コラム

【必読】ファクタリングのメリット・デメリットを徹底解説!

ファクタリングは、売掛金を入金日前に資金化できる資金調達方法で、経済産業省も推進しています。

海外ではメジャーな資金調達方法ですが、日本でも近年、中小企業を中心にファクタリングの利用が広まり、着々と浸透してきました。

ファクタリングの最大のメリットは、売掛金を早期資金化することで資金繰りを改善できることです。

企業にとって危機的状況である、「資金不足」や「資金繰り悪化」を解決できるファクタリングですが、メリットだけではなくデメリットも存在します。

ファクタリングを有効活用するためには、正しい知識を身につけることが重要です。

この記事では、以下4点について詳しく説明します。

  • ファクタリングとは?
  • ファクタリングのメリット7つ
  • ファクタリングのデメリット3つ
  • 優良ファクタリング会社

 

ファクタリングをご検討中で、メリット・デメリットが知りたいという方や融資とファクタリングのどちらを利用するか迷われている方は、ぜひ最後までお読みください。

 

無料相談・お問い合わせ

 

ファクタリングとは?

ファクタリングは、取引先へサービスを納品した後に発生した売掛金を、ファクタリング会社に売却して早期資金化するサービスです。

銀行融資のように借入ではないため、審査が柔軟で、利用しても信用情報に影響しないという特徴があります。

そのため、経営状況が厳しく融資を断られた方や、将来的に融資を利用したいと考えている方におすすめの資金調達方法です。

ファクタリングの仕組みについて詳しく知りたい方は、以下の記事をお読みください。

【初心者向け】ファクタリングサービスとは?図解付きで簡単解説

ファクタリングのメリット7つ

ファクタリングのメリットは、以下の7つです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①早期に資金化が可能

②保証人や担保が不要

③柔軟な審査対応

④売掛先が倒産しても回収リスクはない

⑤売掛先の承諾を得ずにファクタリングを利用できる

⑥信用情報に影響はない

⑦赤字や税金・社会保険滞納でも利用できる

①早期に資金化が可能

ファクタリングの最大のメリットは、売掛金を早期に資金化できることです。

融資と比較しても圧倒的に資金調達スピードが早く売掛先が関与しない2社間ファクタリングを利用すれば、最短即日に資金化できる場合もあります。

一方で銀行融資は、利用者本人の審査を含めると2週間~1ヵ月ほど時間がかかります。

急ぎの資金調達が必要な場合は、ファクタリングの利用がおすすめです。

②保証人や担保が不要

ファクタリングは銀行融資のように借入ではなく、売掛金の売買のため、保証人・担保は不要です。

そのため、不動産抵当権の有無も関係もありません。

資金繰りでお困りの中、保証人や担保などの心配がなくスムーズに資金調達を行えるファクタリングは、経営者にとって心強い手段と言えるでしょう。

③柔軟な審査対応

ファクタリングは売掛金の買取りであるため、利用者ではなく売掛先の信用力を重視します。

そのため、売掛先の信用力を証明できれば、利用者本人の審査は柔軟に行われます。

一方、銀行融資の場合は借入のため、利用者本人の返済能力をしっかり見極める必要があるため、膨大な資料と時間がかかってしまいます。

ファクタリングの審査担当者は、以下の3点をチェックしています。

申し込み時には、何を聞かれても明確に説明ができるようにしておきましょう。

  • 実際に売掛金が存在するか
  • 売掛金が定期的に発生しているか
  • 売掛金の入金期日が長すぎないか

 

④売掛先が倒産しても未回収リスクはない

ファクタリングは、売掛債権をファクタリング会社に譲渡します。

そのため、万が一売掛先が未払いや破綻を起こした場合の未回収リスクは、ファクタリング会社側にあります。

これは、売掛債権に償還請求権が適応されない「ノンリコース」と呼ばれます。

ファクタリングを利用することで、売掛金の未回収リスクを回避するというメリットがあります。

 

⑤売掛先の承諾が不要

2社間ファクタリングは、利用者とファクタリング会社の2社間で契約を結びます。

そのため、売掛先の承諾を得ずにファクタリングを利用できます

一方、3社間ファクタリングは売掛先の承諾を得る必要があるため、2社間ファクタリングよりも資金調達までの日数がかかります。

最短で資金調達したい場合売掛先の承諾を得ずに利用したい場合は、2社間ファクタリングを契約することをおすすめします。

 

⑥信用情報に影響はない

銀行融資では、各金融機関が共有する信用情報に記録が残ります。

しかし、ファクタリングは売掛金の売買のため記録が残らないので、今後の信用情報に影響がないというメリットがあります。

⑦赤字や税金・社会保険滞納でも利用可能

前述のとおり、ファクタリングの審査は売掛先を重視します。

そのため、債務超過や税金等未払いがあっても売掛金や売掛先の安定性が証明できれば利用できます。

  • 赤字決算
  • 税金、社会保険滞納時
  • 信用情報ブラック

上記のような情報でも、1度ファクタリング会社に審査を依頼してみましょう。

 

ファクタリングのデメリット3つ

ファクタリングを利用するうえで、メリット以外にもデメリットを正しく理解する必要があります。

以下3つのデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

①手数料がかかる

3社間ファクタリングでは売掛先の承諾が必要

③債権譲渡登記が必要なことがある

①手数料がかかる

ファクタリングには手数料がかかります。

2社間ファクタリングは売掛先の承諾が不要な分、未回収リスクをファクタリング会社が負うため、銀行融資の金利や、3社間ファクタリンの手数料よりも高く設定されています。

手数料の相場は以下をご参照ください。

銀行融資の場合は金利を手数料として相場を比較しています。

・2社間ファクタリング 平均10~20%前後
・3社間ファクタリング 平均2~9%
・銀行融資 2~3%前後

ファクタリングの種類によって手数料が異なるので、手数料について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

ファクタリングの手数料を徹底比較!【相場は?安く抑えるには?】

②3社間ファクタリングは売掛先の承諾が必要

3社間ファクタリングは、売掛先に承諾が必要です。

また、2社間ファクタリングでも支払いを放置し続けた場合、ファクタリング会社から売掛先に連絡が行く可能性もあります。

ファクタリングの利用を知られるということは、売掛先からの信用度に影響するためデメリットと言えるでしょう。

③債権譲渡登記が必要なことがある

ファクタリングは、ファクタリング会社に売掛債権を譲渡します。

例えば二重譲渡のリスクがある場合などは、ファクタリング会社が法務局に登記を申請し、債権譲渡登記を行う場合があります。

債権譲渡登記が行われると、債権譲渡の事実を第三者にも知られてしまうため、銀行融資の審査にも影響します。

将来的に銀行融資を受けたい方や、会社の信用度を落としたくない方にとってはデメリットでしょう。

優良ファクタリング会社3選

ファクタリングのメリット・デメリットについて解説してきましたが、ファクタリング会社によってサービス内容も異なっているため、比較することが重要です。

おすすめの優良ファクタリング会社を3社ご紹介しますので、ファクタリング会社を選ぶ際に是非参考にしてください。

ビートレーディング

取り扱いサービス取引対象手数料
2社間・3社間法人・個人事業主2社間:10%~20%

3社間:2%~9%

入金スピード買取可能額対応エリア
即日~3営業日無制限全国

ビートレ―ディングは累計利用社数26,000社以上の大手ファクタリング会社の一つで、
2社間・3社間ファクタリングはもちろん、「注文書ファクタリング」という注文書を利用したサービスも提供しています。

申し込みから入金日まで最短12時間で資金調達が可能です。

専用の女性オペレーターが在籍しており、丁寧に対応してくれるので、初めての方でも安心して利用できます。

三共サービス

取り扱いサービス取引対象手数料
2社間・3社間法人2社間:5%~10%
3社間:1.5%~8%
入金スピード買取可能額対応エリア
最短翌日50万~1億円全国

三共サービスはファクタリングだけでなく事業コンサルティングも行っているため、アフターサービスが充実しており、ファクタリング利用後の経営や資金繰りに不安がある方はおすすめです。

また元ノンバンク社員など金融業界に詳しいスタッフ在籍しているため、様々な経営状況をサポートする体制が整っています。

アクセルファクター

取り扱いサービス取引対象手数料
2社間・3社間法人・個人事業主2%~
入金スピード買取可能額対応エリア
最短翌日~1億円全国

アクセルファクターは年間相談件数3000件買取申込額は290億円を超える実績があるファクタリング会社です。

柔軟な対応で審査通過率は93%と高く、資金調達は原則即日振り込まれるため、
資金調達をお急ぎの方におすすめです。

より詳しく優良ファクタリング会社について知りたい方はこちら
【2021最新】おすすめファクタリング厳選13社!非対面でも安心な業者

ファクタリングのご相談は当機構まで

ファクタリングは、融資よりも審査が柔軟で、スピーディーに資金調達ができるので、利用することで資金繰りの改善が期待できます。

しかし、安易にファクタリングを利用するのではなく、メリット・デメリットをよく理解した上で利用しましょう。

一番大切なことはお客様の事業を継続することなので、用途に合わせた資金調達方法を見極めて利用することが大事です。

当機構では、ファクタリングに関してのご相談は無償で対応いたします。

ぜひ、お気軽にご相談ください。

無料相談・お問い合わせ