コラム

【必見】即日資金調達できるファクタリング会社10社!ポイントも紹介

会社を経営していく中で、急に資金が必要になってしまったり、資金不足に陥って資金繰り改善が必要になったりするタイミングがあるでしょう。そんなとき、売掛金を早期資金化できる「ファクタリング」がおすすめです。

ファクタリングは、お申込みから最短即日で資金調達ができるため、急ぎで現金が必要などの緊急事態に利用されるケースが多いです。

この記事では、即日で資金調達をしたい方のために、以下6点ついて解説します。

  • オンラインでも即日資金調達が可能
  • 即日資金調達ができるファクタリング会社6選
  • 個人事業主におすすめのファクタリングサービス4選
  • ファクタリングで即日資金調達する5つのポイント
  • 悪質なファクタリング業者に気を付けよう
  • 日本中小企業金融サポート機構で即日資金調達をするには



オンラインでも即日資金調達が可能

ファクタリングを利用するためには、ファクタリング会社またはファクタリングを提供している金融機関に申し込む必要があります。しかし近年、完全非対面が特徴のオンラインファクタリングサービスが増加しています。

そのため、自宅や会社にいながら、ファクタリングの利用を申し込んで即日資金調達が実現できるようになりました。

法人はもちろん、個人事業主の方でも利用できるサービスがたくさん登場しています。

「忙しくて契約に行く時間がとれない…」

という方は、ぜひオンラインサービスの利用をご検討ください。

即日資金調達ができるファクタリング会社6選

実際にファクタリングを申し込みたいと思っても、ファクタリングを提供している会社が多くあって、どの会社を選べば良いか迷ってしまう方も多いでしょう。スピーディーな対応以外にも、社会的に信用できる会社がどうかも気になりますよね。

ここでは、即日資金調達ができて、取引実績豊富な優良ファクタリング会社を6社紹介します。

おすすめのファクタリング会社は、以下でも詳しく紹介しています。

【2021最新】おすすめファクタリング厳選13社!非対面でも安心な業者

ビートレーディング

ビートレーディングは、ファクタリング業界では大手の会社で、累計の取引社数は21,000社を突破しています。審査結果は最短30分で提示してくれるスピード対応が特徴で、事前に必要書類を揃えていれば最短12時間で資金調達ができます。

専属の女性オペレーターが丁寧に対応してくれるので、ファクタリングを初めて利用する方にとっては利用しやすい会社でしょう。

また、ビートレーディングは「注文書ファクタリング」という新しいサービスを開始しました。

資金調達の様々なシーンで頼りになるファクタリング会社なので、ぜひ一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

ベストファクター

ベストファクターは、東京にあるファクタリング会社です。必要書類・情報を事前に準備すれば、最短24時間以内に資金調達が可能です。

申込画面から請求書を送信するだけなので、難しい手続きが発生しないのが嬉しいですね。

また、2社間ファクタリングを専門としているので、売掛先に承諾を得る必要がありません。

法人・個人事業主どちらも利用可能なので、柔軟性の高いファクタリング会社と言えます。

アクセルファクター

アクセルファクターは原則即日振込をモットーとしています。利用者の半数以上が即日振込を実現できており、急いでいる人にピッタリのファクタリング会社です。

即日対応の実績が豊富なのは、審査が柔軟であるということも影響しています。

審査通過率は93%と高い実績なので、信用情報に自信がない場合でも問い合わせてみましょう。

GMO BtoB早払い

GMO BtoB早払いはGMOペイメントゲートウェイ株式会社が運営するサービスです。東証一部上場企業が母体なので、企業としての信頼度は高いでしょう。

手数料は1.0%~と業界最低水準の設定なので、手数料を抑えたい方にもおすすめです。

また、利用者の要望に応じて対面・非対面どちらにも対応しています

入金スピードは審査後最短2営業日のため、余裕を持って申し込む必要があります。

No.1

No.1は東京・名古屋・福岡の3か所に拠点があります。事前に必要資料を準備しておけば最短即日の資金調達が可能なので、ホームページを確認するか問い合わせるなどして、事前に資料を準備しておくと安心です。

また、キャッシュフロー改善のコンサルタントが所属しているので、資金繰り全般の相談ができる点でも頼りになる会社でしょう。

TRY

ファクタリングのTRYは、東京にある株式会社SKOが運営しています。こちらも、最短1日で資金調達ができる会社のひとつです。

電話の他に、WEBから24時間問い合わせを受け付けているので、夜間の問い合わせも可能です。

日中電話する時間がないという方は、WEBで問い合わせてみてはいかがでしょうか。

個人事業主におすすめのファクタリングサービス4選

続いて、個人事業主やフリーランスの方におすすめのファクタリングサービスを4社紹介します。完全非対面でファクタリングを利用できるサービスがメインです。

FREENANCE

FREENANCEはGMOクリエイターズネットワークが運営するサービスです。ファクタリングサービスだけでなく、保険サービスもセットになっています。

最短即日の入金が可能で、手数料は3%~で利用できます。

また、フリーナンス専門の口座を使用すれば、手数料が下がるというメリットもあります。

QuQuMo

QuQuMoはオンライン完結でスピード感を重視したファクタリングサービスです。来店不要で、入金まで最速2時間という圧倒的な早さが特徴です。

また、手数料は1%~と低く、スピードと低コストを兼ね備えたサービスと言えます。

契約にはクラウドサインを導入しているので、セキュリティ面も安心できます。

法人・個人事業主どちらも利用可能なのも嬉しいですね。

OLTA

OLTAは面談不要のクラウドファクタリングサービスです。審査にはAIを導入しているため、人件費を抑えられていることから手数料は2~9%と低く設定されています。

OLTAは2社間ファクタリングに特化しており、法人・個人事業主どちらも利用可能です。

見積もり結果は24時間以内、入金は即日または翌営業日に対応してくれます。

yup

yupはフリーランス向けのファクタリングサービスです。入金前の請求書をyupが買取ることで、最短60分で資金調達が可能です。

会員登録をすれば利用でき、必要書類などは全てオンライン上で提出します。

操作が簡単でスピーディーな対応なので、フリーランスの方が気軽に資金調達できるサービスでしょう。

ファクタリングで即日資金調達する5つのポイント

ご紹介したように、ファクタリングは即日で資金調達することが可能です。

ただし、そのためには利用前にいくつか対応しなければならないことがあります。

ここでは、スムーズに資金調達する5つのポイントを解説していきます。


①事前に必要資料の確認や準備をする
②複数の契約方法がある会社を選ぶ
③利用を検討したらできるだけ早く問い合わせをする
④審査に必要な資料は早めに提出する
⑤少額の売掛債権でファクタリングをするのもひとつの手

①事前に必要資料の確認や準備をする

即日で資金調達するためには、できるだけ早く審査資料をファクタリング会社に提出することが重要です。

審査に時間を要してしまう場合もあるため、ファクタリングを利用する可能性が少しでもあるようなら、事前に資料の確認をしておきましょう。

ファクタリングの審査で主に必要な資料は以下の通りです。

・売掛先への請求書
・売掛先(取引先)からの入出金がわかる通帳
・請求書の他に売掛債権を証明できる書類(契約書、納品書、注文書など)

ファクタリング会社によって必要資料は異なりますが、最低限これらの資料はすぐに提出できるように準備しておくと安心です。

②複数の契約方法がある会社を選ぶ

契約方法で一般的なのは、ファクタリング会社に訪問して契約することです。

近くにファクタリング会社があれば良いですが、銀行のように地域に支店があるとは限りません。

以下のように、他にいくつか契約方法の選択肢があるファクタリング会社を選びましょう。

・出張契約
ファクタリング会社が利用者の会社やその近くまで訪問し、契約する方法・クラウド契約
オンライン上で契約する方法

・郵送契約
契約書をファクタリング会社に郵送して契約する方法

近くにファクタリング会社がないという場合は、出張契約クラウド契約に対応してもらえる会社を選んでお問い合わせください。

なお、郵送契約に対応しているファクタリング会社もあります。

即日調達希望の方には不向きですが、契約書に押印してポストに投函するだけですので、簡単に利用できます。

そのため、本日中でなくても3日以内に資金調達できれば良いなど、少しゆとりがある人にはおすすめです。

③できるだけ早く問い合わせをする

ファクタリングの利用を検討した段階で、できるだけ早く問い合わせをしましょう。その理由は、ファクタリングを利用しても信用情報に一切影響がないためです。

融資の場合は、審査を受けただけで信用情報にデータが残ってしまいますが、ファクタリングでは審査を受けても信用情報へ影響はありません。

そのため、必要になった時にすぐにご利用いただけるよう、ファクタリングを検討している段階でのお問い合わせをおすすめしています。

パターン別のおすすめの問い合わせ方法は、以下です。

パターン①
利用を検討したのがファクタリング会社の営業時間外だった場合、ひとまずHPのフォームからお問い合わせをして、営業開始と同時に電話問い合わせをする。
パターン②
利用を検討したのが営業時間内だった場合、検討している段階で電話問い合わせをして、審査に必要な資料や契約時に必要な資料を聞いておく。

④審査に必要な資料は早めに提出する

審査に時間がかかってしまう場合があるため、必要な資料はできるだけ早く提出しましょう。審査結果が早く出れば、当日中に振り込みをしてもらえる可能性も高くなります。

なお、問い合わせ時に必要書類が揃っていなくても問題ありません。

審査を待っている間に、準備を進めましょう。

ファクタリング契約で、主に必要な資料は以下です。

・履歴事項全部証明書
・代表者の本人確認資料(免許証やパスポート、住民票など)
・代表者および会社の実印
・代表者および会社の印鑑証明書
こちらもファクタリング会社によって異なりますので、早めに確認いただき準備しておくことをおすすめします。

⑤まずは少額の売掛金を買取ってもらう

最低限、必要な額だけファクタリングするのもひとつの手です。

例えば、1000万円の売掛債権を買い取るとなると、ファクタリング会社にとっては未回収になった場合のリスクが大きいため、通常より審査に時間を要してしまいます。

そのため、どうしても当日中に必要な額だけ調達するという手もあります。

とはいえ、大きい額の売掛金であっても売掛先が大手企業で信頼できる売掛金であれば、即日資金化することも可能ですので、詳しくはファクタリング会社に相談することをおすすめします。

悪質なファクタリング業者に気を付けよう

急ぎの資金調達が必要だからといって、焦って悪質業者を利用してしまう可能性があります。悪質業者を見極めるため、以下のポイントに注意しましょう。

  • 手数料が相場と比較して妥当か
  • 契約書に不明点がないか
  • 取引実績があるか

詳しくは以下の記事で解説しているので、ぜひお読みください。

【必見】優良ファクタリング会社の選び方!見極めるための10のポイント

日本中小企業金融サポート機構で即日資金調達をするには

当機構で即日資金調達をご希望の場合、以下をおすすめしております。
・事前に必要資料の確認や準備をする
・利用を検討したらできるだけ早く問い合わせをする
・少額の売掛金でファクタリングをする
・2社間ファクタリングを利用する

当機構では下記4点をご提出いただき、審査結果をお出しします。お申込み後すぐに必要資料を提出していただければ、即日資金調達ができる可能性が高くなります。

  • 当機構規定の申込書
  • 売掛先からの入金が分かる通帳のコピー(3ヶ月分)
  • 請求書・契約書など売掛金の発生がわかるもの
  • 代表者様の身分証明書

ご相談は何回でも無料ですので、ファクタリングの利用を検討されている方や実際に買取ってほしい売掛金をお持ちの方は、お気軽にご相談ください。