1. ホーム
  2. コラム
  3. ビジネスローン
  4. ファクタリングとビジネスローンを徹底比較!最適な資金調達方法は?

コラム

ファクタリングとビジネスローンを徹底比較!最適な資金調達方法は?

期日現金とは?

中小企業の資金調達方法ですが、最近ではさまざまな方法があり多様化しています。

なかでも、急を要する資金調達には「ファクタリング」「ビジネスローン(事業者ローン)」を検討する方が多いでしょう。

今回は、資金調達方法にお悩みの方に向けて、ファクタリングとビジネスローンはどちらが最適な資金調達方法なのか、ファクタリングとビジネスローンの違いは何かについて、詳しく解説します。

お急ぎの方は下記よりお問い合わせください。

無料相談・お問い合わせ

ビジネスローンとは?

ビジネスローンとは、開業資金や運転資金、設備投資など、事業資金としての利用を目的とした金融サービスのことです。

ビジネスローンの多くは無担保での借り入れが可能で、なかには保証人が必要ないものもあります。

銀行や信販会社のほか、消費者金融などが、ビジネスローンを金融商品として提供しています。

 

ビジネスローンと事業者ローンの違い

ビジネスローンと事業者ローンは、どちらも事業者に対して貸し付けを行うサービスですが、誕生の経緯が異なります。

事業者ローンは、ノンバンクが法人や個人事業主銀行が事業者に向けたサービスが始まりです。

その後、銀行が中小企業や零細企業向けに、審査の基準を下げて融資サービスを行うビジネスローンというサービスを開始したため、ノンバンクでも「ビジネスローン」という名称で事業者向けの融資を始めました。

商品のサービス内容が同じことから、一般的には同じ融資サービスのひとつとして認識されています。

 

ファクタリングとビジネスローン違い5つ

ファクタリングとビジネスローンは、審査のハードルが比較的低く、第三者の保証人が必要ないことが共通点として挙げられます。

「融資」であるビジネスローンと「売掛金の買取サービス」であるファクタリングの代表的な違いは、以下の5つです。

ファクタリング ビジネスローン
対応金額 数万円~数億円 ~1000万円
資金調達スピード 即日~3日程度 即日~3日程度
手数料 2~30% 5~20%
審査基準 売掛先の信用力 利用者の信用力
返済方法 1~2ヶ月 1ヶ月~10年
それぞれについて、順に詳しく見ていきましょう。

①対応可能金額

ファクタリングとビジネスローンの対応金額の相場は、以下のとおりです。
ファクタリング:数万円~数億円
ビジネスローン:~1,000万円

 

ファクタリングは、商品やサービスを販売して代金を受け取ったあと、売掛金をファクタリング会社に売却して資金調達をするサービスのことです。

そのため、資金化できるのは手持ちの売掛金の金額が上限です。

対応可能金額の上限は数万円〜10億円と幅広く、ファクタリング会社によって異なります。

利用を検討している場合は、まずは見積もりをとって自分の条件に合うかどうかを確認しましょう。

一方、融資であるビジネスローンは、少額借り入れから数千万円までの借り入れまで可能です。

なお、ビジネスローンの利用可能金額は、融資を希望する会社の事業規模や経営内容によって変動します。

 

②資金調達スピード

ファクタリングとビジネスローンはどちらも最短即日の資金調達が可能で、スピードの大きな違いはありません。

それぞれの資金調達スピードは以下のとおりです。

 

ファクタリング:即日~3日程度
ビジネスローン:即日~3日程度

 

どちらも即日〜3営業日ほどで資金調達が可能です。

しかし、銀行のビジネスローンを使用した場合は、審査に1日~数ヵ月かかります。

急いで資金調達をしたい場合は、売掛先の承認が必要ない2社間ファクタリングや、ノンバンクのビジネスローンを利用するのがおすすめです。

 

③手数料

ファクタリングは融資ではなく売掛金の買取サービスです。

そのため、金利ではなく手数料がかかります。

ファクタリングの手数料とビジネスローンの金利を比較すると、次のようになります。

 

ファクタリング:2~30%
ビジネスローン:5~20%

 
ファクタリングとノンバンクのビジネスローンで比較すると、資金調達にかかるお金に大きな違いはないということがわかります。
 

④審査基準

ファクタリングとビジネスローンでは、審査の対象が異なります。

それぞれの審査基準について、重視しているポイントを比較してみましょう。

 

ファクタリング:売掛先の信用力
ビジネスローン:利用者の信用力

 

ファクタリングの審査で重視するポイントは「売掛先の信用力」です。

売掛先の信用度が高ければ、たとえ赤字や税金滞納があったとしても利用できます。

一方、ビジネスローンは「利用者の信用力」を重視して融資をするかどうか審査します。

 

⑤返済方法

ファクタリングの返済方法は、契約方法によって異なります。

2社間ファクタリングでは、売掛先から利用者に売掛金を入金次第、ファクタリング会社に送金します。

3社間ファクタリングの場合は、売掛先からファクタリング会社へ送金するため、利用者からファクタリング会社への返済はありません。

一方、ビジネスローンの返済期間は最長10年と、長いスパンで返済計画を立てられるという特徴があります。

返済方法も、一括払い・分割払いなどさまざまな方法があり、柔軟性が高いところが魅力です。

ファクタリングとビジネスローンの返済期間は以下のとおりです。

 

ファクタリング:1~2ヵ月
ビジネスローン:1ヵ月~10年

 
時間をかけてじっくり資金繰りを改善したい場合は、ビジネスローンがおすすめです。
 

最適な資金調達方法は?選択基準5つ

「ファクタリングとビジネスローン、どっちが最適な資金調達方法なのか」
「基準がわからず、どちらを選んだらよいのか迷っている」

という方に向けて、覚えておきたい5つの選択基準をご紹介します。

①売却できる売掛金があるか?
②赤字、債務超過などはないか?
③最短即日で資金調達が必要か?
④信用情報への影響を受けたくないか?
⑤すぐに返済できるか?

ファクタリングとビジネスローン、どちらを選ぶべきか悩んでいる場合は、ぜひ参考にしてください。

 

①売却できる売掛金があるか?

ファクタリングは売掛金を売却して資金調達する方法です。

売却できる売掛金がなければ、そもそもファクタリングを利用することができません。

一方で、ビジネスローンは融資であるため、ファクタリングのように元手が必要ありません。

審査に通りさえすれば、数千万円の大口融資を受けることも可能です。

 

②赤字、債務超過などはないか?

上述のとおり、ファクタリングは「売掛先の信用力」、ビジネスローンは「利用者の信用力」を重視して審査しています。

そのため、ファクタリングは赤字や税金滞納があっても利用可能なサービスです。

一方でビジネスローンは、赤字や税金滞納がある場合、ビジネスローンの審査に通らない可能性が高いでしょう。

赤字や税金滞納がある場合は、ファクタリングの利用がおすすめです。

 

③最短即日で資金調達が必要か?

上述したとおり、ファクタリングとビジネスローンでは、資金調達にかかる日数やスピードに大きな違いはありません

しかし、ファクタリング会社によっては、数時間で資金調達が可能です。

複数社に相見積もりをとり、一番早く資金調達できる会社を探すのもおすすめです。

 

④信用情報への影響を受けたくないか?

ファクタリングは、売掛金をファクタリング会社に売却することで資金化できるサービスです。

ファクタリングは借入ではないため信用情報に影響を及ぼすことなく資金調達できるところがメリットです。

赤字決算や債務超過、税金未納などがある場合や、信用情報への影響を受けずに資金調達をしたい場合は、ファクタリングの利用がおすすめです。

 

⑤すぐに返済できるか?

ビジネスローンは借入のため、返済計画についても考えなければなりません。

万が一返済が遅れたり、滞納したりしてしまうと、今後の銀行融資などに悪影響を与える可能性があります。

2社間ファクタリングは、売掛先から売掛金が入金次第、ファクタリング会社に送金して契約が完了します。

3社間ファクタリングでは、売掛先から直接ファクタリング会社へ送金する仕組みです。

利用者からファクタリング会社への支払いは必要ありません。

すぐに支払いができない場合は、ファクタリングの利用がおすすめです。

 

当機構のファクタリングが選ばれる理由3つ

安心してファクタリングを利用するためには、信頼できるファクタリング会社を選ぶことが重要です。

当機構のファクタリングが選ばれる理由は下記の3つです。

・最短即日で資金化できる
・業界最低手数料
・オンライン契約で資金調達ができる

すぐにファクタリングを利用したい方は、下記よりお申込みください。

無料相談・お問い合わせ

最短即日で資金化できる

当機構は、お申込みから最短30分で審査結果をご提示し、即日での資金調達が可能です。

15時までにご契約が完了した場合は、ご指定の口座に即日お振込いたします。

資金調達をお急ぎの方、即日振込みをご希望の方に最適です。

 

業界最低手数料

当機構のファクタリングは、業界最低手数料1.5%~でのご利用が可能です。

ファクタリングの手数料は、資金調達額に影響します。

「できるだけ手数料を抑えて利用したい」
「余計なコストはかけたくない」

このようなお悩みがある方は、ぜひ当機構にお問い合わせください。

 

オンライン契約で資金調達ができる

当機構のファクタリングは、オンライン契約でスマホ完結できるサービスがあります。

請求書があれば最短3時間で契約が完了し、スピーディな現金化が可能です。

印鑑証明や登記簿謄本は一切必要ありません。

 

売却可能な売掛債権をお持ちならファクタリングがおすすめ

ファクタリングとビジネスローンは、審査が柔軟な対応で、即日〜3日程度で資金調達が可能という共通点があります。

しかし、ビジネスローンが「融資」なのに対し、ファクタリングは売掛金の買取をすることで早期資金化できる金融サービスです。

赤字決算や債務超過などがあっても利用できるうえ、信用問題に影響を与えずに利用できるためファクタリングの利用がおすすめです。

無料相談・お問い合わせ

一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構