コラム

保証ファクタリングとは?仕組みとメリット・デメリットを丁寧に解説

保証ファクタリングは、自社の売掛金が未回収となるリスクを回避するためのサービスです。初めてファクタリングの利用を検討される場合、保証ファクタリングの仕組みや買取ファクタリングとの違いをご存知でない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

今回は「保証ファクタリング」について、以下の内容を詳しく解説します。

  • 保証ファクタリングの仕組み
  • 買取ファクタリングとの違い
  • メリット・デメリット
  • 保証ファクタリングを利用するべき会社の特徴
  • おすすめの保証ファクタリング会社

その他のファクタリングサービスについて知りたい方はこちら

【最新版】ファクタリングの種類別にメリット・デメリットを解説

無料相談・お問い合わせ

保証ファクタリングの仕組み

保証ファクタリングは、取引先の会社が倒産・経営破綻となり売掛金が未回収となるリスクを保証ファクタリング会社が負うという仕組みです。

そのかわり利用会社は保証ファクタリング会社に保証料を支払います。

利用する際は、保証ファクタリング会社が取引先会社の信用度を調査し、保証額の範囲を設定します。

保証金が支払われるのは限度額の範囲内です。

また、特定の取引先1社だけでなく、複数の取引先の保証を依頼することが可能です。

通常のファクタリングの仕組みについて詳しく知りたい方はこちら

【初心者向け】ファクタリングサービスとは?図解付きで簡単解説

以下が保証ファクタリングの仕組みを図にしたものです。

①【利用会社】売掛先へ商品・サービス提供
②【保証ファクタリング会社】売掛先の信用調査
③【利用会社】【保証ファクタリング会社】保証契約の締結
④【保証ファクタリング会社】債権保証を開始
⑤【売掛先】利用会社の入金日に売掛金を送金

上記はあくまでも通常取引が完了した(売掛金が無事に回収できた)場合です。

保証ファクタリングの契約の流れは、以下のとおりです。

 利用会社保証ファクタリング会社
契約を締結
 取引先の信用調査を実施
 取引先会社ごとの保証範囲額を決定
取引先会社ごとの個別契約を締結
 保証開始
保証料の支払い 
 保証金の支払い
(取引先が支払い不能になった場合のみ)
 
契約締結後、利用者は保証ファクタリング会社に保証料を支払いますが、実際に保証金を受け取ることができるのは取引先が支払い不能になった場合に限ります。

買取ファクタリングとの違い

 買取ファクタリング保証ファクタリング
利用目的資金調達貸し倒れリスクの回避
資金を受け取るタイミング売掛債権の売却後、口座に入金取引先会社が倒産・経営破綻後に保証金受け取り
 

買取ファクタリングと保証ファクタリングの主な違いは、利用目的です。

買取ファクタリングが資金調達を目的としているのに対し、保証ファクタリングは売掛金の未回収リスクを回避することを目的としています。

また、資金を受け取るタイミングにも違いがあります。

買取ファクタリングは売掛債権の売却後に口座に入金されますが、保証ファクタリングは取引先会社が倒産・経営破綻などした際に保証金を受け取ります

保証ファクタリングのメリット5つ

保証ファクタリングは多くのメリットがありますが、デメリットも存在します。

メリットとデメリットをしっかり理解してから、サービスを利用しましょう。

まずは保証ファクタリングの5つのメリットそれぞれについて、説明します。

①売掛先の倒産、貸し倒れリスクを回避できる
②与信管理をアウトソーシング(外注)できる
③売掛先に知られずに利用できる
④利用手数料が安い
⑤国からの助成金を受け取ることができる

①売掛先の倒産、貸し倒れリスクを回避できる

売掛金の未回収リスクを回避できるということが保証ファクタリングの大きなメリットです。売掛先が倒産するなどして売掛金の回収が不可能となってしまった際に、保証ファクタリング会社が限度額に応じて保証金を支払ってくれます。

 

②与信管理をアウトソーシング(外注)できる

与信管理は一般的に事業者側が行いますが、保証ファクタリングを利用すればファクタリング会社が信用調査を行います。自社で信用調査を行う時間や工数がない、新規の取引先の信用度を判断したいと考えている場合は、保証ファクタリングの利用がおすすめです。

 

③売掛先に知られずに利用できる

保証ファクタリングは、利用会社とファクタリング会社の2社間で契約を締結します。売掛先は契約に関わらないため、売掛先に知られずに保証ファクタリングを利用できます。

 

④利用手数料が安い

保証ファクタリングは、保証料という名目の手数料が発生します。手数料の相場は2~8%前後です。

 

貸し倒れのリスクを考えると、利用してみる価値はあるでしょう。

⑤国からの助成金を受け取ることができる

建設業者や資材業者は、国土交通省による「下請債権保全支援事業」によって国から助成金を受け取ることができます。それにより、保証料の負担を減らすことができます。

 

下請債権保全支援事業とは
中小・中堅下請建設企業等の経営・雇用安定、連鎖倒産の防止を図るため、
ファクタリング会社が当該下請建設企業等が保有する工事請負代金等の債権の支払を保証する仕組みです。
下請建設企業等が保証を利用しやすくするよう、保証料負担に対し助成するとともに
ファクタリング会社のリスクを軽減する損失補償を実施し、下請建設企業等を支援します。

保証ファクタリングのデメリット5つ

ここまで保証ファクタリングのメリットについて説明してきましたが、デメリットも存在します。
以下5つのデメリットについて、それぞれ説明します。
 
 
 
 
①売掛先の状況によっては利用できない場合がある
②売掛債権の現金化が遅くなる場合がある
③売掛先が倒産しない限り、支払い・保証料の返還はない
④利用手数料(保証料)が発生する
⑤保証ファクタリングを取り扱っている会社が少ない

①売掛先の状況によっては利用できない場合がある

売掛先の信用度が著しく低い場合は、保証ファクタリング会社から契約を断られる可能性があります。

仮に契約できたとしても定期的に信用調査が行われるので、売掛先が明らかに倒産寸前など、返済能力がないと判断された場合は保証を受けられなくなる可能性が高いです。

②売掛債権の現金化が遅くなる場合がある

保証ファクタリングは資金調達が目的ではなく、保険の役割を果たすサービスです。

売掛債権が現金化されるのは貸し倒れになった後となるため、受け取りまでに時間がかかる場合もあるので注意しましょう。

③売掛先が倒産しない限り、支払い・保証料の返還はない

保証ファクタリングは売掛先が倒産するなどして売掛金の支払いが不可能にならない限り保証金を受け取ることはできず、支払った保証料が戻ってくることもありません

また、保証金は契約内容に応じた限界額の範囲以内となり、全額保証されるわけではありませんので注意しましょう。

例を挙げると、取引先が以下のような状況であれば、ファクタリング会社から保証金を受け取ることができます。

・取引先が破産手続きを開始した
・手形が不渡りになった
・会社更生手続きを開始した

④利用手数料(保証料)が発生する

保証ファクタリングは「保険」のような役割で貸し倒れに陥った際に保証してくれるサービスです。利用するためには、保証料として手数料が発生します。

手数料の相場は2~8%前後ですが、手数料は売掛先の信用力によって変動します。

貸し倒れリスクが高いと判断された場合は、手数料も高くなります

⑤保証ファクタリングを取り扱っている会社が少ない

保証ファクタリングを取り扱っている会社は買取ファクタリングと比べてあまり多くなく、ほとんどが大手金融機関です。

そのため、それぞれの会社のサービス内容をよく調べて、慎重に比較検討して利用しましょう。

保証ファクタリングを利用するべき会社の3つの特徴

メリット・デメリットを理解できても、いざ利用したいと考えた時に、「本当に利用すべきタイミングなのか?」と迷われる方もいらっしゃるでしょう。ここでは、保証ファクタリングを利用するべき会社の特徴を3つ紹介します。

 

①売掛先の債権回収に懸念がある
②経営に大きな影響を与える売掛債権がある
③与信管理をアウトソーシング(外注)したい

①売掛先の債権回収に懸念がある

売掛先の債権回収に不安を感じる場合は、保証ファクタリングを利用すべきと言えます。売掛先からの入金が度々遅延するなど財務体制が怪しいと感じたら、貸し倒れになってしまう前に保証が必要かどうか早めに判断しましょう。

 

また、支払いサイクルが長い売掛先と取引している場合も貸し倒れリスクがあるため、利用をおすすめします。

②経営に大きな影響を与える売掛債権がある

特定の売掛先が自社の売掛債権を多く占めている場合も、保証ファクタリングの利用がおすすめです。貸し倒れになってしまった際、経営に多大な影響を与える売掛先がある場合は利用を検討しましょう。

 

③与信管理をアウトソーシング(外注)したい

契約時に実施する信用調査の結果は保証ファクタリング会社の未回収リスクにも影響するため、しっかりとした調査が行われます。そのため、以下のような場合に保証ファクタリングを利用すれば、与信管理のアウトソーシングが可能です。

 

・与信管理を行う工数や時間がない
・取引先社数が多い
・新規取引が開始される社数が多い
上記に当てはまる場合も、利用を検討してみてください。

当機構がおすすめする保証ファクタリング会社5選

最後に、当機構が厳選したおすすめの保証ファクタリング会社を3社紹介します。

どの保証ファクタリング会社を利用するかお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

みずほファクター

営業時間9:00~17:00(平日)
本社所在地〒100-0005
東京都千代田区丸の内1丁目6番2号
新丸の内センタービルディング 7階
電話番号03-3286-2200

みずほファクターはみずほ銀行の子会社として存在している会社です。みずほ銀行が100%出資している会社なので信頼度が高く、安心してご利用いただけるでしょう。

保証ファクタリングの種類が「包括保証」「個別保証」「下請債権保全事業」の3つあり、自社の要望に応じて選択することができます。

大手銀行ならではの情報網を活用した信用調査が行われるので、安心感を重視する方にはおすすめの会社です。

りそな決済サービス

営業時間9:00~17:00(平日)
本社所在地〒135-0042
東京都江東区木場1-5-25
深川ギャザリアタワーS棟17階
電話番号03-6832-7400

りそな決済サービスは1社ごとに保証限度額を設定する個別取引を提供しています。個別取引は少額からでも利用できるので、低コストで保証サービスを受けられるという特徴があります。

また、りそな決済サービスが実施した信用調査の内容を共有してもらうことができるため、自社の今後の与信管理に活用することができるのもメリットです。

三菱UFJファクター

営業時間9:00~17:00(平日)
本社所在地〒101-8637
東京都千代田区神田淡路町2丁目101番地 ワテラスタワー
電話番号03-3251-8351

三菱UFJファクターの保証ファクタリングは、柔軟性があり顧客のニーズに沿ったサービスを展開しています。1社から保証を開始することができ、随時限度額の変更が可能です。

また、保証をお願いする会社の追加や見直しなども柔軟に対応してくれるので、顧客にとって利用しやすいサービスが充実しています。

SMBCファイナンスサービス

営業時間
本社所在地〒135-0061
東京都江東区豊洲二丁目2番31号 SMBC豊洲ビル
電話番号03-6740-0300
SMBCファイナンスサービスは、三井住友銀行より業務委託を受けて保証ファクタリングを提供しています。保証料率は、保証対象の取引先ごとの信用力に基づいて算出した料率を、それぞれの保証限度額で金額加重平均した料率で設定されます。

 

保証対象先は原則として8社以上からの契約のため、何社かまとめて保証したい場合や大口の契約に向いているでしょう。

出光クレジット株式会社

営業時間9:00~17:00(平日)
本社所在地〒130-0026
東京都墨田区両国2-10-14
両国シティコア18階
電話番号03-6890-0207
出光クレジット株式会社の保証ファクタリングは、保証限度額内の売掛債権(売掛金・受取手形)を100%保証してくれます。取引会社1社につき、保証限度額は10万円以上に設定されており、保証料率は契約を進めていく中で別途提示されます。

 

貸し倒れリスクが軽減するため、取引先の倒産による経営悪化の心配がなく、新規取引先の拡大も安心して進められるでしょう。

まとめ

今回は保証ファクタリングについて、詳しく説明しました。

保証ファクタリングは、貸し倒れリスクが回避できるという大きなメリットがあるサービスです。

一方でデメリットも存在するため、正しい知識を身に付けて保証ファクタリングを利用しましょう。

通常のファクタリングをご希望の方は、当機構までお問い合わせください。