1. ホーム
  2. コラム
  3. 銀行融資
  4. 銀行融資の基本 メインバンクとは

コラム

銀行融資の基本 メインバンクとは

 

新聞やテレビでも耳にする機会が多いメインバンクという言葉の意味をご存知でしょうか。

実はメインバンクといっても、成文化された契約を結んでいるわけではありません。

企業でも個人でも多くの場合複数の銀行に口座を持つことが多いでしょう。どのような銀行をメインバンクと呼ぶのでしょうか?

メインバンクの意味

メインバンクとは一言でいえば主要取引銀行を指します。

複数銀行と付き合いがある場合は、一番取引規模や融資額が多い銀行をメインバンクと呼ぶのが一般的です。

個人でいうなら預かりが多い銀行や、給与振り込みに利用している銀行、住宅ローンの借入をしている銀行をメインバンクと呼ぶことが多いでしょう。

しかし、必ずしも融資額や取引額だけでメインバンクは決まりません。

メインバンクはお金を管理するだけの存在ではなく、経営におけるパートナー。

特に銀行からの借入比率が大きい企業は、メインバンクの存在感を無視できません。

大企業であれば上場して直接金融によって資金を調達することも可能ですが、多くの企業は銀行からの間接金融に頼らなくてはいけないのが現状です。

メインバンクは企業のお金を管理するだけが仕事ではなく、企業業績が悪化すれば、返済計画の見直しやメインバンクからの職員の派遣を受け入れるなど企業の経営にも影響を与える立場です。

もしもメインバンク以外の銀行から借入をしたとしても、メインバンクは他の銀行への返済を含めた企業の資金計画や再建計画に注力してくれる存在。

メインバンクを選択するときは、企業の経営に参画する可能性まで考えて親密な相談が可能な銀行を選びましょう。

例えば保証協会が付く借入以外にプロパー融資中心に取り引きしている銀行も選択肢の一つです。

プロパー融資は信用保証協会を挟まないため、信用保証協会への保証料を支払わなくてよい代わりに、銀行が責任をすべて負います。

よって銀行も融資に慎重になるため、プロパー融資が可能な銀行は信頼関係が構築できていると考えられるのです。

メインバンクは必要なときに相談に乗ってくれる企業の相棒です。信頼できる銀行をメインバンクに選びましょう。

 

メインバンクを積極活用するメリット

メインバンクは企業と銀行が密接に関わり合い成立する関係です。

もちろんすべての企業がメインバンクを持たなくてはいけないわけではありません。

ではメインバンクを作るメリットとはどこにあるのでしょうか?

メインバンクを利用する企業側のメリットは安定した資金調達が可能になるという点です。

メインバンクであれば、今までの返済実績や築き上げた信頼関係があります。

まだ口座も作っていないような銀行に借入を申し込んでも、銀行側は企業の財務情報や経営成績を把握して審査してからでないと融資を実行してくれません。

その点メインバンクであれば信頼関係を構築していて銀行も会社の内情を把握しているため、融資もスムーズに受けることが可能です。

さらにメインバンクは企業の経営にアドバイスをする立場。

景気や同業他社の動向に関して専門家の立場から提案するのもメインバンクの役割です。

近年はメインバンクを持たない企業も増えています。

しかし経営するパートナーとしてメインバンクを持っていることは安心にもつながるのです。

 

銀行を複数活用するメリット

メインバンクとの信頼関係を構築し、経営が安定したら銀行の付き合いを広げることを考えましょう。

一行との深い付き合いではなく、複数の銀行と広く付き合いを徐々に始めるとよいでしょう。

 

リスクを分散できる

複数の銀行と付き合うメリットは第一にリスクの分散です。

銀行の方針や担当者の変更によって、融資の条件や融資自体の可否が変わってしまうことがあります。

例えば長年付き合いがあった銀行が本部の方針で融資を断ってきた場合、他の銀行に融資を頼む必要が出てきます。

しかし銀行も取り引き実績がない会社にいきなり融資はしてくれません。

そこで複数の銀行に取り引き実績を作っておくことでリスクを分散するのです。

 

条件を見比べることができる

複数の銀行と付き合うことで初めてわかることもあります。融資の条件もその一つでしょう。

銀行によって融資の条件は違います。

複数の銀行で融資の条件を見比べることによって、一番条件がいい銀行と付き合うことができて資金調達のコストを下げることもできます。

長い付き合いがあったり、アドバイスをもらったりとメインバンクとの信頼関係が強いと他の銀行との付き合いに抵抗を感じるかもしれません。

しかし、メインバンク以外の銀行と付き合うのも長期的な経営計画における戦略の一つなのです。

銀行との付き合い方は企業にとっての将来を左右する重要事項です。

企業が成長するときや経営環境が変わったときには銀行との取り引きを見直すタイミングかもしれません。

メインバンクを選ぶときや、取引銀行を増やす際には長期的な視点が必要です。

今までの取り引き実績や担当者との付き合いなど様々な視点からメインバンクについて検討しましょう。

一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構