1. ホーム
  2. コラム
  3. ファクタリング
  4. ファクタリングで即日資金調達した事例をご紹介【審査担当者が語る】

コラム

ファクタリングで即日資金調達した事例をご紹介【審査担当者が語る】

ファクタリングは、お申し込みからその日のうちに資金を調達できます。


そのため、急ぎ資金が必要になったときに検討していただきたいサービスです。


一方で、利用者の中には即日資金調達できなかったという声も聞かれます。


今回は、ファクタリングで即日資金調達するためのコツを詳しく解説します。


 

即日調達希望なら2社間ファクタリング


メジャーな契約方法として、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあります。


3社間ファクタリングは契約に数日時間を要するため、即日調達希望なら2社間ファクタリングを利用しましょう。


2社間ファクタリングは、利用者とファクタリング会社の2社間で契約します。


そのため売掛先の承諾を得る必要がなく手続きも簡単なため、即日での契約が可能です。


よって、2社間ファクタリングに対応しているファクタリング会社に申し込みをしましょう。



日本中小企業金融サポート機構なら即日対応



当機構では2社間ファクタリングに対応しており、即日で資金調達ができます。


これまで多くの案件をお取り扱いした経験から独自の審査ノウハウがあり、スムーズな審査が可能なためです。


また、他社様ではお断りされてしまう個人事業主のお客様にも対応しております。


資金調達のご相談は無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。



 

即日の資金調達成功例をご紹介


当機構では、業種を問わず幅広いお客様の資金のお悩みに対応しております。


今回は、即日資金調達を完了させたお客様の例をご紹介いたします。



①建設業のお客様


業種:建設業

状況:納期に間に合わず、売掛先からの入金が1ヶ月先に工期が延びた影響で人件費はかさんでしまったが、資金がない


ある建設業のお客様の例です。


天候不良が続いて納期に間に合わず、売掛先からの入金が1か月先になってしまったとのことでご連絡いただきました。


工期が延びてしまったことで人件費はかさんでしまったのに、想定していた入金がないということで、急ぎ資金調達を必要とされているお客様でした。


お客様のご協力により、必要資料を朝一でご提出いただいたことで審査がスムーズに進み、その日のうちにご契約・ご入金をさせていただくことができました。


従業員の給与支払いに間に合って安心した、とのお言葉をいただきました。



②人材派遣業のお客様


業種:人材派遣業

状況:売掛先から入金されるまでの期間が長く、人件費の先出し負担が大きい、資金が回らなくなってしまった


システムエンジニアを派遣する人材派遣会社のお客様よりご相談をいただきました。


システム開発という職種柄、入金までの期間が長く、人件費の先出し負担が大きいとの内容でした。


業務委託契約を結んでいる売掛先は大手上場企業であったことから、審査はスムーズに進み、その日のうちに当機構よりご入金させていただくことができました。


こちらの会社様にはその後半年ほど当機構のスタッフがサポートさせていただき、数回ファクタリングをご利用いただく中でキャッシュフローを健全化させることに成功しました。


「また困ったときには相談する」と笑顔で話されていたようで、スタッフ一同お力添えができて嬉しい気持ちになりました。


 

ファクタリングで即日資金調達する5つのコツ


ご紹介したように、ファクタリングは即日で資金調達することが可能です。


ただし、そのためには利用者様にも心がけていただく点があります。


スムーズに資金調達する5つのコツを解説していきます。


     事前に必要資料の確認や準備をする

     複数の契約方法がある会社を選ぶ

     利用を検討したらできるだけ早く問い合わせをする

     審査に必要な資料は早めに提出する

     少額の売掛債権でファクタリングをするのもひとつの手

 


①事前に必要資料の確認や準備をする


即日で資金調達するためには、できるだけ早く審査資料をファクタリング会社に提出することが重要です。


審査に時間を要してしまう場合もあるため、ファクタリングを利用する可能性が少しでもあるようなら、事前に資料の確認をしておきましょう。


ファクタリングの審査で主に必要な資料は以下の通りです。


・売掛先への請求書

・売掛先(取引先)からの入出金がわかる通帳

・請求書の他に売掛債権を証明できる書類(契約書、納品書、注文書など)


ファクタリング会社によって必要資料は異なりますが、最低限これらの資料はすぐに提出できるように準備しておくと安心です。



②複数の契約方法がある会社を選ぶ


契約方法で一般的なのは、ファクタリング会社に赴いて契約することです。


近くにファクタリング会社があれば良いですが、銀行のように地域に支店があるとは限りません。


以下のように、他にいくつか契約方法の選択肢があるファクタリング会社を選びましょう。

   

・出張契約

 ファクタリング会社が利用者の会社やその近くまで訪問し、契約する方法

・クラウド契約

 オンライン上で契約する方法

・郵送契約

 契約書をファクタリング会社に郵送して契約する方法


近くにファクタリング会社がないという場合は、出張契約かクラウド契約に対応してもらえる会社を選んでお問い合わせください。

 

なお、郵送契約に対応しているファクタリング会社もあります。


即日調達希望の方には不向きですが、契約書に押印してポストに投函するだけですので、簡単に利用できます。


そのため、本日中でなくても3日以内に資金調達できれば良いなど、少しゆとりがある人にはおすすめです。



③利用を検討したらできるだけ早く問い合わせをする


ファクタリングの利用を検討した段階で、できるだけ早く問い合わせをしましょう。


その理由は、ファクタリングを利用しても信用情報に一切影響がないためです。


融資の場合は、審査を受けただけで信用情報にデータが残ってしまいますが、無論ファクタリングでは審査で影響はしません。


よって、必要になった時にすぐにご利用いただけるよう、検討している段階でのお問い合わせをおすすめしています。


パターン別のおすすめの問い合わせ方法は、以下です。


パターン①

利用を検討したのがファクタリング会社の営業時間外だった場合、ひとまずHPのフォームからお問い合わせをして、営業開始と同時に電話問い合わせをする。

パターン②

利用を検討したのが営業時間内だった場合、検討している段階で電話問い合わせをして、審査に必要な資料や契約時に必要な資料を聞いておく。

 


④審査に必要な資料は早めに提出する


審査に時間がかかってしまう場合があるため、必要な資料はできるだけ早く提出しましょう。


査定結果が早く出れば、本日中に振り込みをしてもらえる可能性も高くなります。


なお、問い合わせ時に契約で必要な資料が揃っていなくても問題ありません。


審査を待っている間に、準備を進めましょう。


ファクタリング契約で、主に必要な資料は以下です。


履歴事項全部証明書

・代表者の本人確認資料(免許証やパスポート、住民票など)

・代表者および会社の実印

・代表者および会社の印鑑証明書

 

こちらもファクタリング会社によって異なりますので、早めに確認いただき準備しておくことをおすすめします。



⑤少額の売掛債権でファクタリングをするのもひとつの手


最低限、必要な額だけファクタリングするのもひとつの手です。


例えば、1000万円の売掛債権を買い取るとなると、ファクタリング会社にとってはリスクが大きいため、通常より審査に時間を要してしまいます。


そのため、どうしても本日中に必要な額だけ調達するという手もあります。


とはいえ、大きい額の売掛債権であっても売掛先が大手企業で信頼できる債権であれば、即日資金化することも可能ですので、詳しくはファクタリング会社に相談することをおすすめします。

 


日本中小企業金融サポート機構で無料相談


この記事では、ファクタリングで即日資金調達した事例をご紹介しました。


また、ファクタリングで即日資金調達する5つのコツは以下です。


     事前に必要資料の確認や準備をする

     複数の契約方法がある会社を選ぶ

     利用を検討したらできるだけ早く問い合わせをする

     審査に必要な資料は早めに提出する

     少額の売掛債権でファクタリングをするのもひとつの手


ご相談は何回でも無料ですので、ファクタリングの利用を検討されている方や実際に買い取ってほしい売掛債権をお持ちの方は、お気軽にご相談ください。 


当機構では、ファクタリングで即日資金調達することが可能です。

 

一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構