コラム

スタートアップの資金調達!エンジェル投資家とは

 

これから起業しようと思っている人が直面する問題の一つに、資金調達をどうするかがあります。銀行融資の場合、それまでの実績や業績を重視する傾向があります。これから事業を立ち上げる場合、実績がなく未知数なので融資に消極的なところが見られます。起業家にとって、銀行融資に変わる存在としてエンジェル投資家があります。ここではエンジェル投資家はどのようなものを指すかについて詳しく見ていきます。

エンジェル投資家とは

起業家のスタートアップをするにあたって、資金面などでサポートしてくれる個人投資家のことをエンジェル投資家といいます。銀行は債権を回収できるかどうかを融資のポイントにしています。一方エンジェル投資家は、債権回収ももちろん重要ですが次世代の経営者の応援をする方に重きを置いています。

エンジェル投資家の特徴として、ただ単に資金面をサポートするだけでなく、各方面から事業の支援をしてくれる点が挙げられます。例えば事業を立ち上げるにあたって、期待感のほかに不安感を抱く人もいるでしょう。そのような起業家の精神的なサポートを行います。また金銭面だけでなく、エンジェル投資家の人脈を生かしてビジネスチャンスを開拓するなどのバックアップを行ってくれる場合もあります。事業のスタートアップをするにあたって、心強い味方になってくれる可能性も十分あるわけです。

投資家が受けられる税金控除

エンジェル投資家から融資を受けることは起業家にとってメリットがあります。一方、エンジェル投資家として資金面の援助をすることは融資する側にとってもメリットがあります。それは税制優遇を受けられる点です。エンジェル税制というものがあって、経済産業省の認可したベンチャーに投資するとその投資額から5000円引いた額が所得額から控除されます。また投資した金額が全額、株式を譲渡した場合その利益から控除できます。エンジェル投資家になることで、節税効果が期待できるわけです。このためエンジェル投資家になりたいという人も増加しつつあります。

エンジェル投資家とベンチャーキャピタルとの違い

ベンチャー企業に融資を行うところというともう一つ、ベンチャーキャピタルも有力な候補になるでしょう。エンジェル投資家とベンチャーキャピタルはスタートアップして間もないベンチャーを中心に融資している点では共通しています。しかし両者にはいろいろな側面で違いが見られます。

審査の違い

まずは審査の違いです。ベンチャーキャピタルの場合、銀行やノンバンクと一緒で明確な審査基準を有しています。一方エンジェル投資家の場合、個人レベルで融資をしています。このため、明確な融資基準を設けていないケースが多いです。「この事業は魅力的だ」「この経営者に惚れた」といった感覚で投資を行うことも多いです。ですから起業家によって投資の基準にぶれの生じる傾向があります。多少リスクが高くても、その事業や経営者にほれ込んだ場合には投資する人も見られます。

融資額にも違いがあります。組織として融資するベンチャーキャピタルの場合、少なくても23億円クラスの投資を行うのが一般的です。しかし個人レベルのエンジェル投資家の場合、500万円から2000万円といったところが投資額の相場といえます。ただし事業によっては、多額の融資を受ける必要がないケースもあるでしょう。その場合にはエンジェル投資家に申し込んでみるといいでしょう。

経営介入度合の違い

ベンチャーキャピタルは上で紹介したように、多額の資金を投入することが多いです。しかしたくさんお金を出す代わりに、口も出すというところが多いです。役員の席を用意するなど、経営に直接口出しする傾向があります。一方エンジェル投資家の場合、相談をすれば経営上のアドバイスをしてくれることが多いです。エンジェル投資家を見ると、自分も経営を行っている行っていた経験のある人も少なくありません。しかし経営上のアドバイスをしてくれることはあっても、役員に就かせるなど経営に首を突っ込んでくることはあまり多くないでしょう。もし資金面だけのサポートだけを受けたい、経営に関する干渉を受けたくないと思っているのであれば、ベンチャーキャピタルよりもエンジェル投資家の方がいいかもしれません。

エンジェル投資家が投資をするのは、事業の将来性を見込んだ、経営者の人間性を気に入った場合が多いです。もしエンジェル投資家からの融資を希望するのであれば、しっかり自分がこれから行おうと思っている事業に関する資料を詳しく作成し、説得力のある説明ができるように準備しましょう。エンジェル投資家と事業者は個人と個人のつながりで投資をするスタイルです。そこで重要なのは、信頼関係を構築することです。信頼関係を構築できなければ、事業を軌道に乗せるのは難しいでしょう。スタートアップの際にはその事業が未知数なので、なかなか融資をしようという会社はないでしょう。その中でエンジェル投資家は数少ない味方になってくれるはずです。