コラム

金融ブラックでも日本政策金融公庫を利用可能?おすすめ資金調達2選

中小企業の資金調達方法は、日本政策金融公庫や銀行融資、カードローン、ファクタリングなど多種多様な方法があります。

しかし、クレジットカードの支払いが遅れてしまったことがある方や税金を滞納したことのある方は信用情報に「金融ブラック」として登録されてしまい、資金調達が難しくなる可能性があります。

「金融ブラックになるとどうなるのか」
「金融ブラックでも日本政策金融公庫から融資を受けられるのか」
「金融ブラックでも資金調達できる方法はあるのか」

上記のようなお悩みの方に向けて、今回は金融ブラックでも資金調達可能な2つの方法をご紹介します。
ぜひ最後までお読みください。

無料相談・お問い合わせ

金融ブラックとは

金融ブラックとは、過去に起こしたお金のトラブルが原因で信用情報にブラックとして登録されて信用を失った状態のことです。

信用情報とは、クレジットカードや各種ローンの申し込み・契約、支払の状況に関する情報のことです。

金融ブラックに登録される原因

金融ブラックとなる原因は下記5点が挙げられます。

①クレジットカードやローンの支払いの延滞・滞納
②携帯電話の本体料金、基本料金などの支払い延滞・滞納
③奨学金の返済の延滞・滞納
④自己破産、任意整理などの債務整理
⑤代位弁済

金融ブラックに登録されるとどうなる?

金融ブラックに登録されると、金融機関からの借入や、クレジットカードの作成、キャッシング、クレジットローンからの借入などができなくなる場合があります。

そのため、金融ブラックに登録されないように銀行融資やクレジットカードの払い期日を確認しましょう。

個人信用情報機関3つ

信用情報は、国が運営する下記3つの個人信用情報機関によって管理されています。

・日本信用情報機構(JICC)
・全国銀行個人信用情報センター(KSC)
・株式会社シーアイシー(CIC)

3つの個人信用情報機関のうち、1つでも金融ブラックとして登録されると、その情報は共有され、はじめての資金調達方法でも利用ができないケースがあります。

金融ブラックリストから情報はいつ消えるのか?

金融ブラックとして登録された情報が消されるまでにかかる期間は以下の通りです。

延滞・滞納債務整理代位弁済
日本信用情報機構(JICC)延滞・滞納解消後

5年

契約が2019年3月30日以前の場合は

1年

5年5年
全国銀行個人信用情報センター(KSC)延滞・滞納解消後

5年

5年

(自己破産10年)

5年
株式会社シーアイシー(CIC)延滞・滞納解消後

5年

5年

(自己破産7年)

なし

 

遅延・滞納や債権整理などによって金融ブラックとして一度登録されてしまうと、履歴が消えるまでに5~10年ほどかかります。

金融ブラックに登録されているか不安な方は個人信用情報機関に信用情報の開示を申請し確認しましょう。

金融ブラックに登録されているか確認する場合、3つの個人信用情報機関で開示される内容が異なります。

開示の申請をする場合は、下記の表を参考に開示したい内容に応じてそれぞれの機関に申請しましょう。

 

開示内容
日本信用情報機構(JICC)キャッシングなどの金融事故に関する情報
全国銀行個人信用情報センター(KSC)金融機関からの借入に関する情報や支払状況
株式会社シーアイシー(CIC)クレジットカードに関する個人信用情報

日本政策金融公庫は金融ブラックでも利用可能?

日本政策金融公庫とは、政府全額出資の政府系金融機関で、銀行などから融資を受けることが難しい中小企業や小規模事業者、創業者を支援する金融機関です。

そのため金融ブラックであっても状況によっては融資を受けることが可能です。

融資が受けられるケースについて下記でご説明します。

日本政策金融公庫の審査

日本政策金融公庫から融資を受けるには銀行融資と同様に審査が必要です。

融資を受けるための審査基準の一つとして信用情報が用いられます。

そのため、金融ブラックとして信用情報に履歴が残っている方は、返済能力が低く、信用ができないと判断され、日本政策金融公庫の審査に通るには厳しいでしょう。

しかし、日本政策金融公庫の審査は信用情報のみで審査するわけではありません。

審査が通るか通らないかは融資の希望額に対する自己資金額、事業実績、将来性等なども審査されます。

例えば、過去に金融ブラックとして登録されていて、まだ履歴が残っている方でも、直近の支払い状況が改善され、信用情報に問題がなければ、日本政策金融公庫から融資を受けられる可能性はあります。

審査を通過できなかった方は履歴が消えるのを待ってから資金調達をするか、別の資金調達の方法を検討しましょう。

日本政策金融公庫の審査について詳しく知りたい方はこちら
日本政策金融公庫の追加融資を受けるために準備したい審査のポイントを解説

ファクタリングの利用で早期資金化が可能

日本政策金融公庫の審査に通過できなかった場合でも、「ファクタリング」を利用することで資金調達が可能です。

ファクタリングとは、売掛金をファクタリング会社に売却することで期日前に資金化する資金調達方法です。

借入とは異なり、売掛金の売買のため金融ブラックであっても利用することができます。

日本政策金融公庫や銀行同様審査あるため、資金調達まで3週間~1ヶ月ほどかかりますが、ファクタリングは最短即日で資金調達することも可能です。

ファクタリングについて詳しく知りたい方はこちら
【初心者向け】ファクタリングサービスとは?図解付きで簡単解説

資金調達のお悩みは当機構へご相談ください

一度金融ブラックとして登録されてしまうと信用を失い、5~10年はクレジットカードの発行や銀行融資など資金調達が難しくなってしまいます。

銀行融資やクレジットカードの払い期日を確認し、延滞・滞納をしないように注意しましょう。

「支払い期日までに資金調達がしたい…」
「金融ブラックでも資金が必要…」

このような資金調達に関するお悩みは当機構へお気軽にご相談ください。

当機構ではお客様の資金繰りに関するお悩みをヒアリングし、最適な資金調達方法をご提案しています。

ぜひお気軽に、下記リンクからお問合せください。

無料相談・お問い合わせ