コラム

銀行融資の面談で必ず聞かれる内容や注意すべきポイントとは?

銀行融資を申し込む際には銀行の融資担当者との「面談」があります。


この面談は融資の可否にかかわる重要な面談です。


どのような点に注意し、どのような心構えで臨めば銀行担当者に好印象を与えて良い評価が得られ、審査に有利になるのでしょうか。


今回は銀行融資の面談で注意すべきポイントについてまとめました。


ここでは下記3つについて徹底解説をしていきます。


  • 銀行融資の面談で必ず聞かれる内容
  • 銀行融資の面談で注意しておきたいポイント
  • 銀行融資の面談で言うべきではないこと


ぜひ、最後までご覧ください。

融資面談で絶対に聞かれる3つの内容

融資面談ではさまざまな質問が行われるので、前もってしっかりと受け答えを想定するなどの対策を行っておく必要があります。


その中でも、以下に挙げる3つの内容は融資面談で必ず聞かれるため、きちんと説明できるようにしておくかなければなりません。

借りたお金の使い道

銀行に融資をお願いするからには、必ず何かしらの想定しているお金の使い道があるはずです。


設備投資のための資金の場合もあれば、新しい事業を立ち上げるために発生する支出をまかなうための資金の場合もあるでしょう。


銀行はその資金の使い道が真っ当であるかどうか、必要としている金額が適切かどうかなどを踏まえて、融資の可否を判断しています。


また、資金の使い道次第で融資時の金利や返済期間が変わることもありえます。


このように借りたお金の使い道は、銀行が融資を行ううえで非常に大きな関心事なので、しっかりと理論的に説明できるようにしておかなければなりません。

返済の見通し

企業がいかにして融資を受けた金額を返済していく予定なのかも、融資面談において融資の可否を左右する重要なポイントのひとつです。


基本的には事業で得た収益をもとにして返済していくことになりますので、どれぐらいの収益が出る予定かについてのシミュレーションは、しっかりと行っておきましょう。


もちろん、シミュレーションで設定しているデータの妥当性も確認されます(事業規模から考えて明らかにおかしい売上高になっていないか、など)。


返済期間中に不動産を売却できる予定があり、そのタイミングにおいては普段より多くの金額を返済できそうなどの場合は、その旨も踏まえて伝えるとよいでしょう。


また返済計画についても、そういったお金の動きに沿っているものである必要があります。


普段は一定の金額で返済を継続しつつ、イレギュラーな収入がある予定のところでは一時的に返済金額を増やすといったような形で返済プランが立てられていると、銀行の印象もよいでしょう。

自己資金はどれぐらいあるか

基本的には事業から得られる収益をもとにして返済を行うものの、想定していた通りに収益が上がらないケースも十分考えられます。


そのような場合は、自己資金をもとにして返済を行う必要も出てくるため、自己資金がどれぐらいあるかも銀行にとっては気になるところです。


また、自己資金は「事業者自身が事業のためにあらかじめ用意してきたお金」であり、事業者の事業に対する熱意を感じられるものでもあります。


数年前からコツコツと貯金をしていざ事業をスタートさせようというのであれば、事業に対する熱意は高くプランもきちんと練られているでしょうから、銀行としても融資を行いやすいです。


しかし、たとえば宝くじや相続などで急に大金が手に入ったからという理由で、思い付きで事業を始めようというようなこともあるでしょう。


そのような場合は、事業者の事業に対する熱意や思い入れが弱く、事業が軌道に乗らなければそのまま尻すぼみになってしまう可能性もあるので、銀行としても融資を躊躇せざるを得ません。

融資面談で言ってはいけない3つのタブー

融資面談でのちょっとした受け答えが、審査における大きなマイナス要因になる可能性もあります。


以下に挙げるような発言は、融資面談においては絶対に控えるよう心がけましょう。

「どれぐらい借りられますか?」

融資を希望する場合、何かしらの資金使途とそれに応じた金額があらかじめ想定されているべきです。


しかし「どれぐらい借りられますか?」という質問をすると、「資金使途ははっきりしていないものの、できるだけ多くの融資を受けたい」と考えていると判断されてしまいます。


資金使途が明確ではない以上、返済の見通しも定まっていないことになるため、適切な返済計画を立てることもできません。


銀行はそのような形で融資を行うのを、非常にいやがります。


たとえ希望通りの金額を借りられるか不安だとしても、「どれぐらい借りられますか?」という質問は控えるのが賢明です。

「社の○○に聞かないと判断できません」

分からないことはごまかさずに正直に分からないと答えることが、誠実な姿勢ではあります。


しかしそれはあくまでも、経営者が知っておくべき範囲を超えた専門的な内容に限定されるべきです。


経営者は企業のトップなので、事業計画については全体像をきちんと把握しておかなければなりません。


融資面談の場で、経営者が知っておくべき内容についてきちんと把握できていないのは、事業計画全体の不透明さにもつながり、明らかにマイナスな印象を与えてしまうでしょう。


面談に臨むにあたって自分の中ではっきりしない部分がある場合は、責任者に確認するなどして問題点をクリアにしておくことが重要です。

「うちは問題ありません」

事業計画の内容や今後の事業の見通しに問題がないことを強調したいがために、ついつい「うちは問題ありません」という類のことを言ってしまいがちです。


しかし、これから事業範囲を拡大したり新事業を立ち上げたりしようかというときに、問題が一切ないことなどあり得ません。


逆に、経営者としての課題発見能力のなさを疑われてしまうかもしれないでしょう。


事業の見通しに問題がないことを強調したい場合は、「全体的に問題はないものの、○○の点などで少し予定を修正する可能性があります」といった言い回しを用いるとよいでしょう。


こうすることで、事業の細部まできちんと把握していることや事業全体に対する自信および、課題を特定したうえでのリスク管理能力などをアピールすることができます。

融資面談で注意しておきたい4つのポイント

銀行との融資面談においては、面接の場で銀行の審査担当者に与える印象も、融資可否を左右する可能性のある要素のひとつです。


融資面談において審査担当者に好印象を持ってもらおうとするなら、以下のような点に注意するとよいでしょう。

常識やビジネスマナーをわきまえる

面談では社長や経営者の人となりも見られているため、常識やビジネスマナーはきちんと押さえておきましょう。


普段経営者として人の上に立っていると、つい態度や言葉遣いが横柄になってしまうようなこともあるかもしれません。


ただ、経営者である以前に一人の社会人でもあります。


社会人としての礼節を守るような振る舞いができていなければ、金融機関としてもお取引を断りたくなるのも無理はないでしょう。


と言っても難しいことをする必要はなく、「しっかりと相手の目を見て挨拶をする」「約束の時間を守る」「身なりや服装を整える」といった、人として当然のことを守っていれば大丈夫です。

誠実な対応をする

銀行担当者からの質問に対しては、嘘偽りなく誠実に伝えましょう。


その場を取り繕うためや、良く見せるために曖昧な表現や誤った内容を伝えてしまうのは得策ではありません。


銀行担当者はときには非常に突っ込んだ、矛盾がないか確認するような質問をすることもあるので、そうした質問に惑わされず対応することが大事です。


仮に分からないことがあった場合は、「その件については今は分からないのであとでお返事いたします」と伝えるようにします。


ただ、分からないことばかりなのでは話が進みません。


また、同じ業界の人間にしか分からないような専門用語を使いすぎても、相手は正しく理解できません。


自社の事業内容や事業展開、業績、財務状態などについて、分かりやすい表現で伝えられるよう、事前にしっかりと情報を整理し準備しておいてください。

熱意と自信を伝える

一般的に、熱意があり、前向きで自信を感じさせる受け答え、それでいて謙虚さを忘れない態度が好まれます。


不安そうで頼りなさそうな雰囲気、自信のなさが透けて見える態度、逆に横柄すぎる態度根拠なく断定するような受け答えなどはマイナス材料になるでしょう。


もちろんその熱意や自信がハッタリであっては意味がなく、事業に対する自身の想いや事業計画に裏打ちされたものでなければなりません。


面談を終えた結果、銀行担当者に「この社長なら信頼して融資できる」と思ってもらえるのが理想です。

リスク管理についても考えておく

事業に対して自信を持っておくことは、もちろん重要です。


ただ、どれだけしっかり調査をして計画を立てたとしても、物事が予定通りに進むとは限りません。


そんなときにどのように対処するか、つまりリスク管理の方法についても、しっかり考えておく必要があります。


適切なリスク管理は、事業や市場の様子・動向などを客観的かつ俯瞰的にとらえられていなければ、できないことです。


そのため、リスク管理がしっかり行えている企業に対しては、銀行も安心して融資を行いやすくなります。