コラム

ファクタリングなど売掛債権流動化に起こるリスク

銀行からの融資以外の方法で資金調達が可能な、非常に便利なファクタリングサービスは、その利便性の裏に、いくつものリスクを抱えています。

 

ファクタリングを利用して会社の運転資金を作ると、どのようなリスクがあるのでしょうか。

また、どのような手段を取れば、リスクを低減させることができるのでしょうか。

ファクタリングのリスクとその解決策についてご紹介していきます。

売掛債権流動化に起こるリスク

売掛先の経営不振によるリスク

ファクタリングは自社が持っている売掛金、売掛債権をファクタリング業者に買い取ってもらうという融資とは異なったサービスで、自社とファクタリング業者の2社だけではなく、普段の取引先である売掛先の企業の経営状態にも関係してくるサービスでもあります。

 

売掛債権を譲渡して、ファクタリング業者が期日通りに売掛先から売掛金を回収できれば問題ありませんが、全てのケースが支払ってもらえるというわけではありません。

売掛先の企業が経営不振によって期日通りの支払いができないというケースもあります。

あるいは売掛先が倒産してしまって回収不可能な状態に陥ってしまうといった、支払い遅延、支払い不能のリスクがあります。

償還請求権なしのファクタリングプランであれば、利用会社は債権の譲渡を行ってしまえば問題ありませんが、もしも償還請求権ありのプランを利用していたら、このような売掛先の支払い遅延や支払い不能な状態は、利用会社にまで償還請求が及んでしまい、支払いをしなければなりませんので注意しておきたいところですね。

 

売掛債権が減少してしまうリスク

このほかにも、売掛金が減少してしまうというリスクはよくある話ですので、ファクタリングサービスの利用に際して注意しておく必要があります。

 

具体的な例としては、契約内容が間違っており、売掛金がすでに譲渡されていたり、あるいは担保になってしまっていたり、ファクタリングサービスを重複して利用してしまっているというケースは起こりがちです。

また、売掛金が何らかの理由によってファクタリングサービスを利用した当初よりも少なくなってしまうというリスクもあります。

売掛金は一定とは限らず、もしも商品の中に不良品があった場合には返品して新しい商品と取り替えるか、返品してその分売掛金の金額を少なくするのが一般的で、当初見込んでいた金額よりも少ない金額になってしまう可能性があります。

売掛金の減少というリスクを言うのであれば、買掛金との相殺についても触れておく必要があるでしょう。

同じ取引先から商品を購入した場合は、売掛金と買掛金を相殺した上で債権、債務が発生することになり、これについてもファクタリングサービスの利用に大きな影響を及ぼすことになりますので注意しなければなりません。

利用した当初は100万円だった売掛債権も、数日後には90万円になっている可能性もあり、お金の流れも非常に分かりづらくなってしまい、取引先にも迷惑をかけてしまう可能性もありますので、売掛債権が減少してしまうリスクはしっかりと管理しておく必要があります。

売掛金のリスク軽減のためにできること

売掛先の状況を把握してリスクを低減

以上のように、ファクタリングには取引先の倒産や経営不振によって支払い遅延や不良債権化といったリスクや、取引によって売掛金が相殺あるいは減少してしまうリスクがあるわけですが、これらのリスクによって、ファクタリングを通して利用会社がそのあおりを受けないようにするためには、いくつかの方法が考えられます。

 

まず1つ目は、取引先の状況を把握するというものです。

取引先の経営状態が健全であるかどうか、しっかりと返済してくれる債権であるかどうかなど、経営状況を把握した上で、ファクタリングサービスの利用契約を交わすことで、リスクを低減させることが可能です。

次に2つ目は、支払い期限の調整や支払いの催促など、できるだけ早く支払ってもらえるように取引先へと交渉するという方法がリスクの低減させることにつながります。

 

ファクタリングの量を把握してリスクを低減

ファクタリングサービスを利用する量を自社できっちり把握することも、リスクを低減させるためには必要です。

 

ファクタリングによって買い取ってもらう売掛債権を分散させることも大切です。

ひとつの会社に依存してしまうと、もしもその費用が回収できなくなってしまった場合にはいっぺんに多大なリスクを負う必要が出てくることにもつながりますので、できれば分散させておいた方が良いでしょう。

投資家が株への投資を分散させるのと同じ理由ですね。

また、与信判断を自社で行うこともリスクを低減させるためには重要です。

ファクタリングに出す売掛債権は本当に安全な債権なのかどうか、担当者をつけるなどしてリスク管理を行うのがおすすめです。

ファクタリングには取引先の経営不振によって、回収不能、回収遅延といったリスクや、当初見込んでいた金額よりも売掛金が減少してしまうリスクなどが考えられますが、利用プランや自社で債権の安全度を管理することによって、リスクを低減させることも可能です。

 
無料相談・お問い合わせ