コラム

ベンチャーキャピタルから出資を受けるためにすること

ベンチャーキャピタルでは、立ち上げられた若い企業や事業拡大と株式公開を目指す企業などが資金調達することが可能です。

ただし、実際に資金を出資してもらうまでには、さまざまな準備が必要となりますし、どんな会社でもベンチャーキャピタルを利用できるわけではありません。

ベンチャーキャピタルでの資金調達を考える場合には、自社の条件を照らし合わせて、慎重に準備や判断を行うことが必要です。

 

ベンチャーキャピタルから出資を受けやすい条件

ベンチャーキャピタルでは、出資した企業の株式の上場に際してキャピタルゲインを得ることで利益を得ています。

そのため、出資先の企業にはいくつもの条件を設定していることが多くなります。

ベンチャーキャピタルの種類にもよって細かな条件はありますが、ここでは出資を受けようとする際に求められる基本的な条件をピックアップしています。

 

急成長企業であること

ベンチャーキャピタルはハイリターンを目指して、アグレッシブな投資を行うことが多くなります。

そのため、堅実に利益が出て市場規模が限定的な企業よりも、急成長できる可能性を秘めている会社に投資する傾向が高いものです。

ベンチャーキャピタルに出資を求める際には、急成長が見込める企業であることや急成長が期待できる業種であることを意識的にアピールする必要があるでしょう。

 

優秀な経営陣であること

ベンチャーキャピタルが出資を検討する際には、経営陣の質も求められます。

まだ新しく実績の少ないベンチャー企業では、決算書などの経営力が見える判断材料が無いため、経営陣の能力が判断されがちです。

どのような人材が揃っていて、事業にどのように役立つかをアピールする必要があります。

黒字経営であることはそれほど強く求められることはありませんが、事業計画などで黒字が期待できることを感じさせることは大切です。

 

ベンチャーキャピタルから出資を受けるためにすること

ベンチャーキャピタルから出資を受けるためには、自社のアピールを効果的に行うことが必要です。

自社の情報を発信しつつ、可能性を広げるためのアプローチを行いましょう。

ベンチャーキャピタルは相手側から提案をされることもありますが、自社から積極的に働きかけることもできます。

実際には下記の2つの行動から始めてみると良いでしょう。

 

多くのベンチャーキャピタルに問い合わせをする

ベンチャーキャピタルは、将来のキャピタルゲインを目指した投資を目的としています。

そのため、審査ハードルは高くなり、実際に出資してもらえるかどうかは分かりません。

出資の可能性を広げるため、1つでも多くのベンチャーキャピタルに問い合わせることは大切です。

 

スタートアップ向けのイベントに参加する

ベンチャーキャピタルでは、スタートアップ企業向けのイベントを多く開催しています。

そこで自社のサービスや将来性についてアピールして、ベンチャーキャピタルの目を引くことも大切です。

また、他のスタートアップの企業を見て、自身の足りない部分やアイディアを吸収して、ブラッシュアップに役立てることもできます。

 

ベンチャーキャピタルから出資を受ける際の注意点

ベンチャーキャピタルから出資を受ける際には、慎重に出資元を選ぶことが大切です。

ベンチャーキャピタルでは、出資を行う代わりに大きなゲインを求められます。

そのため、実際にベンチャーキャピタルを選ぶ段階になったら、求められることが不利益にならないようにしなければいけません。

 

ベンチャーキャピタルと意向が合うかどうか

ベンチャーキャピタルは株式公開に向けて経営に深く入って来ます。

役員の派遣や経営へのアドバイスなど、企業の経営陣の考えとは違った意見もあるかも知れません。

そういった過程で当初の方針とは違う方向を求められて、断れなくなることもあります。

そのため、ベンチャーキャピタルの方向性と自社が考えている内容が合うかどうかを注意して選ぶことは重要です。

 

ベンチャーキャピタルの得意分野が合致するか

ベンチャーキャピタルでは、それぞれの会社が得意分野を持っています。

そのため、自社が求めているサービスとベンチャーキャピタルが持っているスキル、ノウハウが合致しているかを確認することも大切です。

経営陣の派遣、提携先の紹介、資金調達力など、強みにしているポイントを押さえて、自社の必要性との相性を見極めましょう。

また、ベンチャーキャピタルではそれぞれが得意の業種や出資する企業の成長段階も持っています。

自社の条件と合った会社を見つけることで、審査も通りやすくなるかもしれません。

 

 

ベンチャーキャピタルで出資を受けようと思ったら、審査に必要な条件をクリアし、必要となる準備を行いましょう。

こちらからのアプローチも必要となりますが、それによって経営やサービスに生かせるノウハウを得ることもできます。

また、ベンチャーキャピタルが求めている出資先の企業像や得意分野などもあるため、相性を判断することも大切です。