コラム

【事例あり】ファクタリングが運送業に向いている3つの理由

ファクタリングとは、売掛金の現金化のことです。売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらう仕組みで、売掛先から入金を待つより早く資金化できます。つまり、ファクタリングは資金繰りを改善するために利用するものです。


運送業は資金繰りが厳しい業界の一つで、ファクタリングを検討すべき業種といえるでしょう。本記事では、なぜ運送業がファクタリングに向いているのか、その理由を解説します。


なお、ファクタリングは「一般社団法人日本中小企業金融サポート機構」に相談しましょう。「経営革新等支援機関」に認定されており、業界最低水準のコストでファクタリングを利用できます。当機構は成果報酬型のため、相談は何度でも無料です。


手数料を知りたい方は簡易診断をご利用ください。

ファクタリングが運送業に向いている3つの理由

なぜ運送業はファクタリングに向いているのか、以下3つの理由が挙げられます。

  • 資金繰りがタイト
  • 輸送費が変動しやすい
  • 急な大型の出費がある

運送業は資金繰りがタイト

運送業の場合、売掛金は月末締めの2ヵ月後に入金される傾向にあります。月初の仕事だとほぼ3ヵ月かかるため、売上から入金までの期間が長い業界といえます


入金が遅い場合、経営者にとっては資金繰りが悩みどころでしょう。経費や給与など各種支払いがあるため、入金が遅いほど手元資金が減ってしまいます。


このような場合にファクタリングを利用することで、売掛金を現金化し、資金繰りの改善が可能です。資金繰りに窮しやすい運送業に向いているでしょう。

輸送費が変動しやすい

輸送費が変動しやすく、資金繰りを悪化させやすい点もファクタリングが運送業に向いている理由です。


事業用トラックに用いられる軽油は値動きが大きく、想定以上の支払いが発生しかねません。特にリーマンショック時は軽油価格が急騰しました。


それまで1リットル110~130円程度で推移していましたが、2008年6月には150~160円台にまで上昇しています。約15~45%の値上がりが短期的に起こり、多くの運送業者がコスト高騰に悩まされたことでしょう。


2021年はおおむね1リットル130円で推移していますが、安値と高値の差は20円以上あります。やはり燃料費の変動は大きいようです。


引用:資源エネルギー庁 石油製品価格調査


荷主が大企業であるケースが多い運送業にとって、燃料費上昇を運賃へ転嫁することは簡単ではありません。結果、燃料費の上昇は運送業者の資金繰りを圧迫します。


そのため、ファクタリングによる資金繰り改善の余地が大きいでしょう。運送業にファクタリングが向いている理由の一つです。

急な大型の出費がある

運送業は事故による車両の修理費や相手への賠償など、突発的に大きな出費を迫られることがあります。銀行融資は実効までに時間がかかるため、間に合わないケースもあるでしょう。


ファクタリングは最短即日で資金調達可能です。急な大型出費の可能性がある運送業にとって、スピーディに資金調達できるファクタリングは向いているでしょう。

運送業のファクタリング活用事例

運送業でファクタリングを利用されたお客様の事例を紹介します。

ケース1:車両の修理費をファクタリングで工面!

都道府県:福島県

調達金額:600万円

調達期間:4日

<利用者の声>

中型トラックで関東方面への配送を行っておりますが、車両が故障し、修理のため急遽600万円の費用が必要になってしまいました。

このままでは現場が回らず配送遅延が発生してしまうため、藁にも縋る思いでファクタリングを利用しました。

審査の書類や流れも難しくなく、担当の方にスムーズに対応してもらえたため、銀行融資よりも早く資金調達できました

おかげさまでお客様への影響は最小限で済みました。

ケース2:ファクタリングで外注費の支払いに対応!

都道府県:石川県

調達金額:250万円

調達期間:2日

<利用者の声>

年末年始の繁忙期に、取引先からの受注が増え、トラック台数とドライバーの増員をしなければならなくなりました。

急ぎ対応するため外注を利用したので、費用の支払いが発生しますが、受けた仕事は支払いサイトが長く外注費の支払いに間に合いません。

そこで、知人から紹介されたファクタリング会社へ相談してみました。

翌日には入金してもらうことができ、支払いが間に合い本当に助かりました。

運送業がファクタリングを利用する際の注意点

ファクタリングには注意点もあります。しかし、ファクタリング会社を正しく選べば避けることも可能です。


ここでは運送業がファクタリングを利用する際の注意点を紹介し、それに対応したファクタリング会社の選び方について解説します。

売掛先に知られる可能性がある

初めてファクタリングを行なう場合、気になるのは売掛先との関係でしょう。売掛金の売却が知られればこちらの財務状況を疑われ、今後の取引に影響を与えかねません。


ファクタリングには「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の2種類があります。

  • 2社間ファクタリング:ファクタリング会社と利用者で契約が完結
  • 3社間ファクタリング:ファクタリング会社と利用者に加え、売掛先を含め契約


上記のように、「3社間ファクタリング」は売掛先も契約に含めるため、必ずファクタリングの利用を知られることになります


一方、「2社間ファクタリング」はファクタリング会社との契約で完結するため、売掛先に承諾を得る必要がありません


売掛先に知られたくない場合、2社間ファクタリング対応の業者を選びましょう。

手数料や諸経費も確認する

ファクタリングは一般的に手数料がかかります。手数料はファクタリング会社によって異なり、なかには高額な料金を請求する悪質な業者もあるため注意しなければなりません。


また、ファクタリングは直接の手数料以外に、印紙代などの諸経費がかかる場合もあります。事前に必ず確認し、できるだけ費用が安い業者を選びましょう。

運送業のファクタリングなら一般社団法人日本中小企業金融サポート機構

ファクタリングの相談なら、以下3つの理由から「日本中小企業金融サポート機構」をおすすめします。

  • 経営革新等支援機関に認定
  • ファクタリングは2社間、3社間から選べる
  • 成果報酬型で相談は無料

経営革新等支援機関に認定

当機構は2020年10月30日に、財務局および経済産業局から「経営革新等支援機関」に認定されました。中小企業経営力強化支援法に基づき、財務局および経済産業局が認定するものです。


ファクタリングをうたう悪質な業者もありますが、公的に認められた当機構にその心配はありません。初めての利用でも安心してご相談いただけます。


経営革新等支援機関に認定されるには、知識や実務経験が一定以上と認められる必要があります。単に正規の業者というだけでなく、経営に関する知識・経験が高いレベルにないと認定されません。


せっかく相談するなら専門性の高い当機構への相談をご検討ください。

ファクタリングは2社間、3社間から選べる

当機構は3社間ファクタリングのほか、2社間ファクタリングを提供しています。売掛先承諾を得ることができない場合でも、2社間ファクタリングを選べるため安心して利用できます


3社間ファクタリングは手数料を抑えられるメリットがあります。売掛先をファクタリング契約に含めることで、ファクタリング会社が負う資金回収リスクが小さくなります。


ニーズに合わせて2つのファクタリング契約を選べる点も当機構の魅力といえるでしょう。

成果報酬型で相談は無料

当機構は「成果報酬型」のため、結果が出ない限り費用が発生しません。相談は何度でも無料のため、まだ検討段階にある経営者もお気軽にお問い合わせください。


なおファクタリングは融資ではありませんが審査があります。当機構の審査通過率は95%以上で、最短30分で審査結果の提示が可能です。15時までに契約が完了した場合、即日振込にも対応しています。


低コストかつ早急な資金調達ができる点もまた、当機構の大きな強みです。

まとめ

運送業は「売掛金入金の遅さ」「変動が大きい輸送費」「急な大型出費」の3つの理由から資金繰りが厳しくなりやすい業界です。そのため、ファクタリングによって資金繰りを改善する余地があります。


ファクタリングなら、「日本中小企業金融サポート機構」への相談がおすすめです。経営革新等支援機関に認定されており、また3社間ファクタリングだけでなく、2社間ファクタリングを選べるため、売掛先に承諾を得ることが難しい場合でも安心して利用できます。


業界最低水準の手数料、および最短即日に資金調達できる点も魅力です。相談は無料のため、まずはお気軽にご相談ください。