1. ホーム
  2. コラム
  3. ファクタリング
  4. 【保存版】ファクタリングの審査に通るポイント!審査基準も解説

コラム

【保存版】ファクタリングの審査に通るポイント!審査基準も解説

ファクタリングは、最短即日で売掛金を資金化できるため、多くの企業が資金調達方法のひとつとして利用しています。

大きな特徴として、銀行融資に比べて審査が柔軟という点が挙げられますが、どのような基準で審査が行われるか疑問に思う方も多いでしょう。

この記事では、ファクタリングの審査基準について解説します。

審査に通過するポイントも紹介しますので、スムーズな資金調達行うためにもぜひ最後までお読みください。

 

ファクタリングの審査基準は主に4点

審査を行う際にファクタリング会社が基準としているのは、主に以下の4点です。

①売掛先に信用力はあるか
②売掛金の支払期日はいつか
③利用者は信用できる人柄か
④利用金額は妥当か

 
それぞれについて、審査の際にどのような点を見られているのか詳しく解説します。
 

 

①売掛先に信用力はあるか

ファクタリングの審査で最も重要視されるのは、売掛先の信用力です。

売掛先が大手企業公的機関だと、信用力が高いと判断され審査に通りやすくなります。

一方で、利用者の会社経営がうまくいっていないなどのマイナス要素があっても、売掛先の信用力が高ければファクタリングの審査に通過する可能性は高いです。

なぜなら、ファクタリング会社は売掛金を買取った後に売掛先からお金を回収するため、売掛先が倒産するなどして売掛金が回収できないと、大きな損失となってしまうからです。

 

②売掛金の支払期日はいつか

売掛金の支払日までの日数が短い方が、審査に通りやすい傾向があります。

ファクタリング会社は、未回収リスクを避けるためなるべく早く売掛金を回収したいと考えています。

 

③利用者は信用できる人柄か

ファクタリングは一般的に、利用者の会社経営状況よりも売掛先の信用度を重視します。

しかし、中には売掛金を使い込んでしまってファクタリング会社への支払いができなくなったり、虚偽の売掛金を売却するなどの詐欺を行う人たちも存在します。

そのため、ファクタリング会社は利用者が信用できる人物かどうか、審査の際に注視します。

審査で面談を行う際は、売掛金が入金されたら迅速に支払う意思があること、売掛金が架空ではないことをしっかり伝えましょう。

 

④利用金額は妥当か

企業の月商・年商とファクタリングの利用金額のバランスが合っているかどうかも、審査基準に含まれます。

例えば、年商が5000万円なのに対して1億円の売掛金の売却を申し込んできた企業があったとします。

明らかに年商と売掛金のバランスがおかしいため、ファクタリング会社としては「本当に存在する売掛金なのか」「運転資金以外の使い道なのではないか」と疑ってしまいます。

そのため、どんなに高額な売掛金でも審査が通りやすいというわけではないことを、覚えておきましょう。

 

ファクタリングの審査に落ちてしまう理由

ここまで、ファクタリングの審査基準について解説してきました。

続いては、ファクタリングの審査に落ちてしまった場合に考えられる理由をご紹介します。

 

売掛金の信用性に問題がある

売掛金に信用性がない場合は、審査に落ちる可能性が高いです。

例えば、売掛金の存在を証明する書類の不備や、情報が不足している場合は審査に通りづらいでしょう。

また、売掛金よりも買掛金の方が多い場合や、個人(友人など)に対しての売掛金は買い取ることができないため、審査に落ちてしまいます。

 

売掛先の与信に問題がある

売掛先の与信に問題がある場合も、審査に落ちる原因です。

売掛先の規模はどのくらいか、経営状況に問題ないか、倒産していないかなどが見られるポイントです。

売掛先が安定した経営状況で、しっかりとした取引実績があれば、審査に通る可能性は高くなります。

 

利用者の印象が悪い

どんなに信用性の高い売掛金を保有していても、ファクタリング会社からの印象が悪いと審査に落ちてしまう可能性があります。

例えば、お金の管理がだらしないと思われたり、面談や電話の際に曖昧な受け答えをしてしまうと、ファクタリング会社としては「本当に契約を進めていいのか」と不安に感じてしまいます。

審査の際にファクタリング会社の担当者との面談や電話・メールでやりとりをする際は、誠実で丁寧な対応を心がけましょう。

 

ファクタリングの審査に通るための3つのポイント

ファクタリングの審査に通るために重要なポイントを3つ解説します。

 

①信用性の高い売掛金を選ぶ

ファクタリングの審査で最も重要視されるのは、「売掛金の信用性」と言っても過言ではありません。

例えば、上場企業官公庁などの売掛金は、売掛金の入金が確実に行われる可能性が高いため信用性があると判断されます。

このような売掛金を保有している場合は、優先的に申し込むと審査に通りやすくなるでしょう。

 

②支払期日が近い売掛金を選ぶ

売掛金の支払期日が遠すぎると、審査に通りづらい可能性があります。

理由としては、支払期日を待っている間に売掛先の業績が悪化したり、災害などの予測不能な出来事が発生するなどして、売掛金を回収できなくなるリスクがあるためです。

そのため、なるべく支払期日が近い売掛金を選ぶことをおすすめします。

 

③必要書類をしっかりと準備する

基本的なことですが、必要書類を不備なく提出することも重要です。

書類に不備があると審査に落ちるだけでなく、再提出などの手間が発生します。

また、ファクタリング会社は提出された情報を元に、虚偽の情報がないかなどの調査を慎重に行います。

そのため、必要書類は正確な情報を提出し、提出前に漏れがないかもしっかり確認しましょう。

 

当機構のファクタリング審査の流れと必要書類

当機構のファクタリングの審査の流れ・必要書類をご紹介します。

ご利用の際は、ぜひ参考にしてください。

 

①お申込み

お申込みフォームよりお申込みいただきます。
専属のスタッフが内容を確認し、ご連絡いたします。その際、必要書類についてもご案内します。

 

②審査結果のご案内

必要書類をご提出いただきましたら、審査結果をご案内いたします。
審査結果次第では、契約を辞退いただくことも可能です。

 

③ご契約

審査結果に納得いただけましたら、ご契約となります。
契約内容について、ご説明させていただきます。

 

④ご入金

15時までに契約が完了した場合、即日のお振込みが可能です。

 

まとめ

ファクタリングの審査基準と、審査に通過するためのポイントをまとめます。

<ファクタリングの審査基準>
①売掛先に信用力はあるか
②売掛金の支払期日はいつか
③利用者は信用できる人柄か
④利用金額は妥当か
<ファクタリングの審査に通過するためのポイント>
①信用性の高い売掛金を選ぶ
②支払期日が近い売掛金を選ぶ
③必要書類をしっかりと準備する

 
以上の点を踏まえたうえで、ファクタリングの審査に備えましょう。

一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構