コラム

ベンチャーキャピタルでする資金調達のメリットデメリット

ベンチャーキャピタルは、起業を考えて資金調達の必要がある人や事業の拡大を目指している人などに有効な資金調達手段となります。

 

資金調達手段には様々なものがありますが、事業の将来性を見据えてお金だけでない支援を求める人にはメリットも多いものです。

 

こでは、ベンチャーキャピタルを利用するメリットデメリットを紹介します。他の資金調達方法とベンチャーキャピタルを比較してみましょう。

 

ベンチャーキャピタルを利用するメリット

ベンチャーキャピタルには、銀行の融資と違ったメリットがあります。

 

資金調達というと、銀行などの金融機関からの融資を受けることを考えがちですが、ベンチャーキャピタルを利用することで銀行にはないメリットを得られるかも知れません。

 

ベンチャーキャピタル側は、ベンチャー企業に対して出資することで未公開株式を得て、株式公開やM&Aなどで利益を得ます。

 

株式公開をせずに株式による資金調達にも似たメリットが得られるといっても良さそうです。

 

返済の義務がない

ベンチャーキャピタルを使った資金調達のメリットの1つには、返済義務がない点があります。

 

ベンチャーキャピタルの行うのは、出資であり融資ではありません。借金ではないため、元金の返済義務は生じないようになっています。

 

代表者個人が連帯保証人にならなくて良い

ベンチャーキャピタルによる資金調達では、代表者個人が連帯保証人にならなくても良いものです。

 

場合によっては買取請求権を契約内容に組み込んでくる会社もあるようですが、必ずしも代表者が連帯保証人になる必要はありません。

 

また、一般的には違反があった場合のみ買い取り請求権が発動するような契約になっています。

 

支援が受けられる

ベンチャーキャピタルの目的は、ベンチャー企業の株式公開によるキャピタルゲインです。

 

そのため、出資する会社を育てて、その価値を高めることがベンチャーキャピタル側にも重要な課題となります。

 

そのため、出資を受ける企業はベンチャーキャピタルからの資金以外の支援も受けられることが多いようです。

 

役員派遣や事業提携先の紹介など人的な支援もあり、それを生かすことで自社内だけでは足りないスキルやノウハウを得ることもできます

 

ベンチャーキャピタルを利用するデメリット

ベンチャーキャピタルは上手に生かすことができれば、メリットも大きいのですが、状況によってはデメリットが出てくることもあります。

 

ベンチャーキャピタルの性質上、仕方のない面もありますが、銀行融資や社債の発行よりも経営のリスクが増えるかも知れません。

 

審査が厳しい

ベンチャーキャピタルが目指すのは、株式公開による利益です。

 

そのため、株式公開時の利益率を判断されることになり、審査は厳しくなります。

 

将来性を見るために、事業計画書をはじめとした多くの書類の提出を求められることも少なくありません。

 

経営陣の質や扱う商品やサービスの成長性などを意識した資料の提示が必要です。

 

また、ベンチャーキャピタルはそれぞれが企業の業種や成長ステージなどに特化した出資を行っていることが多くなります。

 

そのため、自社の状況に合ったベンチャーキャピタルを選ぶことも必要です。

 

調達コストが高い

株式公開時のキャピタルゲインがベンチャーキャピタルの利益になるため、返済義務はありませんが、コストが高くつくことがあります。

 

ベンチャーキャピタルはハイリスクハイリターンを狙っていることが多く、その分は上場や配当などで自社が負担することになります。

 

銀行融資では利息の支払いのみとなり、低利率の借り入れで利息を抑えることができます。

 

しかし、ベンチャーキャピタルでは利息以上に、調達コストが高くなってしまう場合も多くなるでしょう。

 

資金回収を要求される場合がある

ベンチャーキャピタルでは、契約に方法によっては企業側に不利な条件を負ってしまうこともあります。

 

契約違反時の買い取りもその1つですが、株式公開見込みが薄い場合も出資した一部を回収される可能性があります。

 

あくまでもベンチャーキャピタルは、将来性を見込んでキャピタルゲインを得るために出資をしています。

 

そのため、その企業の経営が上手く行かないと見たら、早めに資金を回収して他の企業の出資に当てようとなる可能性があります。

 

 経営に口出しされる

ベンチャーキャピタルは、株式と似たような面を持っています。

 

役員派遣があれば経営にも口を出されますし、第三者割当増資となれば代表者の経営権が奪われるリスクもあります。

 

資金だけでなく人的な援助も得られる反面、出資してもらっているため意見には逆らいにくく、経営を左右されてしまう可能性を持っています。

 

 まとめ

ベンチャーキャピタルは将来性や成長が期待できる企業の資金調達には適した方法です。

 

審査は厳しいものの、資金だけでなく不足しているノウハウなども得ることができます。

 

しかし、場合によっては経営者や経営陣が制限を受けたり自由な経営を行えなくなったりするなどのリスクもあります。

 
無料相談・お問い合わせ