コラム

資金調達で使うクラウドファンディングの仕組み

事業を進めるにあたって、お金を確保することが何よりも大事です。資金調達の方法は最近では多種多様化してきています。特に最近注目されている資金調達方法として、クラウドファンディングがしばしばメディアなどでも紹介されています。話題の映画作品が資金を集めるために、クラウドファンディングを使ったという話もありました。クラウドファンディングとは具体的にどのような資金調達方法なのか、どのようなメリットがあるかについて以下で詳しく見ていきます。

クラウドファンディングとは

クリエイターや起業家で「こういった商品やサービスを作りたい」「社会問題をこのような形で解決したい」と思っているので、資金を集めたいと考えたとします。このアイデアをウェブサイト上で発表します。するとそのアイデアを目にした不特定多数の人で、「ぜひともやってもらいたい」「お金を集めているのなら自分も出そう」と思ったら資金を出します。このような形で、ネット上の不特定多数の人たちから資金を集める方法をクラウドファンディングといいます。クラウド(群衆)からのファンディング(資金調達)という意味です。

クラウドファンディングは、起業家やクリエイターをはじめとする人たちに、しばしば利用されています。しかもネットを使った方法であれば、世界中から資金調達することも可能です。クラウドファンディングの運営しているところがありますので、資金調達をしたければこちらに申請します。そして資金が集まった場合、その一部を手数料として運営者に支払います。サイトによっても異なりますが、だいたい1020%といったところが相場です。

クラウドファンディングの種類

クラウドファンディングにはその中でも3種類に分類できます。その3種類とは寄付型と購入型、金融型です。それぞれに異なる特徴があるので、クラウドファンディングによる資金調達する適切な方式を検討しましょう。

寄付型

寄付型とは、投資家は気に入ったプロジェクトについて出資を実施します。しかしリターンを求めない方式です。被災地や途上国の支援をしたいといった、ボランティアや社会的な意義のあるプロジェクトで利用されることが多いです。このような寄付はほかでもチャリティなどで実施されていますが、お金を出したら後でどのように使われたかがわからないところがあります。しかし寄付型クラウドファンディングの場合、お金を出した後そのプロジェクトがどうなったかが把握でき、透明性が高いです。

金融型

出資をしてその事業に利益の出た場合、その一部が還元されるスタイルです。ですから株式投資に近い形といえます。株式投資の場合、それなりにまとまった資金が必要になります。しかしクラウドファンディングであれば、小口からでも出資できるので個人レベルでも比較的参加しやすいです。上場前の企業や不動産投資、海外投資など様々なスタイルがあります。未公開企業に投資することで、未公開株を手に入れることも可能です。日本では金融商品取引法のハードルもあって、なかなか普及していません。しかし今後規制緩和されれば、注目を集めていくでしょう。

購入型

購入型とは、投資家が気に入ったプロジェクトに出資をするとその金額に応じた商品やサービスが見返りとして手に入るスタイルです。クラウドファンディングの場合、資金が集まってから商品やサービスを商品化します。ですから先行販売の一種といえます。投資家は商品やサービスのアイデアがほしいかどうかで、出資の判断をします。日本国内のクラウドファンディングでは、最もポピュラーなタイプです。

クラウドファンディングで資金調達するメリット

アイデアがあって、制作するスキルを持っていても、その人に信用がないと銀行などはなかなか融資を受けられません。知名度のないクリエイターや事業実績のない起業家が銀行融資を受けるのは難しいです。しかしクラウドファンディングを利用すれば、そのような知名度や信用の低い人でも必要な資金を集められるのが大きなメリットです。

クラウドファンディングはインターネットやソーシャルメディアを使って、投資家とコミュニケーションを取る形になります。商品・サービス開発の段階から、投資家といろいろと意見交換ができます。その中で投資家からアドバイスをもらったら、事業を改善することも可能です。投資家とコミュニケーションを取りながらビジネスを進められるので、信頼関係が構築しやすいのもメリットといえます。

 

クラウドファンディングは新しい資金調達の方法として、にわかに注目を集めています。銀行融資などで資金調達するのが厳しい人は、クラウドファンディングの利用を検討してみる価値はあるでしょう。クラウドファンディングには上で紹介したように、寄付型と購入型、金融型の3種類のスタイルがあります。自分のアイデアを具現化しやすいスタイルはどれかを判断して、ネットでアイデアを発表してみませんか?