コラム

エンジェル投資家とのトラブル・リスク

 

これから起業しようと思っている人、事業を立ち上げて間もない事業者は銀行融資をなかなか受けられない側面があります。信用が低いからです。そのような場合、資金調達をどこから受けるかというのがポイントになります。まだ事業実績が十分でない人が融資を受ける相手として候補になるのが、エンジェル投資家です。エンジェル投資家からの支援を受けるのはメリットがある半面、デメリットやリスクもあります。融資の特徴について理解したうえで、エンジェル投資家に資金調達のお願いをするかどうか検討する必要があります。

エンジェル投資家からの資金調達のメリット

エンジェル投資家の場合、銀行融資では審査に引っかかってしまうような信用の低い事業者でも融資を受けられる可能性があります。エンジェル投資家の場合、資金回収できるかどうかよりもその事業に将来性があるかどうか、興味深いかどうかの方を重視する傾向があります。また事業者の人間性に惚れこんで、ハイリスクでも投資することもあります。エンジェル投資家はただ単に資金調達するためのツールだけでなく、そのほかにもいくつかメリットがあります。

知識ノウハウの提供

まずは知識ノウハウの提供が受けられる点です。エンジェル投資家を見てみると、自らも事業経営を行っているケースが多いです。このため、企業や企業経営にするにあたって各種のアドバイスが受けられます。逆に言うとエンジェル投資家に融資をお願いする場合、資金力のほかにもこのような事業のノウハウを持っているような、自分の経営者の支障になってくれるような人材かどうか見極める必要があります。

人脈や後ろ盾

またエンジェル投資家が後ろ盾になってくれることで、経営がしやすくなるというメリットもあります。先ほども紹介したようにエンジェル投資家には事業家の側面もありますので、そのビジネス人脈を紹介してもらうことでビジネスチャンスを高められるかもしれません。また著名な事業家が後ろ盾につくことによって、信用力が増しビジネスがやりやすくなるかもしれません。

エンジェル投資家からの資金調達のデメリット

上で紹介したようにエンジェル投資家から融資を受けることで、資金面以外のメリットもいろいろとあります。しかしデメリットも存在することも理解しておきましょう。エンジェル投資家といってもいろいろな人もいて、ただお金を出すだけで余計なことは言わない人もいます。逆に資金を融資する代わりに、いろいろと条件を出してくるケースもあります。

例えば中にはお金を出すけれども口を出すエンジェル投資家も少なくありません。つまり資金を出した後で自分の事業について、いろいろと口を出してくるケースがあります。また一定の株式を譲るように要求してくる場合も見られます。その結果、経営の主導権を握られてしまって、思うように経営の進められないことも考えられます。

ある程度経営方針について、事業者とエンジェル投資家が同じ方向を向いていれば問題はないかもしれません。しかし価値観が異なると、経営方針を打ち出すにあたって、ことあるごとに経営陣とエンジェル投資家で衝突をする可能性はあります。時として自分が望まない経営を強要されることもあります。意見がかみ合わず対立が深刻になると、「この会社を売却せよ」と要求され、せっかく作った会社を手放さざるを得なくなることも最悪のケースで考えられます。

エンジェル投資家からの支援を受ける際の注意点

エンジェル投資家は基本的に、起業家・事業者の育成を目的として投資をします。ですから上で紹介したような、経営にどんどん干渉してくるケースは少ないです。しかし絶対にないとは言い切れないので、誰から融資を引き出すかがポイントになります。融資をした企業に対するスタンスがどうなのか確認をしたうえで、融資をお願いするかどうか判断しましょう。

経営コンサルタントの場合、お互い異なる城を築きあげます。しかしエンジェル投資家の場合、同じ城の中で起居を共にし、一緒に戦っていく仲間のようなものです。エンジェル投資家も自分の資金を出している以上、リスクを取っているからです。ですから信頼できる、いざというときに頼れる人かどうかを慎重に見極めましょう。

そのためには、気持ちのフィーリングが合うかどうかも意外と重要なポイントです。いくら資金を持っているエンジェル投資家でも人間関係がうまくいかないと感じた相手とはビジネスをすべきではありません。出資してもらって経営ができたとしても、どこかでゆがみの生じる可能性があるからです。

エンジェル投資家は起業家にとって、資金調達するうえで大変頼りになる存在です。ビジネスチャンスを広げるポテンシャルも持っています。しかし価値観の合わない人とビジネスをすると、どこかでひずみが生じ、経営が失敗してしまう恐れも高まります。すぐに資金を確保して事業を始めたいと思うかもしれませんが、ここは慎重に長く信頼関係を構築していけそうなエンジェル投資家を見つけることが大事です。