1. ホーム
  2. コラム
  3. M&A
  4. M&Aの売る側、買う側のメリットとは

コラム

M&Aの売る側、買う側のメリットとは


 

企業の買収、M&Aは、いまや日々新しいニュースが飛び交う時代になったのではないでしょうか。業界大手企業でさえも、事業の切り離し、合併、または海外の企業に事業を売り渡すことなど、珍しい話ではなくなりました。中小企業から大企業まで、M&Aは以前に増して経営戦略において重要視されているでしょう。今回は基礎に立ち返りM&Aにはどのようなメリットがあるか、買い手側と売り手側、2つの視点から見ていきましょう。

 

M&Aとは

M&Aは「Mergers and Acquisitions」の略です。「Mergers」は合併を、「Acquisitions」は買収を意味しており、ある企業と他の企業が手を組んで合併したり統合したり、もしくは企業が他の企業の株式を買い取ることによって買収することをM&Aと呼んでいます。近年では単に吸収合併や買収以外でもM&Aと呼ばれることがあり、例えば事業譲渡や資本業務提携といった企業間提携などもM&Aと言われていますね。どこからがM&Aか、という言葉の定義に関する問題については明言することができませんが、おおよその意味としては、「経営権を移動させたり、経営に影響を及ぼしたりするような経済的な行動」といったところで抑えておくと良いでしょう。

 

M&Aの具体的な手法としては、株式譲渡、第三者割当増資、事業譲渡、株式交換、合併、会社分割といった方法があり、それぞれ特徴は異なります。買収される会社の組織が残るかどうか、資産や負債、諸契約や雇用の承継などにも、どのタイプのM&Aがなされるかによって違いがあります。

 

M&Aで会社を売却する理由

M&Aにて会社を他企業へと売却したり、他企業と手を組んだりする理由はいくつか考えられます。代表的な理由としては、「事業承継対策のため」「経営基盤の安定化のため」「創業者の利潤確保のため」「資金調達のため」といった理由が挙げられます。企業の買収となれば、一般的に資金力の高い大きな企業が、資金力の乏しい中小企業を買い取る形になり、経営権を渡す代わりに資金的なメリットが得られることになります。資金は会社が生きるための生命線、人間で言うところの血液のようなもので、資金が無ければ営業を続けることも、新規事業を立ち上げることもできませんので、M&Aによって会社を売却する上で最大のメリットとなるのが、この資金という強みと言えます。

 

たとえば中小企業が細々と事業を拡大しようとしているとして、もう少しで完成というところで資金が底を尽いてしまえば、その事業は頓挫してしまうことになりますが、これを回避する方法として会社を売却して経営権を渡す代わりに、事業を完遂させることが可能となります。事業承継や経営基盤の安定といった売却理由の背後には、中小企業が抱える資金問題が見え隠れしているのです。また、買収された場合でも、従業員の雇用を守ることが可能な点は大きなメリットとなるでしょう。もしも会社が倒産、廃業してしまえば、従業員の生活は不安定になってしまいますが、買収で雇用も守られるのであればこれに越したことはありません。これも大きな企業が持つ資金力が関係していることが分かります。

 

この他にも経営者の利益を守るという目的も達成できる点もメリットとして挙げられるでしょう。経営者は従業員の面倒を見るために日々資金調達に奔走することになりますが、M&Aによって債務の責任からも解放されることになります。

 

M&Aで会社を買収する理由

一方で会社を買収する理由、目的としては、「事業拡大のため」「新規事業よりもリスクが少ないため」といった点が挙げられます。事業拡大ならば経営の多角化や、シェア率を守る、販路や営業を拡大するという3つの理由に、更に分けることができます。新規事業を始める上で必要となるノウハウを持っている会社を買収できるのであれば、これは非常に合理的な判断となりますよ。シェア率については、同業他社を買収することによって、これまで分かれていたパーセンテージを買収によって1つに統合できるため、こちらも合理的な判断だと言えます。販路の拡大についても同様に、既に買収する企業が持っている販路をそのまま手に入れられれば、新たに販路を作る必要はありませんので有用です。

 

会社を買収する理由は、リスクとも大きく関係しています。たとえば新規事業を立ち上げたいと考えている場合、その道のノウハウが無ければ失敗してしまうリスクも高まることになりますが、既にその道で営業をしている会社を買収すれば、採算性の見通しも立てやすく、失敗のリスクも最小限で済みます。また、自社で全てを手掛けるとなると、事業育成のために時間が多くかかってしまうものですが、買収ならば時間的リスクも少なく済むため、M&Aは非常に合理的と言えます。資金があるのならば、会社そのものを買ってしまった方が、より確実に利益へとつながることも多いです。

 

 

M&Aには様々なメリットがあります。買い手はもちろんのこと、売り手としても資金という恩恵を受けることができ、売り手と買い手の利害は意外と一致することが多いのも事実です。買い手としても、将来的に会社の利益へとつながることが多く、こういった売り手、買い手のメリットが多いからこそ、昨今ではM&Aが定着してきていると言えるでしょう。

一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構