コラム

【徹底解説】ファクタリングが返済できない時にするべき5つの対策

 

ファクタリングは売掛金の買取のため、ファクタリングが返済できないということはありません。

しかし入金された売掛金を他の支払いに使ってしまった場合、返済ができなくなるという状況が起こる可能性があります。

「ファクタリングが返済できないとどうなるのか」
「ファクタリングが返済できない時はどうすればいいのか」

今回は、ファクタリングの返済ができない時にするべき対策について解説します。

ぜひ最後までお読みください。

無料相談・お問い合わせ

ファクタリングの仕組み

まずはファクタリングの仕組みを解説します。

ファクタリングとは

ファクタリングとは、売掛金をファクタリング会社に売却し早期資金化する資金調達方法です。

ファクタリングには「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の2種類契約方法があります。

契約方法について、詳しくご説明します。

支払いが必要な2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは「お客様」「ファクタリング会社」の2社で契約をします。

ファクタリングの手続きに売掛先が一切関係しないため、スピーディーに契約を進めることができます。

しかし、その分手数料が高く設定されており、入金日にはファクタリング会社に速やかに入金する必要があります。

下記の記事で、2社間ファクタリングについて詳しく解説しています。

2社間ファクタリングとは?3社間ファクタリングとの違いを法的根拠から分かりやすく解説

支払いが必要ない3社間ファクタリング

社間ファクタリングは「お客様」「売掛先」「ファクタリング会社」の3社で契約をします。

3社間ファクタリングを利用するには売掛先の承諾を得て契約をします。

ファクタリング会社への入金は直接売掛先が行うので、ファクタリング会社にとって未回収リスクが低く、手数料が低く設定されています。

下記の記事で、3社間ファクタリングについて詳しく解説しています。

3社間ファクタリングは手数料安い?仕組みやメリット・デメリットを解説!

ファクタリングの返済方法

ファクタリングの返済は、売掛先から支払われる売掛金の入金日に一括で支払わなければなりません。

万が一、分割払いでの返済を承諾してしまうと、本来貸金業ではないファクタリングが、不当な金利での貸付や融資とみなされ、貸金業法を違反したことになります。

そのため、返済は一括払いのみです。

分割払いでの返済が可能な場合は、悪徳業者に当たりますので注意してください。

ファクタリングが返済できないとどうなるのか

「売掛先からの支払いに遅延がありそう…」
「売掛先が倒産してしまって、入金がない」

こういった状況でファクタリングが返済できない場合どのようなことが起こるのかについて紹介します。

支払いの催促

支払い期日までに入金がされていないと、一般的なファクタリング会社であれば支払いを催促します。

もし、売掛先から売掛金が支払われていない場合は、ファクタリング会社に理由を説明して相談しましょう。

債権譲渡通知の発送

支払いの催促をうけた後も遅れてしまうと、売掛先に債権譲渡通知が送られてしまい、ファクタリングを利用したことが知られてしまいます。

「ファクタリングの支払いが遅れて、売掛先から信用を失ってしまうのでは…」と心配の方は、事前にファクタリング会社に相談しましょう。

損害賠償請求

ファクタリングの支払いが遅れてしまい、支払いが困難だと判断されてしまうと、損害賠償を求められる可能性があります。

支払わなければならない売掛金に加え、損害賠償金が請求されることになり、ますます支払いが困難になるので注意しましょう。

ファクタリング返済できない時にするべき対策5つ

実際にファクタリングが返済できない状況になってしまった時、どうすればいいのか困る方も多いと思います。

ここでは、ファクタリングが返済できない時に取るべき5つの対策について解説していきます。

①ファクタリング会社に相談をする

ファクタリングが返済できないかもしれないとわかった時点で、すぐにファクタリング会社に相談しましょう。

・なぜ返済できないのか
・どのような経営状況なのか
・いつ返済できるのか

などを具体的に報告することで、返済までのスケジュールを再調整してもらえる場合があります。

②キャッシュフローの見直しをする

資金繰りの状況改善に効果の高い方法の1つがキャッシュフローを見直すことです。

キャッシュフローが改善できれば、ファクタリングが返済できないといった状況に陥ること資金繰りに悩むことも少なくなるでしょう。

キャッシュフローの具体的な対策を紹介します。

① 売掛金の回収を徹底的に管理する
② 法人キャッシュカードによる支払いを有効活用する
③ 無駄な経費の削減する

③ファクタリング会社を乗り換える

手数料の相場やファクタリング会社を比較していないと知らず知らずのうちに高い手数料を支払わなければならなくなっている可能性もあります。

次回ファクタリングを利用する際は、別のファクタリング会社と手数料の比較をし、手数料がより安いファクタリング会社があれば乗り換えを検討しましょう。

④ビジネスローンを利用する

最短即日で資金調達が可能なビジネスローンは、即効性があり資金繰りの改善に効果的な手段のひとつです。

またビジネスローンなら分割払いで支払うこともできます。

しかし借入であることには変わりないため、業者の選定や借入額には十分注意しましょう。

⑤弁護士に相談をする

万が一、高額な手数料を求められてしまう場合や、悪徳業者と契約した場合など、ファクタリングの支払いができない時は早めに弁護士に相談することをおすすめします

弁護士に依頼することですべてが解決するというわけではありませんが、悪徳業者の場合は、すぐに弁護士等に相談しましょう。

ファクタリングが返済できない状態を避ける3つの方法

ファクタリングは資金繰りの悩みを解決し、経営改善をサポートするサービスです。

返済できないといった状況を生み出さず、有効に活用するための方法について解説します。

優良なファクタリング会社を選ぶ

ファクタリングを利用する際は優良なファクタリング会社かどうかを見極めることが大切です。

優良なファクタリング会社かどうかを見極めるポイントをいくつか紹介します。

1. 手数料は相場と比べてどうか
2. ホームページの内容は信憑性が高いか
3. 電話や担当者の対応は丁寧か
4. 契約書の内容について説明があり、相違ないか

下記の記事で、ファクタリング会社の選び方について詳しく解説しています。

優良ファクタリング会社の選び方!ファクタリングの利用方法までわかりやすく解説

銀行融資と手数料を比較する

ファクタリングの手数料は3社間ファクタリングで平均2~15%ほどで2社間ファクタリングは平均10~30%ほどとなっています。

それに対して銀行融資は低金利で融資を受けることができます。

銀行融資の場合は審査に時間がかかるため、急な資金調達には不向きですが、余裕がある場合は、金利の安い銀行融資を利用しましょう。

3社間ファクタリングを利用する

上述の通り、3社間ファクタリングでは、売掛先が入金日に売却した売掛金を直接ファクタリング会社に支払うため、ファクタリングが返済できないという心配はありません。

ファクタリングの支払いに不安がある場合は、3社間ファクタリングを利用しましょう。

無理のないファクタリングのご相談は当機構まで

ファクタリングが返済できない状況になった際の対策について解説しました。

ファクタリングを利用するべきか、2社間と3社間どちらのファクタリングを利用するのが良いか迷った際は当機構に是非ご相談ください。

当機構ではお客様の資金繰りに関するお悩みをヒアリングし、最適な資金調達方法をご提案しています。
下記からお問合せください。

無料相談・お問い合わせ