コラム

債権流動化のメリット・デメリットと方法を紹介

債権流動化という言葉を耳にしたことのある人も多いのではないでしょうか。


債権流動化とはどのような意味を持つ言葉で、それを行うことで会社はどのようなメリットを得られ、あるいはデメリットを被るのでしょうか。


今回は債権流動化について解説します。

債権流動化とは

債権流動化とは、会社が保有する売掛債権などの債権を現金化して資金調達することを指します。


売掛債権を第三者に譲渡して現金に変える方法や、債権を担保にして融資を受ける方法があります。


流動化という言葉は、企業財務における債権の性質を示しています。


貸借対照表(バランスシート)の上では、現金や預金、数カ月先に入金が予定されている手形、売掛金、有価証券などは流動資産として扱われます。


流動資産とは1年内に現金化できる資産のことで、それ以外の固定資産と区別されます。


流動資産は会社の運転資金として使用されます。


ただし、受取手形や売掛金などの売掛債権は通常、数カ月後でなければ活用できません。


つまり債権は流動資産の中でも比較的、流動性が低い資産といえます。


とくに資金繰りに苦労している会社ではこの流動性の低さ=数カ月のタイムラグが大きな問題となることがあります。


債権流動化では、こうした性質を持つ債権の流動性を高めて、すぐに活用可能な資金に転化します。

債権流動化のメリット

債権流動化は会社の財務や経営にどのような効果をもたらすのでしょうか。


債権流動化のメリットを見てみましょう。

キャッシュフローの改善

売掛債権は現金化されるまで数カ月かかりますが、流動化することで入金日を待たなくとも早期の現金化が実現します。


会計上では売掛金と売上が現金に変わり、キャッシュフローが改善します。


これは単に手元の現金が増えるというだけではなく、売掛金が多すぎる場合や資金が不足している場合に、キャッシュフロー計算書や決算書が健全化されることを意味します。


債権流動化を会社の評価アップにつなげることができます。

資産のオフバランス化

資産のオフバランス化とは、貸借対照表上の記載から債権などの資産を、資産の部から外すことを意味します。


オフバランス化を実施してリスクの高い不良債権を切り離したり、有利子負債を返済したりすることで資産圧縮効果が期待でき、財務比率や経営評価の向上が望めます。


つまり、資産のオフバランス化という観点からも会社の価値の向上につなげられる可能性があります。

リスクマネジメント

金融機関からの借入や社債発行といった従来の方法以外に債権流動化という方法を確保しておくことで、資金調達の選択肢を広げてリスクを軽減させることができます。


また、債権流動化の手段の一つであるファクタリングなどを利用すれば、万一、売掛先が倒産したとしても未回収のまま不良債権化してしまうリスクを避けられます。


ファクタリングでは、以前はファクタリング会社が償還請求権を持つケースが一般的でした。


償還請求権とは、ファクタリング会社が買取った売掛債権が売掛先の倒産などで回収できなかった場合、ファクタリングを利用した会社にその金額の支払いを請求する権利のことです。


しかし現在では償還請求権がないノンリコースのファクタリングが一般的です。

債権流動化のデメリット

一方、債権流動化のデメリットについても理解しておきましょう。


まず、債権を譲渡して資金調達する際には手数料などのコストがかかります。


後述する債権担保融資も、通常の融資より高めの利息を支払います。


そのため債権流動化を行うと、決済日まで待って現金化した場合と比べて得られる金額は必然的に少なくなります。


これは売上金が減ってしまうということでもあります。


資金調達コストが割高になるというのは、粗利率の低い企業にとってはリスキーな要素です。


債権流動化による資金調達によって一時的に資金繰りが改善しても、同じ手法で何度も資金調達を繰り返せば売上がジリ貧になって経営が危うくなるケースも考えられます。

債権流動化の手段

最後に、債権流動化の手段についてご紹介します。


主に次の3つの手法があります。

ファクタリング

会社が保有する売掛債権を支払日前にファクタリング会社に譲渡することで現金化し、資金を得る手法です。



ファクタリングは審査が早く、売掛債権の信用力が高ければ即日現金化できる場合もあります。


最もポピュラーな債権流動化の方法であり、利用しやすいサービスです。


ファクタリングについて詳しく知りたい方はこちら

ファクタリングサービスとは?図解付きで簡単解説

売掛金担保融資(売掛金担保ローン)

売掛債権を担保として金融機関から融資を受ける手法です。


ファクタリングの契約をすると債権を買取ってもらうことになりますが、売掛金担保融資はあくまで融資であり返済が必要です。


不動産担保融資と似たところがあり、万一、返済ができなくなれば売掛債権によって弁済を行います。


ただし、利率は不動産担保融資よりも高く設定されているケースが多いようです。


また、融資なので会計上は負債となります。

売掛債権の証券化

売掛債権を特定目的法人(SPV)に譲渡することで資金を得る手法です。


ファクタリングと同じように支払日前に売掛債権を現金化できます。


SPVは売掛債権の決済期日に入金される代金、会社が保有する資産などから生み出されるキャッシュフローを裏付けとして、資金を提供し、投資家に証券を発行します。


債権流動化にはさまざまなメリットがあります。とくにファクタリングは利用しやすく、有効な資金調達方法といえます。


会社の資金繰りの調整、財務の改善などにお役立てください。


無料相談・お問い合わせ