コラム

資金ショートの原因と対策をわかりやすく解説

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、資金繰りにお悩みの方のお問い合わせが増えています。

資金繰りで気をつけなければならないのが、運転資金が不足する「資金ショート」です。

「資金ショートしたらどうなるの?」
「倒産や経営破たんの引き金になる?」
など資金繰りやキャッシュフローの改善にお悩みの方は、資金ショートの原因と対策を事前に知っておくことが大切です。

この記事では、下記7点について説明します。
・資金ショートとは「運転資金が不足する」こと
・資金ショートの3大原因
・重要!資金ショートを防ぐ3つの対策
・資金ショートが起きた場合の緊急対策3選
・ファクタリングで資金繰りを改善できた事例
・資金繰りが間に合わなければ倒産手続きへ
・即日資金調達可能!ファクタリング会社3社

資金繰りが間に合わなければ、会社をたたむ決断が必要になるかもしれません。

倒産や再生手続きはどの段階ですべきなのか、そうならないためにどんな対策が必要なのかも、この記事でわかりやすく説明します。

また、資金ショートを防ぐために「ファクタリング」を利用し、資金繰りを改善できた事例も紹介します。

資金繰りにお悩みの方、資金ショート対策に興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

資金ショートは「運転資金が不足した状態」

資金ショートとは、手元にある現金や預金が枯渇し、運転資金が不足した状態です。

資金ショートは「赤字」や「債務超過」と違い、社員の給料(人件費)や、手形・小切手の支払いができなくなるため、悪化している状態です。

赤字や債務超過でもすぐに倒産はしませんが、資金ショートは倒産につながりかねない状態です。

ここでは、下記2点について説明します。
・資金ショートと黒字倒産
・資金ショートと倒産の違い

資金ショートは黒字倒産を引き起こす

黒字倒産とは、帳簿上は黒字が出ているにもかかわらず、会社経営が破たんしてしまう状態です。

なぜ、黒字倒産が起きるのでしょうか。

会社の売上は、すぐ現金になるわけではありません。

掛取引の「売掛金」のように、納入から支払いまで何ヶ月もかかるケースがあります。

このとき、帳簿上は「売掛金」により黒字ですが、手元には現金がありません。

そのため、仕入れ費や人件費の支払いが生じたとき、資金ショートを起こす恐れがあります。

一見すると健全な黒字経営でも、資金ショートを起こして倒産にいたるケースがあるため、注意が必要です。

資金ショートと倒産の違いは?資金ショートは倒産秒読みの状態

資金ショートと「倒産」は別物です。

資金ショートとは、手元の現金が足りず支払いができない状態です。

一般的に、会社は資金ショートに陥り、手形・小切手の不渡りや社員の給料未払いを起こして倒産にいたります。

そのため、赤字や債務超過に陥ってもすぐ倒産するわけではありません。

資金ショートは「倒産秒読みの状態」であり、会社がつぶれてしまう「倒産」とは分けて考えましょう。

資金ショートの3大原因

ここでは、「資金ショートの3大原因」について詳しく説明していきます。

資金ショートが起きる原因は、大きく分けて3点す。
①突然の売上減少
②売掛金が回収できない
③予測できない外部要因

①突然の売上減少

売上が急に減少した場合、収支バランスが崩れ、資金ショートに陥る可能性があります。

代表的な原因が、大口顧客の倒産や取引停止です。

予期していない売上減少が起きると、手元の現金も不足します。

また、同時期に、仕入れ費や人件費、税金や保険料などの支払いが生じた場合、資金ショートに陥ります。

売上は一定ではなく、常に変動するものです。

取引先の分散や、M&Aによる市場リスクの分散など、売上が多少減少しても耐えられるような仕組みづくりが重要です。

②売掛金が回収できない

売掛金が回収できない場合も、資金ショートにつながります。

売掛先の倒産や売掛金の未払いにより、売掛金を回収できなければ、入金日に現金が入ってきません。

売掛金を確実に回収するために大切なのが、売掛先の「与信管理」です。

顧客が増えれば増えるほど与信管理にはコストがかかりますが、資金ショートを防ぐうえで、与信管理業務は欠かせません。

③予測できない外部要因

予測できない外部要因によっても、資金ショートが発生する恐れがあります。

たとえば、新型コロナウイルスの感染拡大によって、飲食業・観光業などの市場が縮小し、企業を取り巻くビジネス環境が大きく変化しました。

自然災害などの外部要因は、ほとんどの場合予測できません。

予測できないからこそ、資金繰りを安定化させ、内部留保を増やすなど、日頃の備えが大切です。

重要!資金ショートを防ぐ3つの対策

それでは、資金ショートを予防する3つの対策について説明します。
①売掛金を早期資金化する
②コストの削減や見直しを行う
③不要な在庫は持たない

①売掛金を早期資金化する

ファクタリングとは、売掛金をファクタリング会社に売却し、入金日よりも前に資金化できるサービスです。

売掛金の支払いサイトが長い場合は、入金日よりも前に支払いが発生するケースがあります。

そこで、ファクタリングを利用し、売掛金の入金日を前倒しすれば、資金ショートの対策が可能です。

資金繰りの改善にお悩みの方は、ぜひファクタリングの利用を検討してください。

②コストの削減や見直しを行う

コストの削減や見直しを行い、支出を減らすことでも資金ショートの対策が可能です。

コスト削減の対象となる経費は、下記の4点です。

✓変動費
✓固定費
✓人件費
✓赤字事業

すぐに効果が表れやすいのが、仕入れ費、消耗品費、外注費などの「変動費」です。

変動費を中心に、優先順位をつけてコスト削減に取り組みましょう。

資金ショートの恐れがある場合は、「事業のスリム化」が急務です。

まずは顧問税理士等に相談したうえで、コストの削減や見直しを行いましょう。

③不要な在庫は持たない

なるべく不要な在庫を持たないことでも、資金ショートを防げます。

たくさん在庫を抱えていても、在庫が売れなければ支払ったお金を回収できません。

また、在庫には保管費用や管理費用など、多額の維持費もかかります。

在庫が少なすぎると機会損失につながりますが、多すぎると資金繰りを悪化させることを知っておきましょう

資金ショートが起きた場合の緊急対策3選

もし、資金ショートに陥ってしまったら、以下の3つの緊急対策を行ってください。
①請求漏れ・未入金を把握する
②税金・保険料の支払いを遅らせる
③ファクタリングで資金調達をする

①請求漏れ・未入金を把握する

まずは、売掛金のうち請求が漏れているものがないか、入金がまだのものがないかをチェックしましょう。

請求漏れ・未入金の売掛金を確実に回収することで、すこしでも手元の運転資金を増やし、キャッシュフローを改善できます。

また、売掛先の支払いが遅延しているケースもあります。

すぐに売掛先に連絡し、売掛金の支払いはできそうか、いつまでに入金できそうかを確認しましょう。

②税金・保険料の支払いを遅らせる

現金や預金が不足してしまったら、すこしでも支払いを減らすことを考えましょう。

まずは、お近くの国税局・国税事務所等に相談し、税金・保険料の支払いを猶予を申し出ましょう。

とくに新型コロナウイルスの影響が大きい昨今では、資金繰りが苦しいことを説明すれば、支払いを待ってもらえるケースがあります。

また、税金・保険料の滞納がつづくと、「差し押さえ(不動産、売掛金、預金など)」の恐れがある点も覚えておきましょう。

③ファクタリングで資金調達をする

上述したように、ファクタリングは売掛金の入金を前倒しし、資金化するサービスです。

ファクタリングサービスによっては、売掛金を最短即日で資金化できるため、緊急時の資金調達に最適です。

また、ファクタリングの与信審査は、利用者ではなく、売掛金を支払う売掛先の信用情報を重視します。

そのため、ファクタリング会社によっては、赤字決算、債務超過、税金・保険料の滞納がある場合でも利用できます。

ファクタリングで資金繰りを改善できた事例

資金ショートを防止するため、様々な業種の方がファクタリングを活用しています。

「入金予定がズレて、決済用の資金が不足した」
「債務超過なので、銀行に追加融資を断られた」
といったご相談が当機構にも多く寄せられています。

今回は、当機構のファクタリングで、資金繰りを改善できた事例を紹介します。

資金繰りにお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

当機構で即日資金調達に成功したお客さま

業種建設業
調達額500万円
売掛金1200万円
年商9000万円

建設業のお客さまから、当機構に電話でお問い合わせがありました。

ヒアリングを行ったところ、複数の下請けのうちの一社が倒産し、その穴埋めとして急遽増員と車両レンタルが必要になったが、どう見積もっても手元資金が足りないとのご相談でした。

資金ショートの恐れがあったので、早期の資金調達が可能な「2社間ファクタリング」をご案内しました。

ファクタリングの利用が初めてのお客さまでしたが、当機構のご案内により、必要書類をすぐにご提出いただいたため、即日での資金調達に成功しました。

当機構のファクタリングのご利用により、間近に迫った資金ショートを回避し、お客さまの資金繰りの安定化につながったことを実感しています。

資金繰りが間に合わなければ倒産手続きへ

資金繰りを改善できず、資金ショートが発生すれば、会社の事業活動は停止します。

そうなった場合は、倒産手続きしかありません。

倒産ではなく、単に事業をやめる「廃業」という選択肢もありますが、事業活動を清算するには時間がかかります。

資金ショートに陥れば、廃業するだけの時間的余裕がないため、倒産手続きを選ぶしかありません。

再建の可能性がある場合は、民事再生や会社更生などの「再建型」の倒産手続きを、再建がむずかしい場合は、破産などの「清算型」の倒産手続きを行います。

会社を倒産させないためにも、ファクタリングを利用し資金繰りの改善に取り組むことが大切です。

即日資金調達可能!ファクタリング会社3社

ここでは、即日での資金調達が可能なファクタリング会社を3社紹介します。
・ビートレーディング
・OLTA
・ウィット

資金繰りにお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

ビートレーディング

株式会社ビートレーディングは、累計利用社数が2.6万社を超えるファクタリング会社の老舗です。

ビートレーディングには、東京本社、仙台支店、大阪支店、福岡支店の合計4つの事業所があり、全国どこでもファクタリングサービスを利用できます。

お仕事完了前に利用できる「注文書ファクタリング」、「2社間ファクタリング」なら、最短即日での資金調達が可能で元資金をすばやく確保できます。

OLTA

OLTA株式会社は、日本で初めてオンライン完結型の「クラウドファクタリング」を始めたファクタリング会社です。

申込みの際に面談は不要で、見積もり結果が24時間以内にわかります。

与信審査はAIが代行するため、ファクタリング手数料が安く、売掛金の2~9%程度となるケースが一般的です。

OLTAは「2社間ファクタリング」のみを提供しており、急な出費への対応や融資実行までのつなぎ資金として活用できます。

ウィット

株式会社ウィットは、小口専門のファクタリングサービスを提供するファクタリング会社です。

最短即日での資金調達が可能な「2社間ファクタリング」を提供しており、資金繰りの改善が可能です。

また、ウィットは小口専門のファクタリング会社です。

他社に断られるような、少額の売掛金でも資金化できます。

資金繰りのご相談は当機構まで

もし資金ショートに陥ってしまったら、会社は倒産秒読みの状態です。

そうならないためには、コストの削減や見直し、不要在庫を持たないなど、日頃から資金繰りの改善に取り組むことが大切です。

資金ショートの可能性がある場合、売掛金を早期資金化できるファクタリングサービスがおすすめです。

2社間ファクタリングなら、最短即日での資金調達が可能なため、急な支払いにも対応できます。

読んでいて不明点、疑問に残る点がある場合は日本中小企業金融サポート機構にご相談ください。

一番大切なことは事業を継続することです。

当機構は経験豊富な担当者が、それぞれのお客様に合わせた最適な資金調達の方法をご案内いたします。

無料相談・お問い合わせ