コラム

優良ファクタリング会社の選び方!ファクタリングの利用方法までわかりやすく解説

ファクタリングの利用を考えている経営者様の中には、「どこがファクタリング優良会社なのかわからない」と迷われている方も多くいらっしゃると思います。

そのようなお悩みを抱えている方へ、優良なファクタリング会社を選ぶためのポイントを解説します。

今回は以下の点について、徹底解説します。

・ファクタリングの利用を控えた方がいい会社
・ファクタリングが適しているかの判断方法
・ファクタリング優良会社を選ぶ10のポイント
・ファクタリングのスムーズな利用方法と事前準備
・悪徳業者の可能性がある3つの特徴

悪徳業者を避け、健全な資金調達ができるような会社選びのポイントをまとめていますので、是非最後までお読みください。

目次

ファクタリングの利用を控えたほうがいい会社とは

まずは、そもそも「本当にファクタリングを利用するべきかどうか」を慎重に判断しましょう。ファクタリングは即日の資金調達が必要であれば、どんな状況でも利用した方が良いというわけではありません。

なぜなら、ファクタリングを利用することで、資金繰りをさらに悪化させてしまう可能性があるからです。

以下のような会社は、ファクタリングの利用を控えたほうが良いでしょう。

・取引は現金がメインで売却する売掛金に乏しい
・売掛金の利益が少ない
・売掛先の信用度に不安がある
・金融機関から融資を受けることができる

もちろんファクタリングには資金調達までのスピードや審査の柔軟性などメリットも多く存在しますので、他の資金調達方法とも比較した上で効果的に導入しましょう。

ファクタリングが自社にとって良い資金調達の方法か判断するには

ファクタリングによる資金調達が自社に適しているかどうかの判断をするには、以下の点を確認しておきましょう。

①資金調達の必要な額と日数を把握する

まずは、いつまでに資金がいくら必要かを正確に把握しましょう。

その上で売却可能な売掛金は揃えられるか、いつまでに契約が必要になるか計画を立てておくとスムーズです。

ファクタリングは手数料を払って売掛金を前借りしている状態ですので、「今月はこれで何とか乗り切れるが、来月の見通しが立たなくなった」という事態にも陥りかねません。

直近の予定だけでなく、数ヶ月先まで見越して進めましょう。

②現在保有している債権の種類を確認する

ファクタリングの手数料は売掛金の未回収リスクによって変動するため、業界によっても向き・不向きがあります。

例えば、医療債権(診療報酬債権)や建設業債権は信頼性が高く、高額で買取ってもらいやすい業界といえます。

特に、医療・介護については通常のファクタリングとは3社間ファクタリングで手数料が安く設定されているケースも多くみられます。

③ABL(債権担保融資)とファクタリングを比較して検討する

ABL(債権担保融資)とは、在庫や売掛金を担保とした融資です。ファクタリングと同様、売掛金を活用した資金調達方法ですが以下のような違いがあります。

会計上の扱いABLは借入となるため負債の扱いになるが、ファクタリングは買取りサービスのため負債にならない
審査の厳しさABLの審査は通常の銀行融資と変わらない厳しさだが、ファクタリングは売掛金の信用が重視され審査通過率が高い
スピードABLは資金化まで1週間〜1カ月ほど時間がかかるが、ファクタリングは最短即日で資金化が可能
利息・手数料ABLの方が利息は安い

柔軟な資金調達が必要な場面なのか、できるだけ利息・手数料を抑えることを優先するか、都度判断しましょう。

ファクタリング優良会社を選ぶ10のポイント

ファクタリングを利用する際は、優良会社に申し込みたいですよね。

優良会社選びには、以下10項目を参考にしてください。

①希望条件を満たしているか      ⑥売掛金の買取り額はどれくらいか

②個人事業主は利用できるか      ⑦見積もりはとれるか

③手数料額が相場と比較して妥当か   ⑧電話対応は丁寧か

④資金調達までの日数はどのくらいか  ⑨契約書の内容は納得できるか

⑤ホームページの内容は信頼できるか  ⑩担当の対応は良いか

①希望条件を満たしているか

まずはじめに、利用する前に自分の希望条件を満たしているファクタリング会社かどうか確認しましょう。例えば、即日資金調達をしたい場合は、2社間ファクタリングを取り扱っている会社かどうかなど、希望する契約形態に対応しているか確認が必要です。

他にも、「対面での契約がしたい」など自分の希望の契約方法ができるか確認しましょう。

また、資金調達の希望額は譲れない条件です。

売掛金の買取り額について、詳しくは後述します。

ファクタリング会社の公式ホームページに、対応しているサービスや契約方法の記載がありますので、確認してから申し込みをしましょう。

②個人事業主は利用できるか

ファクタリング会社の中には、個人事業主に対応していない会社もあります。

そのため、ファクタリングの利用を検討している個人事業主様は、利用前に個人事業主の利用が可能か確認しましょう

個人事業主に対応しているかどうか、公式ホームページなどで取引対象を確認できます。

③手数料額が相場と比較して妥当か

ファクタリング会社の手数料の相場は以下の通りです。

2社間ファクタリングおよそ10~30%
3社間ファクタリングおよそ2~15%

売掛先によって手数料は異なります。

また、売掛金を回収できないリスクが高い2社間ファクタリングの方が、3社間ファクタリングよりも高めの手数料となっているのが一般的です。

相場の手数料を超える場合や極端に低い場合は、悪徳業者である可能性があるため注意しましょう。

ファクタリング会社の選び方として、手数料が相場の範囲内であるかどうかを確認することが重要なポイントです。

ファクタリングの仕組みをより知りたい方はこちら

 

④資金調達までの日数はどのくらいか

ファクタリング資金調達までの日数の相場は以下の通りです。

2社間ファクタリング即日~2日程度
3社間ファクタリング3日~1週間程度

売掛先の承諾を必要とする3社間ファクタリングの方が、2社間ファクタリングの資金調達までの日数がかかってしまいます

そのため、すぐに資金調達が必要な場合は、2社間ファクタリングの利用がおすすめです。

資金調達にかかる日数は各ファクタリング会社によって異なるので、確認してから自分の希望に合った会社を選択しましょう。

 

⑤ホームページの内容は信頼できるか

優良なファクタリング会社を選ぶには、ホームページの内容を確認しましょう。

特に重要なのは、会社概要です。

会社概要には、代表者名、資本金、事業内容など多くの情報の記載があるか確認しましょう。

これらの記載がなく、ホームページに会社情報の記載が少ない会社は優良会社ではない可能性があります。

 

⑥売掛金の買取額はどれくらいか

ファクタリング会社によって、売掛金の買取額は異なります。

売掛金が大きい場合、ファクタリング会社によっては対応できない可能性があります。

そのため、売却したい売掛金によって、対応できるファクタリング会社を選ぶことが大切です。

 

⑦見積もりはとれるか

条件の合うファクタリングが見つかったら、まずは見積もりを申し込みましょう。

見積りを取ることで、どれくらい手数料がかかるかも、事前に確認することができます。

なお、調達できる金額を把握しておくことで、今後の資金繰りの見通しも立てやすいでしょう。

⑧電話対応は丁寧か

電話対応が丁寧かつ、しっかりとした説明をしてくれる会社を選ぶことが重要です。

事前に電話で不安な点を聞くことで、安心してファクタリングを利用できます。

万が一、質問した際に曖昧な回答、対応が悪い場合は他の担当者に変えてもらうか、利用する会社自体を変更しましょう。

 

⑨契約書の内容は納得できるか

事前に説明を受けていたとしても、契約書の内容に相違がないか再度しっかり確認をしましょう。

契約書で使用されている単語には、普段聞き慣れない言葉も多いと思いますが、通常は担当者が一つ一つ契約書の内容を説明してから押印します。

一方、強引に押印を迫られる契約の場合は、悪徳業者の可能性がありますので、冷静に判断して契約を辞退することも必要です。

 

⑩担当の対応は良いか

ファクタリングの契約をする上で、担当者の対応の良さも重視しておきましょう。

横柄な態度、強引に話が進む、言っていることが二転三転する担当者は信用できません。

なお、契約を任せられる担当者でなければ、他の担当者に変えてもらいましょう。

 

審査が柔軟なファクタリング会社を選ぼう

上記10項目に加え、「審査が柔軟かどうか」も会社選びのポイントとして重要です。ファクタリングは審査が柔軟というメリットがあるサービスなので、審査のハードルが高いと至急の資金調達が必要な方は利用しづらくなってしまいます。

多くのファクタリング会社は、審査基準に下記のような条件を設けています。

・赤字決算、税金滞納があっても利用可能
・個人事業主でも利用可能
・審査は売掛先の信用情報を重視

上記のようなファクタリング会社は、審査が柔軟で利用しやすいでしょう。

ファクタリングのスムーズな利用方法と事前準備

ファクタリングの最大の特徴はスピーディーな資金調達が可能な点にあります。

できるだけスムーズにファクタリングを利用するための方法を抑えておきましょう。

一般的なファクタリングの利用の流れ

(2社間)ファクタリングを利用する際の一般的な流れは以下の通りです。

①申込
まずは電話やWebで希望するファクタリング会社に問い合わせてみましょう。

②ヒアリング
希望金額や調達日など簡単な質問に答えます。不明な点があればここでクリアにしておきましょう。

③必要書類の提出
審査書類を提出します。2回目以降の利用であれば必要書類が少なく済み、よりスムーズになります。

④審査
利用の可否と、手数料が審査によって決まります。審査期間は即日〜数日で済むケースがほとんどです。

⑤契約
契約内容を書面で確認の上、納得できたら契約を結びます。

⑥入金
契約を結んだら、即日〜翌日には入金されるケースがほとんどです。

ファクタリングの申込から入金までにかかる一般的な日数

ファクタリングの申込から入金までに
2社間ファクタリングの場合・・・最短即日〜2日
3社間ファクタリングの場合・・・平均3〜7日

の日数がかかります。3社間ファクタリングの場合は売掛先の承認が必要になるため、承認の必要がない2社間ファクタリングよりも一般的に時間がかかります。

ファクタリングの利用を検討される方は資金調達スピードを重視されることが多いでしょう。当機構の場合、審査は30分程度とスピーディーで、2社間ファクタリングなら即日振り込みも可能です。急な資金調達が必要な場面でもお待たせすることなく対応いたします。

手続きを早くすすめるための事前準備物

審査に必要な書類はファクタリング会社によって異なりますが、多くの場合で以下の書類が必要になります。

事前に準備をしておくと、スムーズに手続きが進みます。

・通帳のコピー(3カ月から半年)
・請求書、および契約書
・代表者の身分証明書

ファクタリング会社によっては決算書類等を求められる場合もあります。電話やホームページで確認しておくと良いでしょう。

悪徳業者の可能性もある?3つの特徴

ファクタリング会社が増加傾向の中、悪徳業者が増えているのも現状です。

そういった悪徳業者を見分ける場合の、注意点を以下の3つで解説していきます。

①手数料の額が高額
②契約書に不明点が過多
③取引実績がない会社

①手数料の額が高額

上述した通り、ファクタリング会社の手数料の相場は以下の通りです。

2社間ファクタリングおよそ10~30%
3社間ファクタリングおよそ2~15%

売掛先によって手数料は変動しますが、手数料が相場以上で高すぎると感じた場合は他社にも見積もりを取ってみましょう。

 

②契約書に不明点が過多

契約書に不明点が多い場合は注意しましょう。

契約書には普段聞き慣れない単語も多いですが、担当者が分かるように説明してくれるものです。

しかし、不明点については納得いくまで説明してもらいましょう。

担当者と経営者様・個人事業主様、双方が契約内容について問題ないと確認した後、押印するようにしてください。

下記2つの例のような契約の場合は悪徳業者の可能性があります。

その場合、契約をしないという冷静な判断も大切です。

・不明点を質問しても答えてもらえない
・はじめから契約書がない

③取引実績がない会社

近年、ファクタリングの需要が高まったことから、ファクタリング会社は増加傾向で取引実績の少ない会社も多くあります。

ファクタリングの取引実績が少なくても、丁寧な対応をしてくれる会社はありますが、取引実績が豊富な会社の方が、審査や契約方法など、柔軟な対応をしてもらえます

悪徳業者の心配なく、ファクタリングを利用するのであれば、公式ホームページで確認して、取引実績が豊富な会社の方が安心でしょう。

不明点や不安はしっかり解消するべき

利用している、または利用しようとしているファクタリング会社が上記3つの特徴に当てはまってしまったら、不安ですよね。上記以外にも契約を進めていく過程で疑問に思う点が出てくるかもしれません。

不明点や疑問に感じたことはそのままにせず、その都度担当者に確認するようにしましょう

安心できるファクタリング会社であれば、お客様が理解するまで担当者が丁寧に説明してくれるはずです。

ファクタリングそのものの仕組みや契約方法について、しっかり納得したうえで契約しましょう。

日本中小企業金融サポート機構なら実績豊富

当機構は、財務局及び経済産業局に認定された経営革新等支援機関です。

中小企業に対して専門性の高い支援事業を行う会社のみに与えられる認定制度で、社会的信用性の高さの指針となります。

資金面での問題だけでなく、税金対策や事業継承などさまざまな問題を抱えている経営者様・個人事業主様を全力でサポートいたします!

運営会社一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構
所在地東京都港区芝公園一丁目3-5 ジー・イー・ジャパンビル2階
電話番号0120-949-884 (平日9:30~19:00電話受付中)
取扱サービス2社間/3社間
取引対象法人/個人事業主
審査に必要書類・当機構指定の申込書2点
・売掛金の入金が確認出来る通帳のコピー3ヵ月分(表紙付)
・成因証書(契約書、発注書、請求書など)
・身分証明書(免許証、パスポートなど)

①最短即日で資金化できる

当機構は、審査から最短即日でお客様の口座へ入金が可能なため、スピーディーに資金調達ができます。

公式サイトには5秒で分かる手数料の簡易診断もあり、調達可能額の目安も表示されます。

まずはこちらで利用の可否や調達可能額を確認すると、利用者としての心構えができて素早く契約まで進めることができるでしょう。

また、契約時には、下記4つの方法からお選びいただけます。

・訪問契約
・来社契約
・郵送契約
・オンライン契約

ご希望の契約方法で進めることができるので、ご多忙な経営者様でもお気軽にスピーディーにご利用いただくことが可能です。

②無償でご相談を受け付けております!

当機構は、ファクタリングをご利用いただく際に、2社間ファクタリングや3社間ファクタリングなど、お客様の状況や悩みに合わせて、最適なサービスをご案内いたします。

手数料は1.5%〜と業界最低水準を実現している点も当機構ならではの特徴です。

また、資金調達だけでなく、中小企業の経営者様の悩みに寄り添うサポートも得意としております。

相談は無償で受け付けておりますので、資金調達から経営のお悩みまで、ぜひ下記リンクよりお気軽にお問合せ下さい。

無料相談・お問い合わせ