コラム

ノンバンクの融資のメリットとデメリット

資金調達するにあたり、融資を受ける方法もあります。

 

融資を受ける場合、銀行からの借り入れのほかにノンバンクを利用する手法も考えられます。

 

ノンバンクとは文字通り、銀行以外の金融業を営んでいる業者のことです。

 

ノンバンクからの融資には、銀行融資とは異なる特徴があります。ノンバンクに借り入れの申し込みをするにあたっての特徴や注意点について紹介します。

 

ノンバンクとは

ノンバンクとは、銀行とは違って預金業務を行わず、もっぱら融資の身を行っている貸金業者のことです。

 

ちなみに銀行のほかにも、銀行が中心となって形成しているファイナンシャルグループの傘下に入っている業者はノンバンクとは別物と扱われることが多いです。

 

銀行から独立した貸金業者のことをノンバンクと呼ぶと考えてよいでしょう。

 

ノンバンクは銀行以外の貸金業者になり、その中にはいろいろな業者が含まれます。

 

中には不動産金融やリースなど特定のジャンルに特化した会社なども含まれます。

 

もし、ノンバンクからの融資を使って資金調達する場合には、それぞれの特性を理解した上で自分たちに用途に最もフィットしているところを探すことです。

 

事業者ローンを提供するノンバンクの主な種類

ノンバンクの中には、事業者ローンといって事業資金の融資を行っている業者もあります。

 

事業者ローンを取り扱っているノンバンクとなると、大きく4系統に分類できます。

 

信販会社

皆さんの中でクレジットカードを持っている人も多いでしょう。

 

このクレジットカードを発行している会社を信販会社といいます。

 

消費者金融

大手の消費者金融は、銀行の傘下に入っていることが多いです。

 

この場合、銀行系ローンに分類されることが多いです。よって銀行傘下ではない、独立した貸金業者のみをさします。

 

現在ではコマーシャルなどでもしばしば宣伝していて、若者の中で利用者も多いです。

 

しかし、一方で貸金業者の届け出を行っていないいわゆる闇金業者も一部含まれていますので、利用する際には注意が必要です。

 

不動産金融専門業者

不動産金融専門業者は住宅ローンがメインの商品です。

 

しかし、一部業者の中には、不動産を担保にして事業資金の融資をしているところもあります。

ビジネスローン専門業者

文字通り、事業資金の融資を専門的に取り扱っている業者で資金繰りや経営についてのアドバイスを受けられるところもあります。

 

ノンバンク系事業者ローンを利用する場合、この4つの候補の中から絞り込む形になるでしょう。

 

ノンバンクを利用するメリット

広い状況に対応

ノンバンク系事業者ローンのメリットとして大きいのは、審査の難易度は銀行系と比較して低いことです。

 

銀行系のローンは審査が厳しく落ちてしまう事業者もいるでしょうが、そのような人でもノンバンク系であれば融資してくれる可能性があります。

 

通常赤字経営が続いていて業績が悪化している、税金の未納がある場合、銀行系事業者ローンの審査に引っかかる可能性は高いです。

 

しかし、ノンバンク系の事業者ローンの中には、赤字経営や税金未納があったとしても、返済確度が高いと判断される状況においては融資してくれるかもしれません。

 

対応が早い

審査の(難度)に関連することですが、審査がやさしめのノンバンク系事業者ローンの場合融資実行までの時間が短いです。

 

銀行系ではまずありえない即日融資にも、ノンバンク系事業者ローンの中には少なからず対応しているところもあります。

 

どんなにかかっても23営業日には入金してくれるところがほとんどです。

 

想定外の出費を強いられ、すぐに資金が必要という場合にはノンバンク系の事業者ローンを利用するといいでしょう。

 

担保や保証人なしのローンが豊富

銀行系事業者ローンの場合、担保や保証人をつけるように要求してくるところもあります。

 

しかし、ノンバンク系事業者ローンの場合、担保保証人なしでも融資してくれるところもたくさんあるのもメリットといえます。

 

手続きが簡単です。また銀行はこれまでの実績や業績を重視してくる傾向があるのですが、ノンバンク系は信用力で判断します。

 

実績がなくても、過去ローンやクレジットカードの支払いでトラブルがなければ融資してくれる可能性が高いです。

 

ノンバンクを利用するデメリット

ノンバンクは借り入れがしやすいですが、返済条件が厳しくなる可能性もあります。

 

金利が高い

銀行系と比較して、ノンバンク系事業者ローンは金利が高めなのはデメリットです。

 

銀行系の場合、一けた金利が一般的です。しかしノンバンク系の場合、10%を超える商品も珍しくありません。

 

返済期間が長引けば長引くほど、返済負担が大きくなります。

 

借入総額が少ない

またノンバンク系事業者ローンの場合、借入限度額が銀行系と比較して少ないです。

 

銀行系事業者ローンの場合、1000万円を上限としているところもあります。

 

しかし、ノンバンク系の場合、高くても500万円、低ければ300万円までという業者もあります。

 

十分な資金を確保できない可能性があります。

 

まとめ

銀行系は低金利で借り入れ限度額が比較的大きいです。

 

しかし、審査が厳しいので、融資を受けられない事業者も出てくるでしょう。

 

そのような場合、ノンバンク系の事業者ローンの利用を検討しましょう。

 

銀行系の融資に通らなくてもノンバンク系では融資が受けられたというパターンも多いからです。

 

ただし金利が高めなので、資金ができ次第優先的に返済して利息の支払いに注意しましょう。