コラム

注文書ファクタリングとは?厳選2社を徹底比較

請求書を早期資金化するファクタリングは、経営者の資金調達方法として広く利用されています。

一方で、請求書より手前の「注文書」を資金化できる「注文書ファクタリング」はご存知でしょうか。

「注文書ファクタリング」とは、納品前に資金化できる新しいファクタリングサービスです

「注文書を資金化して、入金サイクルを短縮したい」
「納品前に他の案件が入り、急な仕入れが発生…」
このようなお悩みをお持ちの方は、「注文書ファクタリング」での資金調達がおすすめです。

今回は、以下5点の内容について説明します。
納品前に資金化できる注文書ファクタリングとは
注文書ファクタリングのメリット3つ
注文書ファクタリングのデメリット2つ
注文書ファクタリングの利用におすすめ!2社徹底比較
当機構のおすすめポイント3つ

ぜひ最後までお読みいただき、新しい資金調達方法としてお役立てください。

納品前に資金化できる注文書ファクタリングとは

注文書ファクタリングとは、納品前の注文書を資金化できるファクタリングサービスの1つです。

ここでは、注文書ファクタリングについて下記2点について説明します。
・注文書ファクタリングの仕組み
・従来のファクタリングとの違い

 

ファクタリングは違法ではない

注文書ファクタリングの仕組み自体は、従来のファクタリングと変わりません。

しかし、資金化するタイミングが従来のファクタリングより、注文書ファクタリングの方が早いという違いがあります。

〈注文書ファクタリングの仕組み〉
①案件を受注し、売掛先から注文書を発行
②ファクタリングを契約し、注文書をファクタリング会社に売却
③ファクタリング会社から注文書の売却額が振り込まれる
④通常の入金日に売掛先から売掛金が入金
⑤ファクタリング会社に入金された売掛金を支払う

注文書ファクタリングは、案件を受注した際に売掛先から発行された注文書を資金化します。

その注文書をファクタリング会社に売却、買取金額から手数料を引いた金額がお客様に振り込まれます。

お客様は売掛先から売掛金が入金されたら、ファクタリング会社に売掛金を支払い、取引が完了します。

そのため、仕組み自体は従来のファクタリングと変わりません。

ファクタリングの仕組みを詳しく知りたい方はこちら

 

従来のファクタリングとの違い

ここでは、従来のファクタリングと注文書ファクタリングの違いを比較します。

ぜひ、どちらを利用するか検討する際に参考にしてください。

従来のファクタリング注文書ファクタリング
買取対象納品後の請求書納品前の注文書
入金サイクルの短縮1~2ヶ月短縮最大6ヶ月短縮

 

従来のファクタリングは、納品後に発生する売掛金を資金化するサービスのため、資金調達が可能なタイミングが異なります。

注文書ファクタリングは、納品前の注文書を資金化できるため、入金サイクルを最大6ヶ月短縮できます。

 

注文書ファクタリングのメリット3つ

注文書ファクタリングのメリットは下記3つあります。
①納品前に資金化可能
②入金サイクルを短縮可能
③売掛先の承諾が不要それぞれ詳しく説明します。

 

 

①納品前に資金化可能

上述の通り、注文書ファクタリングは納品前に資金化できます。

そのため、案件を受注した段階で資金調達ができるため、仕事の着手金などに活用が可能です。

また、資金不足で諦めていた大口案件を受注できるようになるなど、ファクタリングでは解決できなかった経営の悩みにも対応ができるサービスです。

 

②入金サイクルを短縮可能

注文書ファクタリングは、納品前の注文書をファクタリングに売却し資金化できるため、入金サイクルを最大6カ月も短縮できます。

「入金サイクルが長く資金繰りが悪化しやすい」
「入金サイクルを短縮したい」
とお悩みの方は、注文書ファクタリングを利用することで資金繰りを安定させることができます。

 

③売掛先の承諾が不要

注文書ファクタリングは、「お客様」と「ファクタリング会社」の2社間で契約するので、売掛先が関わらない「2社間ファクタリング」と同じ契約方法です。

売掛先に承諾を得ずに資金化できるため、今後の取引に悪影響が出る心配もありません。

「売掛先との今後の取引に悪影響が出てしまうのでは…」と心配する必要はありません

 

注文書ファクタリングのデメリット2つ

注文書ファクタリングのデメリットは下記2つあります。
①取扱っているファクタリング会社が少ない
②手数料が高くなる傾向がある

 

①取扱っているファクタリング会社が少ない

注文書ファクタリングは、従来のファクタリングと比べ取扱っているファクタリング会社がまだ少ないのが現状です。

取扱っているファクタリング会社がまだ少ないため、利用を検討している方は見積りなどを比較できないのがデメリットでしょう。

 

②手数料が高くなる傾向がある

従来のファクタリング同様に、注文書ファクタリングを利用する際は手数料がかかります。

また、注文書ファクタリングではファクタリング会社のリスクが高いため、手数料が高くなる傾向があります。

従来のファクタリングは、納品後の請求書を資金化するので、売掛先が倒産しない限り売掛金が入金されます。

一方、注文書ファクタリングは納品前の注文書を資金化するので、仕事が納品されるまで買取金額の回収を待たなければなりません。

そのため、ファクタリング会社は、未回収リスクに備えて手数料が高めに設定しています。

注文書ファクタリングの利用におすすめ!2社徹底比較

上述の通り注文書ファクタリングは、取扱っているファクタリング会社がまだ少ないのが現状です。

今回は、注文書ファクタリングを取扱っている下記2社をご紹介します。
・ビートレーディング
・GMO BtoB早払い

 

ビートレーディング

所在地東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル 3F
営業時間9:30~19:00
入金スピード最短翌日
個人事業主の利用可能
必要書類・注文書
・通帳(3ヶ月分)
・本査定申込書

 

株式会社ビートレーディングは、取引実績が21,000件と豊富な実績がある大手ファクタリング会社です。

2020年よりPOファイナンス®(受注時点等での融資/国や地公体も採用)を展開するTranzax株式会社と協力し、「注文書ファクタリング」のサービスを開始しました。

お申込みから審査完了まで最短30分と、対応スピードが速いのでお急ぎの方におすすめです。

女性オペレーターが対応してくれるので、はじめての利用でも安心できますね。

 

GMO BtoB早払い

所在地東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス
営業時間9:00~18:00
入金スピード最短2営業日
個人事業主の利用不可
必要書類・注文書
・決算書(2期分)
・審査依頼書

 

GMO BtoB早払いは、GMOペイメントゲートウェイ株式会社が運営しているファクタリングサービスです。

東証一部上場企業のサービスのため、安心感がある会社と言えるでしょう。

また、最大6ヶ月の入金サイクルを短縮でき、最短2営業日で資金化が可能です。

注文書の買取は100万円〜個人事業主のお客様は利用できないので、必要に応じて利用を検討しましょう。

請求書の資金化は当機構まで

最後に、当機構を安心してご利用いただくためにも、当機構の請求書を資金化できるファクタリングサービスのおすすめポイント下記3つを紹介します。
①最短即日資金化可能
②業界最低手数料
③経営革新等支援機関として経営全体をサポート

 

①最短即日資金化可能

審査通過率は95%以上最短30分で審査結果を提示します。

スムーズに必要資料をご提出いただけましたら、最短即日で資金調達ができます。

15時までにご契約が完了した場合は、即日お振込みさせていただきます。

そのため、お急ぎのお客様にも安心してご利用いただけます。

 

②業界最低手数料

当機構は、業界内最低手数料1.5%~で利用できます。

日々無駄なコストがないか見直しているため、このような手数料設定を実現できました。

ファクタリングの手数料は、最終的に入金される額に大きく影響するため、手数料が高いことを懸念されている方もぜひ1度ご相談ください。

 

③経営革新等支援機関として経営全体をサポート

当機構は、「経営革新等支援機関」とは中小企業経営力強化支援法に基づき、財務局及び経済産業局が認定する機関です。

※「経営革新等支援機関」とは
中小企業経営力強化支援法に基づき、財務局及び経済産業局が認定する機関です

ファクタリングだけではなく、より密に経営全体のサポートが可能です。

経営革新等支援機関を利用することで、以下のようなメリット3つがあります。

①認定支援機関の支援を要件とする様々な補助金が申請できるようになる
②信用保証協会の保証料が減額される
③事業計画の策定支援により、正しい課題と対応策を明確化できる

 

まとめ

注文書ファクタリングについて、以下5点を解説しました。
・納品前に資金化できる注文書ファクタリングとは
・注文書ファクタリングのメリット3つ
・注文書ファクタリングのデメリット2つ
・注文書ファクタリングの利用におすすめ!2社徹底比較
・当機構のおすすめポイント3つ

注文書ファクタリングとは、納品前の注文書を資金化できるファクタリングサービスの1つです。

ファクタリングサービスは、最短即日での資金調達も可能なため、ファクタリングを正しく利用することで、資金繰りに悩む企業の心強い味方になってくれます。

ぜひこちらの記事を参考に、経営改善に繋げられることを願っております。

資金調達・経営にお悩みの方は、ぜひお気軽に当機構にご相談ください。

無料相談・お問い合わせ