クレジットカードの利用限度額ってなに?利用限度額をアップするための方法とは

クレジットカード

クレジットカードを使っていると、利用限度額に達してしまうことがあります。

利用限度額いっぱいの買い物をしてしまうと、その後利用限度額が回復するまで買い物ができなくなっています。

つまりクレジットカードを使う上では、利用限度額について知っておかなければなりません。

こちらの記事では、クレジットカードの利用限度額について徹底解説!
利用限度額に達してしまった人や、利用限度額をアップさせたい人はもちろん、日常的にクレジットカードを使っている人はしっかりチェックしておきましょう。

利用限度額について詳しくなれば、クレジットカードをより使いこなせるようになりますよ。

目次

最短即日融資が可能な『プロミス』
プロミス
おすすめポイント
  • Web申込なら最短30分融資も可能
  • 公式「アプリローン」でバレずに借りれる!
  • 郵送物なし!全て手続きをWeb申込みで完結可能
実質年率
4.5%〜17.8%
限度額
500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短30分
プロミスの審査申込みはこちらから

クレジットカードの利用限度額について解説

まずはクレジットカードの利用限度額とは、どのようなものなのか解説していきます。

利用限度額とはクレジットカードが使える限界の金額

利用限度額とはクレジットカードが使える限界の金額です。

後ほど詳しく解説しますが、利用限度額が30万円のクレジットカードであれば、30万円以上の買い物はできません。

クレジットカードには締め日と支払い日があり、支払い日支払われた分は翌月また利用限度額が復活します。

たとえば利用限度額30万円のクレジットカードで10万円利用していた人は残り使える金額が20万円ですが、10万円の支払いが終われば30万円まで使えるようになります。

またクレジットカードは利用限度額以上の買い物はできません。

そのためクレジットカードの利用限度額を把握しておかないと、買い物をしたくても利用限度額に達してしまったせいで買い物ができないという事態も起こりえます。

支払い方法によって利用可能枠が決まっている

クレジットカードの利用限度額と一言で言っても、支払い方法によって利用可能枠が決まっています。

クレジットカードの利用限度額は以下のように分かれています。

  • 総利用可能枠(ショッピング枠・キャッシング枠含むすべての利用可能枠)
  • ショッピング総利用可能枠(1回払いも含めたショッピングでの利用可能枠)
  • ショッピング割賦枠(ボーナス払い、分割払い、リボ払いで利用可能な枠)
  • キャッシング利用可能枠(キャッシングで利用可能な枠)

それらの利用可能枠はそれぞれ独立しているのではなく、利用限度額が決められておりその中で利用目的別に利用可能枠が定められています。

たとえば以下のようなクレジットカードを例に説明します。

契約内容 利用可能枠
総利用可能枠 100万円
ショッピング総利用可能枠 100万円
ショッピング割賦枠 80万円
キャッシング利用可能枠 30万円

このような契約の場合、ショッピング枠100万円のうち割賦可能なのが80万円という認識です。

キャッシング枠もショッピング枠内に含まれているので、30万円キャッシング枠を使った場合使えるショッピング枠は70万円になります。

クレジットカードは総利用可能枠以上使えないと覚えておくと、わかりやすいのではないでしょうか。

分割払いやリボ払いには手数料がかかる

クレジットカードは利用可能枠によって使える金額に制限がありますが、分割払いやリボ払いといった割賦支払いを使う時は注意が必要です。

クレジットカードの場合一括払いと2回払いであれば、手数料がかかりません。

しかし2回払い以外の分割払いやリボ払いを使うと、手数料がかかるので余分にお金を支払わなければなりません。

もちろん分割払いやリボ払いは月々の支払額が下がるので、うまく使えば生活が楽になります。

しかし分割払いやリボ払いを使うクセがついてしまうと、知らず知らずのうちに生活が圧迫されてしまいます。

できれば分割払いやリボ払いを使わずに、生活できるようにしましょう。

リボ払いを使う時は注意

またリボ払いを使うときには、特に注意が必要です。

リボ払いとは毎月の支払額を決めて、その金額以上に支払いをしないようにする支払い方法です。

毎月の支払額が決められている点はいいのですが、手数料が他の支払い方法に比べるとかなり高いです。

また毎月の支払額が低いということは、利用可能枠がなかなか元に戻らないということ。

つまりリボ払いでどんどん買い物をしていると、知らず知らずのうちに利用限度額まで達してしまいます。

リボ払いは賢く使えば便利ですが、仕組みを理解せずに使うのは大変危険です。

クレジットカードの中には強制的にリボ払いになるカードもあるので、使う時は注意しましょう。

利用限度額は支払い日の後に回復する

クレジットカードを使うと、利用額が蓄積されていきますが利用限度額はいつ回復するのでしょうか。

結論としては支払いをすると、利用限度額は回復します。

たとえば締め日が毎月末、支払い日が翌月25日のクレジットカードの利用限度額が50万円だったとします。

このクレジットカードを使って10月20日に10万円の買い物をした場合、支払いは11月25日ですね。

支払い時に利用限度額が回復するので、利用限度額が40万円から50万円に戻るのは11月25日ということです。

利用限度額ギリギリまで使っているといつ利用限度額が回復するのかは大切なので、カードの締め日・引き落とし日はしっかり把握しておきましょう。

利用限度額はクレジットカード会社の審査によって決まる

そんな利用限度額ですが、利用限度額がいくらになるかはクレジットカード会社の審査によって決まります。

カードによって利用限度額がいくらになるかの目安は記載されていますが、実際は審査を受けてみないとわかりません。

またいきなり高い利用限度額になることは、かなり少ないです。

これはクレジットカード会社が申込者に対して、信頼が少ないためです。

これからクレジットカードを使う人がしっかり支払いをしてくれるかどうかわからないため、はじめは利用限度額を低く設定します。

その後しっかり支払いしてくれることがわかれば、次第に利用限度額がアップすることが一般的。

利用限度額をアップさせる方法は後ほど詳しく紹介させていただきますが、最初はあまり利用限度額が高くないことは頭に入れておきましょう。

利用限度額の審査はどのようにおこなわれる?

ここまで利用限度額について解説してきましたが、ここからは利用限度額の審査について詳しく解説していきます。

利用限度額の審査が実際にどのようにおこなわれているのか、しっかり覚えておきましょう。

まずはクレジットカードの審査に通過することが前提

利用限度額の審査は、クレジットカード自体の審査通過後におこなわれます。

そのためクレジットカードの審査に通過できなければ、利用限度額の審査はおこなわれません。

クレジットカードの審査はおもに年収や勤務歴などの支払い能力と、信用情報に基づいて審査がおこなわれます。

年収・勤務歴・会社規模は審査においてかなり重要

まず年収・勤務歴などの支払い能力について解説します。

年収は支払い能力に直結するのでわかりやすいのですが、それと同じくらい重要なのが勤務歴と会社規模です。

クレジットカードは毎月支払いが発生するため、毎月安定した収入を得ている人の方が審査では有利です。

会社規模が大きければ会社の倒産リスクが低いとみなされますし、勤務歴が長ければ突然会社を辞めるリスクも低いとみなされます。

年収は大いに越したことはありませんが、それ以上に安定性が重視されるのがクレジットカードの審査です。

信用情報には他のクレジットカードやカードローンの支払い情報も載っている

支払い能力と同様、クレジットカードの審査で重要視されるのが信用情報です。

信用情報とは、クレジットやローン等の申し込みや契約に関する情報を指します。

本人を識別するための情報のほか、クレジットの申込内容や契約内容、支払状況、残高などで構成されており、主にCICに加盟するクレジット会社等から登録された情報になります。
出典:CIC

日本の金融機関は信用情報機関に情報を登録していて、審査時には必ず信用情報を確認します。

そのため他のクレジットカードやカードローンの支払い遅れがあった場合、審査での印象が悪くなります。

信用情報をよく保ちたいのであれば、毎月しっかり支払うことが大切ですよ。

年間支払可能見込額から利用限度額が計算される

クレジットカードの利用限度額は、年間支払可能見込額を超えることはありません。

年間支払可能見込額=(年収-生活維持費-クレジット債務)×0.9で計算されます。

生活維持費は世帯が何人なのか、家賃負担があるかないかで数字が決まっています。

たとえば1人世帯の場合、家賃負担がない人は90万円、家賃負担がある人は116万円が生活維持費として計算されます。

それでは実際年間支払可能見込額を計算してみましょう。

年収300万円、1人世帯で家賃負担あり、クレジット債務がない人の場合年間支払可能見込額は、(300万円-116万円-0円)×0.9=約165万円です。

これは単純計算のシミュレーションなので、実際に利用限度額がいきなり165万円になることはまずありません。

あくまで参考例として参照していただければと思います。

クレジットカードのランクによっても利用限度額がある程度決まっている

またクレジットカードのランクによっても、利用限度額はある程度決まっています。

たとえば三井住友VISAクラシックカードの場合、利用限度額は10万円~80万円で設定されます。

しかしよりランクの高い三井住友VISAゴールドカードの場合、利用限度額は50万円~200万円で設定されます。

このようにランクが高いカードになればなるほど、利用限度額は高くなります。

そのためより利用限度額が高いカードがほしい場合、ランクの高いカードの作成を検討してみましょう。

利用限度額をアップするにはどうすればいい?

クレジットカードを使っていると、利用限度額が少ないと感じることがあります。

そんなときは利用限度額をアップさせて、使える枠を増やすことが可能。

それでは利用限度額をアップさせるためには、どのようなことをすればいいのでしょうか。

クレジットカード会社に利用限度額アップを申し込む

利用限度額をアップさせる方法1つ目は、クレジットカード会社に利用限度額アップを申込むことです。

利用限度額アップはクレジットカードの会員ページや電話での申し込みが可能で、申し込みをすると審査がおこなわれます。

これはクレジットカードに申し込みをしたときと同様、年収や信用情報をもとに増額をしてもいいのか審査がおこなわれます。

それらの情報に加えて、これまでのクレジットカードの支払い履歴も審査対象です。

審査申し込み時には利用限度額をいくらにしたいのか申請し、審査に通過すれば利用限度額がアップします。

クレジットカードを作成してから半年以上期間を空ける

増額審査に申し込みをするときの注意点として、クレジットカードを作成してから半年以上の期間を空けて申し込みをする点が挙げられます。

クレジットカード作成から半年以内に申込みをすると、増額審査に落ちる可能性が高いです。

これはクレジットカード作成してから半年は、クレジットカード会社が試用期間のようにとらえているからです。

つまり半年間でその人が本当に支払いをしてくれるのか、確かめているということですね。

もちろんこの期間はクレジットカード会社によって異なるので、場合によっては半年以内でも増額審査に通過できる可能性はあります。

あくまで目安として頭に入れておきましょう。

支払い遅れがある場合審査に落ちる可能性が高くなる

また増額審査に申し込む前に、支払い遅れがあると審査に落ちる可能性が高くなります。

利用限度額を増額するということは、クレジットカード会社にとってもリスクがアップします。

支払い遅れがある人に対して利用限度額をアップすると、支払い不能になる可能性が高いと判断されるので、結果として審査に落ちる可能性が高いということですね。

ちなみに支払い遅れが頻繁にある場合、利用限度額がダウンする可能性もあります。

そのため利用限度額アップを考えているのであれば、支払いは期日通りにしていきましょう。

利用実績を積んでクレジットカード会社から連絡をもらう

利用限度額をアップさせる方法2つ目は、利用実績を積んでクレジットカード会社から連絡をもらう方法です。

1つ目の方法は自分から申し込むケースですが、こちらはクレジットカード会社から連絡がくるケースですね。

クレジットカード会社としてはしっかり支払いをしてくれる人であれば、利用限度額はアップしてほしいというのが本音です。

クレジットカード会社は加盟店からの手数料が売上なので、使われれば使われるほど売上がアップします。

しかしむやみやたらに利用限度額をアップしていては、支払いができない人が増えて債務整理者を増やしかねません。

そのためしっかり支払いをしてくれる人を見極めて、利用限度額をアップしませんかと連絡しています。

目安としては1年間毎月支払いをしていれば、クレジットカード会社から連絡がくることが多いです。

クレジットカード会社から連絡がある場合も審査はおこなわれますが、このケースの場合審査に通過できる可能性は高いです。

増額案内はメールでくることが多いので、増額案内のメールを受け取ったら利用限度額アップを考えてみましょう。

一時的な利用限度額アップに申し込む

利用限度額をアップさせる方法3つ目は、一時的な利用限度額アップに申し込むことです。

「旅行のお金を支払いたいのだけど、利用限度額が足らない」
このように一時的な支払いに困っている人には、一時的な利用限度額アップがおすすめです。

旅行や引っ越しなど一時的にまとまったお金が必要な人に対して、一時的な利用限度額アップ対応をクレジットカード会社はしています。

これも利用限度額アップと同様、会員ページか電話で申し込みが可能。

増額は一時的なものなので、審査は比較的通りやすい点が特徴です。

一時的に利用限度額をアップさせたい人は、この方法で利用限度額をアップさせましょう。

よりランクの高いクレジットカードに申し込む

利用限度額をアップさせる方法4つ目は、よりランクの高いクレジットカードに申し込む方法です。

先ほど紹介したようにクレジットカードのランクが高くなればなるほど、利用限度額は増えていきます。

クレジットカードのランクは以下の4つです。

  • 一般カード
  • ゴールドカード
  • プラチナカード
  • ブラックカード

ゴールドカードやプラチナカードと聞くと自分では審査に通らないと思うかもしれませんが、近年顧客獲得のためクレジットカードの取得ハードルは下がってきています。

そのため正社員であればゴールドカードの入手は、そこまで難しくありません。

ランクの高いカードは空港ラウンジの利用など、一般カードにはない特典も付帯しています。

ステータスも保証されるので、ランクの高いカードを作るのは一つの方法ですよ。

利用限度額の制限がないクレジットカードに申し込む

利用限度額をアップさせる方法5つ目は、利用限度額の制限がないクレジットカードに申し込む方法です。

多くのクレジットカードには利用限度額が決められていますが、中には利用限度額が決められていないクレジットカードが存在しています。

代表的なクレジットカードが、アメックスのプロパーカードとダイナースクラブカードですね。

ステータスが高いといわれているこれらのカードは、利用限度額が決められていません。

しかしいくらでも使えるかと言われると、そうではありません。

決済されたときに金額が高すぎると、サポートセンターから電話がかかってくるという仕組みです。

そのため決済できないこともありますが、利用限度額が決められているカードに比べて高額の決済ができる可能性は高いです。

アメックスやダイナースクラブカードはステータス性も抜群なので、1枚持っておけば自慢にもなりますよ。

他のクレジットカードに申し込む

利用限度額をアップさせる方法6つ目は、他のクレジットカードに申し込む方法です。

5つ目の方法と被るところもあるのですが、他のクレジットカードを入手できれば新しいカード分の利用限度額が使えるようになります。

利用限度額がいくら付与されるのかは審査次第ですが、審査に通過できれば少なくとも10万円の利用限度額が付与されます。

そのため審査に通過しやすいクレジットカードに申込みをして、利用限度額を結果的にアップさせるという方法があります。

楽天カードやエポスカードなどは比較的審査に通りやすいと考えられるので、これらのクレジットカードに申込むことも選択肢ですよ。

将来的にクレジットカードの利用限度額をアップするためには

ここまで短期的に利用限度額をアップする方法を解説しましたが、将来的にクレジットカードの利用限度額をアップするためにはどうすればいいのでしょうか。

コツコツとクレヒスを作っていくことが大切

将来的に利用限度額の高いクレジットカードを作りたい場合、コツコツとクレヒスを作っていくことが大切です。

クレヒスとは信用情報に記載されている情報のことで、支払い実績を積んでいくとクレヒスがよくなっていきます。

クレヒスがいいということはしっかり支払ってくれる人という認識をされるので、年収が低くてもクレジットカードの審査に通る可能性がアップします。

クレヒスをよくするためには近道はなく、毎月遅れなく支払いをすること。

日々の積み重ねが利用限度額をアップさせていきますよ。

ランク制度のあるクレジットカードを作っておく

先ほど解説したようにクレジットカードのランクが高くなれば高くなるほど、利用限度額は高くなります。

そのため将来的に利用限度額をアップさせたいのであれば、ランク制度のあるクレジットカードを作りましょう。

はじめは一般カードでも支払い実績を積んでいけば、ゴールドカード・プラチナカードとランクアップしていけます。

クレジットカードによってはランク制度がないカードもあるので、その場合利用限度額には限度額にも限界があります。

ランクの高いクレジットカードは年会費がかかりますが、ステータスが高くさまざまな特典も受けられます。

ランクの高いクレジットカードにはさまざまなメリットがあるので、すぐに作成できなくても将来を見据えて準備をしておきましょう。

携帯電話料金やカードローンの支払いも審査に影響する

またクレジットカードの審査に影響がある信用情報には、クレジットカードだけの情報が掲載されているわけではありません。

カードローンの返済はもちろん、携帯電話分割支払いやテレビショッピングの分割支払いも対象です。

信用情報は分割支払いや後払いが発生した場合に情報が残るので、携帯電話本体の分割支払いなども対象になるということですね。

支払いが61日以上遅れると信用情報がブラックと呼ばれる状態になり、少なくとも5年間クレジットカードやカードローンの契約ができなくなります。

このように信用情報は生活に大きく関わってくるので、非常に大切なものです。

将来のことを考えて信用情報に影響がないよう、支払いは期日通りしていきましょう。

利用限度額をアップさせていくためにおすすめのクレジットカード

それでは将来的に利用限度額の高いクレジットカードがほしい人は、どのクレジットカードを作ればいいのでしょうか。

ここからは将来を見据えておすすめのクレジットカードを紹介していきます。

アメックス・ゴールドカード

将来利用限度額をアップするためにおすすめのクレジットカード1枚目は、アメックス・ゴールドカードです。

アメックス・ゴールドカードの基本スペックは以下の通りです。

年会費 29,000円(税別)
入会資格 ・20歳以上で定職があること

・パート・アルバイトは不可

ポイント還元率 0.3~1.0%
海外旅行保険 最高1億円
特典 ・プライオリティパスに登録可能(年2回まで利用料無料)

・グローバスホットライン24時間利用可能

・ゴールドダイニング by 招待日和でコース料理が1人分無料など

アメックス・ゴールドカードはかつてかなり審査が厳しかったですが、現在では正社員であればかなり審査が通りやすくなっています。

さらに上のランクにはアメックス・プラチナカード、さらに幻のクレジットカードとも言われるアメックス・センチュリオンカードが存在しています。

将来のためにもアメックス・ゴールドカードから作って、準備をしておきましょう。

JCB CARD W

将来利用限度額をアップするためにおすすめのクレジットカード2枚目は、JCB CARD Wです。

JCB CARD Wの基本スペックは以下の通りです。

年会費 無料
入会資格 ・申込み時39歳以下であること
ポイント還元率 1.0%
海外旅行保険 最高2,000万円
特典 ・セブンイレブンやビックカメラなど特約店での利用でポイント還元率アップ

ポイント還元率が1%と高いうえ、セブンイレブンやビックカメラなどの特約店で利用するとさらにポイント還元率がアップします。

JCBにはJCBゴールド・JCBプラチナ・JCBザ・クラスといったランクの高いカードがあるので、JCB CARD Wでポイントを貯めつつランクの高いカードを狙うという方法がありますよ。

ダイナースクラブカード

将来利用限度額をアップするためにおすすめのクレジットカード3枚目は、ダイナースクラブカードです。

ダイナースクラブカードの基本スペックは以下の通りです。

年会費 22,000円(税別)
入会資格 27歳以上であること
ポイント還元率 0.4~1.0%(ポイント有効期限なし)
海外旅行保険 最高1億円
特典 ・TRUST CLUB プラチナマスターカードがコンパニオンカードとして発行される

・国内外850カ所以上の空港ラウンジが無料で使える

・エグゼクティブダイニングでコース料理が1人分無料など

アメックスと並んでステータスが高いクレジットカードとして知られているダイナースクラブカード。

入会資格が27歳以上と審査ハードルは高いですが、ステータス性は抜群。

さらにランクが上のカードにはダイナースクラブプレミアムカードも存在するので、将来的にも利用限度額制限のないカードが手に入りますよ。

クレジットカードの利用限度額についてのQ&A

クレジットカードの利用限度額についてもっと知りたい。

そんな人のために、Q&A形式でよくある質問とその回答を紹介していきます。

Q.利用限度額の減額はできる?

A. 利用限度額の減額は可能です。

利用限度額があるとついつい買い物をしてしまう、そんな人は利用限度額を減額することができます。

近年クレジットカードの使いすぎが原因で債務整理をしてしまう人が、増えてきています。

そうした事態を防ぐためにも、利用限度額の減額はできるようになっています。

利用限度額の減額は会員ページからはできないので、クレジットカードのコールセンターに連絡をしましょう。

利用限度額の減額であれば審査なく対応してくれますので、

Q.利用限度額アップの審査で在籍確認はおこなわれる?

A. 勤務先に変更がなければ、増額審査での在籍確認はおこなわれません。

ただし勤務先に変更があった場合は、在籍確認がおこなわれる場合もあります

クレジットカードの審査では在籍確認がおこなわれることがありますが、増額審査の場合勤務先に変更がなければ在籍確認はとれているとみなされます。

ちなみに勤務先に変更があったのに変更なしと申請した場合、最悪クレジットカードが利用停止になることを頭に入れておきましょう。

これはクレジットカードの会員規約にも記載されています。

たとえば楽天カードの規約には以下のようなものがあります。

会員は、当社に届け出た氏名、住所、勤務先、連絡先、メールアドレス、支払口座、暗証番号、年収、債務、家族会員等の情報に変更が生じた場合は、遅滞なく当社所定の方法により届け出るものとします。出典:楽天カード規約第22条1

勤務先の変更をしていなくてもすぐ利用停止になることはまずありませんが、意図的にしていた場合利用停止などのペナルティを受けることもあります。

そのため勤務先が変更になったのであれば、すぐに勤務先を変更しましょう。

クレジットカードの利用限度額は常に意識しておこう

ここまでクレジットカードの利用限度額について解説をしてきました。

クレジットカードを使う上では、利用限度額はとても大切です。

最初はクレジットカード会社からの信用もない状態なので、利用限度額を低く設定されることも多いです。

しかし利用実績を積んでいくとクレジットカード会社からの信用も得られて、クレヒスもよくなっていきます。

クレジットカードの利用限度額は常に意識しておきましょう。