1. ホーム
  2. コラム
  3. 銀行融資
  4. 信用保証協会を活用した銀行融資をするメリットは

コラム

信用保証協会を活用した銀行融資をするメリットは

 

企業が経営を続けるため、さらに事業拡大して成長を続けるために欠かせないのが事業資金です。企業の資金調達には出資を募る方法や助成金や補助金を受ける方法など様々なものがあります。そのなかでも最も一般的な企業の資金調達方法が金融機関からの融資を受ける方法でしょう。企業が金融機関から融資を受ける際に、サポートしてくれているのが信用保証協会です。企業の資金調達において、どのような役割を果たしているのでしょうか。

信用保証協会とは

信用保証協会とは中小企業や小規模事業者が円滑に資金調達できるように支援する公的機関です。具体的には事業者が事業資金を調達するときに保証人となることで、融資を受けやすいようにしています。信用保証協会が保証している融資は保証付融資と呼ばれます。まだ取り引きが浅い銀行からの融資を受ける場合は、保証付融資で信用保証協会の保証を受けるように求められることもあるでしょう。これは返済の滞納を心配してのことです。保証付融資であれば返済が滞ったとしても、信用保証協会が事業者に代わって返済を立て替えてくれます。このような返済の肩代わりを代位弁済といいます。一方で事業者は信用保証協会の保証を受ける対価として、所定の信用保証料を支払います。信用保証協会は事業者にとっての公的な立場にある保証人なのです。

信用保証協会を利用した融資はどうやって申し込む?

事業者が信用保証協会の保証を受けるためには二つの方法があります。一つは信用保証協会に直接申し込む方法です。全国にある信用保証協会で、資金調達の相談をしたのちに申込書を記入します。必要書類とともに申込書を提出すると信用保証協会は企業の保証審査を行います。もう一つの方法は金融機関経由で信用保証を申し込む方法です。この場合は事業者は信用保証協会と直接やり取りをせず、金融機関経由で申込書や必要書類を提出します。信用保証協会と直接関わるか、金融機関を間に挟むかの違いですが、金融機関経由で申し込む方法で保証を受ける事業者の方が多数。信用保証協会に書類を提出して保証審査を受けるのはどちらの方法も同じです。信用保証協会が審査して信用保証できるようであれば、信用保証協会が金融機関に信用保証書を発行します。事業者が信用保証協会に信用保証料を支払うのは融資実行のときです。信用保証料を金融機関経由で支払って、ようやく融資が実行されます。

保証協会を使った銀行融資活用のメリット

信用保証協会を利用するメリットは、簡単にいうと金融機関の審査が通りやすくなることです。信用保証がないプロパー融資は金融機関が責任を負うため、審査が厳しく長期の付き合いや取り引き実績がなければ受けることは困難です。しかし信用保証協会が保証していれば、返済がなくても信用保証協会が支払ってくれるため金融機関も安心できます。再度融資のために審査を受ける場合も、一度返済実績を作った後なので資金調達がしやすくなります。信用保証協会の保証があれば、貸付金利を下げてくれるほか、融資額を増やしてくれるという金融機関もあります。信用保証がないプロパー融資と信用保証付き融資を併用することで融資額を増やすといった信用保証の利用法も検討してみましょう。信用保証協会は各都道府県にある機関ですが、その保証は一律ではありません。その地方独自の保証制度があるのも信用保証協会の特徴です。県の保証制度や市町村の保証制度では手続きや金利面での優遇や、地方自治体からの利子補給や保証料補給を受けられることもあります。利子補給制度や信用保証料補助制度は金融機関に支払った利子や信用保証協会に支払った保証料を地方自治体が補助してくれる制度。地方自治体のホームページではこのような制度や申請方法を紹介しています。信用保証協会を利用するときは、事業者向けの優遇制度を上手く活用しましょう。

保証協会を使った銀行融資活用のデメリット

審査に時間がかかる

信用保証協会を利用するデメリットは審査期間が長くなってしまう点です。金融機関だけでなく信用保証協会でも審査が行われるため、審査の時間は長くなってしまうことがあります。そのため必要な事業資金を迅速に調達するには向いていません。

保証料が必要

信用保証協会を利用することで保証料を支払わなくてはならないのもデメリットでしょう。信用保証料率は経営状態によって分けられる9つの区分によって決まります。さらに分割返済回数や保証期間、貸付金額によって信用保証料が求められます。信用保証協会によっては信用保証料をホームページ上でシミュレーションすることができます。実際にどの程度の信用保証料がかかるのか仮計算してみましょう。

信用保証協会では、事業者の多様なニーズに対応するため様々な保証方法を準備しています。開業資金や新事業分野などもあり、保証メニューを豊富に提供することで事業者を支援するのが狙いです。信用保証協会は公的な立場で事業者をバックアップしてくれる心強い存在なのです。

一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構