであれば金利引き下げなどの特典も充実しており、みずほユーザーやメインバンクがみずほ銀行の方には特におすすめのカードローンです。

>>みずほ銀行カードローンの審査はこちらの記事でも解説

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行カードローン

金利 1.9%~14.5%
利用限度額 ~800万円
融資時間 最短翌営業日
申し込み方法 WEB
借り入れ方法 振込
必要書類 運転免許証or顔写真付き身分証明書or保険証+住民票

お得さでいえば、楽天銀行が提供するカードローン『スーパーローン』も評判が高いです。

  • 入会・利用で楽天ポイント還元
  • 時期によっては金利半額サービスで最大約7.0%に
  • 楽天会員ならステージごとに審査優遇も

楽天会員であればポイント還元が盛りだくさん、楽天会員でなくても利用だけで多くのポイントを獲得が可能です!

>>楽天銀行カードローンの審査はこちらの記事でもチェック

フリーローン借り換えは自分に合った商品を選ぼう

複数のローンを一本にまとめたいのか、リボ払いなどを借り換えて利息を抑えたいのかなど、自分の状況に合わせた商品を選ぶことが大切です。

「これ以上自由に借りれてしまう状況をなくしたい」という人であれば、フリーローンの利用が適しているといえますが、お得にしたい・返済を楽にしたいというのであれば、銀行カードローンを利用してポイント還元などを受けた方がメリットがとても多いでしょう。

またどのローンにも限らず、利息は日ごとに発生しています。

少しでも利息を抑えたい・手数料をかけたくないのであれば、1日でも早く借り換えを始めましょう。トータルの返済額を抑えるためには少しでも早く行動を起こすことが大切です。