コラム

【ファクタリング手数料の相場は?】安く抑えるポイントを解説

企業が持っている売掛金をファクタリング会社に売却することで、早急に現金化することができるファクタリングは、近年1つの資金調達の方法として様々な企業から注目されています。

最短即日で入金され負債を抱えている方や、会社が赤字の方でも利用可能なため大変魅力的なサービスですが、手数料が発生する点に注意してください。

手数料は契約方法や売却する売掛金によって変動し、ファクタリング会社によっても異なります。

「手数料の相場を知らないまま契約し、高い手数料を取られてしまった」
「手数料の負担が大きすぎて、手元に資金 がほとんど残らない…」

というような状態になってしまうのは、避けたいですよね。
そのために、手数料についての知識を深めることはとても重要です。

この記事では、ファクタリングの手数料相場や手数料を抑えるポイントについて解説します。

ファクタリング手数料の相場

 

ファクタリングの手数料相場は、ファクタリング会社や取引形態によって異なりますが売掛金の5~20%が相場であると言われています。

ファクタリングの種類

 

ファクタリングには、下記2つの契約方法があります。

・2社間ファクタリング
・3社間ファクタリング

どちらの方法で契約するかによって手数料が大幅に変わりますので、まずは上記2種類の契約方法について解説しながら、手数料を安くする方法を見ていきます。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングとは、①ファクタリング利用者と②ファクタリング会社の2社で契約を行うことをいいます。

上記の2社間のみで契約や取引を行い、③売掛先(取引先)の承諾なく取引を進行する為、通知などの承諾手続きに時間がかからず 、比較的即日現金化が可能です。

また、2社間ファクタリングの最大のメリット は、ファクタリングを利用することを③売掛先(取引先)に通知することがないので、利用していることを知られてしまい「この会社は大丈夫だろうか?」等のネガティブなイメージを与える心配がない点です。

《 2社間ファクタリングの取引の流れ 》
1.①ファクタリング利用者が②ファクタリング会社へ売掛金 を売却する。
2.②ファクタリング会社から手数料を差し引いた金額が口座へ入金される。
3.期日になり、売掛金が③売掛先(取引先)から入金される。
4.②ファクタリング会社へ売掛金を入金する。

2社間ファクタリングでは、売掛債権の二重譲渡、売掛金の持ち逃げや売掛先が倒産した際のリスクをファクタリング会社が負うため手数料は高額に設定されています。

■2社間ファクタリングの手数料相場:売掛金の約10~30%

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングとは①ファクタリング利用者と②ファクタリング会社と③売掛先(取引先)の3社間で契約を行うことをいいます。

3社間ファクタリングを行うためには、③売掛先(取引先)へファクタリングを利用することの承諾を得る必要があり、通知や承諾手続きに時間がかかり、即日現金化が難しい場合があります。

《 3社間ファクタリングの取引の流れ 》
1.③売掛先(取引先)から売掛金 の売却の承諾を得る
2.②ファクタリング会社と③売掛先(取引先)の間で、売掛債権譲渡契約を結ぶ
3.②ファクタリング会社から手数料を差し引いた金額が口座へ入金される。
4.②ファクタリング会社へ③売掛先(取引先)が売掛金を入金する。

しかし、3社間ファクタリングでは、②ファクタリング会社へ③売掛先(取引先)が売掛金を直接入金します。

②ファクタリング会社にとって未回収のリスクが低いため手数料も低くなります。

■3社間ファクタリングの手数料相場:売掛金の約2~15%

手数料を抑える方法や4つのポイント

ファクタリングの手数料を決める以下の4つの要因を解説します。

手数料を決める4つの要因手数料
①3社間ファクタリングで契約する3社間ファクタリングの手数料の方が低く設定されている
②売掛先(取引先)の信用力売掛金額が大きいほど、手数料は下がる
③売掛金の金額売掛先の信用力が高いほど、手数料は下がる
④利用回数2回目以降の利用は1回目より手数料が低い

①3社間ファクタリングで契約をする

上記で解説したように、2社間ファクタリングに比べ、3社間ファクタリングの手数料は安く設定されています。

2社間ファクタリングより現金化に時間がかかる可能性が高いことや、売掛先(取引先)の承諾がなければ契約することができないため、自社の状況に応じた契約方法を選択しましょう。

②売掛金の金額

契約する売掛金の金額が高くなれば、手数料を安く抑えることが可能です。

そのため、ファクタリングを利用する場合はできるだけ大口の案件を利用しましょう。

上記で解説したように、売掛先(取引先)の信用力が高ければ手数料が下がるため、大手企業や国などの公的機関の大口案件だと手数料が安くなる可能性が高くなります。

③売掛先(取引先)の信用力

売掛先(取引先)の信用力が高いほど、手数料は下がる可能性があります

ファクタリングは、売掛金 をファクタリング会社へ買い取ってもらい、売掛先(取引先)から売掛金の入金があったら、期日までにファクタリング会社へ入金をしなければなりません。

売掛先(取引先)の信用力によって売掛金を回収できるかどうかが左右されます。

そのため、売掛先(取引先)の信用力が高ければ、ファクタリング会社は売掛金 の未回収のリスクが低くなるため、手数料も低くなります。

④利用回数

売掛金をきちんと回収することが可能か」がファクタリング会社にとって大変重要なポイントです。

きちんと売掛金を回収できるという実績があるとファクタリング会社からの信用が高くなるため、1回目の新規取引よりも2回目以降の取引は手数料が安くなります。

手数料以外に発生する費用

手数料はファクタリング会社の利益やリスク負担額として発生しますが、手数料以外にも諸費用が発生します。手数料以外に発生する諸費用の相場をみていきます。※ファクタリングの手数料は非課税です。

審査手数料
↳約0~10,000円程度

契約書添付印紙代
↳印紙代:200円
↳債権譲渡登記する場合:登記免除税:7,500円

債権譲渡登記費用 (2社間ファクタリング契約時)
↳約50,000~80,000円

司法書士への報酬
↳約50,000~100,000円

振込手数料
↳約100~900円

事務手続き費用、交通費など
↳約20,000~30,000円

手数料以外に発生する費用は契約前にしっかり確認するようにしましょう。

手数料が安い会社を選べばよいのか?

ファクタリングの手数料、手数料以外にかかる費用は決して安いものではありません。

では、手数料がただ安い会社を選べばよいのでしょうか?

ファクタリング会社は増加傾向にあり、現状、悪徳業者が増えてしまっているのも事実です。

手数料が相場よりも、極端に高かったり、安かったりする場合には注意が必要です。

例えば、以下のような事例があります。

・最初に示された手数料の他に別途の手数料を上乗せされ、ファクタリング会社を装った詐欺集団だった。
・ファクタリングではなく、貸金業(闇金)による違法融資だった。

悪徳な業者と契約してしまわないよう、ファクタリングの手数料相場を把握して、きちんとしたファクタリング会社を選びましょう。

当機構は低手数料でファクタリング利用可能!

日本中小企業金融サポート機構の手数料の相場です。

■2社間ファクタリング : 10~15%
■3社間ファクタリング : 1~9%

実際に利用したお客様の事例を紹介します。

[例1]初回利用の2社間ファクタリングご利用のお客様の事例

◎初めて2社間ファクタリングのご利用
◎今回、200万円の売掛金を売却される中小企業のお客様

→初回のご利用は、通常は買取の手数料が高く設定されますが、長年取引のある大企業であり売掛先(取引先)の信用力が高いため手数料が優遇されました。

2社間ファクタリングなので、債権譲渡登記をして売掛金を売却した場合を紹介します。

売掛金額200万円
買取手数料12%
債権譲渡登記費用30,000円
印紙代債権譲渡契約:200円
債権譲渡登記:7,500円
交通費なし (来店手続きのため)

1. 買取手数料 12%:【200万円×12%=24万円】
2. 債権譲渡登記:【200万円-3万円=197万円】
3. 買取手数料と印紙代を差し引く:【197万円-24万円-7,500円=172万2,500円】
4. 実際の入金額:172万円2,500円

[例2]2回目の3社間ファクタリングご利用のお客様の事例

◎2回目の3社間ファクタリングご利用
◎今回、500万円の売掛金を売却される中小企業のお客様

→3社間ファクタリングを利用したため手数料が安く設定されました。

この場合の入金額を紹介します。

売掛金額500万円
買取手数料3%
登記手数料なし
振込手数料0円
印紙代200円
交通費なし(来店手続きのため)

1. 手数料 15%:【500万円×3%=15万円】
2. 買取手数料と印紙代を差し引く:【500万円-15万円-200円=484万円9,800円】
3. 実際の入金額:484万円9,800円

【審査担当者が語る】即日資金調達した事例をご紹介はこちら

手数料の低いファクタリング会社を紹介!

ファクタリングを利用したいけれど、ファクタリング会社がたくさんあり、どこを利用したら良いのか迷う方も多いでしょう。

せっかくなら手数料を安く抑えられるファクタリング会社を選びたいですよね。

今回解説した内容や、手数料相場を参考にして優良なファクタリング会社を見つけてください!

ここでは、当機構がおすすめする低手数料のファクタリング会社を3社紹介いたします。

 手数料資金調達スピード取り扱いサービス
ビートレーディング2社間:5%~
3社間:2%~
最短12時間・2社間ファクタリング
・3社間ファクタリング
・注文書ファクタリング
・診療報酬ファクタリング
・介護報酬ファクタリング
・Beトレペイメント
No12社間:5~15%
3社間:1~5%
最短即日・2社間ファクタリング
・3社間ファクタリング
・診療報酬ファクタリング
・介護報酬ファクタリング
スマートファクター2社間:5~15%
3社間:1.5~9%
最短即日・2社間ファクタリング
・3社間ファクタリング
・診療報酬ファクタリング
・介護報酬ファクタリング

ビートレーディング

ビートレーディングは2012年4月に設立したファクタリング会社で、これまで26,000社以上の企業の資金調達をサポートしてきた実績があります。

手数料は2社間ファクタリングが5%~、3社間ファクタリングが2%~に設定されています。

資金調達まで、最短12時間という「スピード対応」が特徴で、お急ぎの方も安心です。

ファクタリング業界でも老舗の会社として知名度が高く、リピートして利用する方も多いので、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

No1

No1は平成28年に設立された比較的新しい会社ですが、3拠点(東京・名古屋・福岡)を構えており全国に対応しています。

手数料は業界内でも低水準の設定となっており、2社間ファクタリングが5~15%、3社間ファクタリングが1~5%です。

また、No1の特徴として、キャッシュフロー改善の専門コンサルタントが所属しています。

資金繰りの改善をサポートしてくれる体制が整っていて、安心感のあるファクタリング会社と言えるでしょう。

スマートファクター

スマートファクターは平成16年に設立したファクタリング会社です。

来社・面談が不要で電話・メール・FAXで契約ができるので、忙しくてなかなかスケジュールが空けられない方には利用しやすいでしょう。

手数料は2社間ファクタリングが5~15%、3社間ファクタリングが1.5~9%です。

「手数料を安く抑えたい」「ファクタリング会社に行く時間が取れない」という方におすすめの会社です。

まとめ

 

ファクタリングを利用する場合の手数料は、ファクタリング会社のリスクが高くなれば、その分手数料も高くなってしまいます。

今回の紹介した実例は、あくまでも一例であり、ファクタリング会社によって手数料や債権譲渡登記の有無は異なります。

ファクタリングを利用した資金調達をご検討の方は、複数のファクタリング会社から見積りをとる方が良いでしょう。

不明点、疑問に残る点がある場合は当機構にご相談ください。

「手数料をできるだけ安く抑えたい」
「売掛先(取引先)に通知がいかないように利用したい」などお客様のご要望をお聞かせください。

当機構は、お客様一人ひとりに合わせた最適な資金調達の方法をご案内いたします。

ぜひ、お気軽にご相談ください。