コラム

民間の不動産担保ローンを利用するメリットとは

ビジネスをしていると、資金調達の問題は常に付きまとうでしょう。必要な事業資金を確保するため、融資を受ける必要もしばしば起こるはずです。もし不動産を所有していれば、不動産担保ローンを利用することも可能です。不動産担保ローンは金融機関のほかにも、ノンバンクでも融資を行っています。不動産担保ローンの特徴について、以下で詳しく紹介します。

民間の不動産担保ローンとは

不動産担保ローンとは文字通り、不動産を担保にして資金融資を受けるローン商品です。一般的には事業者の所有する自宅や土地を担保にして融資を受けます。不動産担保ローンの中でもポピュラーなのは、住宅ローンです。購入するマイホームを担保にして、住宅購入資金の融資を受けるスタイルです。この住宅ローンの延長線上に、事業資金を融資するための不動産担保ローンがあります。

利用するメリット

担保の価値が重視される

不動産担保ローンのメリットとして、借入額の大きくなる可能性が高い点が挙げられます。不動産を担保にすることで、その物件価値をベースにして融資額を判断します。銀行融資の場合、それまでの事業実績や決算書などで融資の判断をします。例えば起業するときや事業を始めて間もない事業者は、銀行融資をなかなか受けられません。実績がないからです。しかしこのような実績に乏しい事業者でも、担保に価値があれば融資の受けられる可能性が高いです。

担保自体の価値を高く評価してくれる

また不動産担保ローンの場合、融資可能額が大きくなるのもメリットです。無担保の場合、その人の返済能力をベースにして融資の判断をします。返済能力が低ければ融資を受けられないか、借入額が低くなりますが、価値の高い不動産を所有していれば、信用力の低い人でもそれなりの金額を借り入れできます。さらに、不動産の売却は得意分野のため、同じ物件でも銀行より高く価値を見積もってもらえるのも特徴です。

無担保と比べ長期の借入が可能

無担保ローンの場合、銀行でもせいぜい融資できるのは1000万円・ノンバンクの場合500万円程度です。しかし不動産担保ローンであれば不動産の価値によっては、数千万円・場合によっては1億円前後の融資を受けることも可能です。また貸し出す側にしてみれば、返済が滞ったとしても担保を押さえればいいので貸し倒れになるリスクが低いです。このため、長期の借り入れに対応している商品が多いのです。商品によっては、最大30年間の借り入れのできる不動産担保ローンもあります。

無担保と比べ低金利

借入期間が長いのと同じく、融資をすることのリスクが少ないため、無担保と比較して金利が低めに設定されています。長期の借入が可能なこととあわせ、無理のない返済計画を立てられるのも不動産担保ローンの魅力でしょう。

利用するデメリット

債務不履行で不動産を喪失する

不動産担保ローンのデメリットとして注意しなければならないのは、自力による返済のできない場合です。このとき、担保にしている不動産を差し押さえられる可能性が高いです。そうなると所有している不動産を売却するように迫られたり、債権者が競売にかけたりする可能性もあります。特に自宅を担保として差し出す場合、返済がうまくいかなくなるとマイホームを失ってしまうリスクが生じます。ちなみに競売にかけられると、高く売れない傾向があります。もし返済が難しく物件を差し押さえになる可能性が高ければ、その前に自分で売却したほうがいいでしょう。自分で売却することを任意売却といいますが、最終手段として弁護士などに相談しましょう。

登記費用がかかる場合がある

不動産担保ローンは自分の不動産を担保として差し出す必要があります。そうなると抵当権や根抵当権を設定する必要があります。ということは登記に伴う費用を負担しなければなりません。そのほかにも事務手数料や担保として差し出された不動産の鑑定費用、印紙代などもかかります。不動産担保ローンの手数料の相場ですが、融資額の13%といったところが相場です。あまり高くないと思う人もいるかもしれませんが、融資額が大きくなると手数料も高くつきます。例えば5000万円の融資を受けた場合、2%の手数料がかかると仮定すると100万円かかる計算です。

担保の価値に左右される

不動産担保ローンの場合、その不動産の価値によって借り入れ条件が大きく影響を受けます。例えば流動性の低い物件の場合、借入額を下げられる、設定金利が高くなってしまう恐れがありますので注意しましょう。

担保価値の下落のリスクがある

また不動産の価値は、その時々で変動します。つまり不動産担保ローンの融資を受けた際の不動産の価値が今後下落する可能性も考えられます。融資する側はその下落リスクも想定して、不動産鑑定を実施します。しかしその想定を超えるような大幅な下落の生じる可能性もあり得ます。その場合には、追加で担保を出すように後々要求される恐れもあります。

 

不動産担保ローンの場合、無担保ローンよりも融資額が高くなりますし、低金利で借り入れできます。長期の返済期間に設定できる商品もありますので、利息の支払い負担を最低限にして無理のない返済計画が立てられます。しかしもし返済できなくなれば、自分の所有する不動産を失ってしまう恐れもあります。特に自宅を担保にして融資を受ける場合、確実に返済できるかどうか、慎重に見極めたうえで融資の申し込みをしましょう。